2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« バードウォッチング 小鳥たちの森 | トップページ | 電飾船 -御前崎丸- »

2013年12月28日 (土)

今年の珍鳥ベスト5

昨年の春頃からすっかり面白くなったバードウォッチング、ハンドブックに掲載されている野鳥の内、実際に撮ったものは未だ半分以下。ウデは相変わらずのドシロートですが本年を振り返り、撮った鳥の中から当地方ではあまり見られない所謂珍鳥ベスト5を自分なりに選んでみました。

最初は海岸線をぶらりと歩いている時、大砲レンズを構えた皆さんに偶然出会い教えて頂いたヘラシギ。その時はシギの嘴の形が違うものの固体の大きさや羽の色が特別変わっているわけでもなく、感激もそれほど無かったのですが、あとからかなりの珍鳥と聞いてびっくり。

Dc102915

そして2番目は野鳥ウォッチングの時、公園でご一緒した「I氏」から「目の前の鳩、普通の鳩とは違うようだ」と、教えてもらい急いで撮ったのが白小鳩。越谷市の鳥として制定されており、関東地方ではそれほど珍しい鳥ではない様ですが当地方では珍鳥です。

Dc102916

3番目は、磐田市で連日大フィーバーとなったコウライウグイス。北は青森、西は四国からも野鳥ファンが集まったとか。休日には狭いポイントにカメラマンがぎっしり、三脚と三脚が絡み合い移動など全く出来ない状態でした。自分もせっせとほぼ毎朝通いましたが東はいわき市、西は広島から来たと言う男性とお話ししました。

この鳥が発見された当初はまさに神出鬼没、現れてもタッチ&ゴーで全身が写せたのはほんの僅か。ポイントで待機したカメラマンでも1/3の人が撮れたなら上々の状態でした。それでも旅立つ最後の頃には少し慣れてきたのか枝に留まってくれる時間も瞬時からチョッピリ長くなり何とか撮れた数ショット内の1枚です。

Dc11180299

4番目は御前崎市で偶然出合うことが出来たカササギ。この鳥も九州佐賀県地方ではごく普通に見られる鳥とか。しかし当地方では普段見ることが出来ない珍しい野鳥です。
カラスを半分白くしたような感じですが背中や尾羽が濃いコバルトブルーで太陽の下、飛翔したときにはカラスとは全く異なる美しさでした。この時のカメラマンは自分ひとり、誰も居ない公園で5~6mの至近距離から数ショット撮ることが出来ました。

Dc102901 最後は兵庫県豊岡で人工飼育されたコウノトリ。人間に育てられた為か人を恐れることは全くなし、最短距離では3~4m位まで来てくれる大サービスぶり、ケータイで撮っている見物者も多くいました。

Dc102521 この珍鳥たち、皆様から居場所を教えて頂いたものが多く、偶然でも撮ることが出来たのは運がよかったとしか言い様がありません。

下のショット、珍鳥ではありませんが湖でミサゴが大きなボラをゲットし、カラスたちの追撃を振り切って飛び去るところ。今年撮ったショットの内、自分ではお気に入りの1枚です。

Dc1224011

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -446-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« バードウォッチング 小鳥たちの森 | トップページ | 電飾船 -御前崎丸- »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

偶然でも珍鳥を撮影すると益々欲が出ますね。(笑)
埼玉県越谷あたりは○○白小鳩との名前が多いですよ。
最後の写真 爆撃機がバクダンを抱えて飛んでいるさまを思い出しました(古いですね)

country walkerさんのおかげで
珍しい鳥をたくさん見せていただき、ありがとうございました。

こうして、振り返っていただくと、
その時のブログなども思いだし、感慨深いものがあります。

来年も色々な鳥、楽しみにしています。

あすか 様
おはようございます。
昨夜は蒲郡の方でお世話になり、本当に有難うございました。
シラコバト、私も確かではありませんが「白小鳩大橋」と言う名の橋を何かで呼んだ記憶があります。
ミサゴの飛翔、爆撃機の様ですね、爆撃機と言えば直ぐB29を連想してしまいます(お互いに古いですね)

とほ娘 様
おはようございます。
だんだんと面白くなってきたバードウォッチング。
現在撮影済みの野鳥は百羽を僅かに超えたところ、
ウデはまだまだ未熟ですが来年はもっともっと増やしたいものと思っています。

こんにちは♪
コウライウグイスは本当に良い色をしていますね…私は黄色が好きなもので…
そしてミサゴからは猛禽類の持つ野性を感じました。
こんな大きな魚でも簡単に運んでしまうんですね…(@_@)

応援P☆

カシオペア 様
コウライウグイスは写真に撮るには難敵というか強敵でした。
これは未だ今年の幼鳥とか、成鳥になれば胸も腹も全て黄色くなり更に綺麗になる聞きましたが、そんな成鳥を見てみたいものです。
ミサゴが獲ったボラ、目測では3~40cm位は充分あるように見えましたよ。

country walkerさんの鳥の写真は、ピントがシャープでしかも背景までも美しくて、見飽きない写真ばかりです。寒い中で長い時間根気よく待って、その一瞬を写されるのですから、凄い忍耐力ですね。
今年も美しい写真を見せていただいて有難うございました。
どうぞ良いお年を。

ミサゴが大きなボラをゲットした写真が”金賞”ですねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
本当に、これは凄いと思います。
私、個人的には野鳥よりお城派なんですけどヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
(ちなみに母は、country walker さんの撮影される草花の大ファンです)

どの鳥もイキイキとした存在感が伝わってきて最高でした
また来年も素晴らしい画像を楽しみにしています。

年内のコメントは、もしかすると最後になるかもしれないのでご挨拶を
今年もお世話になりました。また来年も引き続きよろしくお願い致します。

オッと、年末年始も出来る限りは応援ポチッとに伺いたいと思っています

こんばんは^^

どの鳥も、生き生きとした生命力を
感じます
鳥の名前を覚える事が出来て、
country walkerさんに感謝です

ミサゴの写真は、迫力満点^^
家族で、画面をじーっと、見つめました♪

こんばんは。countrywalkerさん。

今日は朝から出かけていまして、遅くなってしまいました。

素敵なショットをご紹介いただきありがとうございます。

コウライウグイスの凛々しいお顔立ち。女の子だったらごめんなさい。凛々しいとか言ってしまって^^;。

何とも言えない魅力があります。

それにミサゴが大きな鯔をとったお写真。。すごいと思います。あとりも。

応援ぽち。

kumasan78 様
何時もながら超過分なコメントで恐れ入ります。
野鳥撮りは忍耐と運、そして数多く出かける事だと先輩諸氏から繰り返し聞きました。
この言葉をかみ締め、来年ももう少し上手くなりたいと願っているところです。
来年も此方こそ宜しくお願いいたします。

mahiru 様
「mahiru」さんはお城ファンなのですね。
自分もお城は大好きで、かつては日本中の現存する城を全て回ってみたいなど途方も無いことを真剣に考えた事もありました。
しかし、今話題の天空の城、兵庫県竹田城址に行き、建物は無くてもこれほど見事な城跡のあることを知り、全ての城は到底無理と諦めました。(竹田城址はあまりの素晴らしさにその後も一度訪れました)
ことし1年本当に有難うございました、鳥だけではなく来年はお母様が喜んで下さるような花も撮れたならいいなと思っています。
私も「mahiru」さんのトリプル応援は日課となっており忘れた事はありません。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

k-24 様
今年撮った珍鳥、運が良かったものが殆どで皆さんのお陰だと思っております。
ミサゴはこれから近くの池や湖で見られるので今年も寒くない日には出かけて未知と思っています。
ミサゴはトビより一回り大きな鷹の仲間でそのハンティングは豪快です。

あとり 様
コウライウグイスの雌雄は不明ですが今年生まれの幼鳥であることは間違いないようです。
ミサゴは今年の2月に撮ったものですが来月あたりからミサゴを狙って出かけたいと思っています。
ミサゴのハンティングは数回見ておりますが獲物を獲った後、此方に飛んできてくれないと写真にならないのですが、このときは運よく此方へ向かって飛んできてくれました。

おはようございます。
今年撮られたベスト5ですか。みんな良いですね。
羨ましい~!!
珍しい鳥を撮れたときは、楽しさ倍増!!
来年もこの調子で頑張ってください。

ソングバード 様
ベスト5、自分にとってはどの写真も印象深く残るものばかり。
「ソングバード」さんの「2013年を振り返って前編」を拝見し、その種類の多さ、
自分の見たことの無い野鳥の多さ、そして美しい画像と撮影技術には驚くばかりです。
来年は「ソングバード」さんの数分の一でも良いから未知の鳥を減らしたいと思っています。

おはようございます。

素晴らしい写真の数々、楽しく見させて
いただいております。

私の好みでは、最後の写真、ミサゴが
ぼらを捕まえて飛び去る、迫力のある
写真、こんな大きな魚をミサゴは、捕るんだと
感心しました。

2番目の白子鳩はとても美しい鳩だと
思いましたが、関東地方にいる私は、まだ
見たことがありません。
応援ポチ

里山コウ 様
ミサゴの獲物は魚で水面近くを泳ぐボラがメインで、川ではかなり大型のコイをゲットしたところを見たことがあります。
シラコバト、越谷市の市の鳥に制定されており、関東地方ではごく普通に見られる鳥と思い込んでおりましたが希少種なのでしょうか。。。

こんばんは。

素敵なショットをご紹介いただきありがとうございます。

寒いですね。

お出かけします♪。駆け足でごめんなさい。

応援ぽち。

こんばんは、jokerです。ブログへの訪問ありがとうございました。

いやぁ~いい写真撮ってますね!
まさかヘラシギを撮っておられるとは、ビックリでした。
この情報をもらって何度か現地へ行ったのですが、姿を見ることは出来ませんでした。
羨ましい限りです。

コウライウグイスも3回行ったのですが会えず、最近ではサバンナで3連敗中です(笑)
静岡県での鳥撮りは運から見放された状態ですね。

それでは、また何処かで会いましょう。

joker 様
「joker」様の素晴らしいブログから見れば随分と貧弱な拙ブログですが、こんなに遡って見ていただき本当に有難うございます。
コウライウグイスとサバンナには3回ずつ來静されたとの事、コウライ鶯へはほぼ連日通いましたので気が付きませんでしたがお目にかかっていたのかもしれませんね。
自分は鳥撮りのキャリアも浅く、間もなく3年目となる初心者ですが、ヘラシギやシラコバト等、珍しい鳥には比較的運が良く推移しておりました。

アリスイ、抜けてしまったのでしょうか。未知の鳥を求め、明日はもう一度あの場所へ行ってみるつもりです。
今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の珍鳥ベスト5:

« バードウォッチング 小鳥たちの森 | トップページ | 電飾船 -御前崎丸- »