2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 朝顔が一輪咲いた | トップページ | サンコウチョウの雌 »

2014年6月20日 (金)

JRさわやかウォーキング  掛川

6月14日(土) 標記ウォーキング「歴史のまち掛川をたずねて」に、夫婦で参加してきました。

コースはJR掛川駅をスタートし、掛川城~十九首塚~資生堂アートハウス~森林果樹公園~掛川花鳥園~掛川駅にゴールの約11km。
毎年開催される定番コースですが、お楽しみは鳥がいっぱいの花鳥園です、ウォーキング参加者は入場料が半額の500円と魅力充分。このコースには、ほぼ毎年参加しています。

大手門と外堀代わりの逆川の両岸一面に咲く美しいユリを眺めながら平将門と家来の墓である十九首塚へ、暑いのでここで小休止(藤原秀郷と平将門に纏わる十九首については過去にも記述済みなので今回は省略します)。

Dc061402

駅から約5km。次の立ち寄り所は資生堂の文化施設、資生堂アートハウスと企業資料館。冷たいお茶を頂き、過去から現代までの化粧品や女性のファッシン等の展示物を見学、おみやげには健康ドリンク「長命草」のプレゼントが全員にありました。

Dc061414
Dc061415
広くてキレイな建築物、資生堂の資料館・アートハウスを後に東名高速小笠SAで休憩。冷たいソフトクリームを食べていた時、今日も出合いました、ウォーキング大好きワンちゃん「こ豆」ちゃんに。。。此処では鳥撮りのフィールドで何時もご一緒する「〇〇さん」ご夫婦にも出会えました。

Dc061416
富士山の見える小高い丘の見晴台で早めの弁当を開く。富士山は雲間に僅かに見えるのですがポケットタイプのコンデジでは解像度が低いのか全く写らず残念至極。

そしてお目当ての花鳥園へ。メインは隼やふくろう等のショーですがコンデジでは飛翔中の猛禽類はボケてしまい全てボツ。
やはりレリーズラグがなく、Sスピードの速い高速連写機能の付随したデジイチまたはハイエンドのコンデジでなければ無理かもしれません。

Dc061418
Dc061419
Dc061420


広い室内の施設には放し飼いのカラフルな鳥をはじめセイタカシギやサンコウチョウに似た鳥等様々な野鳥がいっぱいです、餌を上げれば肩に乗ったり手に留まったり・・・
花鳥園は1年ぶりの訪問ですは期待を裏切らない楽しいところでした。
ゴール後、JR担当者に「今日の参加者は?・・・」と訪ねたところ「1.600人余りです」との事でした。もっと多いように感じたのですが。。。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -547-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 朝顔が一輪咲いた | トップページ | サンコウチョウの雌 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

ふところが大きくてうらやましいです。
当方梅雨枯れ ネタ切れ状態 (笑)

お馴染みのコースでも景観が最高の場所のイベントは毎年楽しみですね。
豆君に逢えたり、お仲間さんにも・・・
長命草 私も飲みたい~(笑)
応援ポチッ☆

いいコースですね。見所満載ですね。
花鳥園では、ゲージの中に入ったのですか?
最後の鳥もゲージなしで真近にみえたのでしょうか?
資生堂アートハウスと企業資料館は興味あります。
どのような展示だったのでしょうか・・・といっても男性にきいても・・・ですよね(笑)。

あすか 様
ブログの配信、基本的には隔日でしたが、自分としては珍しく在庫ネタがあったので連投になりました。そろそろ在庫ネタも底をついてきたので明日からは何時ものスタイルに戻りそうです。
性分で常時ひとつぐらい下書きフォルダーに配信予備ブログが無いと気になって仕方がないのです。
隔日に戻っても相変わらず遅れ気味の内容になりそうです(笑)

walkerZ 様
花鳥園、大きな温室内におとなしい鳥は全て放し飼いにされています。
勿論屋外の野鳥も沢山おりますが。
最後の鳥は餌を買ってあげたので家内の肩に乗り食べていました。
資生堂は女性にはかなり関心が大のようで昔の化粧品の瓶やコマーシャル、
宣伝用のポスターなど懐かしく興味が尽きないようです。
私は入り口の椅子に座って待っていました(笑)

初コメントです。


なるほど。ベテランブロガーは常に在庫ストックしておくものなのですね。
興味関心の幅を広げ、なおかつ、どなたにも共感していただけそうな内容を提供する。
countryさんの日記は
遠くにお住いのご家族やご友人も見て下さっているのですか?
奥様もお読みになる?

