2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« ネジ花 | トップページ | 万葉の森公園 »

2013年6月24日 (月)

バードウォッチング -三光鳥-

「梅雨の合間の晴れ」という言葉がピッタリの22(土)、何時もの里山へと朝から出かけてきました。目指す野鳥はサンコウチョウ(三光鳥)です。

今年は野鳥の数が少ないとベテランバードウォッチャーさんも言っておられますが、昨年に比べて野鳥にめぐり合う機会が少ないことも事実です。

遠くで声はすれども姿は見えずの状態でしたが漸く写程圏内に現れてくれた一羽の雄、この鳥は暗い森を好み、枝から枝へと瞬時に移り一ヶ所にじっとしていてくれません。

119a1293 119a1297 午前中に現れたのはこの一度だけ、持参の弁当で昼食を済ませた後、午後から二度目のご来訪でした。

119a1326 119a1319

長い尾羽に鮮やかなコバルト色の嘴とアイリングが鮮やかな雄のサンコウチョウを約1日、山中で粘って何とか撮る事が出来ました。
半袖では到底ガマン出来ない涼しい山中で新鮮な空気と渓流からタップリのマイナスイオン、時間の経つのを忘れる1日でもありました。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -328-  


にほんブログ村


.

« ネジ花 | トップページ | 万葉の森公園 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

サンコウチョウと言う鳥、都会ではまずお目にかかりません。
アイリングのブルーがなんとも云えないですね。
粘って粘って・・・解かります。
応援ポチッ!

あすか 様
今年になり何度も通った場所ですが、今までは全体を撮ったことがなかっただけにヤレヤレ・・・と言ったところです。
この鳥は暗い森の渓流のあるところを好み、街中で見ることは渡りの途中以外無理かもしれません。
柳の下のドジョウを狙って今日も出かけようと思っておりましたが朝から雨になりました。
ポチっと何時も有難うございます。

サンコウチョウ~尻尾も長くてカッコいい~
野鳥マニアにとってはたまらないでしょうね~(^^)

野鳥を撮るにはまず忍耐…私もこの事が最近やっと分かってきました。

応援ポチッ☆

カシオペア 様
サンコウチョウはこの時期、野鳥ファンに人気の鳥です。
雌は尻尾が短いので、尾羽の長い雄が人気です。
当日は雌は出てくれずオスばかりで、ラッキーでした。
ポチっと何時も有難うございます。

おはようございます。

三光鳥を撮るのに大変な努力が必要なんですね、
朝から晩まで待ってシャッターチャンスが2回ですか、
なかなか待ちきれるものではありません。
可愛いきれいな写真撮れましたね、これなら、苦労も
忘れてしまいますね。

応援ポチ

サンコウチョウに会えるところがあるのですね~

ワクワクドキドキの時間でしょうね。
こんなに綺麗な鳥さんに会えて良いですね~
尻尾といいアイリングのブルーが素敵ですね。

里山コウ 様
サンコウチョウは二回だけ、その間にキビタキやキツツキのコゲラ等も現れ、シャッターは押して何枚か撮りました。
しかし、目的はサンコウチョウなのでこの鳥のみ掲載した次第です。
ポチっと何時も有難うございます。

hirugao 様
鳴き声は時々聞こえるのですがなかなか写程内に姿を見せてくれないので、近くに来てくれたときにはワクワクドキドキです(笑)
動きがかなり早く、急いでレンズを向けピントを合わせ、後は連写です。
シャッターを押す前に移動してしまう場合もあり、とにかく夢中です。そして撮った写真をモニターで確認する。これがやはり面白いのかもしれませんね。

こんにちは。

サンコウチョウ。。かわいいですね。

小さな体に長い尾羽。。

邪魔にならないのかな??なんて思うのですが、

動きは素早いですね。

応援ぽち。

これはお見事なサンコウチョウの写真、おめでとうございます。
もうこれ以上欲張っちゃいけません。
一日中粘って粘って写された立派な写真とcountry walkerさんのご努力に感謝!感謝!です。

あとり 様
雄の尾羽は抱卵中は巣からはみ出しておりました。このシーンはウォッチャーも撮影を控え、巣から遠く離れて見守ることにしておりましたが、今日、雛たちの無事巣立ちを確認してきました。
秋までには長い尾羽もなくなり旅立つとのことです。

またまた北海道では見られない野鳥ですね。
うらやましぃ~~~(^_^;)

kumasan78 様
有難うございます。
そうですね~ 野鳥撮り1年生の自分としては満足の出来るショットになりました。
実は今日、このサンコウチョウの巣立ちのシーンを初めて見てきました。
里山へ通った甲斐があったと自分でも思っております。
これからは秋の渡りの季節まで鳥枯れのシーズンとなります。
寂しいことですが秋までガマンですね。

鳥見人 様
コメントを有難うございます。
サンコウチョウは北海道には居ないのですか!
恥ずかしながら今日の今日まで全く知りませんでした(汗)
日本列島、やはり広いのですね。

綺麗な鳥ですね
将来はやはり鳥類撮影にたどりつくんでしょうか

恐がりの自分は、山奥には入れないな〜

いつか実物を見てみたいです☆彡
応援ぽち☆

あまなつ 様
昨年からハマリ出した野鳥撮影ですが今は面白くてなりません。
危険な場所まで行くわけではありませんが現地に着けば誰か顔馴染みがいるので怖いことはないですよ。初めてのところにひとりでは心細いでしょうが。。。

たんぽぽ 様
街中では無理かもしれませんが、渡りの途中なら樹木の多い公園でも見られるかもしれませんよ。
ポチっと何時も有難うございます。

こんにちは。

今日の大阪はムシムシしたいやなお天気です。

午前中は、ベランダでうちのものと交換した、いろんな紫陽花を挿し木していました。

来年こそ、サンコウチョウのアイリングのように鮮やかな蒼い花を!!!!と意気込んでます。

応援ぽち。

粘った甲斐がありましたね~!

まさに「出るまで待とう サンコウチョウ」ですよ。

じっと森と同化して(?)サンコウチョウを待つcountry walkerさんが目に浮かぶようです!

もちろん ☆ ポチリ 

あとり 様
あじさいの挿し木による交配とはプロ並みの作業です。
挿し木の甲斐が出て来年度は「あとり」さんお好みの蒼い花が咲くと好いですね。
「あとり」さんの気持ちがあじさいに伝わり、必ず咲きますよ! 蒼い花のあじさいが。。。 

セロリさん  様
待った甲斐がありました。
待っている間、「セロリさん」の仰った「待つまで待とうサンコウチョウ」を思い出しましたよ。
その時、私の姿は森の枯れ木のひとつとして同化していたのかもしれません(笑)
ポチリと何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング -三光鳥-:

« ネジ花 | トップページ | 万葉の森公園 »