2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« JRさわやかウォーキング -磐田- | トップページ | 農学校のバラ園(1) »

2014年5月17日 (土)

草叢の中で  ヒバリ(雲雀)

田植えの終わった田んぼや畑が続く農道を野鳥は居ないかな?と、低速で走っていたとき、前方に鳥の姿が・・・
驚かさないようにゆっくりと近付いてみた。草叢に居たのはヒバリです、窓を開け車窓からそおっ~と、パチリ。

Dc050210 Dc050212 ヒバリ、「日晴り」とも呼ばれていますが、知名度はあってもこうして見ればかなり地味な野鳥ですね。
農道脇に咲いていた野草ハルジオン?もパチリ。この花もヒバリ同様に地味系かな?

Dc050501_2 ヒバリへとさらに近付いてみたが逃げる様子は無く、目の前で水浴びならぬ砂浴びまで披露してくれました。車の中の人間には全く無警戒のようです。
3~4mの至近距離まで近付いたのでレンズの撮影距離範囲を変更して撮影、今までにヒバリを撮ったことは数回ありますがこれほど近くで見るのは初めてです。

Dc050211 幹線から外れた農道には車の往来は全く無い、エンジンを止め暫く観察する事に。草叢には1羽だけでなく数羽を確認しました。ヒバリの生態は分りませんが小さな群れなのかもしれませんね。

Dc050214 上空では他のヒバリが口を大きく開けてピーチクパーチク(下1枚目写真)と囀ったり、目の前を低空飛行の大サービスです。

Dc050209Dc050213 拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -524-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« JRさわやかウォーキング -磐田- | トップページ | 農学校のバラ園(1) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

「ピーチクパーチク ヒバリのこ」 と良く言われます。
初夏には空高く聞こえますが現物は初めて見ました。
鶏冠みたいなものが見えるのでイメージが違いました。(笑)

今日はこれから江の島 江ノ電界隈を歩きます。
応援ポチッ!

最初の写真を見たときに、鳥の名前が分からなかったのですが・・
本文をみてびっくり。これがヒバリだったんですね。
とさかの冠がかわいいです。
地味な色合いの鳥ですが、良く見つけましたね。
空を飛んでいる写真も、すごく良く撮れてますね。

あすか 様
私もヒバリをこれほど近くで写したのは初めて。
3~4m位の至近距離でした。
鶏冠みたいなもの、出たり、出なかったりしていました。
江の島 江ノ電界隈、大いに楽しんできてください。
自分たちは浜名湖花博のガーデンパーク会場へ行ってきます。

walkerZ 様
名前は知れ渡っていても実物はいたって地味な鳥です。
鳴き声・囀りはなかなか派手ですが・・・
鶏冠状のもの、何時も見られるわけではなく出たり見えなくなったりしています。
飛翔中のものはピンボケの山でしたが何とか見られるもの?をUpしました。

こんにちは。

かわいいですね。ひばり。。ホント癒されます。

ひばりといえば。。春。。空高く飛んでいるというイメージがあるのですが。。

孔子てかわいい表情を拝見できるとうれしいです。

素敵なショットをご紹介くださりありがとうございます。

ぽち。

あとり 様
今日も近くの畑の上で盛んに鳴いていました。
撮影時は低い位置で撮影が出来ましたが、通常では高い位置でホバリングをしたりして囀るのが普通です。
自分もこんなに近くで見ることが出来たのは初めてです。
自宅から離れたところでしたが再度訪れてみたいな・・・とも思っております。

おはようございます。

ひばりさんの姿、さえずり声は、毎日のように
聞いていましたが、姿を見たことがありませんでした。
確かに地味系の小鳥さん、体の大きさの割には
さえずり声が大きく良く聞こえますね。
応援ポチ

田舎では、ひばりの声も聞き姿も見ましたが
最近は全然見かことがなかったので、こんな感じの鳥だったんだなと
改めてこちらのブログで確認です。

昨日歩いた徳富蘆花の「不如帰」で有名な浪子不動から披露公園までの
ハイキングコースでも小鳥さんのさえずりをいっぱい聞くことが出来ましたよ。
でも緑の生い茂る葉に隠れて残念ながら姿は見えなかったですが。

里山コウ 様
ヒバリの声や姿を遠くで見ることはあってもなかなか近くでは見られない鳥、
近くて遠い野鳥かもしれません。
自分もこれほど至近距離から見たのは初めてです。

セロリさん 様
この季節、ピーチクパーチクと盛んに声は聞こえますが、なかなか近くでは見られなかったヒバリです。
自分が住む土地の周囲は田んぼや畑が多いので、ヒバリやセッカの鳴き声は毎日聞くことが出来ます。
やはり田舎故なのでしょう。
かつて都内や大阪で生活しましたが、田舎暮らし、本当に素晴らしいです。

こんにちは。

かわいいですね。やっぱ小鳥さんは。。

癒されます。。

直に見てみたいです。。ちょこちょこ歩くひばりちゃん。

ぽち。

こんばんは。
ヒバリ、地味すぎてあまり人気が無いようですが、よく見るとなかなかいい顔してるんでしょね。
田圃などを見て前ある時は車の中からの観察がベストですね。
狭い畦道では車の車輪を落とさないようにね!!
ハルジオン、今が一番綺麗ですね。
いろんな昆虫も集まってきます。

あとり 様
自分もこれほど近くで見たのは初めて。
今狙っている野鳥を撮ることが出来たなら、柳の下の泥鰌に期待してこの付近をもう一度巡ってみたいと思っております(笑)

ソングバード様
車の中からは撮り易いと聞いてはおりましたが
これほど近くまで寄れるとは思っていませんでした。
これからも気をつけます、脱輪だけは(笑)
自宅からはかなり離れたところですが機会を見つけてもう一度この辺りを巡ってみたいと思っております。
柳の下に泥鰌は居るかな・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/56041533

この記事へのトラックバック一覧です: 草叢の中で  ヒバリ(雲雀):

« JRさわやかウォーキング -磐田- | トップページ | 農学校のバラ園(1) »