2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 秋模様 | トップページ | バードウォッチング  アオバト・セイタカシギ »

2013年9月 1日 (日)

バードウォッチング 仙台虫喰・白小鳩

近くの公園で渡りの途中に立ち寄る野鳥たちが見られると野鳥フィールドで知り合った「I氏」から連絡を頂いた。夏枯れで野鳥にご無沙汰だっただけに嬉しい連絡です、昼食を済ませI氏」の居られる公園へ直ぐ出かけることに。
午前中はアオバトやオオルリの幼鳥、サンコウチョウまで見られたとの事ですが、午後から多かったのは美しい小鳥、「センダイムシクイ」たちです。

119a5528 119a5730図鑑によれば体長は12cmほど、白い眉班が美しい小鳥ですが、小さい上にチョコマカと動きがかなり早く、ウデの未熟な自分ではレンズを動かすだけで精一杯。

スズメより小さな身体で季節ごとに遥々と海を渡るこの小鳥達には感動です、渡り鳥って本当に凄い・・・。

119a5941 119a5996 「珍しいハトが居る」と、「I氏」が・・・今までに見たことのないハトです。同氏によればシラコバトで埼玉県の県鳥とのことですがこの辺りでは見かけないハトである、自分も勿論見たのは初めて。

そして帰りに近くの休耕田で見かけたシギ、嘴が僅かに下に曲がった形は図鑑に掲載されているクサシギに似ているような気もしますが・・・そして一番下はイソシギかな?と思ったが眉班があり、バードウォッチャー2年生の自分にはよく分かりません。何時もの事ながら鳥博士さんどうか宜しくお願い致します。

119a5866 119a6143 119a6316 「Iさん」のお陰で沢山のセンダイムシクイを見た上、初めて見たシラコバトにシギ、収穫の多い1日となりました。写真は全てトリミング済みです。

拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -377- 


にほんブログ村

.

« 秋模様 | トップページ | バードウォッチング  アオバト・セイタカシギ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪

1枚目を見て分かりましたが、半分は保護色になっているんですね。
しかも小さいので見つけるのが難しいのでは…
2枚目はホバリングが決まりましたね~ナイス~\(^o^)/

応援ポチッ☆

カシオペア 様
野鳥は小さい鳥ほど動きが早く、とにかくじっとしておりません。
ハトやカラスの様に大きくて、おっとりとしていれば何とかなるのですが・・・
枝から枝へ、右と思えばまた左、変幻自在なので野鳥2年目の私には本当に難しい被写体です。
それでも面白いです。
応援を何時も有難うございます。

おはようございます。

雀より小さいすばしこい小鳥さん、
とっても良く撮れていると思います。
1枚目の大きく口を開けている
瞬間は、さえずっているのかな。
空中を飛んでいる羽がきれいです。
応援ポチ

里山コウ 様
口を開けているのは囀っている時だと思います。
鳥までの距離があり、鳥が小さいので嘴が開いていたことは写真を見て分かりました。
応援を何時も有難うございます。

センダイムシクイ 珍しい名前の鳥ですね。
何かの虫でも・・・それにしてもスズメより小さな鳥が大海原を渡るとは 驚きです。
埼玉県にシラコバト水上公園と云う名前 ありますよ。

おはようございます。

今日も素敵なショットをありがとうございます。

これからお出かけです。

駆け足で失礼します。

応援ぽち。

あとり 様
お出かけですか。
好いサンデーをお過ごし下さい。
応援を何時も有難うございます。

あすか 様
野鳥図鑑で見れば〇〇ムシクイと命名された野鳥は他にも多くあります。
語源は??ですが。
シラコバト、私は初めて見る鳥ですが埼玉県を中心に関東地方には多く棲息しているとか・・・
1羽だけ迷って静岡県の西部まで来たのかな?

さすが鳥を撮る方だけあってホバリングしているのや
えずっている写真もあり感動しました。

そう言う連絡はうれしいですね。

今日は雨の日曜日になっています。

シラコバトは埼玉の鳥で、埼玉のゆるキャラのコバトンのモデルです。
あすかさんがおっしゃるようにしらこばとと名前のつく施設が
県内にはいくつかあります。
童謡『鳩ぽっぽ』の鳩はシラコバトと言われているようですよ。

水に足をつけているシギの姿、涼しそうでいいですね。

暑さに負けて今日のウォーキングイベントは、キャンセルしてしまいました。

天候がよろしいようで小鳥たちのさえずりさえ聞こえてきそうな御写真ばかりですね
ムシクイさん 最上段から2枚目 流石です

hirugao 様
そちらは雨。
雨無し日が続いている当地では畑も農工業用水も不足で困っています。
雨が羨ましいですよ。
野鳥撮影は未だ未だ未熟です、もう少しウデを上げたいのですが。。。

ジャランこ 様
そちらではシラコバトがポピュラーの様ですね。
当地では珍しい種類に入る鳥です。
童謡『鳩ぽっぽ』のモデルもシラコバトなのですね、初めて知りました。
今日も気温が高く、しかも蒸し暑いです、ウォーキングはキャンセルして正解だと思います。
無理をしない。これが一番です!

あまなつ 様
飛び物は本当に難しいです。
枝に留まって居るのはほんの1秒間くらいの瞬間のみ・・・
アップした写真も偶然撮れたものが殆どです。

こんにちは。
センダイムシクイのホバ、綺麗に撮れてますね。
こちらでもそろそろ見られる季節になりました。
宿題のシギの名前ですが・・・・・・
シギの仲間にはいつも悩んでしまいます。
1枚目はクサシギのように見えますが、羽上面の白斑が少し大きいのが気になります。
クサシギよりタカブシギの方が、白斑が大きくてはっきりしていますので、もしかしたらタカブシギ???
足の色が分かればはっきりするのですが…・(タカブシギは黄色味が強いです)
2枚目は、ハマシギかトウネン、ハマシギはトウネンより嘴も長く下に反ってますので、多分トウネンだと思います。
間違ってたらごめんなさいね。

センダイムシクイ(仙台虫食い)名前は聞いたことがありましたが
こんなに小さい鳥なんですね。この小さな体4で渡り鳥…感動しますね~!☆ ポチリ

鳴き声が「焼酎一杯ぐぃー」と聞こえるとウオーク仲間から聞いたのは
この小鳥さんだったかな・・・・?

センダイムシクイは初めて見ました^^
スズメより小さいんですね。可愛いです~~。
シギやシラコバト^^
ラッキーな一日でしたね

ソングバード 様
何時も頼りにするばかりで本当に申し訳ありません。
センダイムシクイ、お世辞でも「ソングバード」さんに褒めていただき有難うございます。
1枚目、他の写真を見ましたが逆光であり脚の色は全く分かりませんでした。自分も今、手持ちの図鑑を繰り返し見ておりますが仰るとおり、羽上面の白斑がクサシギより大きいように思いました。
2枚目はトウネンですか、シギ類はベテランの諸氏も見分けが難しいと聞いた事があります、写りが大きく鮮明な画面で尋ねるのであればともかく、小さな画像で難題ばかり、本当に申し訳ありませんでした。これに懲りずこれからも何卒よろしくご指導の程お願い致します。
有難うございました。

セロリさん 様
ピンポーン!
「焼酎一杯ぐぃー」、この鳥のさえずりの聞きなされていると図鑑に書かれていました。
他には「千代松君~」とも書かれておりましたが、自分にはさえずりを聞く余裕もなく必死でレンズを移動させておりました。
早く小鳥の声を聞きながら余裕を持って撮れるようになりたいものです(笑)

さくら 様
美しい小鳥や、初めて見る野鳥など・・・
実り多いバードウォッチング日和となりました。

おはようございます。

センダイムシクイのホバーリングしている時の
羽が、とても美しく揃っていて、きれいな着物の
柄のようです。
応援ポチ

こんにちは。

雨のわりに、暑苦しい大阪です。

此方のお写真で癒していただきました♪。

ありがとうございます。

応援ぽち。

里山コウ 様
このような瞬間が撮れるのもカメラのお陰です。
フィルム時代では??でした。
応援を何時も有難うございます。

あとり 様
当地には昼から久々の雨でしたがそれも僅か10分ほど。
10分と短い時間でしたが、かなりの雨量なのでまさに干天の慈雨の感がありました。
応援を何時も有難うございます。

シラコバトよいところに止まってくれてきれいです。この地にもやってくるということがわかりましたのでこれから楽しみです。

マイ野鳥図鑑 様
訪問を有難うございます。
「マイ野鳥図鑑」様のブログから見れば、児戯に等しい拙ブログです。
写真は好きでしたが野鳥に関心が湧いて1年余、未だ未だドシローロの域を全く出られない自分です。
これからも宜しくご指導頂ければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング 仙台虫喰・白小鳩:

« 秋模様 | トップページ | バードウォッチング  アオバト・セイタカシギ »