2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

JRさわやかウォーキング  遠州森町

6月29日(日)
JRさわやかウォーキング「あじさい・ききょうを愛でる森町名刹めぐり」約8.5kmに妻とふたりで参加してきました。
このコースはJRと天竜浜名湖鉄道の共催する定番コースで過去にも数回歩いておりますが季節の花も多く、距離も8.5kmと短いので暑くなってきたこの季節では手ごろと、今年も昨年に続いての参加です。

国有形文化財指定の天浜線「遠州森駅」から同線に乗車。同じく国有文指定の遠江一宮駅で下車、此処が本日のスタート駅となります。

Dc062902_2



Dc062903


最初の訪問先はあじさい寺として有名な極楽寺、此方は過去にも数回訪れて居りこの日はパス。
コース途中には森町名産のとうもろこし「甘甘娘=かんかんむすめ」の販売店がいたるところに。この「甘甘娘」、甘くて柔らかいのが特徴で生でも食べられるとか、人気の農園では早朝から行列が出来、8時過ぎには完売してしまうほどの人気です。自分たちも売り切れない内にとスタート前に購入し、駐車場の車内に保管しました。

Dc062905


Dc062907


天気は快晴、気温も高くなり汗を拭き拭きのウォーキングですが風があり、田んぼを渡る風や日陰では実に心地よい。
新東名森町PAに到着。今年も抹茶入りのソフトクリームを食べながら小休止、PA内の芝生に咲いていたネジバナを見つけパチリ。

Dc062909


Dc062911


次の訪問先ききょう寺ではききょうの他、美しいハスの花が咲いていた。

Dc0629011





Dc062914


この後、途中に咲いていた萩などを眺めながらゴール地である森町駅へ。

Dc062915


Dc062917


あじさいを始め、歩いていた途中で見つけた早咲きヒマワリやコスモス、花ではありませんが半化粧(半夏生)等々様々な花や植物を見ることが出来た。
お天気がピーカンの上、持参したのはポケットタイプの全自動のコンデジ、花や葉っぱの白飛びが著しくボツの山となりました(掲載した写真も白飛びですが)

帰宅後、TVニュースを聞いてビックリ、関東甲信地方をはじめ大荒れの情報が。当地方では終日の好天に恵まれました。狭いようで広い日本列島ですね。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -552-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月28日 (土)

巣立ち サンコウチョウ

何時ものフィールドへと出かけてきました。最大の関心事は巣立ち間近のサンコウチョウの雛鳥たちのその後です。

此処のところ連日、子育て真っ最中のサンコウチョウの巣近くに出かけ、親鳥の巣放棄にならない様、距離を置いて遠くから観察しておりました。
所用のため前日は訪れることが出来なかったがその日に雛鳥3羽とも無事に巣立ったとの事です。
カラスや蛇などの天敵から逃れ無事巣立ったとの話を聞き、先ずはやれやれ本当に良かった・・・これが現在の心境です。

写真は巣立ち前日のサンコウチョウの親鳥(下1枚目はオスで2枚目はメス、そして3枚目は尾羽の短い親鳥ではないオスです)Dc062405
Dc062401
尾羽の短いオスのサンコウチョウと、こちらは近くの沢で子育て真っ最中のカワセミのお父さん、嘴には魚を銜えて。。。

Dc062601
Dc062603
そして現れたのは今年生まれたばかりのキビタキの幼鳥でしょうか。探鳥暦の浅い自分には??でしたがベテランウォッチャーさんに尋ねて漸く鳥名が分りました。

Dc062602
Dc062605
サンコウチョウが巣立った森は静かで、今までのあの鳴き声は全く聞こえず静寂に包まれていた。無事の巣立ちは嬉しいものですが静かな里山に戻り、チョッピリ寂しいこの日でした(6月26日)

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -551-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月26日 (木)

可睡ゆりの園(2)

