2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

千框(せんかまち)棚田

何時も出かける里山のサンコウチョウも巣立ち、山はすっかり寂しくなってしまいました。山で知り合ったベテランウォッチャーさんに教えて頂いた田んぼにシギを見に出かけましたが居るのは白鷺やアマサギ、ケリといったお馴染みの鳥ばかり。

足を延ばして久しぶりに菊川市の千框棚田まで棚田を見に行くことにした。此処へは毎年6月始め頃開催される棚田でアートを見物に来ています、畦道にローソクの灯りを灯し、その幽玄な風情を楽しむイベントで此処のところ続けて見物に来るのですが今年はウッカリして開催日を調べる事を忘れていました。まさに痛恨の極みです。

119a1816 119a1777 静岡県の棚田10選にも選ばれている美しい棚田、最盛期には現在の10倍ほど耕作されていたという。少し伸びた稲穂が青々として時折微かに風に靡いていた。

119a1763 119a1784 道路わきに植えられたあじさいを入れてパチパチと。あじさいの入れ方がワンパターンになってしまいました。

119a1788 119a1812 残念ながら今年は開催日を忘れてしまった棚田でアート、昨年の写真ですが。。。

Img_7596 下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -332- 


にほんブログ村


.

2013年6月29日 (土)

巣立ち -サンコウチョウ-

何時も行く里山へサンコウチョウを見に行ってきた。
5月下旬サンコウチョウの巣を見つけ、1日には抱卵を確認、雨のない日には隔日くらいで様子を見に出かけておりました。
少し前、巣の中で孵化した4羽の雛も確認していましたが、此処に集まる愛鳥家や同好カメラマンたちで巣立ちまでは巣に近寄らない、巣立ちまで温かく見守ろうと、抱卵からの過程は写真にも殆ど撮っておりません。大勢のカメラマンが殺到し、鳥が巣を放棄した例も多いとか・・・巣のことはブログへ書くことも控えておりました。

昼前までかなり降っていた雨も上がり、雛たちはどうしたかな?と、昼から出かけたところ既に巣立ちしたのか巣は蛻の殻です。慌てて周囲を見回したところ巣から近くの枝に2羽、そして反対側の枝に2羽の雛鳥が確認できた。

未だ餌を捕ることは出来ず、枝の絡まった比較的見難い場所でじっと身動きもせず親鳥が運ぶ餌を待っている。親鳥が来ると羽根を盛んに動かすので確認できたが動かなければ見つけることは不可能です、これもカラス等の敵から身を守る本能的な所作かもしれません。

119a1544119a1555 お父さん鳥やお母さん鳥がせっせと子供たちに餌を運んでいます、尻尾の短い鳥が雌です。

119a1676 119a1695 滅多に見ることが出来ないシーンを見ることが出来たのは本当に幸運の一言です。上の写真はお母さん鳥で下の尾羽の長いカッコいいのがお父さん鳥です。

119a1620_2 

当日は雨上がりで、足元が悪い上に沢の増水が予想された為か、現場に居たのは自分のほか2組のご夫婦だけ。山道は歩き難かったが増水は無し、普通の長靴でOKでした。

野鳥を撮り始めて2年目、新米カメラマンの自分が巣立ちを確認することが出来たのは幸運であり、本当に嬉しかったです。
翌日も出かけましたが何処かへ飛び去ったのか終日粘りましたが影も形も見ることが出来ませんでした。4羽の雛鳥たちが無事成長してくれることを祈るばかりです。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -331- 


にほんブログ村


.

