2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« バス旅行 房総方面を訪ねて(2) | トップページ | 秋の薔薇園 »

2013年11月15日 (金)

バードウォッチング コウライウグイス(3)

珍鳥中の珍鳥とも言われるコウライウグイスの若鳥が公園で発見されてから3週間以上経過した。渡り鳥なので何時旅立つのか分からず今週(11~14日)は毎朝公園へと出かけています。

珍しい野鳥が来たと評判になり、発見された当初は各ポイントには三脚を立てる余地がないほどのフィーバーぶりで、聞くところによれば東は青森、西は四国からバーダーが集まって来たとか。自分も名古屋から4日間通った男性や東京、広島から来たと言う人達ともお話をしたことがありました。

当初はカメラマンが多いためか、枝に留まっても僅か2~3秒と、まさに瞬時で飛び去ってしまったコウライウグイスですが最近では人に慣れたのか、カメラマンの数が少なくなってきたためなのか比較的長い時間ひとつの枝に留まってくれるようになりました。

下の写真はは11月11日撮影分です。枝の影がなければよいのですが。。。

Dc11140812日は撮る事が出来ず下の3枚は13日の撮影です、カマキリでしょうか嘴に獲物を咥えています。でも枝被りがね~

Dc111401
Dc111404
Dc111405
14日撮影分。6時40分頃に撮った写真は朝焼けで赤く染まり、写真にはならず全てボツ、二度目に現れた時は自分のポジションからは枝被りでした。下は今秋初めて見たツグミ。

Dc111402
Dc111406Dc111403

他にアオジ、ビンズイなど季節の野鳥の姿も見ることが出来た。先週の如く、良い枝に留まってくれた時には夕方で空が白く、今週の様に青空の時には枝被りと、野鳥撮影初心者の自分にはナイスショットには程遠いのが現状です。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -420-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« バス旅行 房総方面を訪ねて(2) | トップページ | 秋の薔薇園 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
青空をバックに綺麗に撮れましたね~ナイスです~\(^o^)/
これも毎日の努力の積み重ねです。
私と言えばこの時期になっても綺麗な富士山が撮れません…
未だに霞んでいるんです。
この冬は綺麗な富士山が撮れないかも…心配になって来ました<(_ _)>

応援P☆

おはようございます。
バタバタしてて久しぶりにお邪魔しました。
コウライウグイス、長く留まってるようですね。
条件によって印象が変わってきますが、青空に黄色が映えますね。

↓のバス旅行、房総から鎌倉まで楽しんでこられたようですね。
バス旅行ではどうしても制限があるため、行きたいところへ行けないのが残念でしたね。
私はバス旅行が苦手なので、もっぱらマイカー旅行が多いです。(駐車場探しに苦労しますが・・・・)

珍鳥コウライウグイスを遠方からの撮影者
運が左右されますね。
晴天の青空に良く生えて捕らえましたね。!
私の部屋の窓から隣の柿の実を毎日 モズ?が飛来し、
つっついています。
我が家の柿を早く収穫した方が・・・なんて考えています。(笑)

カシオペア 様
撮影ポイントは狭い上、何処の枝に留まってくれるのか分からず、初心者の自分は鳥を見てもウロウロするばかり。
ベテランの皆様は枝が邪魔にならないポイントを見つけ素早く移動して撮られます。この辺りがウデの違いでしょうね。
富士山、今年は霞が多いのですか? 自分は晴れて山頂が見られれば良いと思っておりました(笑)
応援を何時も有難うございます。

ソングバード 様
コウライウグイス、今朝は雨の予報なので出かけておりませんが、以前名古屋に飛来したときには1ヶ月近く移動しなかったとも聞きました。その時の固体は成鳥なので今度のものとは違うようですが。。

バス旅行、計画を立てる必要もなく、運転に神経を使う事もなく車内でビールを飲みながら観光できるのが最大のメリットですが、やはり団体行動や時間の制約があり、この辺が最大のネックです。
川崎大師に寄れなかった事、鎌倉での滞在時間の短かったことが残念でした。

あすか 様
鳥撮影は撮影者のウデもありますが多少運もあります。
しかし、ウデの良い人はやはり良い写真を撮りますね。自分などまだまだ駆け出しでベテラン諸氏には遠く及びません。

柿の実、野鳥は食べごろを良く知っていて、熟してきて美味しくなった頃に突くとか。
外見で判断するのか、匂いでもするのでしょうかね~(笑)

こんにちは。

コウライウグイスを撮る努力に頭が下がります。
長時間の待ち時間を数日間狙うわけですね、
すごいと思います。
撮れた写真のなかにも、不運にも没がでてきて
しまうんですね。

ツグミさんが飛んでいる写真とてもきれいです。
応援ポチ

里山コウ 様
この鳥を撮るために随分と通いました。
当初に比べれたなら撮影内容は別にして撮れる確率は随分と増えてきましたがウデが伴わないのが泣きどころです。
これからも場数を踏んで慣れていく以外方法がないのですが、もう少し上手く撮れるようになりたいものです。応援を何時も有難うございます。

こんにちは^^

コウライウグイスを、撮影するには
根気が必要ですね。
country walkerさんは、さすがですね
珍しい、コウライウグイスの、お写真
見せて頂いて、うれしいです♪

応援、ぽちっと☆

k-24 様
野鳥撮影には根気よく待つ人の粘り勝ち・・・と、この道のベテラン諸氏が常々話しています。
待つと言っても同好の皆さんとの情報収集や会話など結構楽しいものです。
それにポピュラーな野鳥などが時々姿を現せてくれますし、待つ時間が長いほど現れてくれたときの感激もひとしおです。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。
今日は羊毛は足りなくなって。買いに行ったはいいのですが。。
そのままチクチク作業に入り。。
お伺いするのが遅れてしまいました。
コウライウグイズかわいいですね。。作ってみたくなりました。羊毛で。
そうそう、 寒くなりましたので、おかぜひかれませんように。。
応援ぽち。

あとり 様
「あとり」さんの羊毛チクチク作業、出来栄えが素晴らしいと評判のようですね。
お忙しい中、余暇を見つけられたならコウライウグイスも如何でしょうか。
きっと素晴らしい出来上がりとなることでしょうね。
でも、お忙しそうなので無理かな・・・
応援を何時も有難うございます。

country walkerさんからしたら、枝の影が残念でしょうが
それが、自然らしくもありますね。
コウライウグイスフィーバー、青森からもですか?
すごいですね。
外で鳥を待つのは根気と体力がいることと思います。
お風邪をひきませんように。

鳥は動くので、なかなか満足のいくお写真にはならないのですね。
それでも辛抱強く、待たれていて、頭が下がります。

その積み重ねがきっと、良い写真につながると思いますよ。

つぐみ、、名前は知っていましたが、姿は初めてかもしれません。

↓ 旅も楽しませていただきました。

鳥の撮影で、周りのかたと時々コミュミケーションを撮られているようですが、
country walkerさんの人柄が偲ばれます。
コウライウグイスが獲物をとらえている写真、良く撮れていますね。
パッチリ獲物が見えます。枝さえかぶらなければ・・・・という気持ち分かります。
ツグミも飛んでいる姿を良く捉えていますね。
実際、私もマネしたいと思って、時々飛んでいる鳥にシャッターを押したりしますが、なかなか難しいですね(普通のデジカメじゃ~)。

こんにちは。
今日は午後1時から、マンションの点検が入って、パソコンが使えなくなってしまうそうです。
ですので、記事を拝見させていただきに来ました。
駆け足ですが、失礼いたします。
応援ぽち。

ジャランこ 様
今朝も出かけてきましたが姿を現すことがなく、空振りに終わりましたが土曜日なので顔の知らない人たちが大勢三脚を立てていました。遠くから来た人たちかもしれません。
朝は冷え込みもかなりなので真冬の格好で出かけています。

とほ娘 様
自分のウデの問題もありますがこの鳥はかなりの難敵というか強敵です。
枝や影のないよい場所でパチリを狙っているのですが未だに撮ったことがありません。
ツグミはそれほど難敵ではないので、これから近くでも見ることが出来ると思います。
バス旅行は楽しかったです。

walkerZ 様
鳥撮影は待ち時間が長いので地区の愛好家の人たちとは顔馴染みになります。
自分は経験も浅く、知識も疎いので話しながら得る情報やテクニックは貴重な財産になります。
飛んでいる鳥は偶然性がなければ無理です。飛び出してからシャッターを押しても間に合わないので飛ぶところを予測して連写しています。
まあ、まぐれ同様ですね。

あとり 様
何時もご丁寧なコメントを有難うございます。
マンションの点検でパソコンが使えないと不便ですね。
自分もパソコンを自在に使いこなすことは出来ませんが、今では生活の一部となっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング コウライウグイス(3):

« バス旅行 房総方面を訪ねて(2) | トップページ | 秋の薔薇園 »