「可睡ゆりの園」パートⅡです。
黄色が主体の丘に何故か紅いユリひとつだけ咲いていた、思わ立ち止って1枚。小さな滝では橋の手すりにカメラを置いてスローシャッターで。。。

Dc062202
Dc0622081

黄色のコーナーにはテッセンが未だ咲いていました。

Dc0622102

Dc062501_3
五色の丘では高所から(下1枚目)、低い位置から(下2枚目)パチリ。

Dc0622133

Dc0622144


花の種類によっては盛りを過ぎたかな・・・と思うコーナーもありましたが、今年もまた美しいゆり園を楽しむことが出来ました。(6月20日)

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -550-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月24日 (火)

可睡ゆりの園(1)

6月20日(金) 「可睡ゆりの園」へ今年もまた妻とふたりで出かけてきました。
毎年、JRのウォーキングイベントの一環として此処を訪れておりますが、今月7日(土)の予定日は残念な事に雨のため中止となってしまいました。

この日は天気も先ず先ず、花期が遅くならない内にと行ってきた。

Dc062218
Dc062217ゆり園の案内には「3万坪に広がる、世界150余品種のゆりの競演」とあります。
丘陵地を利用した広大な敷地内には池や滝もあり、ユリの色別や混色コーナーがありますが、下写真は黄色の丘です。

Dc062203
そして五色混色コーナーではタイトルどおり、様々な色のゆりの競演です。

Dc062204
Dc062207
Dc062211
写真の枚数が多くなりました、シリーズものとして次回と2度に分けてUPの予定です、次回もご笑覧いただければ幸いです。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -549-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月22日 (日)

サンコウチョウの雌

この日も何時もの里山へ。この日は珍しくサンコウチョウの雌に出合う事が出来ました。

サンコウチョウの雌、「ウイキペデイア」によれば
メスは、オスの色彩とほぼ同色であるが、オスと比較してアイリングと嘴の水色は不明瞭であり、更に、背部と尾部はかなり赤みの強い赤褐色をしている。尾羽は体長と同じくらいの長さにしか伸長しない」

この日現れた雌、アイリングや嘴の色も鮮明で雄とあまり変わらない様にも思えました。個体により差があるのかもしれませんね。

Dc061717_2
Dc061711_2
Dc061714_2
雌のサンコウチョウが去った後、雌ばかり撮るな・・・と、ばかりに現れたのが尾羽の長い雄のさんちゃんです。
「俺の方がキレイだぞ!」とばかりに長い尾羽を靡かせながら、上を向いて歌を歌っているようにも見えました。

Dc061005通常では尻尾の長いアイリングのキレイな雄の方が人気ですが今期、雌との出合いは少なかったので貴重なショットになりました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -548-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月20日 (金)

JRさわやかウォーキング  掛川

6月14日(土) 標記ウォーキング「歴史のまち掛川をたずねて」に、夫婦で参加してきました。

コースはJR掛川駅をスタートし、掛川城~十九首塚~資生堂アートハウス~森林果樹公園~掛川花鳥園~掛川駅にゴールの約11km。
毎年開催される定番コースですが、お楽しみは鳥がいっぱいの花鳥園です、ウォーキング参加者は入場料が半額の500円と魅力充分。このコースには、ほぼ毎年参加しています。

大手門と外堀代わりの逆川の両岸一面に咲く美しいユリを眺めながら平将門と家来の墓である十九首塚へ、暑いのでここで小休止(藤原秀郷と平将門に纏わる十九首については過去にも記述済みなので今回は省略します)。

Dc061402

駅から約5km。次の立ち寄り所は資生堂の文化施設、資生堂アートハウスと企業資料館。冷たいお茶を頂き、過去から現代までの化粧品や女性のファッシン等の展示物を見学、おみやげには健康ドリンク「長命草」のプレゼントが全員にありました。

Dc061414
Dc061415
広くてキレイな建築物、資生堂の資料館・アートハウスを後に東名高速小笠SAで休憩。冷たいソフトクリームを食べていた時、今日も出合いました、ウォーキング大好きワンちゃん「こ豆」ちゃんに。。。此処では鳥撮りのフィールドで何時もご一緒する「〇〇さん」ご夫婦にも出会えました。

