2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 河津桜とメジロ、そしてボケの花 | トップページ | ダイコン・ハクサイの花 »

2014年3月14日 (金)

身近な野鳥たち

何時もの公園へぶらりと出かけてきた。お目当ての野鳥は見つかりませんでしたが御馴染みの可愛い小鳥たちがお出迎え。

何処にでも居る最もポピュラーな野鳥といえばスズメです。こうして近くで見ればなかなか可愛いですね。

Dc031201 Dc031203 人を怖がることなく尻尾を振り振りお辞儀のような仕草が可愛いジョウビタキ。約4メートル先のプレートまで近付いてくれました。

Dc031202 こちらは更に近くの枝に留まったシジュウカラ、鳥との距離は2メートルほどです。

Dc031204 公園の河津桜も終盤に近くなり葉っぱがかなり目立つようになりました。河津桜に留まったメジロ。

Dc031205 メジロが来ると何処からともなく現れてメジロを直ぐ追い払ってしまう悪漢ヒヨドリ。この鳥は警戒心が強く、他の小鳥たちの様に近付くとピーピーとけたたましい鳴き声を発しながら直ぐに逃げてしまいます。
カラス、鳩とともにあまり好かれない鳥のひとつの様ですが、桜の中のポーズは可愛いところもありますね。Dc030805

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -489-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 河津桜とメジロ、そしてボケの花 | トップページ | ダイコン・ハクサイの花 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

身近な野鳥でも、美しい花と一緒だと可愛さアップですね。
もっとも、普段鳥を見ていない私にはジョウビタキも
充分珍しい鳥ですが。

河津桜も葉が出てきて、後半になったのですね。
そちらは春がはやいですね。

スズメと云えば、以前の家の2階のベランダでスズメに餌をあげていた時期がありました。
たまに忘れると部屋の方に向かってピーピーと鳴いて餌の催促をしたり、レースカーテンの下から部屋を覗いたりしていました。可愛かったですよ。(笑)
応援ポチッ!

おはようございます♪
何時も見ているスズメも、こうして見ると可愛さもひとしおですね~(^^)
メジロは桜にピッタリ…我が家では今年は椿の花に来ています。
そしてヒヨは私もどうも好きになれなくて…

応援P☆

ジャランこ 様
河津桜も3日前に撮ったものなのでこの時よりもう少し葉が伸びてきているかもしれません。
枝垂れ梅も終わり、2週間後にはソメイヨシノの花が咲くのではと、期待しているところです。
待ち遠しいことですね。

あすか 様
スズメも警戒心がやや強い方ですが慣れてくればなかなか可愛い鳥です。
「あすか」さんが餌をあげていた時のスズメの様子が目に浮かびます、可愛かったでしょうね。
応援を何時も有難うございます。

カシオペア 様
おはようございます。
メジロ、「カシオペア」さんのお宅には椿にも来るのですか。
メジロは花の蜜が大好きなので椿にも蜜が多いのでしょうね。
ヒヨは何処へ行って皆さんに嫌われているみたいですね。
この顔つきはやっぱり悪漢の面構えですね~(笑)
応援を何時も有難うございます。

おはようございます。
いろいろな種類の鳥たちを、よくとらまえていらっしゃいますね。
先日、私も、初めて鳥撮りに挑戦しましたが、勝手の違いに苦闘しました。

写真道楽人 様
私も鳥撮りは未だ2年の初心者ですが、小鳥の可愛らしさに惹かれて野鳥撮影がだんだんと好きになってきました。
「写真道楽人」さんの東方天満宮や大倉山でのメジロ、拝見しましたよ。梅とのコラボも素晴らしかったです。メジロはチョコマカと動きが速いので本当に苦労しますね。

スズメは本当に身近な鳥ですが、北海道ではなかなか見られません。
春の日差しを浴びて、鳥たちが生き生きとしている姿が伺えます。
近距離での撮影、うまくとらえているなぁ・・・と感心ばかりです。

