2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 紅葉巡り 香嵐渓 | トップページ | 紅葉巡り  鳳来寺山 »

2013年11月27日 (水)

今年もコハクチョウが来た

今年もコハクチョウが4羽飛来の地元紙の記事を見て、桶ヶ谷沼に行ってきた。毎年沢山の白鳥が越冬のため飛来する地域の皆さんならば僅か4羽位で と思われるかもしれませんが雪無し県西部地方では新聞ニュースになります。

Dc112604 Dc112603_1_1 下写真は21日に撮ったコウライウグイス、大きなカマキリをパクリ。この後2日間姿を見せないので気になっておりますが寒くなってきたので抜けてしまったのでしょうか。

Dc112603_1_2 Dc112603_1_3_2 コウライウグイスが居なくなったとなれば代わりに飛来してくれたコハクチョウ、来年2月頃の旅立ちまで温かく見守ってあげたいと思います。

今回は紅葉巡りの続きをアップの予定でしたが、コハクチョウ飛来のレポートを割込み優先しました。
拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -426-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« 紅葉巡り 香嵐渓 | トップページ | 紅葉巡り  鳳来寺山 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

ついにきましたね。コハクチョウが。
このレポを読むと、暖かいイメージのcountry walkerさんの地域でも、
冬がきたんだな~と思います。
コウライウグイスはどこかへ旅立ったのでしょうか。
これからは暫く、コハクチョウで楽しめますね。

不思議な事で、毎年訪れてくれる白鳥たち
どうしてこの場所を覚えているのでしょうか (笑)
今年もまた楽しみが増えましたね。
今年最後の見納めコウライウグイス
よーく見ておきましょう。
私も昨日東京で今年最後の駅ハイに参加してきました。
応援ぽちつ!

walkerZ 様
おはようございます。
今年も冬の使者コハクチョウが美しい姿を現せてくれました。
この鳥を見ればいよいよ冬が近い事が分かります。
コウライウグイスはその後の情報がないので分かりませんが、渡り鳥なので抜けてしまったのかもしれません。
仰るとおりコハクチョウが楽しめるので嬉しいです。
そちらでは沢山見られるでしょうね。

コハクチョウの飛来は、冬の到来を告げてますね。

4月のウオーキング大会に参加した時kumasanに猪苗代湖まで
連れて行った頂き残っていた「コハクチョウ」を見ることが出来ました。
少し人慣れしているのか、私たちの側に寄ってくるしぐさが可愛かったです。

コウライウグイス・・・場所を移動したのでしょうか。見納め?ちょっと寂しいですね~!

あすか 様
自分も野鳥の神秘的な行動には不思議でなりません。
沼に管理室があり管理人に「昨年と同じ固体でしょうか?」と、尋ねましたが
「コウノトリ等と違い識別票が付いているわけではないので断定は出来ませんが多分同じ固体でしょう」との答えでした。
ツバメなども昨年の巣にまた戻ってくると聞いた事があります。
何百キロも離れたところから戻ってくる・・・本当に不思議です。レーダーの様なセンサーを持っているのかも(笑)
応援を何時も有難うございます。

セロリさん 様
当地方にも冬の使者が飛来しました。
紅葉は今が真っ盛りというのに、・・・それでも例年より遅い飛来です。
この日は離れた観察小屋からの撮影ですが昨年は3~4mぐらいまで近寄ってくれました。
コウライウグイスは見納めのショットになったのかもしれません。
本当に撮影の難しい鳥でした。でも見ることが出来て良かったです。
コハクチョウ、あの優しい目が本当に可愛いですね。

おはようございます。

ああ、もう白鳥さんがやってきましたか、
もう冬なんですね。
白鳥とたくさんの鴨さん、季節を感じます。

コウライウグイスさんがカマキリを食べて
いる写真良い生態写真ですね。
応援ポチ

里山コウ 様
紅葉と冬鳥たち、季節が何時りつつあることでしょう。
紅葉が終われば長い長い冬がやってきます。
1年の経過が年毎に早く感じられます。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。
今日も素敵なショットをご紹介いただきありがとうございます。
そして、るりのことでも、心温まるコメントをくださり、ホントうれしかったです。

そうそう、小豆を袋に入れてレンジでチンしたものを
首の後ろにあてる。。。
そんな原始的な方法では風邪。。ずいぶんよくなりました。

コハクチョウ。。きれいですね。(コウライウグイスさんが姿を見せなくなってことは残念ですが。。)
彼らの飛来が物語るように。。やはり、今夜あたりから冷えるそうです。
風邪にお気を付けください。
ぽち。

コハクチョウの飛来 いよいよ冬の始まりですね。
一番上の写真、白鳥の周りにはカモさんたちでしょうか?
当地では白鳥の姿を見ることが出ませんが、先日苫小牧を歩いた時に池に一羽の白鳥を発見。
「長旅を終えて休んでいるのかな?」と思ったほどです。

コウライウグイスは大きな口でカマキリを食べたことでしょう。
木々の葉っぱの色とコウライウグイスの体の色、似ています。
写真で見ると、あと数羽止まっていそうな・・・そんな気がしました。

あとり 様
風邪、快方に向かっておられるようですね、好かった!
原始的はともかく、昔から言い伝えでも「おまじない」以外では、今でも効果の多いものがあることは事実です。我が家でもアロエを大きな鉢植えにしてありますが、これなど火傷を筆頭に胃痛等々・・・実に重宝しています。
コウライウグイスが去って冬の使者が飛来。いよいよ寒い季節の到来も間近です。
何時も気遣って頂き有難うございます。

のりちゃん 様
北海道には白鳥が数多く居ると思っていましたが越冬するには環境が厳しすぎるのでしょうか。
白鳥の周囲の鳥たちは鴨です。留鳥であるカルガモを始め、マガモ、コガモ、ヒドリガモ・・・と多彩です。
飛来したコハクチョウは毎年来る同一固体ではないかと沼を管理する人が話してくれました。
遠くシベリヤ方面から北海道を経由して来るのかもしれませんが、同じ場所へ戻ってくるとすれば渡り鳥の神秘的な行動に感心するばかりです。
これから暫くの間、この可愛いコハクチョウさんで楽しめそうです。

コハクチョウも例年通り来てくれましたね。
country walkerさんに美しく撮って貰いたいと来たのでしょう。
会津でも300羽以上来ていますが、昼間はもっぱら田んぼに出かけています。

kumasan78  様
会津には300羽以上、到底比較にはなりませんが、遥々よくぞ此処まで・・・と本当に愛おしく思います。
今日も行ってきましたが今日は3~4メートルぐらいと近すぎてレンズに入らず離れてくれるのを待って撮りました。これからはこのコハクチョウさんを遠くから見守りつつ撮りに行きたいと思っています。
可愛いですね~ コハクチョウ!

こんばんは。
そろそろハクチョウたちも各地の到着してるようですね。
こちらではオオハクチョウの方が多いのですが・・・・・・
コウライウグイスもやっと旅立ちましたか。寂しくなりますね。
これからはまたカモや白鳥で賑やかになります。忙しくなりますね。

↓の香嵐渓の紅葉、じっくり楽しませてもらいました。

こんばんは^^

コハクチョウの、羽ばたく姿、
とても、優雅ですね^^
バレエの白鳥の湖を、思い浮かべました

コウライウグイスは、かわいい、くちばしで
あんな、大きな、カマキリを食べるんですね
びっくりです

応援、ぽちっと☆

ソングバード 様
当地ではコハクチョウの飛来が4羽のみでも毎年ニュースとなって新聞に報道されます。
一週間ほど前にオオハクチョウが1羽、別の池に飛来したとの事ですが2日間で飛び立ってしまったそうです。自分は未だ野生のオオハクチョウは見たことがありません。
コウライウグイスはついに旅立ってしまったようです。
寂しくなりますが渡り鳥なので仕方がないところですね。

kー24 様
コウライウグイスは旅立ちましたが、代わりに来てくれたのが美しいコハクチョウ一家です。
この鳥は大きい上に人馴れしているのかあまり逃げる事がないので写真には最も撮りやすい部類の鳥です。
でも、真っ白で固体が大きいので露出が難しいのが頭の痛いところです。
応援を何時も有難うございます。

数は少なくても毎年忘れずに飛来してくれるのは
ふしぎであり嬉しいことですね。
コウライウグイス、美しい顔で結構強いのですね。

ジャランこ 様
今年も忘れず着てくれましたコハクチョウ一家が。
沼を管理する人も「多分毎年飛来する同一固体でしょう」との事です。
コウライウグイスは去っても新たな季節の使者が来訪してくれるとは嬉しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年もコハクチョウが来た:

« 紅葉巡り 香嵐渓 | トップページ | 紅葉巡り  鳳来寺山 »