Dc061416
富士山の見える小高い丘の見晴台で早めの弁当を開く。富士山は雲間に僅かに見えるのですがポケットタイプのコンデジでは解像度が低いのか全く写らず残念至極。

そしてお目当ての花鳥園へ。メインは隼やふくろう等のショーですがコンデジでは飛翔中の猛禽類はボケてしまい全てボツ。
やはりレリーズラグがなく、Sスピードの速い高速連写機能の付随したデジイチまたはハイエンドのコンデジでなければ無理かもしれません。

Dc061418
Dc061419
Dc061420


広い室内の施設には放し飼いのカラフルな鳥をはじめセイタカシギやサンコウチョウに似た鳥等様々な野鳥がいっぱいです、餌を上げれば肩に乗ったり手に留まったり・・・
花鳥園は1年ぶりの訪問ですは期待を裏切らない楽しいところでした。
ゴール後、JR担当者に「今日の参加者は?・・・」と訪ねたところ「1.600人余りです」との事でした。もっと多いように感じたのですが。。。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -547-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月19日 (木)

朝顔が一輪咲いた

数年前から、真夏の日除けと省エネ用に実施している朝顔のグリーンカーテン、蔓は未だあまり延びておりませんが、今朝雨戸を開けたところ一輪咲いていました。

生憎の雨に濡れながらも開花した今年最初の朝顔に、「おはよう!今年も咲いてくれたね」と、挨拶の気持ちを込めてパチリ。

Dc061802
Dc061804
コチラも毎年ご紹介しておりますが庭の灯篭の根占として植えてある八重のコクチナシです。今年は花つきも良く、日当たりの良い方から咲き始め、クチナシ独特の甘く好い香りが漂っています。蕾も沢山あり、これから暫くの間、白い花と香りが楽しめそうです。

この花が咲けば毎年思い出されるのがこのメロディーです。

♪「いーまでは指輪も・・・クチナシの白い花、お前のような・・・」(ワンパターンで毎年同じような事を書いていますが古過ぎますね)
この歌をご存知の方は少ないかもしれませんが・・・Dc061801
Dc061803

此処のところ1週間から10日ぐらい遅れたレポートが続いていますが、今日は珍しく昨日の写真です。次回からは再びチョッピリ?遅めのレポートに戻ります。(6月18日)

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -546-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月18日 (水)

バードウォッチング  何時ものフィールドで

この日も早朝の田んぼや畑を一巡り。狙いはもっと撮っておけば良かったと反省しきりのツバメチドリです。
畑ではケリやヒバリにムクドリばかりで、漸く見つけたのはオスの雉。

Dc061003そしてこの後、何時ものマイフィールドへと出かけました。
枯れ木の間に留まったのはオオルリの雌 ワニの口の中に居るように見えませんか?
美しい「キビタキちゃん」も来てくれました。

Dc061002Dc061001ブログの「トリ」は御馴染みサンコウチョウの「さんちゃん」です。今日も「月・日・星、ホイホイホイ」と季節を謳歌するように一度聞いたなら絶対に忘れない独特のさえずりで登場でした。Dc061004

Dc061701
拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -545-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月17日 (火)

あじさい名所(2)

形原温泉あじさい園の続きです。「日本のあじさい展」に並べられた花と一般的なあじさいです。一般的なあじさいに似ていても品種改良によりチョッピり違うもの等様々でした。

Dc061408Dc061407Dc061410以下の写真は、「日本のあじさい展」に展示されていたものではない様に思いますが、定かではありません。

Dc061406Dc061411Dc061409Dc061412初めて訪れたあじさい園、花も見頃で素晴らしかった。これほどの規模のあじさい園は自分の居住する近くにはありません。青空が時折見えるだけで終日花曇り、全てのショットはフィルター無しで撮影出来ました。

