2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« カワセミの親子(2) | トップページ | トンボ歩こう会 磐田原お茶の里ウォーク »

2013年5月29日 (水)

浜名湖ガーデンパーク(1)モネの庭

新聞紙上に浜名湖ガーデンパーク内、花の美術館(旧名モネの庭)にあるバラのアーチの通り抜けが期間限定で通行可能の記事を読み夫婦で出かけてきました。

浜名湖湖岸の県立公園「浜名湖ガーデンパーク」、
過去にも何度か紹介しておりますが資料によれば
総面積56h、高さ50mの展望台をはじめ、花と緑が織り成す彩の空間「花の美術館」や東西に伸びる水路を運行する「遊覧船クルーズ」など、20以上の施設があります。
入場無料、駐車場も無料、駐車場には1.800台の駐車が可能です。広大な敷地内は3つのゾーンに別れ誰でも楽しめる県立の公園です。


今日からシリーズとして3回に分けてご紹介。
今回は公園最深部にある里のエリア「花の美術館」(旧名モネの庭)です。同公園HP資料には
印象派の画家クロード・モネが、フランス・ジヴェルニーに造った庭を、モネ生前当時の姿を模したものとして、2004年に開催された浜名湖花博のときに造られました。美術館の庭は、「花の庭」と「水の庭」という2つのコンセプトで構成。
「花の庭」では、春から秋の間、チューリップ、バラ、ひまわり、コスモスなど多様な花々が楽しめ、「水の庭」では、春から夏にかけて、スイレンの花を見ることができます。

P1010472
P1010485

通常では通行不可であるモネの館前のバラのアーチの通り抜けが報道どおり可能でした。池にはスイレンも。

P1010460
P1010452
モネが最も愛したと伝えられている琥珀色に近いクリーム色のバラ、「マーメイド」。モネさんこの花が一番好きだったのですね~ この花は比較的花期の長い蔓バラと説明されておりました(下写真)
そして赤いバラに蜜を求めて飛び交うミツバチ君もパチリ。

P1010478
P1010502
下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -312-


にほんブログ村


.

« カワセミの親子(2) | トップページ | トンボ歩こう会 磐田原お茶の里ウォーク »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

今日の1枚目の薄いピンクの色が一部分入った
建物、これは美術館になっているのですか。
その前の薔薇庭園がありますね。

これと似た建物が家から車で10分位の所にあって
そこは我々はスイーツのお城と呼んでいます。
その建物の前は、そんなに広くはありませんが
薔薇庭園でモネの庭という看板がついています。
今度薔薇が咲いているうちにブログに掲載して
見ます。

応援ポチ

まるでモネの絵の中に自分がいるような
錯覚さえ覚えます。
水面に浮かぶ睡蓮やバラのアーチなど
一日いても飽きがこないのでは。
応援ポチリ!

モネの絵を求めていろんな美術館に行きました。

そうでしたね~豊橋ではなく浜名湖なんですね。
行ってみたいな~
モネの庭はいつも見られるわけではないのですね。

スイレンは熱帯性のようですね。

里山コウ 様
庭の名称が花の美術館となっているだけで、この建物が美術館ではありません。
当初は「モネの庭」でしたがモネ財団と名称の使用料について折り合いが付かず「花の美術館」の名前に変りました。でも入場者はモネの庭と呼んでおります。
この建物はモネが住んでいた建物を再現したものです。
お近くのスイーツのお城、建物の主がモネさんのファンなのかも・・・
応援を何時も有難うございます。

あすか 様
入場料・駐車場全て無料なので貧乏人の自分たちには実にありがたい施設です。
敷地内が広大なので万歩計も7000歩を超えるときもザラです。
カメラを持って弁当にお茶持参でウォーキングを兼ねてゆっくり過ごすことが出来ます。
応援を何時も有難うございます。

hirugao 様
モネの絵がお好きなのですね。
自分は絵は分かりませんが、印象派と呼ばれる画家の絵は好きです。
豊橋の美術館も収蔵美術品で知られている様ですが此処は浜名湖畔の公園です。
モネの庭、火曜日の午後以外は年中見ることが可能です。ただモネの館前のバラのアーチの下だけはバラの根元の保護の為に通常は通ることが出来ません。
この日はパレット状の板を敷きその上を通ることができました。
このスイレンは熱帯性ですか? ボランティアさんの説明によれば最盛期には17種のスイレンが咲くそうです。

こんにちは。

モネ&ドビュッシーはあとりにとって、ねむねむアイテムです。

きれいで、こころやすらかになります。

お昼寝したくなるようなかんじですね。

応援ぽち。

建物もヨーロッパ風でオシャレですね~今にもモネが現れそう~(^^)
そしてバラのアーチもオシャレ~バラの園の入り口と言った感じがします。
この様な所でコーヒータイムも良いですね(^^♪

