2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 熊野(ゆや)の長藤 -2- | トップページ | バードウォッチング -佐鳴湖の野鳥たち- »

2013年4月27日 (土)

バードウォッチング -カワセミ-

新聞に緑化推進センターのハナイカダ(花筏)が見頃との記事を思い出して行ってきました。このセンターは渡り鳥の休憩地としても知られ、昨年秋には随分と出かけたものです。もしや野鳥が居るかもしれないと野鳥用の長いレンズも用意して・・・

途中で近くの池へ寄ってみたものの野鳥の姿はなく、タシギを数羽確認しただけ、その後センターに行きハナイカダをパチリ。葉の真ん中付近に小さく見えるモノが花で、夏には同じ場所に黒い果実をつける変った植物です(下2枚目写真)

Img_6479 P1000873
センターに野鳥は居なかった、水場となる水流元のポンプが故障し水が流れないのが原因かもしれません。
野鳥が居ないのでは・・・と、やや遠いが佐鳴湖へと向かうことにした。
何時もの場所でカワセミ君を待つ。獲物をゲットし、枝に留まって居るところを見れば魚が串刺しになっていました(下2枚目写真)
Img_6706 Img_68222
数日前にはコマドリやヒレンジャク目当てのカメラマンが多数見かけましたが、この日のカメラマンの姿は少なかった。

Img_6847
Img_6709

盛んにダイビングを試みてくれますがウデの悪さが禍してピントの甘い写真ばかりです。カワセミにピントが来ず水飛沫にジャスピンの1枚です。
Img_6714 ※全ての写真は4月22日に撮影したもので、クリックで拡大されます。
下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックをしていただければ幸いです。 -295-


にほんブログ村



.

« 熊野(ゆや)の長藤 -2- | トップページ | バードウォッチング -佐鳴湖の野鳥たち- »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

ラストの写真、スゴーイ…見入ってしまいました。
これはもうアートですね…ナイス(^_-)-☆

今日はこれから出かけるので、応援ポチッ☆ だけで失礼します。

おはようございます。

カワセミきれいですね。

まるでオパールみたい。。。

水しぶきのシーンもかっこいいです。

応援ぽち。

おはようございます。

カワセミの写真すごいです。私もカワセミを見たことは
有りますが、すごいスピードで飛ぶので、目で追うだけで
精一杯でした。
それをこんなにはっきりと、こんなにきれいに写すなんて
たいしたものです。
最後の水しぶきの写真、感激しました。

応援ポチ

カシオペア 様
最後の写真は主役がカワセミではなく水しぶきになってしまいましたが、これはこれで良しとしました。
飛び物は本当に難しいです。固体が小さいのと想像以上に動きが早いので・・・
応援をいつも有難うございます。

あとり 様
私が野鳥に関心が増してきたのは始めてカワセミを見て、こんなに綺麗な鳥が身近に居るとは・・・でした。この綺麗な鳥を何とか撮って見たいと思っていたところへ偶然にサンコウチョウを見て、野鳥撮りにハマってしまいました。
警戒心が強く、しかも動きが早いのでなかなかピントが合いませんがそれでも楽しいです。
応援をいつも有難うございます。

里山コウ 様
カワセミ、警戒心が強く、しかも小さい上に動きが早いので動作神経の鈍った自分にはなかなかの難物です。それでも現れる場所や時間帯も凡そ分かってきたので、いつの日かダイビングし、魚を銜えて水面から飛び上がる瞬間のジャスピンのシーンを撮りたいと思っていますが、果して。。
いつも応援を有難うございます。

ハナイカダ 珍しい花?ですね。葉っぱの芯に花が咲くのですか?

やはりカワセミですかね~こちらではなかなかお目にかかれません。
串刺しにして捕るのでしょうか その後はどうするのでしょうか (笑)

応援ポチッ!

あすか 様
ハナイカダ、葉の中心にある小さなものが花だそうです。珍しいのでこの花が咲けば必ず新聞に掲載されますが、本当に変った植物です。
串刺し、通常では嘴で銜えて捕食していますから。勢いあまってこうなってしまったのかもしれません、梢の上で首を振り、魚を叩きつけて動かなくなってから石の上で食べていました。ザリガニなどもこの方法で尻尾の方から丸呑みにしています。
応援をいつも有難うございます。

「空飛ぶ宝石」のカワセミさん。美し過ぎる身体の色と長い嘴が目立ちますね。
その長い嘴でダイブし串刺しで餌をゲットするのですね。

下の水しぶきはステキですね。氷か水晶のようですね。

失礼いたしました。上の名無しは私です。(^-^;

くーちゃん 様
串刺しはカワセミ君の失敗だと思います。
通常では枝などの上から獲物を狙い、水面に急降下して獲物(魚やエビ)を嘴でくわえてくるのが普通です。勢いあまって口を開く前に串刺しにしてしまったのかな?なんて想像していますが。
名前忘れは、私の専売特許で常套手段です(笑)

こんばんは。
いよいよシギ・チ到来ですね。
これから田植えが始まるといろんなシギチ類が見ることができますよ。
カワセミの婚活シーズン、これからは賑やかになりそうで、期待できますね。

カワセミ君 やはり1度眼にしてしまうと、是非カッコいい写真を撮影したい! って思います。
動く宝石 やはり綺麗ですね

ポチリ 毎日にこっそりやってます!

カワセミは本当にキレイな鳥ですね。
今日、私はcountry walkerさんのように飛んでいる鳥を写真に収めようと
奮闘しましたが、上手くいきませんでした。
カワセミのまさに一瞬の写真、本当にすごいな~と感心するばかりです。
特に最後の写真は本当にびっくりです。
よくこんなにステキに水しぶきがとれたものです。

こんにちは。

カワセミの水の中のダイビングの
水しぶき、何回見ても楽しい、素晴らしい
写真です。

応援ポチ

穏やかな天候でいいかんじですね。

あとりも夕方(GWの混雑をさけて)、

薔薇園にいってきます。

アンネの薔薇は2,3日ごとで色が変わっていき、その変化が美しい。。

と、薔薇園の係の方がおっしゃっていたので、確認してきます♪。

応援ポチ。

ソングバード様
シギや千鳥の事をシギ・チと呼ぶのですね、初めて知りました。
夏鳥が見られなくてうずうずしていましたが「シギ・チ」が見られるのですか。
楽しみです、これからも様々な情報をよろしくお願い致します。
(何故かコメント欄が消えてしまい慌てましたが、今、回復しました、何故なのか理由は分かりません)

あまなつ 様
カワセミ、小さくて早く、そして綺麗です。
何とか獲物をゲットしたダイビングの瞬間をジャスピンで・・・と思っているのですが未だに実現できません。これからもせっせと出かけては夢を実現したいと念願しているところです。
ポチリといつも応援して下さって本当に有難うございます。
皆様方のお陰です、重ねてお礼申し上げます。
これからもよろしくお願い致します。

walkerZ 様
カワセミ、最近増えてきたように思います。
かつては清流に棲む幻の野鳥とまで言われたものですが
自宅横を流れるお世辞にも清流とは言いかねる小川にも居ます。
水質が良くなり魚が棲み付くようになった為とも言われております。
ただ警戒心が強く、なかなか近付けないので撮影には苦労しますが、それだけに写すことが出来た時には嬉しいものです。

里山コウ 様
有難うございます。
小さい野鳥なので自分の様な半人前のカメラマンには荷が重いのですが
もう少し頑張ってジャスピンの写真を撮りたいと願っています。
応援をいつも有難うございます。

あとり 様
>アンネの薔薇は2,3日ごとで色が変わっていき、その変化が美しい・・・
バラは蕾から開花、そして色の変化と様々に変るのですね。
それだけに見る楽しさも換わってくるのでしょうね。
アジサイのように変化して咲く花、バラはますます魅力のある花に思えてきました。
応援をいつも有難うございます。

人の少ないときに、集中して撮影できたのでは、、、。
カワセミ、どれも、素晴らしいです。

一番下の、水しぶきの写真、スローモーションという感じで
私も感心しきりです。

コメント欄ですが、私も表示されていなくて、
でも、みなさんのコメントが入っていて、???でしたが、
どうも、表示までに時間がかかっていたみたいでした。
せっかちな私です。

皆さんがコメントする通り、最後の水しぶきの写真は圧巻です。

カワセミの色々な表情をこのブログで見ることが出来ました。
やはり飛んでいる姿が美しいです。
お住まいの地域は、温かい天気が続いているのでしょうか?
(北海道は冬に逆戻りした寒さが続いています。昨日は雨の中5kmほど歩きました。)

とほ娘 様
「とほ娘」さんもコメントが出なく時間がかかる・・・
私と全く同じみたいです、今は通常に戻ったみたいなのでヤレヤレです。
故障かな?と一瞬思いましたが「とほ娘」さんも同じサイトなのでサイトが原因?
何はともあれ元に戻りホッとしております。

のりちゃん 様
そちらでは寒さが逆戻り?
当地方ではお陰さまで毎日良い日が続いておりますが朝夕は寒いです。
灯油を使い切ってしまったのでストーブは片付けてしまい、コタツを使用しています。
何かヘンですね、今年の気候は・・・
雨の中を5kmとは、凄い!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊野(ゆや)の長藤 -2- | トップページ | バードウォッチング -佐鳴湖の野鳥たち- »