2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

バードウォッチング  マミチャジナイ

この季節に現れるのは珍しいとされるツグミの仲間「マミチャジナイ」が見られるとの情報をベテランカメラマン氏のブログで知り、近くの公園へと早速出かけてきました。

「マミチャジナイ」、図鑑では見たことがありますが探鳥暦の浅い自分には勿論初めて。アカハラに似た感じで綺麗な野鳥でした(下写真)

Dc022605この日「マミチャジナイ」、を待つ間に現れた様々な野鳥たち。下写真は御馴染み愛嬌満点のジョビ子さんと、ヤマガラちゃん。

Dc022601 Dc022604 ウグイス、アオジ、カワラヒワ、ビンズイ等々可愛い小鳥たちが次々と水場に集まり退屈しません。そして「メジロ」の可愛いパフォーマンス?もありました。
下写真、何か相談したり、囁きあっている様にも見えますね、友達同士なのかそれとも。。。

Dc022607 Dc022608 この日、数回姿を見せてくれた「ミヤマホオジロ」のお姐さん。

Dc022609

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -479-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月25日 (火)

JRさわやかウォーキング  焼津

2月23日(日) JR東海が開催するさわやかウォーキング「大覚寺千手観音参拝と虚空蔵山だるま市を訪ねて」約11kmに夫婦で参加してきました。

この日、JR東海が開催するウォーキングイベントには富士駅より梅の名所岩本山へのコースもあり、当初はこのコースを予定していた。岩本山は梅や桜の名所として知られておりますが、なんと言っても山頂からの雄大な富士山の眺望が素晴らしく、何度訪れても満足できるところです。

折角訪れても富士山が見られないのではと起床後、岩本山からのライブカメラを見たところ山裾以外は見えず、天気予報も午後からは雲が多いとのご宣託。
それではと焼津コースに変更。駅で電車を待つ間に通過した「富士山トレイン371号電車」。期間限定で2月の土日のみ走行する臨時列車ですが、突如の通行にカメラ用意する間もなく通過。(下写真は昨年撮影したものです、本来なればこの列車に乗車して富士駅まで行きたかったのですが)

Dc022402 スタート地の焼津駅からは瀬戸川の堤防をてくてく。堤防に沢山植えられたソメイヨシノは未だ先ですが河津桜はかなり咲いています。気温が上がり厚い上着を脱ぎ、身軽になったところで再びテクテクと。

Dc02230123
最初の見所、大覚寺の千手観音にお参り、此処では温かい甘酒の嬉しいご接待があり、一息ついたところで久々出合えましたウォーキング大好きワンちゃんの「こ豆ちゃん」、今日も首輪には参加バッジをシッカリ付けて参加です。可愛いですね~

Dc022303_2
Dc022302
焼津と言えば魚です、御馴染み「焼津さかなセンター」内を通り、市内を流れる朝比奈川堤遊歩道の足元には土筆も、釣り糸を垂れる太公望や、羽を休めるカモメたちを眺めながら小春日和の中をのんびりと歩きます。

Dc022304
Dc022305
駿河湾に面した焼津ビーチパークでは長閑な海を眺めつつ持参のおにぎりを戴く、何時もの事ながら外で食べるおにぎりの味は格別です。
下写真中央部付近に微かに富士山頂が見え隠れしておりますが、持参の全自動コンデジでは捉える事が出来ませんでした。

Dc022306

早めの昼食と充分な休憩後、コースに従い 上写真に見える断崖の最上部にある虚空蔵山・香集寺へと・・・

でも、この急坂道と石段はかなりキツかった。息を切らせつつ上った山頂でお参りし、鐘を突き、下山途中に見えた眺望は疲れを忘れるほどの好い景色でした。

Dc022307

このあと、大勢の人たちで賑わう「だるま市」を楽しみつつゴール地である焼津駅に向かいました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -478-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月23日 (日)

