2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

変ったヒガンバナ

お彼岸は終わりましたが自宅周辺ではヒガンバナが満開です。近くで変った色のヒガンバナが咲いていることを知り早速出かけてきました。
赤と白以外では黄色を見たことがありますがこの色は初めて、園芸品種かもしれませんね。ピントがいまひとつですが・・・

119a9628 119a9633花を撮った後、何時もの公園へ立ち寄って見ましたが野鳥は少なくキセキレイの他、コサメビタキやシジュウカラだけ。シジュウカラなどは前回掲載したのでキセキレイのみアップです。

119a96362 119a96451 日課としているお散歩ウォーキング、早朝には4km、夕方約2.6km歩くことを目標としており、この日も夕方堤防上を歩きました。夕陽に光るススキをパチリ、もう少し遅い時間ならもっと金色に輝いていたかもしれませんが。。。

Img_7779 シャッタースピードを遅くしてもう一枚、穂先のブレを期待していましたがあまりブレませんでした。

Img_7785 拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -395-
  


にほんブログ村

.

2013年9月27日 (金)

最後の朝顔

猛暑の影響か蔓があまり伸びず、今夏はあまりグリーンカーテンの役目をあまり果たしてくれなかった我家の朝顔。それでも毎朝眼を楽しませてくれた花がついに今朝は一輪も咲かなかった。
枯葉が目立つネットを見てみたが蕾は殆んど無い、写真は先日今年の見納めかも・・・と撮っておいたショットです。

119a6887

119a6469

下の写真は一昨日まで咲き続けてくれた赤と小さな青い花です。タネは先日遊びに来た小学生の外孫達が採ってくれました。このタネを来年も蒔きます、今年同様来年も綺麗な花を咲かせてくれることでしょう。

119a6893 119a6899 アサガオは蔓も葉も枯れたところが目立ってきましたが未だ未だ元気旺盛なのが一緒に植えたオキナワスズメウリ、赤と白の縞模様の結実した実が綺麗なのでネットは取り外さずもう少しこのままにしておきます。お彼岸が過ぎて未だグリーンカーテン用ネットはチョット変ですが。。。 

119a9504
拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -394- 


にほんブログ村

.

2013年9月26日 (木)

曼珠沙華

お彼岸も今日で終わり、当地方のヒガンバナは例年よりやや遅く、漸く今、見頃となりつつあります。それでもお彼岸の間にと近くの堤防に咲くヒガンバナを撮ってきた。

119a9565 119a9539
堤の彼方此方に咲く小さなニラの花もパチリ。

119a9562 119a9559 白く小さな花はマメアサガオ? でしょうか。

119a9599

拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -393-


にほんブログ村

.

2013年9月25日 (水)

秋雲

この日も朝から晴、空には秋の雲である「うろこ雲」が一面に広がっていました。自宅前から西の空に広がる雲をパチリ。

Img_7097 縦写真でもう一枚撮って見ました。

Img_7094
夕方、西の空があまりにも綺麗なので上2枚と同じ場所から再度パチリ。

Img_7100 拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -392- 


にほんブログ村

.

2013年9月24日 (火)

お散歩ウォーキング -曙光-

67月頃には4時半には拝むことが出来た日の出、お彼岸の今頃では丁度1時間遅れとなりました。
それに従って日課としている早朝ウォーキングの出発も遅くなり、この日のスタートも5時半僅か前。
自宅を出てコースの堤防へ上る時、綺麗な太陽が・・・急ぎ自宅に戻りポケットタイプのコンデジを持ち出し先ず1枚。2枚目は堤防へ上がった時、木陰から顔を見せてくれた太陽をパチリ。

P1030429
P1030455
歩き始めて暫く、突然対岸から沢山の鳥たちが・・・シラサギです、シラサギの飛び立ちの瞬間でした。対岸には白鷺達のねぐらがあるのかもしれません。コンパクトの全自動カメラですが持って出てラッキーだった。

P1030442
P1030444
陽がすっかり昇り、復路の堤防上から西の空を眺めれば有明の月が。

P1030454
この日の朝は清清しさを満喫しつつ日の出を拝み、シラサギの飛び立ち、そして有明の月と沢山の感動を貰った早朝ウォーキングでした。
拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。
 -391-


にほんブログ村

.

2013年9月23日 (月)

バードウォッチング  何時もの公園で

ここのところの好天につられて彼方此方出かけ、ブログネタが賞味期限切れにならない様にと更新の連投稿になりました。
この日も好天、午後から何時もの公園へと出かけてみた。
愛嬌者のシジュウカラが現れて。
119a9131 119a9090 大きなおメメと白いアイリングはキビタキの雌ではなくコサメビタキ?

119a9147 119a9042 黒いアゲハチョウが花から花へと忙しそうに。

119a9176 鳥博士さんからコサメビタキではなくキビタキの雌では・・・とのご意見を戴きました。キビタキが正解です。
拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -390- 


にほんブログ村

.

2013年9月22日 (日)

伊良湖岬

愛知県渥美半島の西岸で「絶滅危惧種に指定されている大アジサシが見られますよ」との情報を頂き、好天の下、ドライブを兼ねて行ってきました。
10時前に現地に到着、昼まで待ってみたが1羽も確認できなかった。現地に居た数人の地元カメラマン氏も台風の後、姿を見ていないので他へ行ってしまったのかもしれないと話していた。

レンズを普通ズームに替え、大アジサシは諦めて久々、半島先端の伊良湖岬までドライブすることに。
伊良湖港の駐車場へ車を入れ、灯台方面へ。 

119a8824 119a8807 伊良湖岬から三重県鳥羽市の神島までの海峡は伊良湖水道と呼ばれ、名古屋港や豊橋港、四日市港など日本を代表する港への往来する大型船舶は1日に100席以上、その他小型の漁船などを含めると日本有数の船舶銀座とも呼ばれている。

119a8854 119a8872 伊勢方面へのフェリーと高所から見た恋路ヶ浜。島崎藤村の♪「名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の實一つ・・・」でも有名です。

119a8844_2 119a8857大アジサシは見られなかったが、帰りは西海岸を走り、久しぶりに渥美半島一周ドライブを堪能してきました。

拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -389- 


にほんブログ村

.

2013年9月21日 (土)

満月 -十六夜-

一昨日は中秋の名月、中秋の名月は多くの皆様がブログアップされましたが1日遅れのお月様です。写真は昨夜の十六夜の月です。
何時ものお散歩コースを月の出に合わせてカメラ持参で歩いてきた。

自宅を出た直後、西の空には微かに夕焼けの名残が残っている。電線の間に僅かに見えるのは宵の明星でしょうか。。。
でも、この時間には月は未だ見えません、この時間帯に昇ってくれたなら風景と一緒に撮ることが出来るのですが。

119a9300

やがて周囲が次第に暗くなり、東の空からは十六夜の月が昇ってきた。

119a9407_2 帰宅後400ミリに1.4倍テレコンを付けてパチリ。


119a8909拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -388-
 


にほんブログ村

.

2013年9月20日 (金)

シラタマホシクサ(白玉星草)

前回ブログの続きです。
ヤマガラのエゴの実運びを見た後、同公園内の白玉星草がボツボツ見頃では・・・と、公園内の湿地帯に寄ってみました。

119a84433 119a84455 毎年咲く木道沿いには今年もまた綺麗なシラタマホシクサが咲いておりましたが例年よりやや少ない感じです。

119a8442 私の居住する地区にお住まいの「Y」氏は園芸が得意で山登りのベテランです。その「Y」さんが昨年私が書いたブログに白玉星草がアップしてあった事を覚えていて下さり、ご自身で栽培している白玉星草を2鉢持ってきてくれました。下の2枚の写真は戴いた鉢植えの白玉星草です。

自生している星草はあまり近くには寄れませんが鉢を庭に置いてパチリ。

119a8690 119a8723栽培方法も教えて頂きました。これで来年も鉢植えの白玉星草が楽しめるかもしれません、楽しみがまたひとつ増えました。

拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。
 -387- 


にほんブログ村

.

2013年9月18日 (水)

バードウォッチング ヤマガラ

一週間ほど前のレポートで恐縮ですが公園のヤマガラがエゴの実運びをしているところを見に行ってきました。
何時もの公園や里山で見るヤマガラはあまり人を恐れず比較的写真に撮りやすい部類の野鳥と思っておりましたが、山からエゴノキを目指して飛来し、エゴの実を咥えて持ち去るまでの速さは並の波の速さではありませんでした、まさに瞬時の出来事です。

119a8230 119a8359 背景処理も悪く、ベテランの皆様方がブログに掲載しているようなショットには到底足元にも及びません。それでもエゴの実を咥えて運ぶところだけは何とか・・・

119a8297 これは少しブレていますが。

119a82742
拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -386-
 


にほんブログ村

.

2013年9月17日 (火)

バードウォッチング 水辺の貴婦人・セイタカシギ

最近、自宅近くの休耕田で水辺の貴婦人とも呼ばれているセイタカシギが見ることが出来る。
そのセイタカシギが居る近くの田んぼでタマシギが見られることを知り、早朝ウォーキング後にほぼ隔日位で訪れています。先日、雄が1羽で居るところを遠くから見ましたが美しい雌やペアで居るところは未だ見ておりません。

この日も出かけて見ましたがタマシギは見ることは出来なかったが、稲刈りの終わった田んぼに映る朝日と休耕田のセイタカシギをパチリ。
119a8451 119a8466 119a8505 此処の休耕田に居るのは現在5羽、7羽目撃したとの話も聞きますがこの日は5羽でした。

119a8488 119a80461羽のセイタカシギが水鳥が浮かんでいる様な仕草をしており急いでパチリ、水深のごく浅いところであり、長い足を折り曲げて座っているらしい。羽根は全く動かさずじっとしており、水浴びとも違う様です。目は開いており昼寝とは思えないのでどうしてこの様な仕草をするのか私には分かりません。
下の2枚は同じ鳥で同じ場所です、水深の浅いことがお分かりいただけると思いますが。

119a8590 119a8609 拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。
-385-

にほんブログ村

.
 

2013年9月15日 (日)

大海原に昇る太陽

毎朝の早朝ウォーキンで晴れた日には美しい日の出を拝むことが可能ですが、水平線の彼方から昇る朝日を暫く見ていません。
この日の日出時刻は527分、晴天を確認し久々近くの海岸へと足を運んでみた。
久しぶりに見る早朝の海は波ひとつ無い穏かさ、広い砂浜には釣り人達が数人竿を並べていました。

水平線には僅かに雲があって待つこと暫し、やがて雲の上から朝日が少しづつ顔を見せてくれた、まさに感動のシーンです。

Img_6998 Img_7007 毎朝、堤防上を歩く早朝ウォーキングも爽やかで実に気持ちの好いものですが、大海原に徐々に姿を現す太陽を目の当たりにしたこの時は、次元が違うほどの感動と清清しさです。

Img_7012 通常なら日の出頃には近くの漁港を出港した多くのシラス漁船が見られるのですが、黒潮の蛇行による超不漁のため船の姿は全く見ることが出来ませんでした。
朝焼けの空と漁船は素晴しいロケーションなのですが・・・

Img_7082 最近、真っ赤に燃えるような夕焼けは見られませんがこの日の夕景です。寒くなる頃には海に太陽が沈むようになり、美しいサンセットも期待できるのですが、これはもう少し先になります。(9月12日)

Img_6993 拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -384- 


にほんブログ村

.

2013年9月13日 (金)

マリンスポーツ

珍鳥と言われたヘラシギや様々なシギ・千鳥等を撮った後、風が出てきたのでウインドサーフィンが見られかもしれないと岬を回って太平洋側へと回ってみた。
午前中は一人もいなかった海岸には大勢のサーファー達がマリンスポーツを楽しんでいました。

119a7671 119a7705 風は出てきたが波がないのでサーフボートの人たちは波待ちの為沖に出て浮いているだけ、別名アザラシ君たちです。アザラシ君たちを尻目にスイスイ海面を走行するのはウインドサーファー達。上手い人はシロートが見ても直ぐ分かる、海面の走行スピードが断然速く、次々と波に乗っては宙返りを披露してくれます。

119a7660 119a7690
そしてパラグライダーの様な帆で風を受け海面を疾走する(カイトサーフィン?)若者達。これはウインドサーフィンよりスピードもかなり早く豪快だ。空中でジャンプしたり多彩な妙技も披露してくれ、見ていても退屈しません。

119a7710 119a7809_3
波がないのでアザラシ君たちは陸に上がり、広い海には帆を利用したサーファー達だけとなっていました。

119a7839 119a7843 119a7873 拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -383- 


にほんブログ村

.

2013年9月11日 (水)

バードウォッチング  珍鳥ヘラシギ

三ケ日町で開催のJR東海と天浜線共同企画のウォーキングに参加予定をしていたが天気予報は雨。上空には黒い雲が立ち込め、今にも降りだしそうな天候であり参加を止めることに。

その後、晴れ間も見えてどうやら雨の心配もなくなった様子である。先日フィールドで知り合ったベテランカメラマン氏から「今の時期、海岸ではシギや千鳥を見ることが出来ます、干潮時の方が岩場など露出して野鳥が見易いですよ」と話してくれた事を思い出した、しかも今日の干潮は昼過ぎと条件も良い、早速出かけることにした。

海岸には様々なシギや千鳥が居るものの、どれも初めて見る野鳥ばかりで鳥の名もサッパリ。少し離れた潮溜まり状になった所には多数の大砲が並んでいる。近づいて尋ねたところ「この辺りでは滅多に見られない珍しい鳥が居ます、ヘラシギです」と教えてくれた。

119a7618

119a7417鳥の群れの中に1羽だけ嘴の形の異なる鳥を発見(上から2~4枚目)、良く確認しないと他の鳥とあまり変らない感じですが嘴の先がヘラ状になっています。
119a7576  119a7599 ヘラシギを数ショット撮った後、海岸線を歩く、嘴の下に曲がったこの鳥は図鑑で調べましたがチュウシャクシギ? 石の間に2羽居るのはキョウジョシギでしょうか。

119a7375 119a7634ふっくらとした体系に黒い嘴と足はミユビシギ? 羽根を広げているのはシロチドリに似ているような感じですが何れも初めて見る野鳥であり確かではありません。

119a7351 119a7518 どの図鑑で調べてみても何れも知らない鳥ばかり、間違っているかもしれません、毎度の事で申し訳ありませんが鳥博士さん宜しくお願い致します。

羽根を閉じた鳥でも分からないところです、飛翔中となれば全く見当がつきません。下の真ん中はシロチドリに似ているように思いますが。

119a7468 119a7650 119a7652 先月には珍鳥と言われる「白小鳩」を、本日お偶然に「ヘラシギ」を見ることが出来、野鳥初心者の自分ですが何かツイている感じです。
※分からなかった一番下と下から2枚目の写真の鳥、鳥見暦21年の超ベテラン「ゆきりん」様から「メダイチドリ」とのコメントを頂きました。「ゆきりん」様、有難うございました。

拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -382-


にほんブログ村

.

2013年9月 9日 (月)

バードウォッチング  セイタカシギ・ツツドリ

日課の早朝ウォーキング後、近くの休耕田へ寄ってみた、目的は未だ見たことが無い野鳥、タマシギです。
休耕田には時折小雨がパラつく中、早朝にも拘らず顔馴染みのご夫婦が既に三脚を立てておられた。目指すタマシギは居なかったがあの水辺の貴婦人とも呼ばれるあの美しいセイタカシギが5羽。
119a6985 119a6986 前回は3羽でしたが2羽増えています、5羽揃ったところを・・・と期待していたが5羽の揃い踏みはありませんでした。

119a7035119a7024お尻を上下に振りながら愛嬌タップリの小さな鳥はタカブシギ? 丁度雨が止んでキレイに映りこんでくれました。 

119a6993 119a6823 一旦自宅に帰り、朝食後近くの公園へと行ってみることに。土曜日とあって公園の大きな桜の木の下には多くのカメラマン氏が大砲を並べていた。カメラマン皆様のお目当てはツツドリです。

野鳥撮影歴2年目の初心者である自分はツツドリに出合ったのは一度だけ、しかもピンボケに近いショットなので、少しマシな写真が撮りたいところです。

119a7234 119a7243 桜の枝では葉や枝が邪魔で今回もダメかなと思っていたところ、他の木に移動してくれたので何とか数ショット撮ることが出来ました。
上手い人から見れば噴飯モノかもしれませんが尾羽を広げたところ等、自分では撮れただけでも良しとしました97日)

拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -381-


にほんブログ村

.

2013年9月 7日 (土)

初秋の公園

何時もの公園へと出かけてきました。野鳥が居ればよし、居なければ花を・・・と、普通ズームにマクロレンズ、そして望遠レンズの三本立てです。

公園には野鳥を待つ顔馴染みの皆さんが三脚を立てています。自分も仲間に入れて頂き待つものの野鳥の姿は見えず、見かける鳥はヒヨドリばかり。

レンズを換え、公園内を散策するも9月始めのこの時期では流石に花は少ない。
ムラサキシキブが色付いてきたと思い、近づいて見ればプレート名は「コムラサキ」、別名をコシキブ、ムラサキシキブ属に属する植物と書かれていました。

119a65951 そして未だ咲いていました紅い芙蓉。

119a6597_3   

マリーゴールドとプレートが無かったので不明の花をパチリ。

119a6608 119a6614 花を撮りながら園内を巡っている時、ベテランウォチャーの「O」さんが「キビタキの雌とエゾムシクイが1羽居ますよ」と教えてくれた。レンズを付け替え、教えて頂いた付近へ皆さんと移動。

キビタキは現れなかったがエゾムシクイを辛うじて1枚パチリ。
初めての野鳥であり、先週撮ったセンダイムシクイやヤブサメとの違いが初心者の自分には判りませんでした。

119a6624 この後、更に待つも登場したのはヒヨちゃんにシジュウカラ、ハクセキレイにセグロセキレイとお馴染みの野鳥だけでした(94日)

拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -380- 


にほんブログ村

.

2013年9月 5日 (木)

収穫の秋

田んぼの色が黄金色に色付き、彼方此方で稲刈り風景が見られます。お盆前に新米が店頭に並ぶ超早場米もありますが当地方では稲刈りシーズンの真っ最中です。

稲刈り中のコンバインの周囲が沢山のシラサギが居ました。刈り取られた田んぼには沢山の餌となるものがあるのでしょうね。

119a6548 119a6524 稲刈りが終わり、全ての田んぼに土が見える頃には爽やかな秋の訪れが期待できるかもしれません・・・。

拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -379- 


にほんブログ村

.

2013年9月 3日 (火)

バードウォッチング  アオバト・セイタカシギ

先月下旬、浜名湖へアオバトを見に行ってきたものの周囲を旋回し、飛翔するばかりで湖岸に着地して塩水を飲むシーンは残念ながら見ることが出来ませんでした。
撮影場所には木陰等が全く無く、陽が高く上れば暑くて到底耐えられない場所であり、暑くならないうちにと、今回も早朝の浜名湖岸へと行ってきた。

119a5343 119a5274 当日も2030羽位の群れがしきりに上空を旋回するのですがなかなか着地してくれません。フツウの鳩と違い警戒心が強いのでしょうね。

119a5268 119a5229 漸く数羽が着地してくれましたが、かなり遠く離れた所でしかも海草が打ち上げられたあまりキレイでない湖岸です。元画像が小さく、かなりトリミングした為、粗い写真となりましたが。。。 

119a5325翌朝、日課の早朝ウォーキングを歩いた後、何時もの休耕田を覗いてみたところ、あの美しいセイタカシギが3羽居た、野生のセイタカシギを見たのは初めて、これはラッキーとばかり急いでパチリ。
朝の休耕田は風がない為か、水面に比較的キレイに映り込んでくれました、セイタカシギの足の長さが映り込みでいっそう長く見えました。

119a6352 119a6367 拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -378-  


にほんブログ村

.

2013年9月 1日 (日)

バードウォッチング 仙台虫喰・白小鳩

近くの公園で渡りの途中に立ち寄る野鳥たちが見られると野鳥フィールドで知り合った「I氏」から連絡を頂いた。夏枯れで野鳥にご無沙汰だっただけに嬉しい連絡です、昼食を済ませI氏」の居られる公園へ直ぐ出かけることに。
午前中はアオバトやオオルリの幼鳥、サンコウチョウまで見られたとの事ですが、午後から多かったのは美しい小鳥、「センダイムシクイ」たちです。

119a5528 119a5730図鑑によれば体長は12cmほど、白い眉班が美しい小鳥ですが、小さい上にチョコマカと動きがかなり早く、ウデの未熟な自分ではレンズを動かすだけで精一杯。

スズメより小さな身体で季節ごとに遥々と海を渡るこの小鳥達には感動です、渡り鳥って本当に凄い・・・。

119a5941 119a5996 「珍しいハトが居る」と、「I氏」が・・・今までに見たことのないハトです。同氏によればシラコバトで埼玉県の県鳥とのことですがこの辺りでは見かけないハトである、自分も勿論見たのは初めて。

そして帰りに近くの休耕田で見かけたシギ、嘴が僅かに下に曲がった形は図鑑に掲載されているクサシギに似ているような気もしますが・・・そして一番下はイソシギかな?と思ったが眉班があり、バードウォッチャー2年生の自分にはよく分かりません。何時もの事ながら鳥博士さんどうか宜しくお願い致します。

119a5866 119a6143 119a6316 「Iさん」のお陰で沢山のセンダイムシクイを見た上、初めて見たシラコバトにシギ、収穫の多い1日となりました。写真は全てトリミング済みです。

拙いブログですが、「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -377- 


にほんブログ村

.

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »