2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« バードウォッチング  マミチャジナイ | トップページ | バードウォッチング  梅にメジロ »

2014年3月 1日 (土)

バードウォッチング  早春の小鳥たち

葦が生い茂る河川敷で季節の小鳥たちとの出合いを期待して午後から何時もの河川敷へと行ってきました。

最初に現れたのはツグミ、アオジ・・・等御馴染みの野鳥たちです(下写真上から順次に)Dc022706

Dc022703 そして広い葦原の中では最も多く居るのではないかと思われるオオジュリン。猫柳の芽も膨らんで春らしくなってきました。
葦の茎に食べ物となる昆虫でも居るのでしょうか、盛んに茎の中を啄んでしました。

Dc022707 Dc022705 市街地でも普通に見かけるモズちゃん。

Dc022704 この他に現れたのはコジュリンやジョウビタキ、メジロなど。お目当てのベニマシコの姿は見られず場所を移動して森林公園へ。

三脚をセットする間もなく直ぐに現れたのはあの美しい「青い鳥」、ルリビタキです、地表に下りたところをまず一枚。1日待ってもなかなか現れない日もありますが、5分と経過しない間に姿を見せてくれるとは、この日は本当にラッキーでした。
Dc022708
そして満開の梅の木には可愛いメジロたちが。。。今春、我が家の庭にはついに来てくれなかったメジロですがこちらの公園で今年初のウメジロをパチリ。

Dc022710 Dc022711

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -480-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« バードウォッチング  マミチャジナイ | トップページ | バードウォッチング  梅にメジロ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

河川敷の野鳥たちも行動が活発になって来ましたね。
「梅にウグイス」ならぬ「梅にメジロ」 ナイスショット!
私も昨日、早咲きの河津桜の撮影にと思ってましたが 風が強く断念しました。
そろそろ春の訪れでしょうね。
応援ポチッ!

「梅は本物ですよね?」と思わず言ってしまうほど、季節が違いますね(^_^;)
その野鳥たちが北海道に来る日を雪に囲まれながら待っています(^_^;)

おはようございます。
普段見慣れた鳥でも、撮り方によっていろんな表情を見せてくれるので、楽しいですね。
ウメジロやウメヒヨなど、これから楽しい写真に季節。
私もウメジロ撮ってきましたよ!!

あすか 様
此処のところの温かさで春らしい陽気です。
このまま春になってくれたなら好いのですが・・・
まだまだ寒い日もあるでしょうね。
河津桜も見頃かもしれませんね、自分も行ってみます。
応援を何時も有難うございます。

鳥見人 様
当地方では此処のところの温かさで一気に春めいた感じです。
でもまだまだ寒い日も来る事と思います。
池の鴨たちもすっかり減ってしまいました、北へと一斉に旅立ったみたいです。

ソングバード 様
通常では地に居る事が多いツグミやアオジは枝に留まったところを、ルリビタキは地に降りたところを撮ってみました。
庭にはついに現れなかったメジロ、山の公園には沢山居ました。今年初のウメジロです。
鳥名の間違っているもの等あるかもしれません、これからも違っていた時にはご指摘いただければ幸いです。

こんばんは。雨ですね。
憂鬱になりそうですが。
春が近いということで。。前向きにがんばりましょう♪。
メジロちゃん達が蜜をすっている姿をみていると、ホント春がまちどおしくなります。
ぽち。

あとり 様
明日はウォークイベントに参加予定ですが気になるお天気は・・・
9時ごろには雨もあがる予報ですが果たして?
今春最後の梅見コースなので参加したいのですが。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは^^

梅とメジロのショット、素晴らしいですね!
メジロが、生き生き、今にも、ここに
とんで来てくれそうです^^

k-24 様
「k-24」さんのメジロ、素晴らしかったです。
大きな、キウイを食べるメジロのショットが印象的でした。
メジロ、チョコマカと動きが忙しい小鳥ですが眺めていれば本当に可愛い小鳥です。
自分もまた、メジロを探しに行ってきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング  早春の小鳥たち:

« バードウォッチング  マミチャジナイ | トップページ | バードウォッチング  梅にメジロ »