もうすぐソメイヨシノの開花でしょうか?
ソメイヨシノと鳥たちとのツーショット、楽しみにしています。

のりちゃん 様
スズメは北海道には少ないとは・・・
スズメ・ハト・カラスは日本に居る野鳥の代表的なものと思っておりましたが、ところ変わればですね。
ソメイヨシノはあと二週間ぐらいでしょうか、今年の開花予想もそのあたりかと記憶しております。
どの桜も美しく満足できますが、日本人の心にある桜はやはりソメイヨシノかもしれませんね。

こんにちは。

雀、シジュウカラ、ヒヨ、メジロ。。みんなかわいいです^^

ただ、また寒くなるそうで。。

一寸、憂鬱ですよ。

ぽち。

北海道ではジョウビタキは旅鳥、泊まらずに行き過ぎるので珍しい野鳥ですよ(^_^)
スズメは身近な野鳥ですが、身近すぎるのか、案外専門家でも解っていないことが多いので、見つめていると大発見があるかもしれませんよ(^_^)
(最近、全国的に、住宅事情で減ってきているようですし)

atori25 様
改名、一瞬何方か? 何て思ってしまいました。
でも直ぐ分かりましたよ「atori25」さん。
折角温かくなってきたと思いましたがまた寒の逆戻りでしょうか。
一進一退しつ、やがて春ですね。

鳥見人 様
ジョウビタキ、この時季には何処にでも現れて見ることのできる野鳥ですが夏は見ることはありません。
スズメやツバメが減ってきたとの記事も読んだことがありますが、少なくとも当地方ではそんな風には思えないのですが。。。ムクドリやカラス・ハトは確実に増えているように思います。
何れにしても環境の変化が原因しているのでしょうか。

こんばんは☆

country walker さんが、撮影される鳥たちは
いつも、生き生きして、大好きです^^
スズメが、二羽、並んでいる姿は、
ほほえましいです^^

おはようございます。
花と鳥の組み合わせは、どれもお似合いですね。
珍しい鳥を追いかけるのもいいのですが、普段よくみられる鳥をじっくり観察してるといろんな生態が分かるようになります。
生態に慣れると、初めて会った鳥を撮るt気にも役立つと思いますよ。

K-24 様
有難うございます。
身近な鳥でもこうしてじっくり見ればなかなか可愛いものですね。
小鳥って本当に可愛いです。
これからも可能な限り小鳥たちをレンズを通して眺めて行きたいと思います。

ソングバード 様
仰るとおりです。
鳥たちの習性や生態を観察することは撮影に際して本当に大事な事だと少し分かってきました。
これからは鳥たちの移動の季節、様々な鳥たちに出合えたなら・・・と思って居ります。
まだまだ知らない鳥たちがいっぱいあります、今期はその内どれだけ見られるか今から楽しみです。

こんにちは。

之から京都へお出かけしますので。

駆け足で失礼します^^。。。

写真撮れるといいんですけど・・

ぽち。

みんな可愛い~~~です・・
ひよどりさんも・・

鳩さんや烏さん・・・人間の価値観だけで嫌ってしまうのは気の毒ですね~
み~んな同じ星の仲間だから・・=*^-^*=

今日も・・素晴らしい1日になりますように・・=*^-^*=♪thanks!!

あとり 様
早春の京都。
夜桜には速いし、梅も多分終わっていると思われますが・・・
明日のブログを楽しみに待つことに致します。

chie*ko 様
仰るとおり人間の価値観だけで決めてしまうのは可愛そうですね。
ハトもヒヨドリもカラスも生きていく為の所業なのですから。。。
明日はウォーキングイベントへの参加予定です、結果は後ほどレポートするつもりでおります。

みなさん生き生きとしてますね。
鳴き声が聞こえてきそうです♪
なかなか覚えられない鳥さんたちの名前^^;
こうして並べてもらえると特徴が分かりやすいです。
最後はヒヨさんでもポストカードにしたいくらいですね☆
ポチ♪

舞 様
有難うございます。
嫌われ者のヒヨちゃんも桜の中ではなかなか可愛く見えます。
当地の河津桜もボツボツ見納めになりました。
後は本命を待つばかり・・・
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身近な野鳥たち:

« 河津桜とメジロ、そしてボケの花 | トップページ | ダイコン・ハクサイの花 »