シリーズものであり、勝手ながらコメント欄は閉じさせていただきました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -544-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月16日 (月)

あじさい名所

この時季の花と言えば紫陽花に花菖蒲が代表的な花かもしれません。花菖蒲は先日、森町の菖蒲園へ行ってきましたが、あじさい名所と言われているところへは未だ行っていない。

ご近所の人から評判を聞いて愛知県蒲郡市、形原温泉「あじさい園」へ妻とふたりで行ってきました。ナビを頼りに出かけたが到着してビックリ、昨年、高校のクラス会が開催され、一泊したホテルの直ぐ近く、歩いて5分程度のところでした。
三河湾沿岸には蒲郡市の西浦、形原、吉良・・・等々多く存在しています。我が家からはそれ程遠くない事もあって過去には彼方此方宿泊した事もあり、記憶が混同してしまったのかもしれません。

Dc061413Dc061404Dc061403斜面を利用したあじさいの里を上がったところにはかなり広い池もある、チャレンジの鐘と命名された鐘のある所からさらに上ったあじさいガーデン最上部には見晴台があり、三河湾に浮かぶ竹島まで一望できました。

Dc061401Dc061501
Dc061405園内には「日本のあじさい展」コーナーがあり珍しいあじさいの鉢植えが展示されていました。花に疎い自分にはどれが珍しいのか分かりませんが次回もシリーズものとしてUPしたいと思っております。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -543-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月14日 (土)

長い尾羽を上げたり曲げたり・・・今日もサンコウチョウ

三光鳥の三ちゃんに魅せられて連日の里山通いです。サンコウチョウのブログが続いたので少し他のレポートを・・・と思いましたがこの日は三ちゃんが近くへ寄ってくれた事。長い尾羽を上げたり曲げたり、自分には珍しいと思えるショットが撮れたので今回もサンコウチョウになりました。

Dc060603Dc060609Dc060608長い尾羽を上下に振っていた三ちゃん、今度は尾羽が体に巻きつく様に体を左右に振って大サービスです。サンコウチョウのこの様な仕草は初めて見ました。Dc060610Dc060605この後、直ぐ下の水面に飛び込んで水浴です。飛び込んだ位置はカメラから死角になって見ることが出来なかったのがチョッピリ残念でした。
三ちゃんが飛び去ったのちに現れたカワセミ君もパチリと。

Dc060601先日は大きく嘴を開け、緑がかった青い口の中も撮ることが出来ましたが、この日は様々なポーズを披露してくれました。この調子では、まだまだサンコウチョウを見に里山詣でが続きそうです。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -542-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月13日 (金)

バードウォッチング 山野の野鳥

早朝、珍しい野鳥は居ないかと田舎道で車をゆっくり走らせていたとき、草叢にオスの雉を発見。メスも近くに居ないかと探してみたが見つからず、農道でイタチを見つけた。
正面なのでフロントガラス越しにパチリ。エンジンも止めずガラス越しなのでボケボケ写真ですが前足を揃えて立ち上がったスタイルはTVで観たプレーリードッグの様でなかなか可愛いものです。

Dc060303Dc060302その後、何時ものフィールドへ。途中に掛けられた巣箱には営巣中?シジュウカラの姿が・・・近付き過ぎてはいけないと離れたところから1枚。雉同様ほどよく羽がブレてくれました。
そして御馴染みサンコウチョウの三ちゃんをパチパチと。

Dc060301Dc060501下写真は、遠い距離のショットなので縦写真にトリミングしました。



Dc060307_2


Dc060502

3連投となりました。珍しいことにブログネタが溜まってしまい、このレポートは6月早々のものです。賞味期限切れかもしれませんがご笑覧いただければ幸いです。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -541-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月12日 (木)

あじさい・花菖蒲-(2)

笹ユリの自生地、訪れるタイミングが遅れ、笹ユリは殆ど終わってしまったが紫陽花を見て森町の花菖蒲園へと向かった。花菖蒲園は特別広いわけではないが、手入れが行き届いており季節の花を充分楽しむことが出来ました。

