2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« バードウォッチング  コクマルカラス・パンダ鴨 | トップページ | バードウォッチング  コハクチョウの飛立ち »

2014年1月26日 (日)

バードウォッチング  コハクチョウ

富士山を背景に飛ぶコハクチョウを期待して、寒い中を毎朝出かけています。この日も未だ暗い内に自宅を出て、少し離れた川岸へと行ってきました。

ポイントには既に顔なじみのカメラマン氏が数人三脚を立てています。天気予報は晴れ、肝心の富士山は霞んでおりますが、鳥が良い角度で飛んでくれたなら・・・と、コハクチョウの飛び立ちを待つ。フード付きの上着+厚着と着膨れした上に、カイロ持参でも厳冬期の日出時刻の川岸はかなり冷たく、手足の先が痛いほどです。

Dc012403 風が無く、鏡のような川の水面が漸く薄赤く染まる頃、コハクチョウたちが近くの田んぼへと一斉に飛び立ちます。

Dc012404 Dc012405 残念な事に、この日も飛んだコースが富士山より低くガックリ。
その代わりに数え切れないほどの川鵜が飛んでくれました、写真の3~4倍ぐらいは飛んでいます。でもカラスと同じ全身真っ黒な川鵜ではね~
川鵜の食欲はかなりのものとか、川の魚が食べ尽くされてしまうのではと心配するほどです。

Dc012401 帰りに何時もの池に寄り、あのパンダガモを探してみれば「居た居た」、今日も番で池の中央部に。。。何度も水に潜っては餌取に夢中の様子のパンダちゃん、番のツーショットは撮れませんでした。でも、雄、雌共に可愛いですね。

Dc012406 Dc012407 拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -463-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« バードウォッチング  コクマルカラス・パンダ鴨 | トップページ | バードウォッチング  コハクチョウの飛立ち »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

自分の描いたイメージどおりの撮影をまちのぞんでいる光景が目に浮かびます。
鳥たちは何を思い急に飛び立ったり・・・
早朝の紅色の富士山が鳥たちが来るのを待っているような・・・
応援ポチッ!

あすか 様
なかなか思うように飛んでくれません。
それだけに、今度は次の機会こそ! と、また寒い中を出かけてしまいます(笑)
別の場所に居たコハクチョウたちも既に旅立ちました。
この鳥たちも何時まで居てくれるのか分かりませんが、餌場となる田んぼの田起こしが始まりました。
田起こしをすれば餌となる二番穂がなくなるので旅立ちとなります。
北帰行までにイメージどおりの写真が撮れるか微妙です。

おはようございます。

静かな水面に、横一列のコハクチョウさん、
白鳥の左側に数本の大きな木が映っている
2枚目、3枚目の写真好きです。

富士山に無数の黒いカワウ、とっても
迫力があります。
応援ポチ

里山コウ 様
おはようございます。
横一線に並んだコハクチョウ。もう少しアップでとも思いましたが水面に映りこむ樹木の影と赤く染まった川を強調したくてこんなショットになりました。
主役がハクチョウなのか水面なのか分からなくなってしまいしたが。。。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは。

また寒くなりました。

風邪に気を付けてくださいね。

ぽち。

朝焼けの富士山、いいですね~。
3枚目の写真は、鳥の数に驚いてしまいました。すごい群れですね。
コハクチョウが一斉に飛び立つ姿は美しいですね。
パンダガモはとってもかわいく撮れていますね。
私も実物を見てみたくなりました。

あとり 様
昨日までの暖かさから一転、冷たい季節風が吹き荒れています。
インフルエンザにノロウィルスと周囲には強敵ばかり・・・
人混みに近付かないようにしています。
応援を何時も有難うございます。

walkerZ 様
富士山はやや霞んでおりましたが、肝心のコハクチョウたちがなかなか期待する方角に飛んではくれず・・・の連日です。
北へ旅立つ日も遠くないのでそれまでに富士山とのコラボが撮れたならと念願しているところです。
パンダガモは貴重種でもあり、可愛いのでまた撮りに寄りました。

毎朝のお散歩 お疲れ様です。
そんな中でも色々な鳥を見ることが出来ますね。

パンダカモ 初めて見ました。
オス、メスの見分けはわかりやすいと思いました。
白いのは雌でしょうか?(違っていたらゴメンナサイ)

木曜日まで実家滞在です。
「寒い」といいつつ、北海道よりはあたたかいです。
北海道仕様で着ているため、朝晩はちょうどいいです(笑)。

おはようございます♪
この様に見ると少し霞んだ富士山も味わい深いものがありますね。
日本画を見ている感じです~(^^)
私もこれからは夜明け前の撮影を頑張ろうと思っているんです。
この冬は夕方は綺麗な海の風景を撮るのが難しそうなので…

寒さはこれからが本番…お互い風邪には気をつけましょう(^^)v

応援P☆

おはようございます。
すごい数のカワウですね。
こんなにたくさんのカワウを見たのは初めてです。
こちらの武蔵野森林公園などでは、カワウ被害が発生してます。
あまりにも増えすぎて、糞公害で枯れる樹が続出、困ってるようです。
あまり天敵がいないうえ、大食漢なので、これからもいろんなところで被害が出そうですね。

のりちゃん 様
ピンポーン! ミコアイサ、通称パンダガモは、お察しのとおり白い方がオスです。
野鳥の場合殆どの種類で雄の方が華やかで目立ちます(稀に例外もありますが)
木曜日までのご実家滞在、お母様もさぞかしお喜びの事でしょう。
親孝行がタップリと出来ますね。

カシオペア 様
今冬の夕景はあまり芳しくないのですか。
自分など、晴れで赤く夕焼けが見られたなら満足してしまいますが、夕景撮りのエキスパート「カシオペア」さんには満足できないのでしょう。
朝は靄がかかった日が多く、何より寒さが厳しいのが難点です。
夏の夜明けごろは実に爽快なのですが・・・

ソングバード 様
カワウ、コチラでも大爆発で、漁業関係者も困っているようです。
特に稚アユを放流しても食べられてしまうことが多いようですし、河口付近でも天然アユの遡上が減ってしまっているそうです。
水辺のカワウ、陸上のムクドリが今では厄介な害鳥になってきました。
ところで、今年は山に餌が多くあり、里へ降りてくる野鳥が少ないと皆さんが話しておられますがそちらではどうなのでしょう。。。

私たちがウオーキングする場所でも「カワウ」の並ぶ場所があり
「黒い鳥がずらーと」なので最初はビックリしました。

今日もパンダガモさん達に癒されましたよ。

こんにちは。

寒いでしょうけど。。ひさしぶりに、

鳥たちを探しに行きたくなりました。

応援ぽち。

セロリさん 様
カワウ、増えすぎて漁業関係者からも困惑の声が出ているとの事です。
カラスやこの鵜の様に全身真っ黒な鳥はハクチョウと比べても悪役の感じです。
連日のパンダさんで恐縮です。

あとり 様
餌のないこの時期ですが、「あとり邸」を訪れるシジュウカラやメジロたちは最近如何ですか?
里山では野鳥の数が少ないとバーダーの皆様方が仰っております。

朝の寒い日の出前からの撮影、お疲れ様でした。

コハクチョウ、飛び立つ雰囲気が良い感じですが
カメラマンさんには満足できないようですね。

川鵜、すごい数がいるのですね。
本当にお魚が心配になってしまいます。

ジャランこ 様
この場所で寒さに震えながら待つカメラマンは、ハッキリした富士山とその手前を飛翔するコハクチョウの姿です。
自分も2週間通いましたが未だにそのようなシーンには巡り合えません。
自分より齢下の知人が寒いところで倒れた事を聞き、家人の要請もあり早朝撮影は昨日をもって終わることにしました。
念願のシーンは撮れませんでしたが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング  コハクチョウ:

« バードウォッチング  コクマルカラス・パンダ鴨 | トップページ | バードウォッチング  コハクチョウの飛立ち »