2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« JRさわやかウォーキング 歴史のまち掛川(1) | トップページ | スイレン »

2013年7月 3日 (水)

JRさわやかウォーキング 歴史のまち掛川(花鳥園)

JRさわやかウォーキング 歴史のまち掛川の後編、掛川花鳥園です。
当日、コース受付で
参加者は花鳥園の入園が半額の500円で入場出来ることを知った。JRの案内誌には書かれていなかったことで、行ってみたいなと思っていた矢先であり、これはチャンスとばかり寄ることにしました。

同園はゴールまで残すところ約1kmまで歩いた地点に在り、午後からの入場となりましたが13時からメイン行事であるバードショウが始まると聞き、早速屋外のバードショウ会場へ。

フクロウと鷹、そしてヘビ食い鷲のショウを見物。鷹は調子が悪く、あまり演技がありませんでしたが大きなフクロウやヘビ食い鷲のショウは調教者の軽妙な語りと共に十分楽しむことが出来ました。

P1010669
P1010674 P1010817
屋外の会場でショウを見た後、ペリカンやカンムリ鶴などの大型の鳥を見てから大きな温室の中へ。
幾つかに仕切られた温室内は様々な鳥たちでいっぱい。カモ類やペンギンは特別に慣れており全く逃げません、鳥の足を踏まないように気をつけながら歩くほどです。

P1010893 P1010942
P1010944
広い温室内で自由に飛び交う鳥たち、私の頭上にも綺麗な小鳥が留まりその人馴れした動作にビックリ。

ひとりの愉快な坊やが居てフラミンゴと調子を合わせて遊んでいるところをパチリ。勿論お母さんの同意をいただきました。

P1010931
P1010954
P1020012
存分に花鳥園を楽しんだ後、掛川駅にゴール。ウォーキング参加のため持参したのは軽いコンパクトタイプのデジカメ、連写機能などもの足りない場面が多く、次回は追従や高速連射の優れたデジ一でフクロウや鷹の飛翔シーンを撮ってみたくなりました。

ゴール後、JR担当者に本日の参加者数を尋ねたところ「2.008人です」とにっこり、相変わらずJRのウォーキングイベントの集客数は凄い。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -335-

にほんブログ村


.

« JRさわやかウォーキング 歴史のまち掛川(1) | トップページ | スイレン »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

これは楽しいウオーキング、
いろんな鳥と一緒に過ごしたり
ショウを見たり、ここは一度見てみたい場所です。
珍しい鳥の写真やユーモアのある写真、
怖そうなフクロウさんの写真など
面白い写真をたくさん楽しみました。

応援ポチ

四足動物とのふれあいは良く見聞きしますが
鳥達とのふれあいが出来る花鳥園は鳥好きにはたまりませんね。
思わずウォークイベントに参加していることを忘れてしまいそうです。
応援ポチッ!

こんにちわ~

この花鳥園というのは神戸にもあるのです。
同じ系列のようですね。

こちらの方がたくさんの鳥さんと遊べるようですね。
ふくろうさんの目がいいですね~

こんにちは。
鳥さんがいっぱい。
鳥好きのあとりにはたまんないです^^;
今出先でスマホでアクセスさせていただいています。
のちほどゆっくり、パソコン画面で拝見させていただきますね。
あとりも神戸の花鳥園によくいきます。
オカメインコやオウムもいっぱいいて一緒に遊べるのですが。。。
帰るとなぜか、うちのオカメズがよそよそしいんですよ^^;。
ほかの子と遊んできたことがわかるんでしょうか?
応援ぽち。

里山コウ 様
以前、一度来て以来久々の入園でしたが童心に返って楽しむことが出来ました。
最近では野鳥に凝っているので以前よりはるかに興味津々でした。
また行きたくなる所です。
ポチリと有難うございました。

あすか 様
可愛い哺乳類も良いものですが、鳥好きになってきた昨今、格別に面白かったです。3時半のゴール締め切り寸前のゴールインでした。
屋外での鷹やフクロウの飛ぶ位置も分ったので、次回はデジイチ持参で連写と追従で鷹に挑戦してみたいです。
ポチリと有難うございました。

hirugao 様
この花鳥園は富士宮市の朝霧高原と、島根県松江市、それに神戸市等と同系列の花鳥園とのことです。
鳥がこれほど人間に馴れるものなのか・・・とつくづく思いました。
他の施設は分かりませんがとにかく沢山の鳥たち、可愛い鳥たちと親しんでますます鳥が好きになってきました。

あとり 様
久々入場した花鳥園、本当に楽しかったです。
鳥の数が多すぎて名前は到底分かりませんが、とにかく可愛いですね~
「あとり」さんのインコちゃんへの気持ちが解るような気が致します。
野鳥撮りに出かけ、人間の姿を見れば直ぐ逃げてしまうあの鳥たちがこうも人に馴れるとは・・・まさに驚異でした。
「あとり」さんの仁君とるりちゃん、勘が鋭いようですね。外のインコを可愛がってきたので妬いているのですよ。
私も鳥がますます好きになってきました。
ポチリと有難うございました。

フクロウは目を細めている顔は可愛いと思いますが、
この様な鋭い顔もするとは…やはり猛禽類なんですね。
温室の中はまた賑やかなんですね~此処はチビッ子が喜びそう~
愉快な坊やも楽しくてしょうがないんでしょうね~そんな感じです~(^^)

応援ポチッ☆

花鳥園の園内「どこかで見たような~。」と、思いましたら
富士宮市朝霧高原にある花鳥園と系列なんですね。

そちらの方でもふくろう・鷹のショーを、見学して事があります。
どちらかと云えば鳥の目が苦手な私には・・・・・coldsweats01

子供達は、たまらない場所ですね^~!
ふくろうさん・・・・迫力があります。

カシオペア 様
ショウに登場したフクロウはかなり大きく、羽根を広げらば1メートル以上は充分ある大きさでした。
野生のものは兎ぐらいのものでも捕らえて運ぶ飛翔力があるとか。
愉快な坊や、天性のものでしょうか実に軽妙かつ愉快なアクションが好ましい笑を誘いました。
ポチリと有難うございました。

セロリさん 様
ピンポーン!
朝霧公園の花鳥園は通過するだけで訪れたことはありませんが同系列のところです。
本元は掛川市の庄屋屋敷「賀茂菖蒲園」がルーツで、各地に花鳥園を造ったと聞いております。
「セロリさん」は鳥の目が気になる様ですが、ニワトリの眼の様な鳥、つぶらなビタキ類の眼、随分違うと思いますが。。。
でも、人間誰でも苦手はありますよね。

あ、わたしの大好きなオオハシさんが♪

花鳥園、楽しいですよね~。

実は、前回、年間パスポートを作ったので
近々また行きたいです~~。

もう少し近かったら、せっせと通うんですけどね~(笑)。

くり 様
行ってきましたよ「くり」さんが大好きな花鳥園に。

「くり」さん凄いな、年間パスポートですか・・・
オオハシさん、これを見た時に「あっ!これだ!・・・」と、咄嗟に「くり」さんのブログを思い出しました。

久々に訪れた花鳥園、期待を裏切らないどころかそれ以上の楽しさを体験出来ました。
次回は高速連写と追従で鷹の飛翔シーンを・・・と思っております。
温室内のあの可愛い鳥たちもタップリと撮ってみたいです。
鳥、本当に可愛いですね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/52282052

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング 歴史のまち掛川(花鳥園):

« JRさわやかウォーキング 歴史のまち掛川(1) | トップページ | スイレン »