午前中は降り続けた雨もあがり、直射日光が当たってきたのでソフトフィルターを付けてパチ・パチと。

Dc060704Dc060705Dc060706太陽に雲が懸かった時はフィルターを外して。

Dc060710Dc060711Dc060712時間が余ったのでもう少し足を伸ばしてコブ白鳥の居る掛川市の北部へ、、、居ましたよ「ねむの木」村の「コブちゃん」です。
つい先日、妻がこの近くに蛍を観に来たとき、此処の池にコブ白鳥が居る事を聞いてきたのです。Dc060801

自然の池で飼育されている「コブちゃん」、大変人懐っこく自分たちの姿を見ても逃げることなく近寄ってくるほどで実に可愛いかった。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -540-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

 

2014年6月11日 (水)

あじさい・花菖蒲

6月7日(土) 夫婦で参加を予定していたJR東海主催の「可睡ゆりの園」を訪ねるウォーキング。このコースは毎年必ず参加していましたが生憎の雨で参加は断念。
昼からは雨も上がり、用意していたウォーキング用のコンデジから自分と妻は一眼レフに代えて森町の花菖蒲園へ出かけてきました。

途中、個人の所有地である笹ユリの自生地へ寄ってみたが花はほぼ終了、訪ねるのが遅すぎたようです。それでも少しはマシかなと・・・僅かに残った笹ゆりの一輪ときれいな紫陽花をパチリ。

Dc060802Dc060703Dc060804足元に目をやればドクダミも彼方此方に咲いており、もう1枚。

Dc060803笹ユリは訪ねるタイミング遅かった様ですがこの後、森町の花菖蒲園へ・・・

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -539-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月 9日 (月)

バードウォッチング  歌うサンコウチョウ

この日もマイフィールドへ。お目当ては何時ものとおりサンコウチョウです。
珍しく低い枝に留まったサンコウチョウ。1枚目は何時もの「おすまし」ポーズですが、2枚目は嘴を少し開けて笑っているようにも見えました。

Dc060503Dc060308今度は嘴を大きく開いて一生懸命に歌を歌っている様にも見えます、口の中はやや緑がかった青い色でした。

Dc060309Dc060310サンコウチョウの口の中、他のカメラマン氏が写したものは見た事がありますが自分で写したのは今度が初めて。
何度撮っても飽きないサンコウチョウ、この日はまた新しい表情のショットを撮ることが出来ました。
これだから止められません野鳥撮影。。。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -538-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月 8日 (日)

JRさわやかウォーキング  磐田

約一週間前のレポートで恐縮です。
5月31日(土)、JRさわやかウォーキング「磐田南部を歩く、千手(姫)ゆかりの地を訪ねて」に夫婦で参加してきました。
コースは磐田駅南口をスタートし、熊野御前と共に「平家物語」にも登場する薄幸の美女「千手の前」ゆかりの地を歩き豊田町駅がゴールの8.8km。距離が短い事もありこの日は弁当は持参せず、何時もより軽いリュックです。

スタート地は天平の頃、この地に建てられていた国分寺をイメージした磐田駅(南口)。

スタート後、コース道沿いにある玄関前に見事な盆栽の数々並べられたお宅がありました。さつきがメインですが、ご主人の了解を頂き、季節感溢れるアジサイと葉のきれいなドクダミをパチリ。

Dc053104_3

Dc053105_2

徳川家康ゆかりの中泉寺、山門には三葉葵の紋所がありました。家康が浜松在城時、この地に鷹狩りに訪れ、しばしば休憩に立ち寄ったとの事です。

Dc053106_2

Dc053107_2

この後、この日のテーマである「千手の前」ゆかりの千手寺~千手の墓~170cmもの高さの鎌倉期に作られた千手観音立像のある観音堂を拝観し、ゴール地である豊田町駅へ。距離が短い事もあり、時間も早かったので駅からアフターウォークを楽しみながら帰宅の途につきました。

