2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« サクラが咲いた、そしてサクジロー | トップページ | イワツバメ »

2014年3月29日 (土)

カワセミ・ルリビタキ・ヒレンジャク

幸せを運ぶ「青い鳥」、ルリビタキや、この季節の野鳥、レンジャクを探しに何時も行く森林公園へと行ってきた。
「青い鳥」が現れる場所で待つこと数分でルリビタキがハクモクレンの木に現れて。。。

Dc0322011 Photo 数ショット撮影後、湖畔へと場所を移動し、レンジャクを待ちますが今日のお目当ては羽の色の一部分が黄色のキレンジャクです。
レンジャクの群れは周期的に待つところに現れてくれますが紅いヒレンジャクばかり。それでも10分ほど同じ樹木に留まってくれたのでカメラを回し縦位置からもパチリと。

Dc032507
Dc032503
Dc032502 Dc032506 待つこと暫し、漸く現れてくれた黄レンジャク。下写真左の野鳥がキレンジャクで、右がヒレンジャクです。似ておりますが「黄」と「緋」の違いは尾羽の先が黄色です、違う角度から見ればかなりハッキリしているのですが、この写真でお分かりになるでしょうか。Dc032501

この日、黄レンジャクが現れたのはこの時の一羽だけ、その後は湖の人気者カワセミをパチリ・パチリと撮りました。飛び込みのショットはピンボケですが。

Dc032510 Dc032504 Dc032505

ヒレンジャクは昨年・今年と沢山撮ることが出ましたが「黄」は今回がはじめて、貴重なキレンジャクが一羽だけでも撮ることが出来て先ずは良かったと思っております。
(3月21日写)

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -499-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« サクラが咲いた、そしてサクジロー | トップページ | イワツバメ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
当方、午後から曇り空来週はあまり天気が良くないような。
 
鳥の名前は色は解るのですがその後の名前はどうして付いたのか
わかりませんが、珍しい鳥たちの行動に毎回楽しく観察?しています。(笑)
しかし、あのカワセミやルリビタキの瑠璃色には神秘さを感じます。

おはようございます。
ルリビタキとモクレン、素敵ですね。
こんな写真一度撮ってみたいです。

今年のレンジャクはヒレンジャクが多いみたいですね。
こちらも毎年キレンジャクの方が多いのですが、今年はヒレンジャクばかりです。

ヒレンジャクとキレンジャク、写真で違いがばっちり分かりました。
尾羽の先が違いますね。
キレンジャクの撮影ができてよかったですね。
ハクモクレンの木にルリビタキ、白と青のコントラストで、なんだか素敵な写真です。

あすか 様
明日(30日)はお花見ウォーキングを予定しておりますが気になるお天気は雨。
今日は、焼津まで足を伸ばしチューリップを見てきます。と、なればお花見は月曜日ぐらい?

図鑑によれば、レンジャクを漢字で書けば連雀。雀とは小さい鳥、連は多数が群れていること。昔、中国では黄レンジャクは「十二黄」、「ヒレンジャクは紅」と呼んだと書かれておりました。
鳥の羽の色、花と同じで多彩で神秘的ですね。

ソングバード 様
フィールドの一角に木蓮の樹が植えられており「花が咲く頃には瑠璃ちゃんが来てくれるよ」と、バーダーさんから聞いておりましたので行ってきました。
この時(21日)木蓮は未だ蕾でしたが運よく枝に留まってくれたのは幸運でした。
季節の花と鳥、やっぱり好いですね~
モズと菜の花、3日通いましたが駄目でした。

walkerZ 様
「黄」と「緋」の違い、分かり難い写真ですが、見ていただき有難うございます。
「黄レンジャク」、もう少し横から撮れたなもっとハッキリ違いが分かるのですが残念でした。
コチラのハクモクレンに瑠璃ビタキは、花の近くに留まってくれてラッキーでした。
花と鳥、自分でも気に入っております。