応援ポチッ☆

あとり 様
絵はモネ、音楽はドビュッシーがお好みなのですね。
ドビュッシーと言えば「月の光」でしょうか・・・
ピアノ曲、好いですね~ 自分はショパンが大好きですがリストのラ・カンパネラ、
モーツアルトやチィコフスキーのピアノ曲も・・・ピアノ曲って好いですね~
応援何時も有難うございます。

カシオペア 様
何でもモネ生前当時の姿と同じ寸法で使ったとか。
池に架かる太鼓橋も当初はバリアフリーに配慮して勾配を少なくしたところ
本場のモネ財団からクレームがつき、これも寸分違わない勾配に作り変えたと聞きました。
そんな訳で本物そっくりとのことです。
応援を何時も有難うございます。

そちらに住んで見たくなるほど美しいところですね。
ハスの花の赤い花びらが陽の光に映えてとても美しいです。

こんな素晴らしい場所が、入場も駐車場も無料なんて
びっくりです。
バラのアーチ、とても美しいですね。
本当に、モネの世界です。
こんな美しいお庭を見せてもらえて嬉しいです。
ポチッ!

モネの庭。本当に美しいですね。
こんな素晴らしい公園が、入園料無料なんて本当に良いですね。
バラの季節、庭園は見事です。
2枚目の写真、モネの睡蓮の絵のようですね。
本当にモネを意識して造園されたのが分かります。

kumasan78 様
池のスイレンは、未だ種類も数も少ないのですがこれからが見頃となります。
公園のHPを見て、花の開花情報を確認してから来月位にもう一度訪れてみるつもりです。

ジャランこ 様
そうなんです、入場料も駐車料金も全て無料で花を楽しむことが出来る実にありがたいところです。
弁当持参で約1日、パチパチ写真を撮りながらのんびり過ごせる私のお気に入りの公園です。
応援を有難うございます。

walkerZ 様
モネの生前の館と庭園をそっくり再現したとのことです。
花の種類や花の色も館に近いところは比較的濃い色で目線が遠くなるところは薄い色の花を配植、、、
これもモネさんの好みだったそうです。
ただ館の内部には入ることができません。

なぜだかモネの睡蓮の絵が気になりいろんなチエックして
見て回りました。

実家帰った時にでもと思っても最近では法事が多く
遊びの時間がなかなか取れませんでした。

豊橋は懐かしい学生時代の町です。
市電に乗って見て回りたい気持ちです。

おはようございます。

私の家から車で10分くらいのところのスイーツのお城の
建物と付属のバラ庭園「モネの散歩道」を撮りに行って
見ましたが、昨日は土砂降りになって、残念ながら
中止して帰ってきました。
モネの散歩道と書いてある大きな看板があったのですが
無くなっていました。

応援ポチ

おはようございます。

梅雨入りでじめじめしていますね。

嫌なお天気ですが今日は半日徘徊?する予定です。

どうしても出かけないといけないので、

ついでにいろいろ回ってきます。

嫌な気候ですので、体調気を付けましょうね。

応援ぽち。

hirugao 様
「hirugao」さんにとって豊橋は第二のふる里なのでしょうね。
比較的近いところの町なのにあまり縁がなく
憧れの市電も今月初めて乗車した程度です。
市電が走り、城跡がある街、豊橋は良い所ですね~

里山コウ 様
スイーツのお城、早速お出かけになられたのですね。
浜名湖ガーデンパーク、モネの庭も名称の使用料が5年ごとに10万ユーロ(約1200万円)などを要求していたため、今では花の美術館と名称を変えたとのことです。
スイーツのお城もモネの庭と書くだけでモネ財団から使用料を請求されたのかな?
応援を何時も有難うございます。

あとり 様
昨日は午後からかなりの雨、今日も朝から降ったり止んだりの梅雨らしい?天候です。
昨日は歩くことが出来なかったので今日は小雨の中、日課のウォーキングを歩いてきました。
気温はそれほど高くはないのですが汗びっしょりになりました。
応援を何時も有難うございます。

花もステキですが、後ろの背景で薔薇がより一層引き立つように
感じるのは私だけでしょうか・・・?

保護をしながら、住民に楽しませてくれるなんて粋な計らいですよね。
しかも無料でとは・・・。
小雨で外出を控えている私は、ゆったりとバラの花とスイレンを鑑賞させて頂きました。
美術館で購入したモネの絵はがきをもう一度眺めたりしています。eyehappy01

セロリさん 様
抽象とか前衛的な絵画は全く分かりませんが印象派とか写実的な画家の絵は洋の東西に関わらず嫌いではありません。
我家の居間には新築祝いに戴いたルノアールの花を描いた複製額が掲げてありますが35年経った今でも飽きることがありません。
池のスイレンがこれから見頃になると聞きました、来月に入ったならばもう一度スイレンを見に行きたいと思っております。
やはり自分は絵画より写真の方が好きなようです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/51795901

この記事へのトラックバック一覧です: 浜名湖ガーデンパーク(1)モネの庭:

« カワセミの親子(2) | トップページ | トンボ歩こう会 磐田原お茶の里ウォーク »