バードウォッチング  クイナ 

天竜川の河川敷に出かけてきた。今日のお目当てはベニマシコ、その名のとおり紅色の美しい野鳥です。

現場には顔なじみのベテランカメラマン氏が。同氏とベニマシコを待つ間に様々な野鳥が顔を見せてくれました。最初はやや大きめの鳥、クイナ。図鑑によれば湿地帯を好み、飛ぶより歩いて小魚や昆虫・植物の種子を食べることが多いという。私たちが座っていたので安心したのか、かなり至近距離まできてくれた。

Dc022203Dc022201 そして御馴染みアオジ君と、葦原一面無数に飛び回るオオジュリン。このほかメジロ、ツグミ、モズ、シジュウカラ等々・・・が次々と現れてくれた。

Dc022205 Dc022207 待つことと暫し、漸く現れたベニマシコ、でも近くには寄ってくれず遠いうえ、ピントの甘いショットですが。。。

Dc022208 このあと場所を変え、ミヤマホウジロを探しに森林公園へ。公園ではミヤマホウジロは見ることが出来ませんでしたが幸せの青い鳥、ルリビタキがお出迎え。

Dc022209

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -477-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月21日 (金)

JRさわやかウォーキング 岩水寺・星まつり

2月16日(日)、JR東海と遠州鉄道・天竜浜名湖鉄道との共催「岩水寺・星まつりと浜松はまきた名刹めぐり」約9.2kmに夫婦で参加してきました。三社の共同開催なので参加スタンプが三つもらえる おいしいウォーキングイベントでもあります。

何時もの様に天浜線「天竜二俣駅」から乗車、天竜川に架かる鉄橋では橋の補修工事中の為、最徐行する車窓からパチリ。

天竜川、下流の国道1号や150号付近では川幅が1km位ありますがやや上流に位置するこの辺りでは川幅もかなり狭い様です。

Dc021601
Dc021602
Dc021604
「西鹿島駅」にて赤電の愛称で呼ばれる遠鉄電車に乗り換えスタート地「遠鉄岩水寺駅」へ。

Dc021605
そして「星まつり」会場の名刹「岩水寺」到着。時間が早い事もあって、人通りも少なく露店も開店準備中のところが多かった。
「星まつり」、心に響くロマンチックなネーミングですが、昔から人々の為の開運祈願の行事との事です。
 Dc021606 
Dc021607
「岩水寺」からは県立森林公園への長い上り坂をてくてく。
途中、見晴らしの良い場所で小休止、遠く微かに見える高い建物群がJR浜松駅付近、手前の左右に伸びる線が新東名高速道路です。

Dc021608
森林公園内駐車場付近で見つけた野鳥、おじぎをしたり尾を震わせて愛嬌者の「ジョビ子さん」、別名紋付鳥とも呼ばれるジョウビタキの雌です。ウォーキング用に持参したコンデジですが何とか撮ることが出来ました。

Dc021609
このあと、ゴール地である国登録有形文化財指定の天浜線「宮口駅」にゴール。通常では朝夕を除き1時間に1本の運行と少ないのですがこの日はゴールの時間帯に臨時が3本増発と嬉しい配慮です。その中の1本で同駅発のウォーキング用臨時列車に乗車して帰宅しました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -476-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月19日 (水)

河津桜が咲いた

早咲きで知られる伊豆、河津桜のニュースがチラホラと聞こえてきます。
自宅からそれ程離れていないところに河津桜が数本植えられた場所があり、日課のお散歩ウォーク時に回り道して見てきました。旧家と思われる庭の一角に植えられた桜のうち、南側の数輪が開花しており、帰宅後カメラを持って再度行ってきました。

Dc021801 Dc021812 Dc021813

下の一枚はソフトフィルターを使って。
Dc021809

昨年は本場河津まで出かけましたが、近年では近くの公園や、観光バスも来るようになった御前崎市の海岸にもかなりの河津桜が植えられており、専ら近場でこの桜を楽しむことが多くなりました。見頃が近付いた時には再び訪れてみたいと思っております。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -475-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月17日 (月)

つま恋サウンドイルミネーション

掛川市の「ヤマハリゾートつま恋」で開催中の「つま恋サウンドイルミネーション」に家内と訪れてきました。

広大な施設内を様々なイルミを見ながら「HIKARIーFUJI」ゾーンへ。先月訪れた三重県桑名市の「なばなの里」のイルミ富士は素晴らしかったがコチラのイルミ富士も楽器メーカーのヤマハらしく同社がプロデュースする音響技術がふんだんに活用されており、「なばなの里」の富士山とは違った雰囲気です。

Dc021401 Dc021411 「FUJI]ゾーンから施設内のホテル前に設けられたメイン会場へ。会場前のホテル屋上に作られた観覧席からパチリ。コチラも光りと音楽が奏でるまさにイルミネーションショーです。

Dc021403 Dc021404 ホテル屋上から下に戻り、会場内の美しい光りのショーをBGMを聞きながらパチリ・パチリと。

Dc021405 Dc021407 Dc021409 メイン会場からの帰り道、途中に設けられていた万華鏡イルミネーション。

Dc021410

今月に入り2度にわたり各地に被害が発生した大雪、当地では幸いな事に降雪はゼロ、今冬は未だ雪すら見たことがありません。

それでも夜は寒いと思って厚着をして出かけましたが、シャッターを押す右手は手袋無しでもそれほどの寒さを感じることなく、冬の夜の光りのファンタジーを充分楽しむことが出来ました。
雪害に苦慮されている地域の人が居られる中、自分たちだけ浮かれているようで申し訳なく思います。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -474-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月15日 (土)

珍鳥 サバンナシトド

先日、珍鳥と言われているサバンナシトド(クサチヒメドリ)を撮りに出かけ、撮れたと思ったところ間違いであることが分かった。今度こそと出かけて漸く撮れたものの枝が被っている、そしてこのたび撮れたのが下の2枚。背景が芳しくありませんが・・・

Dc0214021
Dc0214022 コジュリンに前回サバンナと間違えたホオアカ。これも枯れ草がゴチャゴチャと背景が綺麗ではありません。。。

Dc021401 Dc021403 近くの田んぼから飛翔を繰り返すのはヒバリたち。

Dc021404 Dc021405333

背景は芳しくありませんが5度目の挑戦で漸くサバンナシトドを撮ることが出来ました。本日UPの地味系の野鳥、探鳥経験の浅い自分には鳥名に自信がなかったので、全てベテランさんに念のため確認してもらいました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -473-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

.

2014年2月13日 (木)

梅は咲いたが・・・

庭に植えられた紅白の梅がほぼ満開となりました。
でも今年は少しヘンです、大きな木ではありませんが梅が咲くと必ず来てくれるメジロたちがサッパリ来てくれません。それならばとメジロの大好物、ミカンの輪切りを置きましたが全く姿を見せない上、あのヒヨドリすら来ないのです。
ミカンの輪切りを置いて今日で丸2日、明日は生ごみの回収日なのでごみ袋へと・・・でもこんなことは今まで無かった事なので不思議でなりません。

Dc021001Dc021005 山が豊作なので昨秋は熊の被害も少なかったとか、野鳥が里に下りてこないわけもそんな事が原因なのかもしれません。

Dc021004 ヒヨドリが来ないので何時もは既に食べられてしまっている筈のマンリョウの実も未だ無事です。庭を注意してみておりますが水場となる蹲居へやってくるのはキジバトばかり。。。

Dc021002 室内では鉢植えのシクラメンが未だ頑張っています。

Dc021102 Dc021006

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -472-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月11日 (火)

久々のカワセミ

前日、公園にマクロレンズ持参で早春の花を撮りに行ったところ、満開の紅梅の枝に留まるカワセミを見た。
カワセミ自体はこの公園でも時々見ることが出来ますが、花と鳥をセットで撮りたいのがカメラマンの願いです。きょうは望遠レンズ持参で再度出直してきた。

池には今日もカワセミがさかんに飛んでいますがなかなか花の枝には留まってくれません。漸く留まってくれた紅梅の枝、でも、かなり枝の中で背景がゴチャゴチャしています。
Dc020911 Dc021001_2

Dc020912 Dc020913 この後は梅の枝に留まる事が少なく、留まっても枝被りばかりで写真にはならず彼方此方飛び交うピントの甘いカワセミのお姉さんを撮っただけでした。それでも風が無く、カワセミが池に映りこんでくれたのが幸いでした。

Dc020914 Dc020916 昨日より留まった位置が悪くリベンジにはなりませんでしたが、彼方此方飛び回るカワセミをレンズで追いかけ、鳥に遊んでもらった感じの1日となりました。「梅にウグイス」ならぬ「紅梅にカワセミ」です。
ピントの甘いショットの羅列となりましたが美しいカワセミに免じてご笑覧いただければ幸いです。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -471-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月 9日 (日)

公園の花

あまり遠くない公園へマクロレンズ持参でブラりと寄ってみました。

ロウバイのコーナーでは2月となり流石に花は終わり近く、被写体となる花は少ない。蝋梅と近くに咲いていた木瓜をパチリ。Dc020802 Dc020801 そして変わった椿、ミニツバキと今を盛りと美しく咲く白梅も。。Dc020805 Dc020806 池の畔では満開の紅梅近くで大砲を構える顔名馴染みのカメラマン「O氏」の姿があった。
白梅に来るメジロを待っていたがサッパリ来ないので池に来るカワセミが紅梅に留まるのを期待して待っていると言う。

カワセミは池で盛んにジャンプを繰り返した後、期待していた紅梅の枝に留まってくれた。素晴らしい状況ですが残念な事に自分が持参したのは焦点距離が100ミリのマクロレンズだけ。
500ミリ、白い大砲レンズの「O氏」はバッチリでしたが自分はこのショットのみ、カワセミが池を向いて枝に留まる下の写真、豆粒ほどのカワセミが分かるでしょうか・・・

Dc020804 柳の下にドジョウは居ないと言われておりますが、長いレンズを持って明日は必ず来ると心に期して帰宅jしました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -470-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月 7日 (金)

幸せの青い鳥?  ルリビタキ

前回ブログアップしたミヤマホオジロ、カメラの設定ミスもあり、至近距離から撮った割には写りはいまひとつ。リベンジを試みてその後も同公園に通っては見ましたがサッパリ出合う事がありません。

公園をほぼ毎日歩く地元カメラマン氏に尋ねましたが「此処2.~3日全く見られません・・・」との事です。
場所を変え、バードウォッチャーに人気の青い鳥、ルリビタキを待った。
やがて現れたのが背中まで青いルリビタキです。

Dc020601 Dc020602 成鳥である青い雄が二羽、そして後から現れたのが背中が茶色な感じのルリビタキ。
下の写真、別の場所での撮影ですが同じ固体とは違うようですが・・・
図鑑によれば「幼鳥やメスの成鳥は上面の羽毛は緑褐色」とあり、雌雄の区別は定かではありません。

Dc020603 Dc020605 ルリビタキ、背中が茶色の鳥は昨年秋に数回見ましたが、青い鳥を見ることが出来たのは極めてラッキーなことです。
オオルリ、コルリと共に、「青い鳥」御三家の一つとされるルリビタキを見ることが出来、チョッピリ幸せな気分に浸ることが出来ました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -469-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月 5日 (水)

バードウォッチング  ミヤマホオジロほか

「三寒四温」の気候がピッタリの今日この頃です。少し離れた田園地帯に珍鳥と言われているサバンナシトドを撮りに出かける予定でしたがこの日は風が強く、風の影響の少ない森林公園へと出かけてきました。