Dc053109

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -537-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月 6日 (金)

バードウォッチング  雉・ツバメチドリ

この日も早朝の田や畑をウロウロと。番らしきオスとメスの雉を見つけて早速パチリ。

Dc053103Dc052604Dc053104Dc053105変わった鳥は居ないかと場所を変えて探してみた、喉部分のラインが特徴のツバメチドリです。自分は初見、初撮りなのでもう少し撮ってみたいとその後、3日間通いましたが姿を見ることは出来ず何処かへと飛び去ってしまったようです。

Dc052901Dc053107Dc053106

この日は初見・初撮りのツバメチドリに雉夫婦のツーショットも撮ることが出来た。
後から分った事ですがツバメチドリはかなりの希少種とか。。。3羽居りましたが今から思えば当日もっと沢山撮っておけば良かったと反省しきりです、でも早起きした甲斐がありました。やはり早起きは三文の徳でしょうか。。。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -536-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月 4日 (水)

バードウォッチング  チュウシャクシギ 他

通常より早起きして自宅近くの田んぼや畑を覗いてみた。耕作後の少し荒れた畑に比較的大きな鳥が二羽居ました、静かに近付いて車窓からパチリ。長い嘴が特徴のチュウシャクシギです。

Dc052603Dc052406
ヒバリが大きく嘴を開けて囀っています、近くにはケリの姿も。。。

Dc052408Dc052601
隣の田んぼでは、田植えが終わった早苗の間に二羽の鳥を発見。仲良く並んでヒソヒソ話をしている様にも見えますがこれはキアシシギでしょうか。道脇に咲いていたアザミにはクロアゲハの姿も・・・

Dc052409Dc053102

6月に入り、季節はずれの暑さの地域もありますが、当地方では平年並みの気候のようです。お米の種類の違いでしょうか、4月に田植えが終了したところ、この時季になり漸く田植えの終了したところなど様々ですが、田んぼには早苗が風に靡き、季節は春から初夏へと確実に移り変わっています。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -535-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月 2日 (月)

バードウォッチング  サンコウチョウ(三光鳥)

此処のところ連日少し離れた里山へ出かけている、お目当ては季節の鳥、サンコウチョウです。
此の鳥は動きが早い上、暗い樹幹を好むので野鳥撮りビギナーの自分には撮ることが本当に難しい被写体でもあります。それ故今度こそ・・・と、懲りもせず下手な写真を撮りにせっせと出かけてしまうのかもしれません。

Dc052903Dc052904Dc052902下の2枚、上の写真のものより尾羽がやや短い雄で、ピントも甘いのですが。

Dc053110Dc053101

今日撮れたのは尾羽の長いオスばかり。尾羽の短いメスも一応撮れましたが枝被り・葉被りで写真にならず。。。この次は雌もなんとか撮りたいものです。そしてまた出かけてしまうのです。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -534-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年6月 1日 (日)

季節の花  ユキノシタ

狭い庭の一角に織部灯篭と蹲がありユキノシタが咲いている。あまり目立たない小さな花ですが、近くに寄ってみれば結構キレイな花で花期も長く随分前から咲いています。

毎年、花の記録として撮っておりますが、花も終わりに近付いてきたので急いでパチリ。

Dc052402Dc053001
鉢植えの花もついでにパチパチと・・・

Dc0524031_1
Dc0524044昼から、隣町へアユの遡上状況を見に行ってきた。
アユ釣りの下調べではありません、毎年この時期には河口から内陸部にあるこの町まで遡上してきた若アユたちを撮りにに出かけています。この日は水が少なく、堰を上ることが出来ず魚道付近で盛んにジャンプを繰り返していましたが、持参した望遠レンズでは近過ぎてモノクロ写真のようになってしまいました(汗)

川岸には尻尾を振り振り愛嬌満点の、タカブシギでしょうか?。。。

Dc052405Dc052401

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -533-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »