2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月30日 (月)

電飾船 -御前崎丸-

今年も残り少なくなってきました。我が家でもお正月用の魚介類の買物に御前崎の市場まで家内と行ってきました。これは例年通りで、ここ数年は恒例となっております。
御前崎港までは車で1時間余、今年は出かける時間を遅くして観光物産会館「なぶら館」前にある「御前崎丸」を2年ぶりで見ることにした。

ショッピングが終わり、周囲が夕闇に包まれ夜のとばりが下りる頃には「なぶら市場」近くに展示されている「御前崎丸」船体周辺に取り付けられた2万個の電球が美しく輝いていました。

Dc1226101
Dc1226121
Dc1226131
この電飾船、同会館HPによれば。
「御前崎丸が、御前崎の夜の港を見守る心温まるやさしい船へと変貌し航海している様子を表している」と、ありました。


Dc1227011
Dc1226141
年賀状の投函や大掃除も早々に終わり、今日はお墓参りに菩提寺へと行ってきます。あとは玄関に注連飾りをつけるだけ・・・今年も何とか終わった感じで、年末に行う我家の諸行事もほぼ終了しました。

本日の投稿が本年最後となります。
早いもので当サイト「ココログ」にお世話になり2年と2ヶ月経過しました。今年1年間、拙いブログではありましたが訪れていただいた方、暖かいコメントを寄せて下さった皆様、そしてブログ村への「ポチッ」と、応援して下さった皆々様、本当にありがとうございました。来年もまた宜しくお願い申し上げます。

皆々様方、良いお年をお迎え下さい。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、本年最後のクリックしていただければ幸いです。 -447-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月28日 (土)

今年の珍鳥ベスト5

昨年の春頃からすっかり面白くなったバードウォッチング、ハンドブックに掲載されている野鳥の内、実際に撮ったものは未だ半分以下。ウデは相変わらずのドシロートですが本年を振り返り、撮った鳥の中から当地方ではあまり見られない所謂珍鳥ベスト5を自分なりに選んでみました。

最初は海岸線をぶらりと歩いている時、大砲レンズを構えた皆さんに偶然出会い教えて頂いたヘラシギ。その時はシギの嘴の形が違うものの固体の大きさや羽の色が特別変わっているわけでもなく、感激もそれほど無かったのですが、あとからかなりの珍鳥と聞いてびっくり。

Dc102915

そして2番目は野鳥ウォッチングの時、公園でご一緒した「I氏」から「目の前の鳩、普通の鳩とは違うようだ」と、教えてもらい急いで撮ったのが白小鳩。越谷市の鳥として制定されており、関東地方ではそれほど珍しい鳥ではない様ですが当地方では珍鳥です。

Dc102916

3番目は、磐田市で連日大フィーバーとなったコウライウグイス。北は青森、西は四国からも野鳥ファンが集まったとか。休日には狭いポイントにカメラマンがぎっしり、三脚と三脚が絡み合い移動など全く出来ない状態でした。自分もせっせとほぼ毎朝通いましたが東はいわき市、西は広島から来たと言う男性とお話ししました。

この鳥が発見された当初はまさに神出鬼没、現れてもタッチ&ゴーで全身が写せたのはほんの僅か。ポイントで待機したカメラマンでも1/3の人が撮れたなら上々の状態でした。それでも旅立つ最後の頃には少し慣れてきたのか枝に留まってくれる時間も瞬時からチョッピリ長くなり何とか撮れた数ショット内の1枚です。

Dc11180299

4番目は御前崎市で偶然出合うことが出来たカササギ。この鳥も九州佐賀県地方ではごく普通に見られる鳥とか。しかし当地方では普段見ることが出来ない珍しい野鳥です。
カラスを半分白くしたような感じですが背中や尾羽が濃いコバルトブルーで太陽の下、飛翔したときにはカラスとは全く異なる美しさでした。この時のカメラマンは自分ひとり、誰も居ない公園で5~6mの至近距離から数ショット撮ることが出来ました。

Dc102901 最後は兵庫県豊岡で人工飼育されたコウノトリ。人間に育てられた為か人を恐れることは全くなし、最短距離では3~4m位まで来てくれる大サービスぶり、ケータイで撮っている見物者も多くいました。

