2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« バードウォッチング  キレンジャク・ツバメ | トップページ | しづやしづ しづのをだまき くり返し・・・おだまき(苧環) »

2014年4月13日 (日)

恋の季節・カワセミ

キレンジャクをメインに撮った後、場所を移動してカワセミのポイントへ。この時季は繁殖の季節であり雌へのプロポーズの為、餌のプレゼントやカップル誕生のシーンが見られるかもしれないと密かに期待をして。。。

Dc0409041 Dc040905
雄と雌が飛び交う中、餌のプレゼントシーンなどを期待していたところ、雄と雌が同じ枝に留まりカップル誕生です。雌へのプレゼント行為は終わっていたのかもしれません。
当初、このショットの掲載は躊躇しましたがTV等の公共放送でも鳥たちの繁殖の行為は放映されておりアップする事にいたしました。

Dc0409071

カワセミを撮った後、背後の梢で少し変わった鳥の鳴き声が聞こえ、振り向いてみればキツツキの仲間であの美しいアオゲラが留まってるではないか。。。カワセミの繁殖ショット同様、連写連写です。後頭部の赤い部分があまり写らなかったのがチョッピリ残念でしたが。

Dc040902_4 この後、湖畔に現れたのはバン、オオバン、コサギ、コチドリ、キセキレイ等々。その中から黄色いアイリングとネックレス模様が可愛いコチドリと美しいキセキレイをパチリ。

そして大きな音と共に超低空飛行で現れたのは鉄の鳥です。ヘリのローターが少しでもブレてくれるよう願いつつ急いでシャッタースピードを落としましたが、もう少し遅いシャッタースピードのほうが好かったですね。しかし、遅過ぎれば低空飛行でスピードの速いヘリ本体がブレて仕舞うし、早すぎればヘリの置物の様になってしまう・・・ホバリング以外のヘリの撮影は咄嗟の対応が本当に難しいです。
型から見たところ民間のヘリではなさそうです、浜松基地の軍用機かもしれません。

Dc04120233

Dc032401 Dc040906_2

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -507-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« バードウォッチング  キレンジャク・ツバメ | トップページ | しづやしづ しづのをだまき くり返し・・・おだまき(苧環) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

うひゃー大忙し!
countryさんの手際よい動作が手に取るようです。(笑)
おまけに怪鳥まで・・・
カワセミの相変わらずの色合いが またたまりません。
応援ポチッ!

鳥を撮るついでにヘリコプターまでとってしまうなんて、スゴ技ですね。
躊躇した写真について・・・
昔、オカメインコのつがいを飼っていました。
子供だったのでこのような状態を上の鳥が下の鳥をいじめていると思って、
駄目だよと鳥かごをバンバン叩いて2羽の鳥を離れさせていました。
後に鳥の繁殖について知りましたが、無知って恐ろしいと感じました。
教育って大事なんですね。

あすか 様
おはようございます。早いコメントを有難うございます。
この日は午前中にキレンジャクを午後からはカワセミとアオゲラなど撮ることが出来て大収穫の1日でした。
鉄の鳥、低空でしかもかなりのスピードで進行してくるので咄嗟の対応がなかなかついていけません。
もう少しローターがブレてくれると良かったですね。

walkerZ 様
おはようございます。
「あすか」さんと共に何時も早いコメントを有難うございます。
繁殖のショット、当初は掲載しないつもりでしたが、公共放送であるTVでも野鳥の繁殖のシーンを放映されており掲載する事に致しました。
正しい教育、本当に大切な事ですね。

こんにちは。

カワセミちゃん達。。ラブラブですね。

素敵なショットをご紹介くださりありがとうございます♪。

今日はお墓参りに行ってきます。

良い週末を♪。

応援ぽち♪

おはようございます。

カワセミを捕るだけでも難しいと思いますが、交尾している
瞬間の写真、まですごいです。
アオゲラは綺麗なキツツキの仲間ですね、周りの緑の葉の
保護色のようで見つけにくそうです。

この日は、鉄の鳥も含めて、多種類の鳥たちが見つかったんですね。
応援ポチ

こんにちは。

こんな瞬間を逃さず撮るって、すごい技術と粘りなんでしょうね。すごいです~
どの鳥たちもとても綺麗だし、なんだかよその国みたいに感じました。それぐらい素敵です。
ヘリの写真もーー!!
楽しいでしょうね、カメラとともに歩める生活♪

あとり 様
カワセミ君たちのラブラブのシーン掲載には躊躇しましたが公共放送でも放映するショットなのでUP致しました。
花が咲き鳥が歌う春本番、大いに楽しんでください(自分は風邪でダウンでした)

