2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 青鷺 | トップページ | JRさわやかウォーキング -新緑の豊橋自然歩道と「葦毛湿原」を歩く »

2013年5月21日 (火)

カワセミの親子

浜松市西部に位置する佐鳴湖で巣立ち間近のカワセミが見られるとの情報を得て出かけてきました。
カワセミ、通常では単独行動が殆どであり、複数のカワセミが同時に見られるのはペアリングから子育て中だけとか。
二羽揃ってのシーンは見たことはありますが幼鳥を含めたカワセミ一家の姿は野鳥撮影歴が漸く2年目の自分はまだ見たことがありません。

ポイントには既に大砲レンズ持参のカメラマンが数人三脚を立てている。挨拶をして仲間に加えていただき前方見れば居る居る6羽のカワセミの親子が。。。
Img_5003 Img_5348繁みに隠れていた幼鳥たちは親の鳴き声が聞こえると一斉に飛び出して餌をねだる。親鳥は直ぐには餌となる小魚を与えず自分で捕るように教えている最中です。幼鳥たちはなかなか貰えない獲物に騒ぎ立てていますが、諦めて水中へとダイビングを繰り返しています。
Img_5200 Img_4365 幼鳥たちは親鳥の教えに従い、盛んに水面へのジャンプを繰り返すが未だ獲物を捕ることは出来ず、木の葉や小さな枝を咥えてはハンティングの練習をしています。

近くではカルガモの親子が水面を行ったり来たり・・・こちらでも生きてゆく為の必要なことなど親が雛鳥たちに教えているのかもしれません。親鳥の後を一生懸命に付いて行く雛たちの仕草は実に可愛いものです。カラスを初め諸々の外敵から身を守り、この中で何羽が無事に生き残って行くのでしょうか・・・
Img_5221 Img_5139 下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -308- 


にほんブログ村



.

« 青鷺 | トップページ | JRさわやかウォーキング -新緑の豊橋自然歩道と「葦毛湿原」を歩く »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

今日の写真はカワセミが沢山で何とも贅沢ですね~(^^)v
子供のカワセミ、早く自分で餌を獲れるようになると良いですね。

ところで私は未だにカワセミが撮れず…どうやら忍耐が足りないようです^_^;

応援ポチッ☆

おはようございます。

これはまた、今日も素晴らしい写真。
目を見張りました。
今までも、カワセミの写真は見たことが
有りますが、6匹の家族の写真、
貴重なものだと思います。

カルガモの親子も微笑ましいです。

応援ポチ

カシオペア 様
おはようございます。早々のコメントを有難うございます。
カワセミは、現在子育て中が多いので見られるチャンスは大かもしれません。
カメラマンが多く待機しているところでは見られる確率が高いかもしれませんよ。
応援何時も有難うございます。

里山コウ 様
おはようございます。何時も早いコメントに感謝感謝です。
自分の写真歴はそこそこありますが、野鳥撮りは昨年の5月からと短いのです。
カワセミも二羽同時に見たことがありましたが、一度でこんなに沢山見たのは初めてです。
親鳥が幼鳥に一生懸命指導している姿が面白く見入ってしまいました。
応援何時も有難うございます。

おはようございます。あとりです♪
親子の姿かわいいです。^^;♪。
がんばって、生き延びていってほしいですね。
Windows8ですが。。。
まだまだ???なことも多いので、
てんてこ舞いです。
今日はこれで失礼します。
全ぽち(≧∇≦)。

あとり 様
おはようございます。何時も早いコメントを有難うございます。
Windows8、新しい故のご苦労ですね、前にも書きましたがテレビや車と違いパソコンの新品は苦労のタネです(笑)
「あとり」さんはお若いので順応能力が優れており、直ぐに使いこなすことができますが、自分ぐらいの年代になると新しいPCには手を焼くを通り越して大苦労です。
応援を何時も有難うございます。

集団では見られないカワセミの珍しい行動を
また見ることが出来ありがとうございます。
どんな世界でも子育てには結構厳しい世界がありますね。

先ほど掛かり付けの整形病院へ行って来ました。
「痛みが無い時は極力歩いてください」と云われました。(笑)

応援ポチリ!

あすか 様
「痛みが無い時は極力歩いて・・・」
私が狭窄症になった時、最初に行った整形外科医は腰のレントゲン写真を見て「治る見込みはない、したがって治療方法もありません」でした。
藁にもすがる気持ちで行った先の東洋医学系の整骨院でも「あすか」さんのかかりつけの医師と同じで「痛くないときはせっせと歩いてください」でした。その時は痛くて到底歩くことが出来ませんでしたが。。
鉢とマッサージ療法で何とか回復してきましたが、やはり腰に爆弾を抱えているようなものです(笑)
要は歩いて腰骨を支える周りの筋肉を落とさないようにすることなのでしょうね。
入浴時の腰周辺のストレッチは毎日欠かしたことがありません。あの痛みは懲り懲りですから・・・
応援を何時も有難うございます。

これほど素晴らしい写真を見たことがありません。一枚の写真のなかに6羽のカワセミが写っているなんて夢みたいです。

kumasan78 様
野鳥撮影を始めて2年目、自分もカワセミ親子を目の当たりにしたのは初めてでした。
生きていく為の必要なことを幼鳥に繰り返し教えて行く。
自然界を生き抜く野生の生き物たちの生態は興味津々でした。

珍しい貴重な瞬間の写真、見事ですね。
なかなか、普段では見られない様子だと思います。
それにしてもカワセミは鮮やかな美しい羽色ですね。
カルガモの親子もほほえましいです。

たかchan 様
野鳥を撮ることに興味が湧いて2年目。
此処にUPした写真は全て今回自分が初めて見たシーンです。
親鳥が幼鳥に餌捕りを教えている様子がレンズ越しに良く分かりました。
間もなく幼鳥は親から突き放されて単独で生きていくとか、自然界での厳しさを垣間見ることが出来ました。

こんばんは。
子育てのシーンに出会えてよかったですね。
バックがうるさいのによくピントも合って素敵です。
最近はカワセミもあまりやってなかったので、久しぶりに新鮮な気分で拝見できました。

カワセミの家族写真 大変珍しいのではないでしょうか
すばらしい

ソングバード 様
今まで三羽以上居るところを撮ったことがない自分にとっては子育て中のカワセミは初めて見る世界でした。
野鳥撮りの大先輩に褒められて嬉しいです。
背景にピントが行かないようにそればかりを祈って撮りました。
456のAFの速さは素晴しいですね。

あまなつ 様
カワセミの家族写真、私も初めてです。
この時期にしか見られないのでしょうが丁度良い機会に恵まれました。
ラッキーですね。でも本当に嬉しかったです。

おはようございます。

カワセミの写真は色々の方が
撮影していらっしゃいますが、
一度にカワセミ家族が5匹、6匹
写っているのは、なかなかないですね。

応援ポチ

おはようございます。あとりです♪

カワセミはきれいですね。^^;♪。

親子の姿はなかなかみられないので。。

みているとなんかウキウキしてきますよ。

そのウキウキつながりというわけではないんですが。。

今日はSMAP関係でおでかけします♪P(≧∇≦)qいえぃ♪。

とりいそぎ全ぽちです。

里山コウ 様
自分も野鳥撮影は2年目、駆け出しのシロートです。
カワセミの家族も初めてですし、6羽揃ったところも勿論初めて。。。
貴重なショットが撮れて自分でも喜んでおります。
応援何時も有難うございます。

あとり 様
「あとり」さんのウキウキはSMAP関係なのですね。
気持ちがウキウキするような催し、毎日の生活に必要ですね。
生きがいと言うのでしょうか、目的があるって好い事ですね~
応援を何時も有難うございます。

カワセミが親子で6羽揃っての写真・・・しかも子育てのシーンだなんて!
とっても可愛いな~!!

このブログを拝見している私まで無事育ってほしいと
祈らずにはいられません。

もちろん ☆ ポチリ 

セロリさん 様
カワセミの親子、少し離れているのでレンズ越しの世界となりますがNHK「ダーウィンがきた」で紹介される子育ての状況と全く同じでした。
間もなく幼鳥たちは巣立っていくものと思われます。明日もう一度様子を見に行ってきます。
生まれてから直ぐに歩きだす牛や鹿同様、野生の生き物の成長はきわめて早いので、巣立ってしまったかもしれませんが。。。
応援を何時も有難うございます(お陰さまで随分とポイントが増えてきました)

昨日はコメントありがとうございました。

懐かしい青春時代の地名が出てきて
思わずにっこリです。

ここは凄いところなんですね~
カワセミこんなにたくさん見たのははじめてです。

hirugao 様
此処ではカワセミをよく見かけますが一度にこれほどは自分も初めてです。
昨日もこの場所へ行ってきましたが確認出来たのは二羽だけ、
其々巣立ちして飛び去ってしまったみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワセミの親子:

« 青鷺 | トップページ | JRさわやかウォーキング -新緑の豊橋自然歩道と「葦毛湿原」を歩く »