2013年6月27日 (木)

雨の庭と鉢植えのバラ

6月26日(水)
朝から降り続く雨、日課のお散歩ウォーキングも断念し、庭のクチナシや鉢植えの花を撮りました。
我家に咲く鉢植えの草花とその後の庭のクチナシの写真です。

赤と黄色の小さなバラは家内が丹精込めて育てている鉢のひとつでもあります。

119a1403 119a1404 そして先日万葉の森公園で買い求めた白い小さな花「シラサギカヤツリ」、細い葉と白い可憐な花が大好きなサギソウにチョッピリ雰囲気が似ています。。。
サギソウと言えば我家のサギソウ、今のところ順調に葉が延びており、今年も開花が待ち遠しいところです。今年はどのくらい咲いてくれるかな・・・
119a1412119a1759
先日ご紹介した庭のコクチナシの花、相変わらず花の数は少ないものの毎日細々と、それでも綺麗な花を咲かせてくれます。花の数が少ないので近くに寄らなければあの芳香が楽しめません。

119a1754
119a1745 
ネコの額ほどの庭ですが、雨に濡れたところはなかなか風情があるものです。PLの効きが不十分で反射が強すぎること、コントラストも強すぎたかもしれません。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -330- 


にほんブログ村


.

2013年6月25日 (火)

万葉の森公園

少し前の地元新聞に、浜松市浜北区に在る万葉の森の紅花とキキョウが見頃の記事が掲載されていたことを思い出して行ってみた。

キキョウは未だ綺麗に咲いていましたが紅花は既に終わっており、写真にはなりませんでした。何とか咲いている一輪を見つけてパチリ、これが最後の一輪かもしれません。キキョウとあじさいにはフィルターを付けて、キキョウは日の丸写真ですが・・・
119a1351119a1369  あじさいと紅く色づいたニワウメ。

119a1372 119a1388池の周り芝生の中に紅白のネジ花が咲いていました、花茎が長く30cmぐらいあるようです。環境が良いのかもしれませんね。



119a1392
下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -329- 


にほんブログ村

.

2013年6月24日 (月)

バードウォッチング -三光鳥-

「梅雨の合間の晴れ」という言葉がピッタリの22(土)、何時もの里山へと朝から出かけてきました。目指す野鳥はサンコウチョウ(三光鳥)です。

今年は野鳥の数が少ないとベテランバードウォッチャーさんも言っておられますが、昨年に比べて野鳥にめぐり合う機会が少ないことも事実です。

遠くで声はすれども姿は見えずの状態でしたが漸く写程圏内に現れてくれた一羽の雄、この鳥は暗い森を好み、枝から枝へと瞬時に移り一ヶ所にじっとしていてくれません。

119a1293 119a1297 午前中に現れたのはこの一度だけ、持参の弁当で昼食を済ませた後、午後から二度目のご来訪でした。

119a1326 119a1319

長い尾羽に鮮やかなコバルト色の嘴とアイリングが鮮やかな雄のサンコウチョウを約1日、山中で粘って何とか撮る事が出来ました。
半袖では到底ガマン出来ない涼しい山中で新鮮な空気と渓流からタップリのマイナスイオン、時間の経つのを忘れる1日でもありました。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -328-  


にほんブログ村


.

2013年6月22日 (土)

ネジ花

この時期になれば毎年ブログに紹介している「ネジ花」が近くの小公園や堤防の芝生のいたるところに咲いています。
花茎の高さは通常では10-20 cm位ですが注意してみないと見過ごしてしまいそうな小さな花です。


Img_111
一昨年は白い花も見つけましたが、今日見たのはピンク系のものばかり。螺旋状の巻き方は右巻き左巻きと様々です。

Img_6057下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -327-


にほんブログ村


.

2013年6月20日 (木)

あじさい寺

皆様のブログを拝見すると季節の花、あじさいが多く掲載されています。皆様方に触発され、最近地元新聞にも紹介された市内の通称、あじさい寺へ行ってきました。

あじさいは雨が似合う、でも雨の日の撮影はシロートカメラマンの自分は好きではありません。今日はピーカンとまではいかないが晴れ、雨上がりの曇り空ならば絶好のコンディションなのですが。。。

119a1235_2 119a12412

花の種類や名前に疎い自分です、あじさいの種類は判りませんが・・・

119a1240
 
赤紫系の花も。。

119a1247 119a1262
あじさいを見た後、毎年訪れているササユリが自生する山手へも足を延ばして見ましたが顔なじみの地主さんから「今年は花が早く、既に終わってしまいました」との事でした。うーん 残念!

