2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« バードウォッチング  ミヤマホオジロほか | トップページ | 公園の花 »

2014年2月 7日 (金)

幸せの青い鳥?  ルリビタキ

前回ブログアップしたミヤマホオジロ、カメラの設定ミスもあり、至近距離から撮った割には写りはいまひとつ。リベンジを試みてその後も同公園に通っては見ましたがサッパリ出合う事がありません。

公園をほぼ毎日歩く地元カメラマン氏に尋ねましたが「此処2.~3日全く見られません・・・」との事です。
場所を変え、バードウォッチャーに人気の青い鳥、ルリビタキを待った。
やがて現れたのが背中まで青いルリビタキです。

Dc020601 Dc020602 成鳥である青い雄が二羽、そして後から現れたのが背中が茶色な感じのルリビタキ。
下の写真、別の場所での撮影ですが同じ固体とは違うようですが・・・
図鑑によれば「幼鳥やメスの成鳥は上面の羽毛は緑褐色」とあり、雌雄の区別は定かではありません。

Dc020603 Dc020605 ルリビタキ、背中が茶色の鳥は昨年秋に数回見ましたが、青い鳥を見ることが出来たのは極めてラッキーなことです。
オオルリ、コルリと共に、「青い鳥」御三家の一つとされるルリビタキを見ることが出来、チョッピリ幸せな気分に浸ることが出来ました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -469-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« バードウォッチング  ミヤマホオジロほか | トップページ | 公園の花 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

まさに幸せの青い鳥ですね!
雄雌の区別がつきにくい それもまた奥深い魅力ですね。
応援ポチッ!

こんにちは♪
ルリビダキの青、カワセミと違って優しい色合いですね。
この鳥の名前は瑠璃色からきているんでしょうか…
私にも幸せを運んできて欲しいな~(^^♪

応援P☆

こんにちは♪
しあわせの青い鳥だ~!
と思ったら、御三家の中に入ってるのですね。
見せていただいてお裾分け頂いて行きます(*^.^*)
最後の前ボケのお写真もルリビタキさんを引き立ててますね。
素敵です☆ ポチ!

こんにちは。

ルリビタキ。。かわいいですね。

明日は近畿でも大雪だそうです。

外出の際はお気を付けくださいね。

ぽち。

あすか 様
幸せの青い鳥御三家のひとつ、ルリビタキに出合う事が出来てラッキーでした。
御三家の中では未だコルりを見ていないのでこれから「青い鳥探し」です(笑)
応援を何時も有難うございます。

カシオペア 様
ルリビタキやオオルリ・・・瑠璃が頭に付く名前はやはり瑠璃色から来ているのでは・・・自分なりに解釈しています。
青い鳥、何方のお宅にも来て欲しいですね。
「カシオペア」さん宅には既に居るのでは?
応援を何時も有難うございます。

舞 様
青い鳥の「御三家」のひとつ、ルリビタキに出合えて自分も嬉しくなりました。
幸せを運んで今頃はそちらへと向かっていることでしょう。
最後の写真は、羊歯の密集した山の斜面奥で見つけたルリビタキです。
偶然とはいいながら好い雰囲気になってくれました。
思いもかけない良い結果が出る事もある・・・だから写真は面白いですね。
応援を何時も有難うございます。

あとり 様
今日も1日、弁当持参で公園で粘りました。
結果は自分のウデにしてはまずまずの出来。
明日は大寒波の予報、雪無し県でも降雪の予報も出ています。
雪に極めて弱い自分です、出歩く事を控え静養三昧と決めました。

応援を何時も有難うございます。

青いルリビタキを見ることが出来てよかったですね。
背中が茶色のルリビタキもめったに見られない鳥なのでしょうか?
どの写真も「可愛い」と言ってしまいそうな、そんな鳥に見えました。

本州は明日から雪が降ると聞いています。
明日はゆっくり休んでください。
ワタシは明日から1泊で札幌に行き、ウオーキングと雪まつり見物です。
今年は例年以上に寒い北海道なので、雪像が綺麗に見えるのでは?と期待してます。

ルリビダキの青、シックな美しい色ですね。
鮮やかな色も好きですが、こんな色もとてもいいですね。
やはり鳥はオスの方が美しいのですね。

明日は私もおとなしくしていようと思っています。

おはようございます。
今朝起きて見ると、外は一面の雪景色。明日未明まで降り続きそうです。

ミヤホやルリビタキ、楽しそうですね。
ルリビタキの雌と、雄の若鳥の見分けは難しいですね。
2・3枚目は多分雌だと思いますが、背中部分が見えるといいのですが・・・・

のりちゃん 様
待望の青い鳥に出合えることが出来て良かったです。
背中の茶色いルリビタキは昨年秋には数回見たので自分にとっては青い鳥の方が貴重はショットになりました。
きょうは朝から雨、県東部の御殿場方面では雪との事です。
コチラでは雪になることは滅多にありません。でも寒いので朝からストーブを焚いて居ります。
週末は雪まつり見物とウォーキング参加、、楽しみですね。
良い週末をお過ごしください。

ジャランこ 様
野鳥の場合、特別な例を除いてオスのほうが綺麗です。
当地方も朝から冷たい雨が降っており、流石に出かける気持ちにはなりません。
きょうは完全静養日にします。
たまには静養も必要ですね(笑)

ソングバード 様
ミヤホとルリビタキを続けて見る事が出来、今週はツイて居る感じです。
背中が茶色のルリビタキ、3枚目は尾羽と風切羽の先端が青い色でした。
4枚目は別の場所で撮ったもので背中部分は写っておりませんでした。
3枚目は雄の可能性が強いと見てよいのでしょうね。
何時も適切なアドバイスを有難うございます。

幸せの青い鳥、ルリビタキを発見できて、朝からいい気分だったのでは?
私まで、なんだか今日は良いことありそうな気がします(笑)。
写真を拝見する限りどれも、体は小さい鳥のようですね。
見つけるのは本当に大変ですね。
植物と違って、現れるかどうか、いいショットがとれるかどうか・・・・
有る意味バクチ的要素もある鳥撮影ですね。

ルリビタキさん 本当に可愛く幸せを運んで来てくれるように思えますね~!
娘の住んでいる場所近くの森林公園にも生息していると聞きました。
「小さくって見つけるのが大変なんだよ。」と、孫の言葉。
1回だけ見たと言っていました。

本日の外景色は、雪が降り続いている神奈川です。
TVで「特に急ぎの用がない方は、外出を控えて下さい。」の
放送に準じて外出を控えています。(笑) 
でなければ、荏柄天神社まで針供養の行事を見に行く予定でしたが・・・!

walkerZ 様
ハクチョウやカモの様に大きな固体の鳥は良いのですが何しろ小さいので見つけるのが大変です。大きさはスズメぐらいです。
森の中なのでひとりより複数の人たちで鳥を待つほうが発見が早く効率も上がります。と言って余り大勢では鳥が警戒して寄り付かないこともありますが、3~4人ぐらいでのウォッチングがベストかも知れません。
仰るとおり探鳥は運が左右されます、腕が良くても鳥に出合えなければ仕方が無いし。。。でもベテランさんは鳥の居るところを見つけるのが上手いことも事実です、自分はまだまだです。

セロリさん 様
お孫さんが言うとおり小さいので探すのに苦労します。
茶色のルリビタキは数回見ておりますが、自分もこの青い固体は初めてでした。
神奈川では雪ですか。当地方は朝から小雨模様ですがかなり寒いですよ。
愛知県でも雪とか、雪にならないだけコチラの方が温かいのかな・・・
自分もこれでは外出する気分にはなれません、今日1日は完全静養日とします(笑)

ルリビタキ 綺麗ですね
申し分ありません

こんにちは。

大阪では、今は雨に変わりましたが、朝まで雪が残っていました。

寒いですね。

風邪ご注意です。

ぽち。

追伸です。
3枚目の写真も雌だと思います。
お手持ちの写真を拡大して見て頂きたいのですが、背中だけでなく、
尾羽ではなく、翼の肩の部分(上背・中雨覆い部分)が青味がかってれば、若い雄の可能性があります。

あまなつ 様
背中の茶色なルリビタキは過去にも撮りましたが
所謂ブルーバードは初めて、感激でした。

あとり 様
全国的な雪化粧でしたが雪無し県の当地方は雪はゼロ。
終日寒い1日でした。
明日も寒そうなので外出は控え静養に努めます。
応援を何時も有難うございます。

ソングバード 様
追伸までしていただき本当に有難うございました。
3枚目、雄雌の区別が分かったと勝手に判断し、後ろ向きの写真は全てごみ箱へ、ゴミ箱も空にした後なので背中部分の詳細は残念ながら分からなくなってしまいました。
これからは全方位の写真を保存するようにいたします。
しかし、野鳥の判別って難しいものですね。
今後とも何卒、宜しくご指導のほどお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの青い鳥?  ルリビタキ:

« バードウォッチング  ミヤマホオジロほか | トップページ | 公園の花 »