2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 雨の庭と鉢植えのバラ | トップページ | 千框(せんかまち)棚田 »

2013年6月29日 (土)

巣立ち -サンコウチョウ-

何時も行く里山へサンコウチョウを見に行ってきた。
5月下旬サンコウチョウの巣を見つけ、1日には抱卵を確認、雨のない日には隔日くらいで様子を見に出かけておりました。
少し前、巣の中で孵化した4羽の雛も確認していましたが、此処に集まる愛鳥家や同好カメラマンたちで巣立ちまでは巣に近寄らない、巣立ちまで温かく見守ろうと、抱卵からの過程は写真にも殆ど撮っておりません。大勢のカメラマンが殺到し、鳥が巣を放棄した例も多いとか・・・巣のことはブログへ書くことも控えておりました。

昼前までかなり降っていた雨も上がり、雛たちはどうしたかな?と、昼から出かけたところ既に巣立ちしたのか巣は蛻の殻です。慌てて周囲を見回したところ巣から近くの枝に2羽、そして反対側の枝に2羽の雛鳥が確認できた。

未だ餌を捕ることは出来ず、枝の絡まった比較的見難い場所でじっと身動きもせず親鳥が運ぶ餌を待っている。親鳥が来ると羽根を盛んに動かすので確認できたが動かなければ見つけることは不可能です、これもカラス等の敵から身を守る本能的な所作かもしれません。

119a1544119a1555 お父さん鳥やお母さん鳥がせっせと子供たちに餌を運んでいます、尻尾の短い鳥が雌です。

119a1676 119a1695 滅多に見ることが出来ないシーンを見ることが出来たのは本当に幸運の一言です。上の写真はお母さん鳥で下の尾羽の長いカッコいいのがお父さん鳥です。

119a1620_2 

当日は雨上がりで、足元が悪い上に沢の増水が予想された為か、現場に居たのは自分のほか2組のご夫婦だけ。山道は歩き難かったが増水は無し、普通の長靴でOKでした。

野鳥を撮り始めて2年目、新米カメラマンの自分が巣立ちを確認することが出来たのは幸運であり、本当に嬉しかったです。
翌日も出かけましたが何処かへ飛び去ったのか終日粘りましたが影も形も見ることが出来ませんでした。4羽の雛鳥たちが無事成長してくれることを祈るばかりです。

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -331- 


にほんブログ村


.

« 雨の庭と鉢植えのバラ | トップページ | 千框(せんかまち)棚田 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

どんなことにもマナーや暗黙のルールがあります。
鳥愛好家たちの優しい愛情がにじみ出ています。
貴重な写真ありがとうございます。
応援ポチリ!

あすか 様
巣立ちまでは皆で暖かくみ守ろう・・・これが好かったのか、とにかく4羽皆巣立ちました。
後は無事成鳥となってまた来年この地に帰ってくれることを祈るばかりです。
今回は本当に良い体験が出来ました。
ポチリと何時も有難うございます。

おはようございます。

大変お疲れ様でした。
サンコウチョウを撮るだけでも大変なのに
巣立ちの場面、子供が大きく口を開いて
食べ物をねだり、親鳥が、口に運ぶ。
とても貴重な巣立ちの写真だと思います。
朝から感激しました。

応援ポチ

サンコウチョウの雛が親から食べ物を貰うシーン…貴重なショットですね。
早く一人前に育って欲しいものです。
お父さんもカッコいいですね~私といい勝負かも知れません…(笑)

応援ポチッ☆

里山コウ 様
親鳥が雛に餌を運ぶシーン。
ツバメやスズメの同様のシーンは何度も見ていますがサンコウチョウは勿論初めて。
貴重なシーンを見ることが出来た特別の日になりました。
ポチリと何時も有難うございます。

カシオペア 様
カッコいいお父さん、まさに私のイメージする「カシオペア」さんそのものです。
無事に成鳥できれば万々歳なのですが。
ポチリと何時も有難うございます。

サンコウチョウ、本当に美しい鳥ですね。
人の力を借りずに
力強く生きている姿に
とても感動しました!。
素晴らしい写真をありがとうございます。

country walkerさん、お仲間のカメラマンのみなさんの
鳥たちに対する暖かい対応にも感動です。

かわいいですね。

ひな鳥。。。

うちのるりにもこんなときがあったのか???

いやいや。。なかなか刺し餌がやめられない甘えんぼさんした。

7歳でも巣立ちしませんよ^^;。

応援ぽち。

くり 様
抱卵中や孵化してからも巣の中を見たかったのですが、双眼鏡でチラッと覗くだけでした。
でも4羽揃って巣立ち出来たのがなんと言っても嬉しかったです。
秋の渡りまでに立派な成鳥となり、来年また来てくれたならば本望です。
今日、JRのウォーキングイベントで掛川の花鳥園へ行ってきました。
「くり」さんの好きなオオハシさんの居ましたよ。
鷹やフクロウのバードショーも感激でした。ウォーキングなので持参したのはコンデジ、ピントの追従や連写機能が甘く、一眼を持ってもう一度行ってみたいです。

あとり 様
野生の生き物の成長の早さに驚くばかりです。
当日ご一緒したカメラマン夫妻は、前日(日曜日)雛たちは巣の中で羽根を盛んに動かしていたが依然巣に中に居るのを確認したそうです。
それが月曜日には巣を出て、火曜日には何処かへ飛び去ってしまうとは。。
秋には海の向こうへと旅立つ・・・凄いスピードですね。
今日掛川の花鳥園で沢山のインコを見てきました。種類は分かりませんが肩に留まったり頭の上にまで留まられました。可愛いですね~ 鳥さんたちは。
ポチリと何時も有難うございます。

サンコウチョウの巣立ちを見ることが出来てよかったですね。
親鳥も子供たちが無事に育って巣立つことが出来る様に頑張っていたことでしょうし、カメラマンたちも温かく見守っていったことで、子供たちは無事に飛び立っていったことでしょう。

昨日、7月の月例会の下見で久しぶりに鳥の鳴き声を聞きました。
近くに居ながら鳥の姿を見ることが出来ず、残念。
いつか鳥にお目にかかった時には、まずは撮影してみようと思っています。
明日は久しぶりに団体歩行で歩いてきます。

珍しいうえに貴重な写真の数々をご披露いただき有難うございます。
殊勲甲のお手柄の上に「大」が付きますね。

のりちゃん 様
初めて見たサンコウチョウの巣立ちの風景、鳥撮り2年生の自分としては幸運でした。
これも巣近くへせっせと出かけ、ベテランの皆さん方に色々と教えて頂いた結果です。
自分もいまだ鳥の鳴き声で鳥の種類を聞き分けるまでには到底いたっておりません。未だ未だ修行が足らないのが現実です。
本日はJRのウォークイベントに夫婦で参加してきました、日差しが強く顔などが日に焼けてしまいました。

kumasan78  様
自分は初めての体験ですっかり興奮しておりますが、永年野鳥に親しんできたベテラン氏から見れば「なーんだ」で終わることかもしれません。
でも自分では好い経験が出来たと喜んでおります。

こんばんは。
正解ですね。
最近はマナーを守らない輩が増えて、子育てを放棄するケースが増えてます。
巣の中を覗いたり、ストロボを炊いたり、自分さえよければ、という人が増えて困ってます。
携帯やネットの普及で、情報があっという間に広がり、どっと人が押し寄せて、地域の人たちとトラブルことも度々。
餌付けもそのひとつですが、それぞれが自覚を持ちたいものですね。

ソングバード 様
此処は公園ではなく所謂里山であり、訪れるメンバーも大体決まっており、皆さんマナーを順守したことが良い結果になったのかもしれません。
雛たちも巣立ち、親鳥の姿が見えなくなってしまった現在、メインとなる野鳥が居なくなって寂しいかぎりです。黒ツグミが盛んに鳴いているのですがホトトギスやウグイス同様姿が見えないのでどうしても撮ることができません。
ウグイスは昨年撮りましたがホトトギスとクロツグミどちらか撮って見たいです。でも無理ですかね~

サンコウチョウの巣を見つけても、写真を控え、ブログ掲載も差し控えた
というその配慮が立派です。さすがcountry walkerさん。
赤ちゃん雛かわいいですね。
また、一方で、とっても貴重な写真を拝見させていただきました。
実物を真近にご覧になられたなんて、なんて羨ましいことでしょう。

walkerZ 様
キャリアの長いカメラマンや、バードウォッチャーさんならば何度も見ておられるかもしれませんが初めての体験で嬉しかったです。
自分の様なキャリアの浅いカメラマンでも今ではレンズやカメラの性能が良いのでこの様な高い樹の上のシーンでも写真に収められるのかもしれませんね。

鳥の成長の様子、誰もが皆興味があることですが
写真に残しておきたいという気持ちが人一番大きいカメラマンが
鳥たちのために温かく見守るということはとても勇気のいることだと思います。
こんな素敵はお話を聞いて、朝から良い気分になりました。
有難うございます。

ジャランこ 様
巣はかなり高いところにありましたが、双眼鏡で覗けば親がせっせと餌を運び雛に与えている場面も見られました。しかし、カメラのレンズは大きいので反射の影響を考慮、皆で温かく見守ろう・・・で協力してきました。
本当は1枚ぐらい撮りたかったのですが。それでもこうして巣立った場面を見ることが出来たので良しとしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巣立ち -サンコウチョウ-:

« 雨の庭と鉢植えのバラ | トップページ | 千框(せんかまち)棚田 »