ルリビタキ 美しい鳥ですね
止まった樹も綺麗なつぼみを付けてて良い組み合わせですね

あまなつ 様
綺麗な花はそれだけでも美しいものですが美しい鳥が留まってくれたのでなお一層綺麗になりました。

こんにちは。

ルリビタキも、かわせみもきれいですね。

そしてなにより、キレンジャクに出会えてよかったですね。

今日は同窓会出席のため、駆け足で失礼します。

ぽち。

こんばんは。
2枚目の白モクレンとルリビタキ絵になっていますね♪
ヒレンジャクの飛びものもお見事です。
これからはソメイヨシノと鳥さんの季節ですね。

あとり 様
野の花でもよく見れば美しいものが沢山あります。
野鳥でも自分たちの身の回りには随分と綺麗な鳥たちが居るものですね。
キレンジャクに出合えてよかったです。
同窓会をお楽しみください。

ゆきりん 様
コメントを有難うございます。
「ゆきりん」さんに褒めていただいて今度も舞い上がってしまいそうです。
ルリビタキ、1枚目は枝の影が写ってしまいましたが2枚目は自分でも気に入っております。
此処のポイントも先輩諸氏に教えていただいたお陰です。ありがたいことですね。
これからも宜しくお願いいたします。

こんばんは☆

ため息がでるほど、美しいです^^
country walker さんのおかげで
鳥の名前も、覚えましたよ♪

カワセミが、水に飛び込んだところ
飛び立つ所、迫力がありますね^^

K-24 様
野鳥撮りが面白くなって間もなく丸2年。
ウデも機材も上を見ればキリが無く、それでも面白いのです。
カワセミの飛び込み、ピントがブレて居りますが、水飛沫に隠れてカバー?されるかなと、恥ずかしながらアップしました。

おはようございます。
幸せの青い鳥。
こちらに来て連日の慌ただしさの中、久しぶりに
country walker さんのブログの画像を見せて頂いて
心が和やかになりました

留守中もかわらない応援を頂いてありがとうございます。
もうしばらく不規則なINになりますが
INしたときには必ず見にきます(もちろん応援も

mahiru 様
ご子息のところへ来ておられるのですね。
ご苦労様です、初めての一人暮らしはご本人も何かと戸惑う事もあると思いますが親御さんの方も大変ですね。当方のことは気になさらないでください、忙しいときはお互い様です。私もせっせと応援だけは続けておりますよ。
ご自宅の方も大変ですね、家事は娘さん?それともパパさん?

こんにちは。

ルリビタキは随分小柄な小鳥さんなんですね、
ハクモクレンの蕾とあまり変わらない大きさです。

札幌に勤務していた時に「キレンジャク会」と
いうゴルフの会を作ってコンペをしていました。
応援ポチ

こんにちは。

雨ですね。

でもせっかくの週末ですからたのしんでくださいね。

ぽち。

里山コウ 様
ルリビタキ、大きさはスズメとほぼ同じぐらいの大きさの小鳥です。
レンジャク類、図鑑によれば黄は北日本地域に多く、緋は関東以西に見られるとあります。
札幌では黄連雀が多く見られるのかも知れませんね。

あとり 様
今日は朝から雨。夕方漸く雨も上がり日課のウォーキングを済ませたところです。
でも風が強く、台風の後のようです。

Myブログへのコメントをありがとうございました。
鳥たちの生き生きとした写真に魅了されてしまいました。
日本を離れて日本を慈しむ...
ドイツも自然がいっぱいで素敵な国ですが、
日本の自然の美しさに気持ちが和みます。
素敵な写真~今後も楽しみにしています。

しょこら 様
コメントを有難うございます。
ドイツからコメントを頂くのは初めて。
鳥や花、そして歩いた記録など気の向くままに発信しております。つたないブログですが思い出したときにでも覗いていただければ本望です。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワセミ・ルリビタキ・ヒレンジャク:

« サクラが咲いた、そしてサクジロー | トップページ | イワツバメ »