里山コウ 様
この日は鉄の鳥を含め多彩な鳥たちを写す事ができました。
カワセミの交尾シーンは自分も初めて。
運がよかったのかもしれませんね。
アオゲラは今年初めて見ました、普段多く見られる野鳥ではないのでカワセミのシーンとともに本日の大収穫でした。

みよっち 様
過分なコメントに痛み入ります。
この日は午前中にキレンジャクを、午後からはカワセミやアオゲラなどを撮ることが出来て大収穫の1日となりました。
この湖は市街地内に存在し、周囲はすっかり開発され宅地化してしまいましたが、季節の野鳥たちが多く飛来します。
田舎なればこそかも知れませんが、普段生活している環境内にも美しい野鳥たちが沢山居ります。
野鳥撮影は3年未満と経験も浅い自分ですが、面白くてすっかりハマってしまいました(笑)

いつもいつも美しい鳥たちの写真を沢山見せていただいて有難うございます。
鳥の撮影は難しいのに、最高の瞬間をとらえられるのですから、いつも凄いなぁと眺めさせて貰っています。
鳥の写真だけでももう1万枚以上撮られたのではないでしょうか?

kumasan 様
下手の横好きで始めた写真、2年前から野鳥撮りが面白くなりすっかりハマってしまいました。
自分たちの住む身近なところにも、これほど綺麗な鳥たちが居る事を今までは気付いていませんでした。
一度出かければ3~400枚ぐらいは撮ってきますので、1万枚以上はいっているかもしれません(笑)

カワセミさんたちの愛嬌ある姿に鳥苦手だった私も、
ずいぶん関心を持つようになりました。(笑)
カワセミは、ウオーキングする場所にも出没するので特に身近に感じます。

本日の応援 ☆ポチリは、「アオゲラ」さんに・・・!

鉄の鳥さん・・・我が家の近くを飛ぶ(厚木飛行場からの)ので
騒音でTVの音が聞こえないこともあります。

こんにちは。

カワセミさんはきれいですね。翡翠みたいです。

今日は、風邪気味なので、駆け足で失礼します。

また明日、お伺いしますね。

ぽち。

セロリさん 様
カワセミは最近街中のコンクリートで囲まれた小川でも見かけます。
清流しか見れなかったのは昔の話、今ではこんな川にも・・・と思える川でも見かけることがあります。
環境に対する適応力が優れているのか、川に魚が戻ってきたからなのか。。
多分両方ではないかと皆さん話しておられます。
今ではバーダ-の皆さんはヤマセミに関心が大です。自分は未だ撮った事はありませんが。

あとり 様
私も今日で4日目、風邪です。
サクラの時季から連続1週間、サクラを追ったり野鳥探索の疲れが原因かもしれません。
ここ十数年風邪には無用の生活が過信となった可能性があります。

こんばんは。
交尾シーン、いい所が撮れましたね。
交尾シーンは別に気にしないでアップしても大丈夫ですよ。
気を付けなければならないのは営巣中の写真なんです。
撮る時も細心の注意が必要ですが、アップする時は特に注意が必要です。
鉄の鳥の中でも、ヘリのプロペラは難しいですね。

こんばんは。
カワセミさんの翡翠色は、いつ見ても本当に綺麗ですねー。
実物を見たことがまだないので、いつもうっとりします(゚▽゚*)
鉄の鳥(この表現面白いです^^)共、連写の連続だからこそ撮れるのですね。
また新たな生命の誕生を願って☆ポチ!

カワセミ君の色 いつみても素敵ですね
久しく会ってません

ソングバード 様
交尾シーン、当初は躊躇しましたがTVでも放送するぐらいなので問題はないと判断し掲載しました。「ソングバード」さんからもお墨付きを頂き更に安心できました。
営巣中は巣放棄の最大原因になると聞きました、昨年もサンコウチョウの巣を見つけましたが、雛が孵るまでは写真は撮らない、絶対に近付かないの申し合わせを皆さんで行いました。
雛たちは無事に巣立ち、その瞬間も見ることが出来て大感激でした。
ヘリはその型、大きさによりローターの回転速度が違うので本当に難しいです。

舞 様
カワセミ、注意してみていれば魚が棲んでいる川ならば何処にも居ります。
当地は田舎なので特にそうかもしれませんが・・・水面すれすれをチチチと鳴きながら飛ぶので分かりますよ。ただ警戒心が強いこと、スズメ大の大きさなので見難いいかも知れませんがあの派手な羽色は他の鳥と見間違えることはありません。
来月になれば可愛いひな鳥たちの誕生が期待されます。

あまなつ 様
野鳥撮りカメラマンの中にはカワセミ1本・・・と言う方もいらっしゃします。
あの美しさに心底惚れ込んでしまったとか。。
誰が見ても美しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋の季節・カワセミ:

« バードウォッチング  キレンジャク・ツバメ | トップページ | しづやしづ しづのをだまき くり返し・・・おだまき(苧環) »