もうこのブログは
ご家族親族の宝物と言っても過言ではないですね。

森永チョコボールのイメージキャラクター「キョロちゃん」は
この緋色大嘴の鳥さんをヒントにしたのでしょうか。

keiko 様
コメントを有難うございます。
私はベテランブロガーではありませんよ~、前のSNSブログを始めてから未だ数年。この道十数年のベテランさんから見ればまだまだ発展途上にも至らぬひよこの様なものです。
ただ、前サイトがウォーキング中心であり、今でも歩くことが好きな事、そして写真が好きで最近では野鳥にハマっている事から記事内容がやや広がって来た事も事実です。
年賀状にブログURLも書いてあり、親戚友人も見てくれているかもしれませんが、自分たちの年代ではPCに無関係の人が多く??です。家内も見ているようですが関心の程度は?です。
これからも以前同様、宜しくお願いいたします。
「キョロちゃん、何の事か分らず早速検索(笑)
でもよく似ていますね~
案内板にの鳥名には「オオハシ」と書かれていました。


こんにちは。

みんなかわいいですね。

出先です(コンサートじゃないですよ♪明日からです)♪。

またゆっくり来させていただきますね。

ぽち。

あとり 様
出先からのコメントを有難うございます。
ケータイすら持たない化石人間から見れば
出先からのメールは、「ただただ便利だなぁ~」です。

こんばんは^^

青空が、気持ち良く、足取りも、軽やかですね^^
今回も、こ豆ちゃんに、会えましたね

花鳥園は、いろんな鳥と出会えて
とっても楽しそうです♪
ハヤブサ、迫力がありますね^^

k-24 様
今回のウォーキングでも「こ豆」ちゃんに出合う事が出来ました。
メイン目的地花鳥園はやはりよかったです。
次回は重くてもデジイチ持参で行こうかな、なんて思っておりますが、
チョッと重いんですよね~

おはようございます。
資生堂アートハウスや資料館、一瞬何が展示してあるのか考えちゃいました。
もちろん素敵なお嬢さんたちが案内???(笑)

花鳥園の内容はどこも同じようですね。
富士花鳥園では、フクロウ系は室内で、タカ系は屋外でデモンストレーションしてました。

ソングバード 様
資生堂のアートハウスでは現代工芸作者の作品が展示されておりましたが
ゲイジュツに疎い我が夫婦は素通り。
資料館では過去~現代までの化粧品の陳列やファッションの移り変わり等が展示されており女性には関心大のところかもしれません。
勿論、美しい案内嬢が満面の笑顔で応対してくれましたよ。
花鳥園は全国チェーンなので何処も同じなのかもしれませんね。

こんばんは!

富士花鳥園を思い出しながらブログを拝見です!
隼のショーはさすが迫力のある感じが・・・。
鳥さんの目が苦手な私だから余計に感じるのかもしれません!coldsweats02

掛川城は、東海道歩きの時早い時間の見学でしたが
接待してくださった中学生のきびきびした態度が清々しい感じで
何時までも心に残っています。

セロリさん 様
掛川花鳥園も、朝霧高原の富士花鳥園も同系統の花鳥園なので内容はほぼ同じかもしれませんね。
「セロリさん」は鳥の目が苦手でしたが、今でも? 人間苦手なものはそう簡単には直らないものですよね。猛禽などの目は爬虫類に似ているし・・・
でも小鳥の目は可愛いですよ。
掛川城を見て旧東海道を思い出していただけただけでも光栄です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/56503162

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング  掛川:

« 朝顔が一輪咲いた | トップページ | サンコウチョウの雌 »