Dc102521 この珍鳥たち、皆様から居場所を教えて頂いたものが多く、偶然でも撮ることが出来たのは運がよかったとしか言い様がありません。

下のショット、珍鳥ではありませんが湖でミサゴが大きなボラをゲットし、カラスたちの追撃を振り切って飛び去るところ。今年撮ったショットの内、自分ではお気に入りの1枚です。

Dc1224011

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -446-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月26日 (木)

バードウォッチング 小鳥たちの森

好天につられて近くの池に寄った後、いつもの里山へ出かけてきました。

池にはお目当てのセイタカシギやツルシギは見つからず、嘴が上に反った感じのシギ、アオアシシギでしょうか。そして少し離れた沼ではマガモに付いて行く珍しい鴨、トモエガモをパチリ。トモエガモは当地方では珍しい鴨です。

Dc122401 Dc122409 里山では何時もの小鳥たちが出迎えてくれました。メジロ、ヤマガラ、エナガ・・・

Dc122403 Dc122404 Dc122406 先日初めて見た、あのルリビタキも。。なかなか出合うことが無かったルリビタキ君ですがまた見ることが出来ました。そしてお馴染み愛嬌満点のジョウビタキ。

Dc122405 Dc122407 最後に此のショット、野鳥(カシラダカ)が3羽居るのですが分かるでしょうか?
撮った後、「ウォーリーを探せ」という画像を思い出しました。

Dc122408 拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -445-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月24日 (火)

イルミネーション

自宅から近いところのご家庭で毎年綺麗なイルミネーションを飾り、そのスケールも毎年大きく華やかになって毎晩多数の人たちが訪れれ居る。今年は街へイルミを見に行くこともなかったのでクリスマスが終わらぬ内にと昨晩見に行ってきました。

17時の点灯開始前直前に行ったところ、祭日でもあり、用意された駐車場には早くもイルミ点灯を待つ多数の車や人たちが居てビックリ。駐車場入り口や交通整理の人たちも5~6人で・・・

下の1枚目は多重露出です。4本と6本線の光条フィルターやソフトン等々を持参しましたが、2~4枚目写真は全て4本のクロスフィルターを使いました。

Dc122303

Dc121902 ご自宅の庭からカーポートまでのかなり広い場所には燦然と煌くイルミネーションが輝いていました。

Dc121903 Dc121907 夜間の外出もなく、街の華やかなイルミを見ずに終わりそうな今年の暮れですが、此のご家庭に飾り付けられた綺麗なイルミネーションを拝見出来たのでこれで充分です。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -444-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

 

2013年12月22日 (日)

遠江四十九薬師巡り 結願

今回で二度目となる「遠江四十九薬師巡り」が漸く満願となりました。残り3ヶ寺となっていた薬師めぐり、番外寺となっている磐田市の長泉寺を最後に51寺院を全てテクテクと歩いて巡拝し、その証となる納経帳も全てご朱印で埋め尽くされました。腰痛により中断した期間もあってスタートから丸2年の結願です。

Dc12100211
1回目は2008年11月~2009年5月に満願しており、今回は約4年半ぶりの満願となります。納経帳もこれで2冊目、既に二度ずつ巡拝した「遠江三十三観音巡り」、「遠州三十三観音巡り」の4冊と合わせ全部で6冊となり自分の宝物がまたひとつ増えた感じです。

Dc120706

今までは其々の寺院にお参りし、ご朱印を戴くだけの参拝でしたが今回は全てのお寺で拙いながらも般若心経を唱え、少しは進歩したかな・・・と、自分なりに満足しているところです。下の写真はこの日、袋井市の松秀寺で戴いた「健康十訓」、分かっていながらなかなか実行できない事項も。。

Dc120708 テクテク歩いて巡るお薬師めぐり二巡目も年内に満願する事が出来ました。今は満足感と、これで終わりかと・・・一抹の寂しさが入り交じり複雑な心境になります。しかし、満足感の方がやはり大きいことや、終えた後の「爽やかさと心安らぐ満足感」を味わう事が出来たのは何時ものとおりです。

四国八十八、西国・坂東・秩父・・・そして各地の霊場巡りが祈りの旅、心の癒しとして昔から多くの人達によって行われてきた理由が改めて分かる様な気がしました。 -合掌-

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -443-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月20日 (金)

バードウォッチング  ルリビタキ

野鳥撮り2年目の自分ですが何故かルリビタキには縁がなく未だ見たことがありません。ルリビタキに会いたくて少し離れた県立森林公園に出かけてきました。
先日、ウォーキングイベントに参加し、公園内を歩いた時に広大な園内の凡その場所は確認してきた。

ルリビタキが見られると言われた地域を行ったり来たりするもなかなか見つけることが出来ず、丁度居合わせたカメラマン氏に尋ねたところ「此処で待てば必ず現れるから此処で待てばいいよ・・・」と教えて頂いた場所で待つ事に。
待つ事暫し、現れました待望のルリビタキです。1時間半ぐらいの間に3度も現れてくれました。背中の羽の色が薄いので雌?雄の若鳥は雌に似ているとも言われておりますが・・・

Dc121803_2 Dc121808 Dc121805 鳥を待つ間に突如現れたのは可愛いリス。浜松城公園や佐鳴湖に沢山居る台湾リスと違い小型で実に可愛いリスです。

Dc121806 Dc121807 この後、ビンズイやカシラダカ、コゲラにメジロ・・・数多くの小鳥が現れてくれました。ビンズイにカシラダカ、池のマガモちゃんをパチリ。

Dc121801 Dc121804 Dc121802 なかなか見られなかった瑠璃ビタキ、この日は短い時間に3度も現れてくれました。探鳥経験の浅い自分が探すだけではなく、詳しい人から情報や教えを乞うことの大切な事を改めて知った1日でした。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -442-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月18日 (水)

バードウォッチング  冬を迎えた野鳥たち

今冬第一級の寒波到来で北国では例年より早い大雪のニュースが報道されています。
風は冷たいものの外は快晴、今日も少し離れた公園へといってみた。

公園の池ではオオバンやキンクロハジロに交じって嘴の幅の広い鴨が・・・ハシビロガモ?でしょうか。自分は初めて見る鴨ですが羽の模様がとてもキレイです。

Dc121205Dc121204 Dc121206 枯れ木の先に留まって此方を眺めているのはモズ、そしてまだまだ美しいモミジの枝には忙しく飛び回るエナガ君。ひとつ枝に瞬時もじっとして居てくれないのでピンボケの山となりました。この写真もピントが甘いのですが。

Dc121201 Dc121401 公園内の小高い岡の上にある見晴台から見たこの日の富士山。一寸霞んだ感じですがテレコンを外しても野鳥用の望遠レンズなのでかなり大きく見えます。Dc121202

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -441-

.

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月16日 (月)

ウォーキング 名刹岩水寺と森林浴ウォーキング

12月15日(日)、遠州鉄道と天竜浜名湖鉄道の共同開催「名刹岩水寺と森林浴ウォーキング」約10kmに参加してきました。

今冬第一級の寒波襲来との事である、雪無し県の当地方では雪の心配はありませんが、雲が多くかなり寒い天候です。
天浜線二俣駅まで車で行き、天浜線に乗車。西鹿島駅で遠鉄に乗り換え「遠鉄岩水寺駅」をスタート。

Dc121505
Dc121501
新東名を越え、最初の目的地古刹「岩水寺」に参詣後、長い上り坂を息を弾ませながらテクテク。途中で見晴らしのよい場所から眺めたのが下の写真、左右に線状に伸びているものが新東名、その先に光って見えるのが天竜川です。

Dc121502
広大な森林公園内では、カサカサと音をたてる落ち葉を踏みしめながら柔らかな土の道を歩きましたが実に心地よい感触です。

Dc121503
Dc121504
JRのウォークイベントと異なり参加人数も多くなく、それだけに晩秋の森林浴を存分に楽しむ事が出来ました。

ゴール地は天浜線「宮口駅」。車を置いてある二俣駅まで乗車し、時間が早かったので駅から近い二俣城址へと寄ってみた。戦国期、徳川・武田・今川の争奪の場となった戦国史上度々登場する城でもあります。

メインのモミジの紅葉は流石に終わりに近い状態でしたがまだまだキレイな紅葉を見ることが出来ました。
藪の中で動くものがあり、見ればメジロ君が・・・コンデジなので動きの早いメジロに咄嗟の対応が間に合うか心配でしたが何とか写っていました(一番下の写真です)

Dc121507
Dc121508
Dc121506
気温が上がらず最後まで上着を脱ぐこともなく歩いた今日のウォーキング。日課のお散歩ウォーキングは継続しますが、ウォークイベントへの参加はこれが本年最後です。

この日のコースはアップダウンもあって距離の割にはチョッピリ疲れましたが森林浴をいっぱい浴びながら心地よく歩くことが出来たファイナルウォークイベントとなりました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -440-

.

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月14日 (土)

バードウォッチング  ジョウビタキ・カシラダカ

この日は少し離れた公園へと出かけてきました。
最初の登場はあの愛嬌満点のジョウビタキ、尻尾を振り、頭を下げてお辞儀をする様な仕草が実に可愛い。しかも人を恐れず平気で近付いてくれるところがまた嬉しいですね。

Dc120705Dc120704

そして野鳥撮り初心者である自分は初めてのご対面、図鑑で見たところ冠羽が立っているのはカシラダカでしょうか? 周囲にカメラマンが居なかったので確認できませんでした。
3枚目の写真はカシラダカ?それともホオジロ?

Dc120708 Dc120702 Dc120706_2Dc120707そして公園入り口の池に浮かんでいた水鳥はキンクロハジロかな。

Dc120709

野鳥ウォッチング2年目の自分にはまだまだ知らない鳥がいっぱいです。図鑑を見てはいるのですが心許ないところです。鳥博士さんよろしくお願いいたします。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -439-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月12日 (木)

JRさわやかウォーキング  藤枝

12月8日(日)、JRさわやかウォーキング「蓮華寺公園普請400年記念ウォークとスポーツ&健康フェア」約12.7kmに夫婦で参加してきました。藤枝市へは3月末、満開の桜の下を歩いて以来の訪問です。
藤枝駅北口をスタートし、蓮華寺方面へテクテク。通りかかった宗乗寺門前の紅葉が未だ未だ鮮やかでした。

Dc120901_3

Dc120902

水無川となった瀬戸川堤防上で田沼街道分岐点の道標を発見。
江戸中期、賄賂政治の標本とも言われている老中・田沼意次ですが遠州相良城主として港湾の整備や相良城下から藤枝宿までの街道を拡幅整備し、領域住民に感謝された名君とも伝えられております。
あの明智光秀や忠臣蔵の吉良上野介も地元では名君として領民から慕われていたとか。歴史上悪役として伝えられている人にはこういった一面が多いことも興味がありますね。

Dc120903

Dc120904
約5km歩いたところで このメイン目的地「蓮華寺公園」到着。公園入り口で実施中の「ふじえだオリエンテーリング」のスタンプラリー用紙を貰いラリーに挑戦することに、園内の急坂道や階段を息を切らせながら歩いた。

Dc120907
Dc120906

園内に設置された10ヶ所のコーナーで刻印を貰いゴール。参加賞として記念タオルをいただきました。
公園の池ではオナガ鴨やオオバンなどの水鳥たちがいたるところに。。。

Dc120905
この後、復元された志太郡衙跡で昼食。県武道館で開催中の健康フェスタを見て藤枝駅南口へゴール。
駅改札口前でウォーキング大好きワンちゃん「こ豆ちゃん」と久々の体面、「こ豆ちゃん!」と呼べばこちらを向いてくれました、振り向いてくれたところが嬉しいですね。

Dc120908

コース外の「ふじえだオリエンテーリング」に参加した事もあり、この日の万歩計は24.937歩約16~7kmのウォーキングとなりました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -438-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月10日 (火)

だるま太陽

日課のお散歩ウォーク、寒くなってきてからは早朝は止め夕方歩いています。この日も晴天、西の空に太陽が大きく傾いてきた、キレイな夕景が見られるかもしれないと散歩から帰宅後、久しぶりで近くの海岸へ行ってみました。

Dc120702

Dc121102_2 霞がかかっている為か太陽が眩しくなく、真ん丸に見えます。こんな日はキレイな夕焼けは期待できないが「だるま太陽」が期待できそうです。
真っ赤に燃えた太陽が着水し、「じゅっ!」と音がしてきそうな瞬間です。

Dc121103_2

Dc121104_2 だるま太陽、ウィキペディアによれば、太陽の蜃気楼現象の一種で、水平線に朝日や夕日が「 だるま」のように歪んで見える現象 とあります。

Dc121105_2

だるま太陽を見て帰宅すれば、美しい三日月が。。。

Dc120701付近に島影や船舶、飛んでいる鳥など添えになるものがあれば好いのですが、生憎何もなし、太陽だけのショットになりました。(12月7日)

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -437-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

.

2013年12月 8日 (日)

バードウォッチング  オオタカ・ミサゴ

暖かい日差しにつられ近くの池に行ってきた。池には越冬のため多くの鴨たちが居る。池で野鳥撮りの大ベテラン「Y」さんに偶然出会う事が出来ました。「Y」さんから「ツルシギやハマシギが居ますよ」と、教えてもらいパチパチとシャッターを押すが、野鳥撮り初心者の自分にはツルシギやハマシギは初めて見る鳥です。
下写真のやや紅い嘴がツルシギです。足も更に紅いのですがこの写真では分かりません、このあと飛び立った時の赤い足が一緒に居たアオアシシギと全く違って印象的でした。

Dc120504Dc120505 ハマシギを撮っているとき「ミサゴですよ」と上空を見上げれば湖のハンターとも呼ばれるミサゴが悠々と上空を旋回しています。直ぐ上空に来たので手持ちに変えてパチパチ。。

Dc120501 Dc120503 この後、葦の中の小鳥を探していた時「Y」さんが「珍しい猛禽が居るので此方へ・・・」とわざわざ呼びに来てくれました。
「Y」さんの教えて頂いた梢の先には猛禽のオオタカが・・・腹に縦模様の縞がることから生後2~3年の若鳥らしいとの事です。オオタカは遠くで見たことがありますが写真に撮るのは勿論初めて。

オオタカを撮ったのが14時過ぎ、飛ぶところを撮りたいと16時まで粘りましたが満腹のようでついに動く事はありませんでした。日が落ちて寒くなってきたこともあり、風邪でもひいてはと、ついに根負けして退散しました。

Dc120502 Dc120601 今日はベテランバーダーの「Y」さんに会えたお陰で初めてのシギやオオタカを撮ることが出来た上、今秋初のミサゴも撮れました。自分ひとりでは下の写真ぐらいで終わってしまったことでしょう。
経験とウデの差が改めて認識出来た1日でもありました。自分も場数を踏んでもっとウデを上げなければ。。。

Dc120506

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -436-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月 7日 (土)

バードウォッチング  タゲリ・トビ

海岸近くの造成地に沢山のタゲリやトビが居ます。タゲリは渡り鳥ですがトビは誰でも知っている留鳥である、しかしトビが何十羽も一ヶ所に多く居る事は珍しい。
タゲリは反り返った冠羽が特徴で、背中の羽の色もなかなかキレイな野鳥です。

Dc120201Dc120210 飛翔中は一見、普通のケリに似た感じ。

Dc120207 タゲリと共に数十羽のトビが居ますがトビは鷹の仲間、でも可愛い目をしています。カラスも居るのですがトビの数が多いためか何時ものように追いかけません。
湘南海岸では行楽客のお弁当ドロボーとして嫌われているようですね。

Dc120204 Dc120203 飛翔中のトビ、普通ではなかなか見ることが出来ない所謂「トンビの背中」が見えたので急いでパチリ。写りはピンボケでいまひとつですが(下写真)

Dc120208

夕暮れが近くなり、ねぐらへ帰る鵜の群れが飛んでいました。

Dc120205拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -435-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月 6日 (金)

バードウォッチング コハクチョウ

先月26日、例年よりやや遅れて飛来してきた4羽のコハクチョウ、その後どうしているかな・・・と磐田市の桶ヶ谷沼へ見に行ってきた。
沼周辺を探したところ見つけることが出来ず、沼周辺を散歩中の男性から「今日は隣の鶴ヶ池に居るよ」と、聞き池の周囲を散策。

4羽居る筈なのですが此の日見ることが出来たのは3羽だけ、あとの1羽は一面に生い茂った葦の陰に入っているのかもしれません。

Dc112801Dc112803 Dc112804 下写真は通行中に見かけた工場脇の電飾飾り、未だ夕暮れ時なのに川に映ってキレイなので車を止めてパチリと。天竜川沿いにある工場地帯で周囲には何も無いところなので目立ちました。Dc120202 拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -434-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月 4日 (水)

JRさわやかウォーキング 袋井の古刹・紅葉の油山寺ウォーキング

12月1日(日)
袋井市で開催のJRさわやかウォーキング「袋井の古刹・紅葉の油山寺ウォーキング」約13.5kmに夫婦で参加してきました。当日のメイン目的地は遠州三山のひとつ油山寺の紅葉です。

スタートはJR愛野駅、寒くはなく適度な風があり絶好のウォーキング日和。駅舎階段の窓からは富士山も確認できましたが、マンション等の建築物が増え、以前ほど見えなくなったのは残念です。

駅から6.5km、目的地の油山寺に到着。元掛川城大手門を移築した山門前の紅葉が鮮やかです、ウォーキングなのでこの日持参したのはコンパクトタイプのデジカメ。

Dc120206

Dc120211

礼拝門をくぐり正面の宝生殿、薬師堂にお参り。参拝者の半数以上は此処までの参拝ですが、「天狗谷」、「るりの滝」を経て三重塔のある本堂へと階段をてくてく。

Dc120215

Dc120216

本堂脇のベンチで持参の弁当を開く、美しい三重塔や紅葉を眺めながら食べるお弁当の味は格別です。

この後、コースに従い千鳥ヶ池に寄り、旧東海道松並木を経て、ど真ん中茶屋へ。此処では「お疲れ様でした、お茶をどうぞ、どうぞ・・・」と、地元袋井茶に茶菓子や漬物等々、何時もながら暖かい「お・も・て・な・し」。

Dc120218

Dc120220

Dc120221

例年、11月末頃から12月始めが見ごろとなる当地方の紅葉ですが、このウォーキングに参加してその年の紅葉の見納めとするのが自分たちのパターンです。

油山寺では奥の本堂まで、千鳥ヶ池でも浮き桟橋方面まで回った事もあり、万歩計歩数は自宅より24.979歩、約17kmのウォーキングとなりました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -433-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月 3日 (火)

紅葉巡り 大洞院

小国神社では雨上がりの光芒や、立ちのぼる水蒸気と偶然にもワンちゃんを連れたステキなモデルさんにも登場していただいた。
大満足で次の目的地、「森の石松」の墓のある大洞院へと向かった。

Dc112801Dc112802 Dc112803 小国神社からはそれほど離れているわけではないが、この寺には観光バスも入らず紅葉狩りの人影は少ない。
Dc112804 Dc112805_2 Dc112806 墓石を削られないように周囲を鉄格子で囲まれた「森の石松」の墓のショットは毎年掲載しているので今回はパス。

前回と同じ日のレポートなので、勝手ながらコメント欄は閉じさせていただきました。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければそれだけで充分です。 -432-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

2013年12月 1日 (日)

紅葉巡り 小国神社

先週は愛知県の紅葉名所、香嵐渓~鳳来寺山と紅葉見物を楽しみましたが、今週は漸く見頃を迎えた県西部の紅葉どころ、遠州森町の小国神社~大洞院と回ってきました。
最初に訪れたのは小国神社、平日でもかなりの渋滞が予想されるので先週同様、早く家を出て8時半には現地到着。

昨夜はまとまった雨が降り、この日は朝から晴天と絶好のコンディションです。上手くいけば雨上がりの後に見られる光芒や立ち上る湯気の様な水蒸気も見られるかもしれない。

神社脇を流れる宮川沿いに歩き、定番のスポット太鼓橋と、その付近を人通りの少ない間にパチパチと写して。

Dc112802

Dc112803 Dc112804 Dc112806 雨上がりの紅葉は朝日に輝き実に美しい。宮川に沿って少し歩いたところに設置された小さな木橋付近には三脚を立てたカメラマンがズラリ。雨上がりの朝に現れる光芒を待っているようです。

通りかかったのは可愛いワンちゃんを連れた女性、この女性にモデルとなっていただき、皆さんと一緒にパチリパチリ・・・
紅葉と光芒、そして昨夜の雨に濡れた木橋からは水蒸気が立ちのぼり実に好いロケーションになりました。これほど好い状態にはなかなかお目にかかることは出来ないのでは。。。
雨上がりの朝早く訪れたのは大正解でした。

Dc112805_2

Dc112801 随分とシャッターを押した後、女性にお礼を述べ小国神社を後にし、あまり混雑しないうちにと「森の石松」ゆかりの大洞院へと向かった。
9時40分、駐車場を出るときには他府県ナンバーの観光バスがズラリ並んでいた。これからは更に混雑が予想されます、今日も早く来て良かった。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -431-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

.

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »