2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« JRさわやかウォーキング  -徳川家康と浜松城出世物語を歩こう- | トップページ | 熊野(ゆや)の長藤 -2- »

2013年4月24日 (水)

熊野(ゆや)の長藤

磐田市豊田熊野記念公園で長藤まつりが開催されており、フジが見頃との新聞記事を見て出かけてきました。
熊野(ゆや)の長藤平家物語に登場する熊野御前お手植えのフジとして樹齢約800年、国の天然記念物に指定されています。花の房は長さが1メートル以上になり、一昨年は最長に延びた花房に1.7メートルと書かれたリボンが付けられていました。(熊野御前についてリンク先の、拙HP中段付近をご覧いただければ幸いです)

Img_1252 Img_1289 花はほぼ満開と言ってよいでしょうか、馥郁たる芳香が園内一面に漂っておりました。花房の長さが平均して例年より若干短い様にも思えましたが。
Img_1320 Img_1321
下写真1枚目が樹齢約800年の国の天然記念物に指定されている熊野長藤です。後方の格子内に熊野と母親のお墓があります。
Img_1276 Img_1359 Img_1255

今月28日にはJR東海が主催のさわやかウォーキングが長藤をメイン目的地として開催され、参加予定をしておりますが今年の花の開花は早い、遅くならない内にと行ってきました。
※全ての写真はクリックで拡大されます。


下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックをしていただければ幸いです。 -293-  


にほんブログ村

.

« JRさわやかウォーキング  -徳川家康と浜松城出世物語を歩こう- | トップページ | 熊野(ゆや)の長藤 -2- »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

長藤 こんなにも長く成長するとは・・・
ハワイのレイを思わせる淡い藤色が青空に良く似合います。
歴史を感じさせられます。

応援ポチッ!

あすか 様
此処のフジは花房が長いこと、そして平家物語ゆかりのフジとして当地方では知られております。
今度の日曜日にウォークイベントで行くことになっていたのですが、それまでに見頃は過ぎてしまうのではと思い出かけてきました。
応援を何時も有難うございます。

本当に美しい熊野の長藤ですね!good

昨年も country walkerさんのブログで楽しませて頂きましたことを思い出しました。
当地でも毎年「藤ウオーク」として市内の藤棚を巡るウオーキングがあるのですが
今年は、花の時期を外してしまいそうです。

早目に、個人的に巡ろうと考えています。shoe
やはり青空の下の藤の花はとっても綺麗で画面からほのかに香るような
感じさえ致します。confident

見事な見事な藤の花、会津では見ることの出来ない見事さです!
茶畑の崩落にはびっくりしています。ウォーキングで行かれる時はお気をつけ下さい。

綺麗です!とってもとってもnotes
今日も母と2人で、盛り上がって見させて頂きました。
こんなに綺麗な藤の花が見れて、とっても得した気分ですnote

お礼はいつも応援ポチッとですけどbleah

これはお見事~見入ってしまいました。
中でもやはり熊野長藤でしょうか…
国の天然記念物に指定されているだけの事はありますね(^^)v

私も昨日は鎌倉で富士を撮りましたが、
これを見るとアップするかどうか、迷ってしまいます…^_^;

素晴らしい藤の写真、有難うございます。

応援ポチッ☆

セロリさん 様
昨年のブログを覚えて下さっていたとは・・・本当に有難うございます。
伊豆・河津桜の開花は随分遅れましたが、今年の花の開花は早めとなりましたね。
今週末に熊野長藤へのウォークイベントが予定されておりますがそれでは遅いように思い一足先に行ってきました。
800年の香りを存分に楽しんできました。週末には再度出かけてきますが、それまでどうでしょうか??

kumasan78  様
茶畑の崩落、先週その近くまで行ってまいりましたが浜松市内と言っても山間部で、普段は実に長閑な山あいの町です。
自然災害は何時何処で発生するのか分からず怖いことですね。
自分たちの住む海岸寄りでは津波が怖く、山間部ではこの様な被害もあり何処が安住の地か分からなくなってきます。

mahiru 様
お母様共々拙い写真で喜んでいただけたとは・・・
本当に有難うございます。
4月に入っても最近の降雪もあり、今年の春は随分と遅れたそちらですが、いよいよ春本番ですね。
ポチの件、毎日有難うございます。自分も絶対に欠かしてはおりませんよ。
これまで同様のスタイルでよろしくお願い致します。

カシオペア 様
フジ自体が見事であり、私の写真など「カシオペア」さんの写真に比べて遠く及びません。
フジの房が長いこと、肖像権が常に頭から離れず、人が多くその入れ方が難しく悩みましたが、説明写真と割り切って無難な方法として下からしゃがんで撮りました。
人が来ない早朝に行けば良いのかもしれませんが。。。
応援何時も有難うございます。

こんばんは。
見事なふじ棚ですね。
フジの花は今まで撮ったことないのですが、背景にだいぶ左右されそうで、難しそう!!
房の長さが1メートル以上!!!!
これがブドウだったら・・・・・・・・何人前でしょう????(笑)

今年も美しい長藤を見せていだいてありがとうございます。

薄紫色の花シャワーのようですね。

藤の花は撮影が難しいかと思われますが、いつもながらお上手に撮られていますね。

ソングバード 様
フジは色がなかなか難しく、花の色を忠実にと思えば全体が黒ずんでしまい、下から煽ればオーバー気味になってしまい自分の様なウデでは難しい花です。
マクロで花だけを撮ってしまえば良いかもしれませんが、房の長さが自慢の花なので・・・
反省点もあり、明日もう一度出かけてみたいと思っていますが、盛りを過ぎてしまったかな?

くーちゃん 様
「くーちゃん」さんも昨年のブログを覚えていて下さったのですね。
有難うございます。
仰るとおり藤の花は写真には難しく、いろいろと露出を変えては撮りましたが黒ずんでしまったり、明る過ぎたりと反省点ばかりです。
明日、もう一度出直してみますが、今日の雨風で花が少し気になります。

おはようございます。

樹齢800年の藤の房が一昨年1.7メートルとは
ス語としかいいよ無い見事な藤ですね。
この藤棚の下に行けば独特の香りも
楽しめますね。
大きさも、色も見事なものです。

応援ポチ

里山コウ 様
此処のフジは見事です。
熊野御前と母親が祀られたお寺が公園の一画にあり周囲が全て藤棚になっています。
今年は1メートル50センチを超えているものはない様に思いましたが、それでも見事なものでした。
何時も応援を有難うございます。

藤の花きれいですね。

幼稚園の時、藤組さんだったので。。

思い入れの強いお花なんですよ。

そうそう、雨の後。。今日は晴れ!。

連休も、たのしみですね。

応援ポチ。

あとり 様
「あとり」さんは凄いですね、幼稚園の組の名前まで覚えていらっしゃるとは。。
私など幼稚園の名前すら覚えておりませんよ(自慢にはならないですね)
当地も朝から青空の好天です。気持ちが好いですね~
連休はどう過ごそうかなと考えているところです。
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/51354335

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野(ゆや)の長藤:

« JRさわやかウォーキング  -徳川家康と浜松城出世物語を歩こう- | トップページ | 熊野(ゆや)の長藤 -2- »