広大な公園の入り口付近で迎えてくれたのはお馴染み「おちょぼ口」のエナガちゃん、そしてメジロにジョビ男君たちです。Dc020401 Dc020402 Dc020403 この時、顔なじみのベテランカメラマンの「O氏ご夫妻」に出会い、ご夫妻から「上の方にミヤマホウジロが10羽ぐらい居ますよと」教えて頂き、急いで移動する事に。

ミヤマホオジロ、カシラダカなどの群れに交じって稀に見かけることがあってもなかなか見ることが出来ない季節の美しい鳥です。
Dc020406 Dc020405 Dc020407 教えて頂いたポイントには10羽ほどの通称「ミヤホ」が。普段あまり見られる野鳥ではありませんが人を怖がる事もなく随分と近くで見ることが出来ました。

最後まで枝には留まってはくれませんでしたが、美しいミヤマホオジロを見ることが出来大満足の1日となりました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -468-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月 3日 (月)

散歩道を彩る早春の草花

三寒四温の「温」の言葉がピッタリの温かい日、雨の上がった午後から何時もの堤防を歩いた。堤防の草花を・・・と、きょうはカメラ持参のお散歩ウォーキングです。

土手には「ホトケノザ」や「オオイヌノフグリ」などの小さな花が一面に咲き、少し大きな葉には午前中まで降っていた雨の名残が残っています。Dc020202Dc020205 Dc020203 少し歩いた先の堤防には菜の花が斜面を覆いつくす様に咲いている場所や、水仙の密集地帯があります。Dc020207 Dc020206 これらの花々に近付いてパチリと撮りたいのですが、その前に立ちはだかるかの如く無数の「ひっつき草」が。。。花園への侵入を阻む門番のようです。Dc020204 Dc020208 「ひっつき草」の比較的少ない所を選び数枚撮りましたが、堤防上に戻ってみればビックリするほどの種子がズボンやシューズまでべったり。
この「ひっつき草」、花園を荒らされないようにガードするガードマンなのかもしれません。

最後の1枚は、開花が随分進んできた我が家の白梅です。連日暖かい日が続き、紅白共に2分咲き位となりました。Dc020201 拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -467-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2014年2月 1日 (土)

バードウォッチング  ホオアカ、サバンナシトド?

少し離れたところに珍しい野鳥サバンナシトドが居ると聞き、一度出かけてみましたが狭いポイントには他府県を含む車がいっぱいで入ることが出来ず帰ってきた。
そのニュースを聞いてから随分日時も経過したが、珍鳥が未だ居ると聞き、ダメでもともとと午後から行ってみました。

最初に現れたのはホオアカでしょうか(下写真)、 暫くして二羽の野鳥が現れたが左はホオアカで右がサバンナ?(2枚目写真)。
鳥名が確信出来ないのでカメラの液晶モニターに写った小さな画像を周りのバーダーさんに見ていただき尋ねたところ「多分そうでしょう」との事でしたが、液晶の反射もあり見難いことは事実です。

この後、待つこと数時間、現れたのはこの一瞬のみ、皆さんの話によればかなりの難敵とも聞く。その翌々日も半日粘ってみたがついに姿を見ることは出来ませんでした。
サバンナシトド、間違っているかもしれません、間違いであればご指摘いただければ幸いです。

Dc013005 Dc013002 この日の午前中、何時もの川へ出かけましたが、コハクチョウは飛ぶことなく空振りに。待つ間に撮った白鷺(チュウサギ?)と、カニらしき獲物をゲットしたカモメ。

Dc013001 Dc013006 拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -466-

タイトルの「ホオアカ、サバンナシトド?」にもありますように、サバンナシトドの鳥名の確認が出来ませんでしたが、野鳥撮影の超ベテラン「ゆきりん」様から二羽ともホオアカの可能性が高いとのコメントをいただきました。
タイトル、本文はこのままとし、サバンナシトドではない事が確認できましたので追記いたします。
「ゆきりん」様、本当に有難うございました。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »