2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« JRさわやかウォーク 全国だんごまつり | トップページ | つわぶき »

2013年11月 8日 (金)

バードウォッチング -コウライウグイス(Ⅱ)-

11月6日(水)
この日もまたコウライウグイスを探しに何時もの公園へと出かけてきました。公園に着いたのは朝8時半ごろ、フィールドには既に県外者を含め大勢のカメラマンたちが・・・この日は関東方面からの人たちが十数人来ておりました。

顔馴染みの皆さんから「遅かったよ、1時間前に出ましたよ」と聞かされガックリ。名古屋から来たカメラマン氏は昨日撮れず一泊し、今朝早々に好いポジションで撮ることが出来たと撮った写真を見せてくれました。

この後、全く姿を見せてくれなかったコウライウグイスですが、夕方4時前漸く現れてパチリ。既に陽が大きく向き、映像が赤味をおびた上、快晴なのに背景に青空が入らなかったのが残念でした。

Dc11071Dc110720今朝は背景となる青空がクッキリで、このように周囲がゴチャゴチャしたところではなかったとの事。もっと早く来るべきでしたが返す返す残念でした。この鳥が居る間に再度出かけて美しい背景の下で撮りたいものです。

この日で8日目、全く姿を見せない日や撮れても枝被りが酷かったりと、思い通りの写真には程遠く、鳥撮りビギナーの自分にはかなりの強敵です。

拙いブログですが「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -416-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

.

« JRさわやかウォーク 全国だんごまつり | トップページ | つわぶき »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
皆さんコウライウグイスを撮るために遠方から来るんですね。
そして夕方まで粘って撮影したcoutry walkerさんに脱帽です(^^)v
私が鳥を撮るのに地元の公園で粘っても2時間がよいところ…
これではまだまだですね^_^;

応援P☆

コウライウグイスの魅力がヒシヒシと感じられる文面。
小さな鳥に地方からましてや泊まりがけまでして・・・
私もそんな機会と場所があれば狙ってみたくなりました。
応援ポチッ!

こんにちは。

コウライウグイスのお腹は、縞柄がついているんですんね、
何日間か、この場所にとどまって、また移動してしまうのかな。
撮影には大変な労力が必要ですけど、撮れた時は、
喜びもひとしおですね。
応援ポチ

鳥撮りさんはなかなか大変なのですね~

場所が一番ですものね。
コウライウグイスは普通のより少し大きいのかしらね。
胸の島?が楽しいし嘴が以外と鋭いですね。

植物と違い移動する鳥と遊ぶ(?)のは、本当に大変ですね~!
時間との勝負もあるし根気のいることですね。

話はそれますが、宮城県の伊豆沼近くに住む友より渡り鳥が、例年より
「7万羽も少ないらしいよ」とのメール。
(それでもガンが12万羽・白鳥4500羽・かもが2万9千とは・・・?)

こんにちは。

今日もきれいな小鳥を拝見できました^^。

これからお出かけしますので、駆け足で失礼します。

ぽち。

こんばんは。
だいぶ有名になってるようですね。
何度拝見しても、綺麗な鳥で、人気者になるのは当然でしょうか。
悔しいですが、写真を拝見して、楽しませてもらいます。

コウライウグイスのために名古屋から1泊なんていう方も
いらっしゃるのですね。
充分美しく撮れていると思うのですが、
毎日のように、通ってらっしゃるとこれ!という写真が撮りたくなってしまうのですね。

おはようございます。
今日から夢と魔法の王国へ行ってきますね♪。
また、いろいろ撮影してこようとおもっています。
応援ぽち。

カシオペア 様
8~9日と房総方面へとバス旅行に行っていました。
帰りに鎌倉にも寄ったのですが明月院まで行く時間がありませんでした。
大仏殿と鶴岡八幡宮に参拝し他だけの慌しい鎌倉滞在でした。
応援を何時も有難うございます。

あすか 様
8~9日と房総方面へバス旅行に行っており、ご返事が遅れてしまいました。
今帰ってきたところです、長距離のバス旅行でいささか疲れました。
旅行記は後日写真を整理してからブログにUPの予定です。
応援を何時も有難うございます。

里山コウ 様
コウライウグイスのお腹の縞柄、これは今年生まれた若鳥の象徴で成鳥になれば縞柄がなくなり一面黄色の羽毛に覆われた野鳥になるとのことです。
応援を何時も有難うございます。

セロリさん 様
宮城県の伊豆沼って凄いのですね。
7万羽も少ないとは・・・通常ではどのくらいの渡り鳥が来るのでしょうね。
ケタ違いの野鳥の数です。
野鳥の世界に異変が起きたのでしょうか?気になる情報です。
応援を何時も有難うございます。

hirugao 様
鳥撮りは「忍耐と粘り」あるのみと諸先輩方から聞いております。
待つ間にも鳥好きの同好の人たちとの会話もあり、いろいろな情報や知識を得る場合が多いので想像しているより退屈度は少ないです。

あとり 様
自分も昨日から房総方面へとバス旅行に参加して少し前に帰宅したところです。
天候に恵まれて好かったですね。
応援を何時も有難うございます。

ソングバード 様
この鳥の成鳥は能登半島付近で見かけることがあるそうですが、胸に縞模様のある若鳥は特別珍しいとか・・・遠くkらやってきた皆様方が口を揃えて話していました。
この日の朝には枯れ枝の先端に背景が青空の絶好の位置に留まったとのことでした。
返す返すも残念でした。

ジャランこ 様
先日の人はこの鳥を撮るために遠く広島から来たカメラマンも居りました。
最初はコウライウグイスの姿を撮れば満足でしたが、やはり光線や背景が好いショットを・・・とだんだん欲が出てきてしまいます。
この写真は背景の抜けたところが白すぎと葉や枝がゴチャゴチャと多すぎます。

おはようございます。

ただいま旅先ですので、応援ポチで失礼します。

応援ポチ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング -コウライウグイス(Ⅱ)-:

« JRさわやかウォーク 全国だんごまつり | トップページ | つわぶき »