2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 満月 -十六夜- | トップページ | バードウォッチング  何時もの公園で »

2013年9月22日 (日)

伊良湖岬

愛知県渥美半島の西岸で「絶滅危惧種に指定されている大アジサシが見られますよ」との情報を頂き、好天の下、ドライブを兼ねて行ってきました。
10時前に現地に到着、昼まで待ってみたが1羽も確認できなかった。現地に居た数人の地元カメラマン氏も台風の後、姿を見ていないので他へ行ってしまったのかもしれないと話していた。

レンズを普通ズームに替え、大アジサシは諦めて久々、半島先端の伊良湖岬までドライブすることに。
伊良湖港の駐車場へ車を入れ、灯台方面へ。 

119a8824 119a8807 伊良湖岬から三重県鳥羽市の神島までの海峡は伊良湖水道と呼ばれ、名古屋港や豊橋港、四日市港など日本を代表する港への往来する大型船舶は1日に100席以上、その他小型の漁船などを含めると日本有数の船舶銀座とも呼ばれている。

119a8854 119a8872 伊勢方面へのフェリーと高所から見た恋路ヶ浜。島崎藤村の♪「名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の實一つ・・・」でも有名です。

119a8844_2 119a8857大アジサシは見られなかったが、帰りは西海岸を走り、久しぶりに渥美半島一周ドライブを堪能してきました。

拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -389- 


にほんブログ村

.

« 満月 -十六夜- | トップページ | バードウォッチング  何時もの公園で »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪

伊良湖岬からの海の風景は見応えがありますね~(^^)v
数年前ですが三重の「なばなの里」に行った時、此処も行きました。
1枚目の灯台を絡めて朝陽とか夕陽を撮ると絵になるでしょうね…
また行きたくなってしまいました。

応援ポチッ☆

カシオペア 様
なばなの里、イルミネーションの綺麗なところですね。
自分も一度訪れました。
渥美半島は伊豆西海岸とともに夕景の名所です、
自宅からはかなりあり、夕景を撮ったのでは帰宅が遅くなり、
宿泊にはやや近い感じで、結局夕陽は撮ったことがありません。
応援を何時も有難うございます。

紺碧の深みのある伊良湖岬の海を眺め、以前伊良湖国民休暇村へ泊まって対岸の伊勢志摩方面へドライブしたことを思い出しました。 懐かしいです。
応援ポチッ!

名も知らーぬ  遠き島より
流れ寄る椰子の実一つ・・・

すっかり歌ってしまいました。
主人とのデートの場所でしたよ(笑)

恋路が浜も歩いてみたいな。

明日はお墓参りに行けるといいのですが・・・

おはようございます。

久しぶりに海に船が浮かんでいる写真みました。
伊良湖崎から鳥羽市までは船舶銀座ですか。
島崎藤村の詩、夢が膨らみます。
応援ポチ

こんにちは。

素敵なショットですね。

青い海、白い灯台、きれいです。

応援ぽち。

あすか 様
国民休暇村、懐かしいです!
自分も未だ若きころ、組合活動の一環として行きました。
40数年前の事です(笑)
応援を何時も有難うございます。

hirugao 様
ややっ! これはこれは・・・
ご主人とのデートの場所だったとは。
想い出の地ですね、かつては伊良湖の名物、大アサリが彼方此方の土産物屋さんから好い匂いをさせていたものですが、あまりというか殆どあの好い香りはありませんでした。
不漁なのかな。。

里山コウ 様
この海峡は屈指の船舶銀座と説明版に書かれておりました。
豊橋港からは自動車の輸出が特に増えているとも聞きました。
応援を何時も有難うございます。

あとり 様
灯台はシンプルなものでしたが青い海とマッチしていました。
自分の住む近くの海とは違った魅力があります。
応援を何時も有難うございます。

伊良子岬の国民宿舎に泊まってみたいというのが、永年の念願ですが、まだ実現していません。
でも美しい写真を見せていただいて、なるほどと少しは気分が落ち着いてきました。
柳田国男ー島崎藤村の詩情豊かな話は魅せられます。

こんばんは

伊良湖岬の風景、きれいですね。
以前、私も、ブログに載せたことがありますが
はずかしくなってきました。
島崎藤村の、「名も知らぬ~♪」あの歌の舞台は
伊良湖だったのですね。

白い灯台が良い被写体ですね
海の景色も抜群ですね

k-24 様
天気は快晴、青い空と青い海に白い灯台が引き立ててくれました。
海が穏か過ぎたので船や岩、波を入れて見ましたが。
なんと言っても好天が幸いでした。
欲を言えば白い浮雲が一寸あれば・・・でもそれでは贅沢すぎますよね。
椰子の実のモデルは此処伊良湖海岸とのことです。

あまなつ 様
青い海に白い灯台が良い被写体になってくれました。

こんばんは。
鳥が空振りでも、こんな景色が撮れるなんて、羨ましいですよ。
オオアジサシ、見たかったですね。
私もまだ見たことないんです。
今度見れるといいですね。

ソングバード 様
「ソングバード」さんも見たことの無い野鳥ならば見て、カメラに収めてみたかったです。
でもこれほど綺麗な景色を見ることが出来ただけでも良かったと思っています。
此処、伊良湖岬は全国有数の鷹の渡りが見られることで有名とか。
自分は勿論見たことがありませんが・・・

kumasan78 様
伊良湖の国民宿舎、若かりし頃に組合活動の代表者会議で訪れましたが、昔過ぎてあまり覚えておりません。
椰子の実は「柳田國男・原案、島崎藤村・脚色」という関係で“制作”されたとか。
でも、素晴しい叙情あふれる名曲ですね。

ご無沙汰しております。

伊良湖岬、とても綺麗なお写真ですね。
ここは2度行った、懐かしい場所です。

高校時代の遠足で伊勢から鳥羽に出、伊勢湾フェリーで渡り、
数時間過ごして帰りました。
450人が制服姿でウロウロしていたんですよね。
今思うと、不思議な光景だったかも。

2回目は、田原市であった研修に出るために、
鳥羽から車ともどもフェリーに乗り込み、ドライブしました。

おはようございます♪

今日はこれから出かけるので、応援☆だけで失礼します。

なきうさこ 様
こちらこそご無沙汰の限りです。
「札幌の空をながめて」、時々拝見しておりますが、お元気そうで何よりです。
伊良湖には二度訪れたのですね、「なきうさこ」さんのご実家は三重県だったと記憶しております。
三重県なればフェリー利用で遠足の行動範囲内に入るわけですね。
久々に訪れた渥美半島、目指す大アジサシは見ることが出来ませんでしたがドライブを兼ねたミニミニ旅行となりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/53339771

この記事へのトラックバック一覧です: 伊良湖岬:

« 満月 -十六夜- | トップページ | バードウォッチング  何時もの公園で »