花の撮影時には常時携行するマクロレンズ(100mm F2.8 L IS)は今回持参せず、今月2日に購入したフルサイズカメラ、EOS-5D MarkⅢのレンズキット(24-105ミリ)を使用しました。ウデの未熟な自分には過ぎたカメラですが充分気に入っております。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -326-


にほんブログ村


.

2013年6月19日 (水)

♪クチナシの白い花

我家の庭の片隅に植えてあるクチナシが咲いた。このクチナシは八重で正式名はコクチナシ、名前のとおり一般のクチナシより矮性で30数年前の作庭以来、毎年この時期になると良い香りと純白の綺麗な花を咲かせてくれます。

昨年、当地方を二度にわたり直撃した台風の塩害と強風で庭木も随分被害を蒙りまし
たが、こんな小さな木にも影響があったのか今年は蕾の数も随分と少ない。

119a0835 Img_6039庭に花木は植えても草花は植えないことにしているので草花は全て鉢植えです。鉢植えのブーゲンビリアと? 
119a0838 119a0837これも鉢植えのチンシバイと黄色のカラー。
Img_6043 Img_6041クチナシの花が咲くとどうしても思い出してしまいます「♪クチナシの白い花 お前のような・・・」
古過ぎますね~ でも、懐かしいメロディーです。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -325-


にほんブログ村


.

2013年6月18日 (火)

JRさわやかウォーキング -舞阪の潮風と史跡を訪ねて-

615日(土)
JR東海主催のさわやかウォーキング、「舞阪の潮風と史跡を訪ねて」に夫婦で参加してきました。このコースもJRの定番コースで自分は過去にも数回参加しておりますが妻は初めて。

気になる天候は曇りで夕方からは雨の予報、上空には厚い雲が垂れ込め何時降ってきても不思議ではない状態です。傘に合羽、リュックカバー等々、雨具を用意して出発地である東海道本線弁天島駅へ。駅は浜名湖が太平洋に繋がる今切れ口近くに存在する弁天島に在ります。

駅からはマンションやホテルが立ち並ぶ弁天島海浜公園を。湖面には弁天島のシンボルの赤い鳥居と、後方に見えるのが国道1号浜名バイパスです。

P1010574
P1010625
弁天大橋を渡り、コースに従い舞阪魚港へ立ち寄って朝市を見物。一番人気はやはり今朝水揚げされたばかりの生シラスで整理券を持った人達の長い行列が出来ていました。

P1010579 P1010581_2

朝市を見た後、旧東海道舞阪宿へ。江戸時代の船着場跡や、復元された脇本陣は過去にも数回見ておりそのまま通過。
町の彼方此方で見かけた津波避難タワー、此処は海抜1.8Mと表示されており、ウォーキングコースを歩いた今日だけでも3ヶ所見かけました、町中にはかなりの数が建設されているのでしょう。これが役立たない事を祈るばかりです。

P1010585 P1010587

宿場からは太平洋岸の防潮堤をてくてく。この防潮堤付近は「町民の森」として綺麗に整備されていました。防潮堤には海の安全を守る舞阪灯台も・・・

P1010605
P1010597 P1010602

防潮堤を下り、現存する旧東海道の美しい松並木を歩く。ゴール地弁天島駅へと向かう途中で見つけた紅い紫陽花をパチリ。

P1010611
P1010589
11時、スタートした弁天島駅にゴール。JR係員に本日の参加者数を尋ねたところ「1.500人余りです」、とのことでした。

昼には少し早いが弁天島海浜公園で浜名湖に浮かぶ赤鳥居を眺めながら持参の弁当を開く。実に美味い! 先週の「ゆりの園」でも美味かったが今日の弁当の味も格別なものがありました。

本日のコースは8.5kmと短く、幸い雨の心配もなさそう。腰や膝に疾患を持つ足弱の我が夫婦ですがそれでも8.5kmはやや短い、弁当を食べて元気が出たこともあって次の駅まで歩くことにした。
地方の一駅間は比較的長い、次の駅まで約4lmをてくてくと歩いたので、自宅からトータルで本日の万歩計歩数は22.059歩、 約15kmのウォーキングとなりました。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -324- 


にほんブログ村


.

2013年6月16日 (日)

バードウォッチング -コアジサシ・オオルリ-

梅雨の合間に近くの池に行って見た。この季節にはコアジサシが採餌のために飛来していることが多いのです。
池の上空を数羽のコアジサシが旋回していた、比較的近くに寄ってきた時や獲物を見つけて急降下するところを狙ってパチリ!

119a0723 119a0906 池の上空を飛翔しながら下の獲物を狙って急降下を繰り返すがゲット率はあまり高くないみたいです。

119a0644 119a0654

獲物を捕らえた瞬間をと頑張ってみたがヒットしたものが無く、我が身のウデの悪さを嘆きつつ

諦めて近くの里山へ。

サンコウチョウを待つものの声はすれども姿はなかなか見せず、オオルリの雄雌1羽ずつパチリ。

119a0800 119a0848 やっと遠くの枝に留まってくれた尾羽の長いオスのサンコウチョウ。でもあの長い尾羽は隠れてしまいました。前回は尾羽はしっかり撮れたが顔がハッキリ見えず、今回は全く逆になってしまいました。

119a1122 下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -323-


にほんブログ村


.

2013年6月14日 (金)

JRさわやかウォーキング 可睡ゆりの園(3)

JRさわやかウォーキングで訪ねた、可睡ゆり園の最終編です。
黄色、白、ピンク、赤、混色・・・其々のゾーンに植えられた百合の丘から下り、五色のゾーンへ。

119a0550 119a0560 五色のゾーンの先には丘から池に流れ落ちる滝があります。橋の手摺にカメラを置きスローシャッターで撮った後、五色混色の丘を下からパチリ。
119a0525 119a0535 広々とした百合の丘を巡り、池に近くの東屋で持参の弁当を開く、上空には青空も見えてきました。百合を眺めながら戴く弁当の味は格別でした。
黄色の丘で樹木に絡まって咲く紫のクレマチスが印象的です、でも、チョットインパクトが不足気味かな。。

119a0510 119a0539 下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -322- 


にほんブログ村


.

2013年6月13日 (木)

JRさわやかウォーキング 可睡ゆりの園(2)

ゆり園の第2編です。
このコースはJR東海の定番コースであり自分達夫婦も毎年参加しています。メインは「可睡ゆり園」、全国に十数箇所の姉妹園を持つ県下最大のゆり園です。
当日貰った資料によれば約3万坪の丘陵地には150余品種、200万株の百合が植えられている、とありました。

ウォーキングに参加時は通常ではポケットに入る全自動カメラを持参しますが、今回は見事なゆり園を広角レンズで撮ってみたいと少々重いのを我慢し、先日購入したフルサイズデジイチ(EOS 5D-MarkⅢ)とレンズのテストを兼ね持参しました。

119a0480 119a0484 五色の丘から再び黄色のコーナーがあります。
119a0489 119a0490 五色混色の丘から今上ってきた方角を見れば、通路の向こう遥か前方には正面入り口の大きな池が見えました。119a0491 119a0504次回もこの続きの第3編としてゆり園のメイン、五色の丘と滝などを予定しております。

シリーズものであり、今回は勝手ながらコメント欄は閉じさせていただきました。左側サイドバーの「置手紙」をクリックしていただければ足跡が残ります。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -321-


にほんブログ村


.

2013年6月12日 (水)

JRさわやかウォーキング -可睡ゆりの園-

6月8日(土)
JRさわやかウォーキング「火の神様可睡斎と可睡ゆりの園ウォーキング」に夫婦で参加して来ました。
当日の主なコースは東海道随一の禅の修業道場で、家康ゆかりの可睡斎とゆり園、旧東海道松並木を歩き、出発地袋井駅に戻る約11kmのコース。

毎年訪れているコースでもあり、ブログにも毎回レポートしておりますので、コース途中の見どころ等は省略し、メイン目的地の綺麗な百合をシリーズとして三回に分けてご紹介したいと思います。

正面入り口は大きな池があり、順路にしたがって進むと最初にコーナーは黄色い花のゾーンです。

119a0457
119a0458
そして白い花の丘や混合のゾーン。

119a0471
119a0472
白のゾーンの丘に上がり一休み、ふと下を見れば一輪変った模様の花があり近づいてパチリ。

119a0478
119a0476
今回は、黄色と白い花、そして混合のゾーンを紹介いたしましたが広い園内は未だ未だ続きます。次回もこの続きを第二編として予定しております。次回も是非どうぞ!

入場料1.000円が、ウォーク参加者は半額の500円で済むというメリットもあり、このコースの人気は凄い。ゴール地にてJR担当者に本日のウォーキング参加者数を尋ねたところ2.200人を超えましたとニッコリ! 

広い園内をカメラを持って彼方此方歩き回ったので万歩計の歩数は22.973歩。約15kmのウォーキングとなりました。 

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -320-


にほんブログ村


.

2013年6月10日 (月)

バードウォッチング -キビタキ・サンコウチョウ-

バードウォッチングには「夏枯れ」の季節、それでも何時もの里山へと出かけてきました。
この季節の目的は勿論サンコウチョウ、今期、この里山以外も含めて数回出かけておりますが目指すサンコウチョウの
声はすれども姿は見せず、見えても遠く、写真にはならないのが現状でした。

ウデの悪さはともかく、昨年は何度かカメラに収めた野鳥です。
待つこと暫し、バードウォッチャーに人気の高いキビタキが現れ、その後、あの特徴のある鳴き声が聞こえてきた。サンコウチョウです。

119a0349119a0389

カメラを声のする方角に向け辺りをキョロキョロ、カメラに接続したレリーズボタンに思わず力が入る瞬間です。遥か高い梢で聞こえていたと思っていたところ いきなり頭上に現れ大慌て、尾羽の長い雄のサンコウチョウです。急いでカメラを三脚から外し手持ちでパチパチと。。。

この間僅か数秒間・・・直ぐに飛び去ってしまい、あっと言う間の出来事です。サンコウチョウの特徴は長い尾羽とアイラインです、真上でなくもう少し横に現れてくれれば尚良かったのですが、それでも姿かたちが撮れただけでも良しとしました。
そして再び現れたキビタキをパチリ、でもこの鳥は最初に撮ったキビタキとは違うような?

119a0397_2


119a0416 今季初のサンコウチョウの証拠写真を撮り、沢沿いの山道を歩いていたところ水路近くでにょろにょろ、前回はアナグマでしたが今度は1メートル余の大物ヘビちゃんです。マムシは嫌いですがこれなら大丈夫、急ぎカメラをリュックから出してパチリと撮りました。

Img_7063 下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -319-


にほんブログ村


.

2013年6月 9日 (日)

豊橋市・賀茂しょうぶ園(2)

豊橋市の賀茂しょうぶ園の花シリーズ後編です。広い敷地内に咲く美しい花菖蒲をパチリ・パチリと撮ってきました。
白に紫に混じった綺麗な花菖蒲とピンク系を1枚ずつ。

119a0329 119a0266 これも白に紫が混じっていますが一番目の花とは違う感じです、そして薄紫の花も・・・

119a0269 119a0270 園の一番遠いところにあった「ししおどし」、竹筒に水がいっぱいになり下に来た瞬間を待ってパチリと。
119a0288 下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -318-
(※ 今回、コメント欄は閉じさせていただきますとしながらその処置を忘れてしまい申し訳ありません。
コメントを戴いたので従来どおりに致しました)


にほんブログ村


.

2013年6月 8日 (土)

豊橋市・賀茂しょうぶ園

愛知県豊橋市の賀茂しょうぶ園の花菖蒲が見頃では・・・と家内とふたり 出かけてきました。此処の菖蒲園には、過去にもウォーキングイベントや夫婦で数回訪れていますが、一昨年以来3年ぶりの訪問となりました。

広い敷地内には300種、3万7.000株の花菖蒲が植えられていますが、入園料無料が貧乏人の自分たちには嬉しいところです。
園のシンボル的な太鼓橋と白と紫系の花菖蒲を先ず1枚。

119a0330 119a0252 菖蒲園敷地の所有者である賀茂神社に通じる階段脇のアジサイもパチリ。。。
119a0250119a0253 紅いスイレンと??系の花菖蒲も(名前が分からずスミマセン)
119a0260 119a0340 ピーカンの天気ではありませんが光が強く、自分の好きなソフトフィルターを多用しました。次回も賀茂しょうぶ園の花をUPする予定ですが、御笑覧いただければ幸いです。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -317-


にほんブログ村


.

2013年6月 6日 (木)

バードウォッチング -鳥枯れの季節-

此処のところ梅雨の中休みで、若葉が茂り森は初夏の装いですが、これからは探鳥にはあまり向いていない所謂「鳥枯れ」のシーズンとか。それでも近くの里山へと出かけてきました。

午後から半日粘って見ることが出来たのがオオルリの雌。近くに巣があるらしくせっせと餌を運んでいます。

119a0061_2 119a0073_2 そして漸く姿を現してくれた雄のオオルリ、雌は地味ですがあの幸せを運ぶ青い鳥とも呼ばれています。そしてキビタキ、でもキビタキはほんの一瞬でした。
Img_5882 Img_5370 少ない野鳥に場所を変えて移動中前方でゴソゴソ、急いでカメラを向けましたが私に気付いたのか「グェーッ」と一声唸ってから直ぐ逃げてしまった。葉っぱの影に顔が隠れてしまいよく分かりませんが短い足に大きな尻尾はタヌキ君?
タヌキは人を襲うことはありませんが猪ならば怖いですね。
Img_5385_2
野鳥は少なかったが、久々にタヌキらしき動物を見た。でも、イタチには時々出会います、この様な小動物なれば良いのですが猪や熊だけは御免蒙りたいものです。(6月3日)
※下の写真、タヌキらしき動物と書いてしまいましたが、知人のY氏からタヌキではなく「アナグマ」では?と連絡をいただきました。アナグマ、初めて見る動物です身近なところに知らない動物が棲息しているのですね。
「Yさん」、早々のご連絡を有難うございました。


下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -316-


にほんブログ村


.

2013年6月 4日 (火)

浜名湖ガーデンパーク(3)-季節を彩る花-

浜名湖ガーデンパーク、季節を彩る花シリーズ最終編です。名前の知らない花が多く申し訳ありませんが綺麗な花々をUPいたしました。
モネの庭に咲いていたもの、
帰り道の散策路際に咲いていた花々をパチリと。

Img_1592 Img_1615 クレマチスも見頃でした。
Img_1568 Img_1572 葱坊主の様なアリウム・ギンガチウムと名前の知らない花

Img_1607
Img_1617 そしてモネの愛した白いバラ、マーメイドに似ているサリーホームズ?とアザミに似た花。
Img_1581 Img_1585 最後は、過去にコンデジ撮影したものですが高さ50mの展望塔からの眺望です。
Conv0020
2.、3、4、6、7枚目の写真はソフトフィルターを使用しましたが、全てノーレタッチです。
下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ嬉しいです。 -315- 


にほんブログ村


.

2013年6月 2日 (日)

浜名湖ガーデンパーク(2)-季節を彩る花-

浜名湖ガーデンパーク、季節を彩る花シリーズ第二編です。
季節を彩る赤い花、ブラシノキと、この時期の主役とも言えるアジサイをパチリ。

Img_1645
Img_1641_2 広い公園内の移動には便利な遊覧船ガーデンクルーズが運行されています。前方に見えるのが高さ50mの展望台で、全て無料の施設ですがガーデンクルーズの乗船と展望塔への入場は有料です。

Img_0003 Img_1566 自分たちは幾つにも分かれた散策路を季節の花々を愛でつつ、パチリパチリと写しながら歩きました。
Img_1619 Img_1560

次回は第三編を予定しています。拙い写真ですが次編も御笑覧いただければ幸いです。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ嬉しいです。
 -314-


にほんブログ村




.

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »