2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« イルミネーション | トップページ | 今年の珍鳥ベスト5 »

2013年12月26日 (木)

バードウォッチング 小鳥たちの森

好天につられて近くの池に寄った後、いつもの里山へ出かけてきました。

池にはお目当てのセイタカシギやツルシギは見つからず、嘴が上に反った感じのシギ、アオアシシギでしょうか。そして少し離れた沼ではマガモに付いて行く珍しい鴨、トモエガモをパチリ。トモエガモは当地方では珍しい鴨です。

Dc122401 Dc122409 里山では何時もの小鳥たちが出迎えてくれました。メジロ、ヤマガラ、エナガ・・・

Dc122403 Dc122404 Dc122406 先日初めて見た、あのルリビタキも。。なかなか出合うことが無かったルリビタキ君ですがまた見ることが出来ました。そしてお馴染み愛嬌満点のジョウビタキ。

Dc122405 Dc122407 最後に此のショット、野鳥(カシラダカ)が3羽居るのですが分かるでしょうか?
撮った後、「ウォーリーを探せ」という画像を思い出しました。

Dc122408 拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -445-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« イルミネーション | トップページ | 今年の珍鳥ベスト5 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

早速、「カシラダカを探せ」にチャレンジしました。
ん~、2羽は楽勝。もう1羽が微妙~。いずれ回答をお願いします(笑)。
今回も野鳥がかわいく、良く撮れていますね。
こうしてブログで紹介していただくので、身近にこんな綺麗な鳥たちがいることを知ることができました。
追伸:イルミの撮影の件、丁寧に教えてくださってありがとうございます。

野鳥の楽園 春を待つ野鳥たちの楽しそうな光景にぬくもりを感じました。
カシラダカ 三匹目は??(笑)
応援ポチッ!

おはようございます♪
アオアシシギは水辺で餌を漁る鳥でしょうか…
こちらの海辺でよく見ますが、走る姿が可愛いですよね~(^^)
昨日も海で撮影中に見ました。
そしてメジロ君…私は野鳥の中でこの鳥が一番好きなんです。
色も綺麗ですね~(^^♪

応援P☆

walkerZ 様
一番下の写真。2羽は分かると思いますが3羽目の野鳥、左側の鳥の直ぐ右上に向こう向きで居るのがカシラダカと呼ばれる鳥です、写真では尻尾の方だけ写っているので見難いですね。
ヘンな写真で申し訳ありません。

あすか 様
池の畔では風が冷たく寒かったのですが、森の中は風も無く、暖かい陽だまりでの撮影なので楽でした。椅子を持参し、弁当を食べ、至福の1日を過ごす事が出来ました。
3羽目は左側の鳥の直ぐ右上、あちらを向いているので見えるのは尻尾の部分なので分かり難かったです。
応援を何時も有難うございます。

カシオペア 様
シギ類は水辺で暮らすものが多く、図鑑ではゴカイ類や海老や蟹などを食べていると書かれています。
メジロは小鳥の中では最も身近な美しい鳥ですね、梅が咲く頃には我が家にもやってきます。近くで観察できるので梅の時季が楽しみです。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは^^

なんて、かわいい小鳥たちでしょう
小鳥を下からとらえたショットは
めずらしいな~と思いました

ルリビタキ君、かわいい表情ですね^^
カシダラカを探せ・・・二羽しか見つけられません
どこですか~

k-24 様
森の中でも小鳥たちが集まる場所は水場があって食べ物が有るところ。
撮影場所は池の畔のナンキンハゼの木の下です。
ナンキンハゼの実を小鳥たちが食べに集まってくるのを待ちました。
「カシラダカを探せ・・・」
左側の鳥の直ぐ右上に向こう向きで居るのがカシラダカです。向こう向きなので分かり難いですね。
ヘンな写真で申し訳ありません。

トモエガモ、こちらでは良く見かけます。
ちゃんと名前がついているんですね。
今度見かけたら、トモエさんと心の中で呼びかけてみます。

とほ娘 様
トモエガモが関東には多いのですか。
当地方でも写真の前で泳ぐマガモは沢山おりますが、
後ろに続くやや小型のトモエちゃんは希少品種です。

おはようございます!

大掃除の前に、鳥さん達の可愛い姿を拝見して
心に癒しを貰い頑張れそうです。

私も近くの川でトモエちゃんを見かけたことがあるので
またじっくり観察してみま~す!

セロリさん 様
トモエガモ、頭の班紋が巴模様の渦巻きに見えるところからこの様に呼ばれているとか。
当地方でもこの沼にのみ飛来する希少種です。
そちらにも居る可能性は大です。観察してみてください。

おはようございます。

もう水辺に鴨さん達が来るシーズンなんですね、
初めて聞く名前の水鳥さんがいくつか。

お腹の部分が、オレンジ色の小鳥さんは
ジョウビダキですね。

最後の写真カシラダカは2匹はすぐ見つかりましたが
3匹目は少し手間取りました。
応援ポチ

里山コウ 様
冬の使者である鴨たちも随分と増えてきました。
お腹の部分が、オレンジ色の小鳥は仰るとおりジョウビタキです。
オレンジ色が濃いのはオスで雌はこれよりやや地味な感じです。
野鳥は例外を除いて殆ど雄の方が綺麗です。
カシラダカの3羽目、一寸分かりにくかったかもしれませんね。
応援を何時も有難うございます。

最後の1羽を見つけるのが大変でした。
ウォーリーを探せより、レベルが高いと思います。
やはり、鳥の写真を撮るのは集中力と
根気が必要だと思います。

ジャランこ 様
分かりにくいヘンな写真を掲載し申し訳ありません。
すっかり面白くなってしまった野鳥撮り、
上手い人から見れば噴飯ものですがこれからもせっせと投稿しますので宜しくお願いいたします。

こんにちは。
今日はこれからお出かけします。
寒いので、あったかくして風邪に気を付けてくださいね。
応援ぽちで失礼します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング 小鳥たちの森:

« イルミネーション | トップページ | 今年の珍鳥ベスト5 »