2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 秋の薔薇園 | トップページ | 遠江四十九薬師めぐり »

2013年11月19日 (火)

バードウォッチング コウライウグイス・イカル・シメ

11月17日(土)
珍鳥と言われているコウライウグイスが公園で最初に発見されてから1ヶ月。タッチ&ゴーと、瞬時に飛び去っていた最初のころに比べて比較的長く枝に留まってくれるようになり随分撮りやすくなりました。

この日も7時前に何時もの公園へと出かけてきた。ひところ減ってきたかと思われたバーダーも最近ではまた増えてきて、何時ものあまり広くないポイントには既に約50人ぐらいのカメラマンが三脚を立てていた。

駐車場の車のナンバープレートには宮城、滋賀、大阪ナンバーも。。。今朝はポイントとなる樹へ二度現れてくれましたが、下の2枚は最初に現れた時のもので背景はゴチャゴチャしているが枝被りもなく今まででは一番好い状態で撮ることが出来ました。

Dc111801_1



Dc111802_1



そして今秋初めて撮ったイカルにシメ。撮ったのは7時半ごろ、この時間帯になれば青空も随分濃く綺麗になってきました。

Dc111803

Dc111804
Dc111805
そして何時ものカワラヒワ、三羽縦に並んだところをパチリ。

Dc111806随分と通ったコウライウグイス撮り、鳥撮りのベテランさんから見れば噴飯ものでも青空を背景に枝被りや影のないショットが撮れて自分では満足しております。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -422-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 秋の薔薇園 | トップページ | 遠江四十九薬師めぐり »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コウライウグイスを念願かなって撮ることが出来ましたね。
鳥撮影は背景を考えたり選んだりすることが難しそうですね(^_^;)
多種の鳥たちが飛来する場所、やはり環境が良いのでしょう。
今日は、これから「駅ハイ神田」に参加します。こちらも晴天です。(笑)
応援ポチッ!

粘った甲斐がありましたね~!

青空をバックに悠然とかまえる「コウライウグイス」のショット
私まで嬉しくなりますよ!

またひとつとりの名前を・・・「イカル」覚えておきます。
でも右から左に受けて流す脳みそなので当てにはなりませんが・・・。(笑)

 

あすか 様
自分としては一番ベストな状態で撮ることが出来ました。
露出補正をややプラスにかけ過ぎた感じもありますが・・・
もう少し背景の空が濃くなってから出てくれたなら最高なのですがあまり贅沢は言えませんね。
駅ハイ、楽しんできてください!
応援を何時も有難う!

セロリ さん
おはようございます。
青空バックで枝被り無し、今まで撮った中では一番満足しています。
欲を言えばイカル等現れた時間帯ならば空の色も濃くなって更に好かったのですが。
遠方から訪れても運悪く、撮れない人もいるのでその人たちの事を思えばラッキーでした。
鳥の名前、1年に一度ぐらいの鳥は自分も直ぐ忘れてしまいます。

おはようございます。

コウライウグイスのような珍しい鳥が来ると
ずいぶん遠くから出張して、撮りに来るんですね、驚きです。
でもその分、上手に撮れた時の喜びは別格なんでしょうね。

カワラヒワが3羽縦に並んでいる写真癒されます。
応援ポチ

里山コウ 様
北は青森、西は四国からも来たという鳥撮りのカメラマン諸氏。
中には運悪く、撮ることが出来ず空しく帰られた方もいらっしゃいます。
それを思えば撮ることが出来ただけでも満足です。
応援を何時も有難うございます。

1,2枚目の後ろに写っている鳥(?)もコウライウグイスでしょうか?
枝に隠れて、枝と色が同系だと思われ、ちょっと見ただけではわからないような・・・そう感じました。
三羽縦に並んだカワラヒワもいい構図ですね。
青空をバックにお目当ての野鳥が撮影できて、よかったことでしょう。

今日の室蘭は珍しくお天気(お日様が出ている)です。
もうすぐ冬と考えると、貴重なお天気。久しぶりに海を見てきました。

こんばんは^^

コウライウグイスの、美しい姿に
うっとりしました♪
counry walkerさんの、ブログは
珍しい鳥たちに、出会えるので
楽しみです

応援、ぽちっと☆

こんばんは。
またまたコウライウグイスフィーバーが始まりましたか。
それにしてみ長くいますね。
このまま居ついたりして…・(笑)
イカルも現れて賑やかなようで楽しいですね。
今年のイカル、当たり年になるといいのですが・・・・・

こんにちは。
本格的に風邪をひきました。
今日は早く寝ますね。
明日また元気になって伺います。
シメとイカルは男前ですね♪。
ウソの登場も楽しみです。
応援ぽち。

のりちゃん 様
はい、1~2枚目に写っているのが珍鳥と呼ばれている「コウライウグイス」です。
本来なれば日本海側の一部を除き、国内では殆ど見る事が出来ない野鳥なのでフィーバーになっているのです。
自分にとっては国内の鳥でも見ていない鳥が沢山あるので知らない野鳥は皆珍鳥です(笑)
明日も予報は晴れ、明日もこの公園に出かけてみるつもりです。でも未だ居るかな?

k-24 様
野鳥撮り初心者の自分にとってこの鳥は美しいだけではなく、いかに早くピントを合わせて撮るか貴重な勉強になっています。
構図など考える余地がないので、いち早くファインダー内に鳥を捉え、ピントを合わせシャッターを押す・・・簡単なようでこれがなかなか難しいのが現実です。それだけに今度こそはとまた出かけてしまいます(笑)

ソングバード 様
こんなに寒くなってきても居続けるコウライウグイス、このまま越冬するのでは?なんて思ったりしています。
この公園ではイカルの他にもアカハラ、アトリ等も立ち寄っているとの情報もあります。
一昨日はヨタカも見たと聞きました。
長いレンズが欲しくなりましたがやはり・・・
年末ジャンボに期待です(笑)

今までの苦労の甲斐がありましたね。
ピントもばっちりでコウライウグイスの黄色と空の青が
とても美しいです。
タッチ&ゴー、電子マネーだったらいいですが
被写体がいなくなってしまうのは困ってしまいますものね。
だんだん人に慣れてきたのでしょうか?

あとり 様
此処のところ寒暖の差が激しく体調管理が難しいです。
風邪は万病の元、大事にしてくださいね。
イカルやシメ、カワラヒワにウソ等々嘴に特徴があり可愛いスタイルです。
これからは冬鳥、まだまだ見ていない野鳥が多いので今冬も楽しみです。
お大事に!・・・

ジャランこ 様
この鳥を最初に見たころは、見つけてカメラを構え、ピントを合わせている間に飛んでいってしまうほどの早さでした。
それが最近では比較的長く枝に留まっていてくれるので随分と撮りやすくなりました。
本来なれば背景がもう少しスッキリしていれば・・・なんて思ったりしています。
でも、今までは姿を見ればよし、写真に撮れたなら更によしだったので贅沢はいえません。
やはり人馴れしてきたのかもしれません。

青空、どの鳥たちも映えますね。

コウライウグイスが長く止まっているようになったのかもしれませんが、
country walkerさんの素早くなってきたこともあるように思います。

熱心に通われている甲斐がありますね。

とほ娘 様
ウデは相変わらず未熟でオタオタと。
それでも鳥が比較的長く枝に留まってくれるようになったので何とか写真には納まるようになりました。
背景の枝は無いほうがよいのですが仕方ありませんね。
この次はもう少し・・・とこれがせっせと通う原因なのかも知れません(笑)

コウライウグイスがバッチリ撮れていますね。
青空の下、枝かぶりもなく、中央にクッキリですね。
おめでとうございます。良かったですね。
カワラヒワの縦列駐車(?)の写真も面白いですね。

walkerZ 様
念願の枝被り無し写真が撮れました。
欲を言えば背景の枝葉がもう少し少なければ・・・
欲を言えばキリがありません(笑)
鳩やカラスと違い、小鳥は少しでも害敵から身を守るために木陰などに隠れる性質があるので仕方がありません。
自分では一応満足しております。

おはようございます。

3枚目~5枚目までは、続きの写真ですか。
枝にとまっている鳥さんが、次に飛び立とうとする瞬間、
そして飛んでいる写真、とても楽しいです。
応援ポチ

里山コウ 様
4~5枚目の鳥は同じ鳥(シメ)ですが3枚目の野鳥はイカルと言って別の鳥です。
嘴などがよく似ているので分かり難いかも知れませんね。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。
風邪、ようやく快方にむかってきました。
引き続き早めに寝ます。
きれいな紅葉。。観に行きたいですもん。

応援p。

あとり 様
関西の紅葉始まったのでは?
自分たちが在阪当時は11月の第三週が見ごろと思っておりました。
体調が戻り、十二分に紅葉を楽しまれる事を願っています。
当地方でもまもなくです。
楽しみですね~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング コウライウグイス・イカル・シメ:

« 秋の薔薇園 | トップページ | 遠江四十九薬師めぐり »