2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« バードウォッチング -こまどり- | トップページ | 信州の山野草園 -1- »

2013年4月20日 (土)

バードウォッチング -美声です駒鳥-

前日(14日」)初めて見た駒鳥、日本三鳴鳥と言われるだけあってその鳴き声を聞いているだけでもウットリするほどです。鳴き声をもう一度、出来れば横向きになって鳴くところを写したくなって前日に続いての佐鳴湖畔を訪問しました。

今日もポイントには大砲レンズを据え付けたカメラマンがズラリ、昨日より僅かに少ない感じですが256人ほど三脚を立てています。顔見知りのカメラマン氏の横へ入れてもらい待つことに。

今日もポイントに出てあの爽やかな美声を聞かせてくれました。横向きの写真を撮れたところでポイントを離れ場所を移動(口を開けた背景の笹の茎が気になりますが)

駐車場近くには未だ居ましたヒレンジャクが3羽。30羽以上の群れが居たはずですが他の鳥たちは既に旅立ってしまったのかもしれません。
Img_6138 Img_6370ハイキングコースとして整備された湖西側の山の中腹を根川山方面へ。この根川山、頂上にある説明版によれば標高32m、静岡県で一番低い山とされていました。
途中で出会ったバードウォッチング中のご婦人、頭上にいる鳥を見て「センダイムシクイがいますよ・・・」見れば梢に数羽留まっている。急いで撮りましたが距離があり逆光のためあまりハッキリとは撮れませんでした。しかし、凄いですねこの女性、鳴き声で素早く双眼鏡を覗き、鳥の名前を確認するとは。。。野鳥1年生の自分とは大違い、未だお若い方でしたがかなりのベテランウォッチャーさんとお見受けしました。他には尻尾を上下に振ってビンズイらしき野鳥が梢に留まっていた。
Img_6383 Img_6417 湖に戻りお馴染みカワセミをパチリ。湖上には沢山好いた水鳥たちも皆旅立ち、僅かにオオバンとコガモを数羽見かけただけでした。
湖畔に咲くつつじとハナミズキも一緒にパチパチ。。。
Img_6392 Img_6450 Img_6471

※全ての写真はクリックで拡大されます。 

下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックをしていただければ幸いです。 -289-


にほんブログ村



.

« バードウォッチング -こまどり- | トップページ | 信州の山野草園 -1- »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こまどりの美声が聞こえるようです。(笑)
多種の鳥達の楽園も季節により変わって行き飽きがきません。
それぞれの趣味にも精通した人がいるものですね。

この日もこまどりに会えたんですね~そしてカワセミも居て…
私だと嬉しくて飛び上がってしまいます。

先日、私の写真仲間がカワセミを撮るのに6時間も待機したそうです…
こうなると忍耐との戦いですね(@_@)

応援ポチッ☆

おはようございます。

横向きのコマドリのさえずっている写真、
とてもさえずっている感じも良く撮れています。
苦労の甲斐がありましたね。
ヒレンジャクのきれいな姿もいいです。
コの日はセンダイムシクイ、ビンズイ、カワセミと
大収穫でしたね。

応援ポチ

こんにちは。

こまどりもヒレンジャクもかわいいですね。

ただいま2PM東京ドーム公演のため上京途中の車中です。

少し肌寒いですが、

今日も元気でまいりましょう。

応援ポチ。

あすか 様
ひとりでバードウォッチング中の女性、双眼鏡を持ち、すかさず野鳥の名前を当てるとは・・・驚きのほか何物でもありませんでした。野鳥ウォッチングのエキスパートさんです。
あの域には到底無理です。

カシオペア 様
野鳥撮りは鳥の習性を知り忍耐強く待つだけ・・・と、ベテランカメラマン氏から聞きました。
大海で居るのか居ないのか分からない中、魚釣りをする釣り師の様なものです。
魚釣りは撒き餌をしたり餌を付けますが撮り撮影は何もなしで待つだけです(笑)
それだけに撮影出来た時の喜びは、たとえ写真は下手でも格別なものがあります。
応援、何時も有難うございます。

里山コウ 様
ただひたすら待つだけの野鳥撮影ですが、この日は様々な野鳥が現れて自分としては大収穫でした。
この反動も当然あるわけですが・・・
写真の鮮明度は勿論ですが、背景等欲を言えばキリがないので自分としては満足しています。
応援、何時も有難うございます。

あとり 様
再度上京中ですか。今月は繁忙な月になりましたね。
当地方も午前中はウォーキングに参加していたこともあり、左程感じなかったのですが午後からは肌寒い状況になってきました。
公演、存分に楽しんできて下さい。
応援何時も有難うございます。

素晴らしい、素晴らしい鳥たちの写真を見せていただく方(私)は何の苦労も無く、撮影が上手いなぁ、すごくよくピントもあっている!背景も美しいなぁと贅沢な鑑賞をさせていただいています。

kumasan78  様
何時も過分なコメントを有難うございます。
野鳥撮影を始めて間もなく1年、背景どころか写ればいいと、ただそれだけの撮影スタイルです。
5月になれば丸二年、これからもウデの上達は望めません。同じスタイルになると思いますが、これからもよろしくお願い致します。

コマドリに再会でき、カワセミにも、色々な鳥に出会えて、
さすがcountry walkerさんですね。
鳥たちも、country walkerさんのお人柄がわかっていて、
登場してくれるのかもしれません。

そちらもツツジが綺麗ですね。
今年はツツジも早めな気がします。

とほ娘  様
有難うございます。
半日待っても何も来てくれない日もありますが。この日は運が良かったのかもしれません。
ツツジは例年4月の中旬から下旬が見頃なのですが。。
仰るとおり当地でも今が満開です。やはり今年は早いのでしょうね。

こまどりの美声、聞いたことがないのでぜひ聞いてみたくなりました。

country walkerさんも、充分鳥のことお詳しいと思いますが
さらに上を行く方もいらっしゃるのですね。

ジャランこ 様
こまどりの鳴き声、録音出来なかったことが今では悔やまれてなりません。
何時も書いているように野鳥撮りの1年生です。
来月になって漸く2年目の新人同様なのです。
皆様方に教えを請いながら少しでも上手くなれば・・・と、思っております。
下手な写真ばかりですが、これからもよろしくお願い致します。

こまどりの声が聞こえてくるようですね。
country walkerさんのブログを拝見するまで、
あまりバードウォッチングには関心がありませんでしたが、
日本にも良く見ると綺麗な鳥が沢山いるのですね。

walkerZ 様
自分も野鳥に興味が出る前までは鳥と言えばカラスやハトにスズメ位。。
色の付いた鳥は南方や外国の鳥・・・そんな程度の知識だけでしたが、こうして見れば国内にも綺麗な鳥が居るものですね。
未だ未だ知らない野鳥が沢山居ます、これからも少しづつ探鳥出来れば好いな・・・と思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バードウォッチング -こまどり- | トップページ | 信州の山野草園 -1- »