2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 浜名湖ガーデンパーク(3)-季節を彩る花- | トップページ | 豊橋市・賀茂しょうぶ園 »

2013年6月 6日 (木)

バードウォッチング -鳥枯れの季節-

此処のところ梅雨の中休みで、若葉が茂り森は初夏の装いですが、これからは探鳥にはあまり向いていない所謂「鳥枯れ」のシーズンとか。それでも近くの里山へと出かけてきました。

午後から半日粘って見ることが出来たのがオオルリの雌。近くに巣があるらしくせっせと餌を運んでいます。

119a0061_2 119a0073_2 そして漸く姿を現してくれた雄のオオルリ、雌は地味ですがあの幸せを運ぶ青い鳥とも呼ばれています。そしてキビタキ、でもキビタキはほんの一瞬でした。
Img_5882 Img_5370 少ない野鳥に場所を変えて移動中前方でゴソゴソ、急いでカメラを向けましたが私に気付いたのか「グェーッ」と一声唸ってから直ぐ逃げてしまった。葉っぱの影に顔が隠れてしまいよく分かりませんが短い足に大きな尻尾はタヌキ君?
タヌキは人を襲うことはありませんが猪ならば怖いですね。
Img_5385_2
野鳥は少なかったが、久々にタヌキらしき動物を見た。でも、イタチには時々出会います、この様な小動物なれば良いのですが猪や熊だけは御免蒙りたいものです。(6月3日)
※下の写真、タヌキらしき動物と書いてしまいましたが、知人のY氏からタヌキではなく「アナグマ」では?と連絡をいただきました。アナグマ、初めて見る動物です身近なところに知らない動物が棲息しているのですね。
「Yさん」、早々のご連絡を有難うございました。


下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -316-


にほんブログ村


.

« 浜名湖ガーデンパーク(3)-季節を彩る花- | トップページ | 豊橋市・賀茂しょうぶ園 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

都心でも確かに気温上昇のこのごろ
余り鳥の声も聞こえません。

狸!良く温泉地で狸の獲付けで毎晩訪問 何て話を
聴きますが、普通の林にもお出ましとは(笑)

応援ポチッ

おはようございます。

小鳥さんを見に里山のほうまで
出かけたのですね。
オオルリの雌は餌を咥えていますね、
雄はきれいな小鳥さんですね~。

狸は怖いことは無いし野生のまま
見てみたいものだな~

応援ポチ

あすか 様
最近、山に暮す動物や山奥にしか居なかった山蛭などが里山まで出没するようになってきました。
理由は色々とあるようですが、被害などもかなりのものとか。
タヌキぐらいならご愛嬌ですが、猪やクマは困ります。
応援を何時も有難うございます。

里山コウ 様
野鳥。今まで見ることが出来た公園でも最近ではサッパリ。
仕方なく足を延ばして里山まで出かけてきました。
それでもこれだけ撮っただけです(ウデの悪さもありますが)
イタチは時々見かけますがタヌキらしき動物は久々の対面でした。
応援を何時も有難うございます。

おはようございます。

オオルリオスもきれいですけど。。

メスはおめめがきれいですね。

たぬたぬ。。最近見かけなくなりました。

実家のある東大阪でも、中心地をちょっと離れればみられたんですけど。。

まさに“平成たぬきポンポコ”のようになってしまいました。

応援ぽち。

鳥も撮られるのですね~
鳥は忙しく動くので撮るのは難しそうですね。

オオルリの♂の綺麗なこと・・・見てみたいです。

タヌキなどが出てくるような場所は怖いですね~

オオルリのオス~綺麗な青色をしているんですね~初めて見ます(^^)
タヌキは私も一度だけ遭遇しました…でも私の顔を見たらすぐ逃げてしまって…
私は優しい顔をしているのに、おかしいですね(笑)

応援ポチッ☆

※ 明日のブログから下記URLに引っ越すので、宜しくお願いします。

http://blog.goo.ne.jp/m-taguchi-007

あとり 様
タヌキ君、2~3年前までは自宅地区の散歩道でも見かけたものですが、最近は流石に見ることはなくなりました。その代わりにイタチは時々見かけます。
ハクビシンも居るようですが未だ対面したことがありません。
やはり田舎ですね当地は。。
応援を何時も有難うございます。

hirugao 様
野鳥撮りは丸1年と1ヶ月、未だ未だヒヨコ程度のウデ前ですが面白いので時々出かけています。
仰るとおり動きが激しく、レンズがなかなか付いて行けないのが悩みのタネです。
もう少しウデをあげないと・・・分かってはいるのですが(笑)
応援を何時も有難うございます。

カシオペア 様
不具合が発生したと聞きましたが、湘南の風から海へと変身ですね、了解です。
オオルリの雌は何度も餌を運んでいるのですが雄がなかなか姿を現さず、心配していましたが漸く姿を見せてくれました。
本命のサンコウチョウは遠すぎて見ていただける様なシロモノではありませんでした。
応援を何時も有難うございます。

夏場は鳥も、どこかで涼んでいるのかもしれませんね。
時々、鳥の鳴き声を聞きますが、木々が青々としていて、見つけることができません。

エサをくわえたオオルリも、しっかり撮れていますね。
さすがです。

とほ娘 様
仰るとおり気温の上昇と共に、渡ってきた夏鳥たちは涼しさを求めて? 山深く行ってしまったのかもしれません。
たまに居ても木々の葉が茂り声はすれども姿は見えず・・・状態です。
プラスウデの悪さもあり悪戦苦闘中です(笑)
明日は天気になれば再度チャレンジに行ってきます。

やはり少しだけそちらの季節が早いようですね。
北海道も7月にはいると野鳥が見つけづらい、さえずらない、蚊は寄ってくる・・・と厳しい季節になります。
その間だけウォーキングに専念できればいいのですが、暑さが苦手な私にはそっちも辛いです(^_^;)

オオルリ  綺麗な色彩ですね

小鳥さんが餌を咥えてきっと巣の
子どもに持っていくのでしょうね。

我が家の燕さんぜひかえってほしいです。
今朝は少し寒いようです。

おはようございます。
オオルリやキビタキに会えて良かったですね。
粘った分のご褒美でしょう!!
今年はまだオオルリの写真が撮れてないので羨ましいですよ。
狸やイタチはこちらの里山でもときどき見かけます。
案外適応力はあるようですね。

おはようございます。

我が家で作っている雀の餌場は、
寒い間は、雀が何十匹も来て大盛況
だったのですが、今の時期、あちこちに
食べ物が豊富にあり、我が家の庭の
餌場は、比較的かんさんとしています。

応援ポチ

鳥枯れのシーズンとはいえ、沢山の種類の鳥の撮影ができましたね。
半日ねばった甲斐がありましたね。
オオルリは雄のほうがキレイな色なんですね。
幸せの青い鳥。朝から見ることができて、今日はラッキーな一日になりそうです。
アナグマは初めて拝見しましたが、遠目に見えればかわいいですが、
近くにきたら怖いかもしれません。

鳥見人 様
コメントを有難うございます。
やはりこれからは鳥が見づらくなる季節の様ですね。
仰るとおりやぶ蚊や、目の前をうるさく付きまとう不快昆虫なども出てきます。
カメラを入れるリュックには電動蚊取りマットを入れて出かけますがひとつでは役にたたないことも・・・
あまり寒い時も困りますが 夏もね~ 

あまなつ 様
鳥はメスより雄の方が美しいものが多いのですが、このオオルリも雌は地味ですが雄は断然綺麗です。

hirugao 様
オオルリの雌は昆虫やクモなどをせっせと近くにあるらしい巣へと運んでおりました。
巣を確認しようと思いましたが、警戒して巣放棄の可能性もあるのでそっとそのままにして探さないことに決めました。雛が無事巣立ってくれることを願っております。
「hirugao」さんのお宅のツバメも、皆んな孵化して育ってくれると好いですね。

ソングバード 様
以前出会った鳥撮りベテランカメラマン氏に「野鳥撮りは粘ったものが勝つ」、その言葉を思い出し粘りました。
大先輩の「ソングバード」さんが今年は未だ見ていないオオルリが見れただけでも粘った甲斐がありました(笑) でもサンコウチョウは居るのですが遠すぎていまだ写真にはなりません。

フルサイズに魅せられてついに5DMarkⅢをレンズセットで買ってしまいました。知人がこれを買い、今までは1Dのみだった機能、456に1.4倍テレコンを付けても中央一点ですがAFが効くこと、ISOが10.000まで常用OKの話を聞きガマンできなくなりついに・・・です。
連写機能が6コマと、7Dより遅いですが写りの威力はかなりのものです。456に×1.4でF8になりますがISO感度を上げて対応しています。
早くサンコウチョウを大きく撮って見たいものです。これでレンズ、カメラ沼から完全に脱出です(笑)

里山コウ 様
スズメちゃん達もしっかりしていますね。
餌の少ない冬場には「里山」邸に集まり、餌が豊富なこの時期には閑散としている(笑)
でも、スズメを始め、野鳥たちが見られる環境って素晴しいことですね。
応援を何時も有難うございます。

walkerZ 様
はい。諦めて帰ろうかな・・・と思いましたが一人残って粘った甲斐がありました。
里山とはいえ、麓から1kmぐらい緩い傾斜道を入るので、皆が帰ってしまい一人だけになると若干心細くはなりますよ(笑)
タヌキだと思っていたところアナグマとのこと、逃げてくれたので良かったですが、たった1人のところへ向かって来られたらやはり怖いでしょうね。

オオルリの雄・・・本当に綺麗です!
肉眼で一度見たことがありますが、写真はもちろん撮れませんでした。

今頃の時期 葉山町の森戸川源流にオオルリやサンコウチョウの姿を
求めて粘り強く待つ人(三脚を据えて)が多くおられます。
私共はハイキングでしたが、カメラマンさんの合言葉・・・?

<出ないなら 出るまで待とう サンコウチョウ>・・・country walkerさんなら
この気持ちわかるでしょうね。

セロリさん 様
当日の大本命は勿論サンコウチョウでした。
サンコウチョウは居るのですが本年は数が少なく声はすれども姿は見せず、或いは見えても豆粒ほどで写真にならず・・・この繰り返しです。
>出るまで待とう サンコウチョウ
分かりますね~ このコトバが。。。
自分もこの言葉を信じて待っているのですが果して。
今日もまた、サンコウチョウを求めて午後から出かけてきます。
ブログに載せられる日が来るのか(笑)

こんにちは。

オカメインコってすごく甘えんぼで、部屋ではなしていても、

どこでもくっついて付いてきますけど。。

野生の子ってそういうわけにはいかないですものね。。

探されるのも、撮影されるのも、たいへんです。

応援ぽち。

あとり 様
オカメインコ、本当に可愛いですね。
オーストラリアでは野生のものが群生しているとか。群生しているところは賑やかく壮観でしょうね。
野生の鳥は動きが早く、じっとしていないのでシロートカメラマンである自分にはなかなか大変です。
それでも何とか撮れたときの嬉しさは格別です。
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング -鳥枯れの季節-:

« 浜名湖ガーデンパーク(3)-季節を彩る花- | トップページ | 豊橋市・賀茂しょうぶ園 »