2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« バードウォッチング  -オオアカハラ- | トップページ | 金魚椿 »

2013年3月 2日 (土)

バードウォッチング -ウソ-

市内の公園で「ウソ」が見られると聞いて「ホント」・・・と、早速行って来ました。
「ウソ」、以前、桜の名所にこの鳥が多く飛来し、蕾を沢山食べたのでその年の花が減ってしまったという新聞記事を読んだことがあり、変った名前なので鳥の名だけは覚えていたが本物は勿論見たことはありません。

教えて貰った公園内の一画にある野鳥の水のみ場場所には既に三脚を立てたカメラマンが2人、挨拶して仲間に入れてもらった。「ウソ」を待つこと約1時間、その間カワラヒワを筆頭にヒガラ・メジロ・シロハラ・シジュウカラ・コゲラ・ヤマガラ・・・等々の小鳥たちが次から次へと水を飲みに飛来して退屈しません。
最初に飛来したのは雄の「ウソ」、喉の付近が紅色で実に美しい、そして雌の「ウソ」も(2~3枚目写真)。雄は1羽のみですが雌は4~5羽の様です。

Img_4403 Img_4355 Img_4861 メジロも梅の小枝を左右に飛び回り忙しい、そしてマヒワ?でしょうか綺麗な小鳥も、マヒワとアオジの区別がなかなか出来ません。簡単に見分ける方法は? やはり腹の色なのでしょうか。Img_4669Img_4501 最後はやっぱりあの可愛いヤマガラちゃんに登場してもらいました。私には「♪・・・春が来た」と歌っているように見えましたが。。。
Img_4521 下の「デジタル写真」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、応援のクリックをしていただければ幸いです。   -264- 



にほんブログ村



.

« バードウォッチング  -オオアカハラ- | トップページ | 金魚椿 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

綺麗な小鳥の写真に釘つけです
お見事!

ウソ鳥はあの木片を彫ったウソ鳥を交換しあい、厄病や悪い行いを祓う行事の「鷽替え神事」のウソ鳥から来ているのでしょうか。
しかし綺麗な鳥ですね。

やはり梅にはメジロ~相性がピッタリですね~(^^♪
我が家も梅が咲き始めたので、メジロが来るかもです。

ウソも可愛い顔をしていますね…それなのにこの名前は可哀そうです…^_^;

応援ポチッ☆

あまなつ 様
すっかり野鳥撮りが面白くなってしまいました。
今は里山や公園に沢山の小鳥達が居るので、自分のようなシロートでも綺麗な野鳥が撮れました。
後はウデを上げるだけです。。。でも、そこが問題です(笑)

あすか 様
自分の持っている野鳥図鑑にも
「鷽替え神事」の神事は、ウソを嘘に例え、木彫りのウソを取り替えることで厄払いをする。
と、書いてありました。
雌はもうひとつですが雄は綺麗でした。

カシオペア 様
メジロと梅、やはり絵になりますね。
此処の梅は盛りを過ぎていましたが比較的花の多い枝に具合良く来てくれました。
ウソ、本当に綺麗な野鳥でした。仰るとおり名前が一寸可哀想ですね。
応援を何時も有難うございます。

ウッソ〜! みたいにウソはかわいい鳥ですね。初めて見ました。

今日は丸こっくて、可愛い鳥さんがたくさんいますね。

こちらでは見かけない鳥ばかりです。

まぁなんと楽しい小鳥の展覧会でしょう。
ウソってほんとに美しい鳥ですね。
2-3日前、NHKのテレビでメグロを見ました。なろほどメジロに対するメグロとは良く名前を付けたものだと感じ入ってメグロを眺めました。

くーちゃん  様
都会では、このような里山の野鳥にはなかなか出会うこともないかもしれませんね。
田舎のありがたいところで今まで気付かなかった野鳥を観察したり写すことが出来ました。
この時期にしか見られない野鳥たち・・・これからもせっせと出かけてみたいと思っております。

ウソ の雄の紅色はきれいですね。
小型の野鳥のすがたは、どことなく愛らしくていいものです。
素敵な瞬間に見惚れてしまいました。
市内には、いい場所がありますね。

kumasan78 様
雪に覆われている地域の人には「♪春が来た・・・」は申し訳ない気持ちです。
「メグロ」、図鑑では見たことがありますが実物は勿論映像さえ見たことがありません。
鳥の種類も多くて、野鳥1年生の自分には未だ未だ知らない野鳥が多いです。
NHKTV、見たかったです(残念)

たかchan 様
野鳥でも小鳥類は本当に可愛いと思います。
特にシジュウカラやヤマガラは人を怖がらず、こちらが動かなければ2~3m前まで平気で近づいてくれます。
一挙一動が実に可愛く、益々野鳥が好きになりました。

バードウォッチングーウソーのタイトルをみて、タイトルがウソですよ~
という意味かと思ってしまいました。
ウソという鳥がいるんですね。雄は喉のところがオレンジでかわいいですね~。
メジロと梅は季節感たっぷりですね。
動き回るメジロをとってもいいショットで撮られていますね。

まず ☆ ポチリをしてからゆっくり拝見です。

紅色がホントにキレイな雄の「ウソ」くんがとっても愛らしいですね~!
こちらのブログのお陰で、小鳥に興味を持つことが出来ました。

「ヤマガラの声だよ。」と、鳥大好きの仲間に教えて頂いたのですが
私には聞きわけることが出来ないんですよ~。

こんばんは。

野鳥のお写真、どんどん素敵なショットが増えていますね。
「ウソ」は見たことがなく、雌の美しさ(特に腹部)にうっとりしました。
ウグイスではありませんが、みんな春を告げに来てくれているように見えます。

まぁ!なんと!
ぷっくりして可愛らしい小鳥ですねっ。
手にのっかってほし~笑

冒頭の一文がツボです(^.^)
メジロちゃん、綺麗ですね!
でもヤマガラちゃん、ほんとうに愛らしい。。

先日、すこし時間をつくって、湖岸をカメラ片手に散歩しました。
全然うまく撮れないのですが、水辺でゆっくりと、
カメラ越しに鳥を見ているだけで癒されました。

ウソのようなほんとの話、ですね(笑)

ウソってお腹の毛が顔の半分くらいまで来ているんですね。

変わったデザインで個性的ですね。

ポチ。

おはようございます。

うそ、かわいいですね。

シメ、イカル。おなじような大きさの小鳥って多いですけど。

うそはアイラインが目立たないので、おっとりしたかんじがします。

応援ポチ。

malkerZ 様
タイトルを見ただけでは「malkerZ」さんの様に思われた方もいらっしゃるかもしれませんね(笑)
ウソ、自分も初めて見た野鳥ですが想像していた以上に可愛くて綺麗な鳥でした。
メジロはチョコマカと忙しく動き回るので焦点を合わせるのに忙しいです。
梅の花が咲いた枝に来てくれたなら・・・と思ってその枝にピントを合わせ待っていたところ運よく来てくれたのでパチリと写しました。松の枯葉が一寸邪魔ですが・・・

セロリさん 様
こちらへもコメントを頂き有難うございました。
野鳥撮りのベテランさんは鳴き声でかなり聞き分けるのですが自分は未だこの分野では1年生、鳴き声で鳥が分かるまでに至っておりません。
声を収録したCDが販売されているので購入を検討しているところです。
何時もポチリと応援を有難うございます。

あめぶる 様
ウソ、自分も初めて見た野鳥です、それだけに近くで見ることが出来たうえ、カメラに収めることが出来たので満足しております。欲を言えば雌の様に小枝に留まったところも撮りたかったのですが初撮りなので仕方ありません。
年中見られる見られる野鳥ではないのでまた出かけてきます。

Ramyy* 様
ウソ、ずんぐりして、丸ぽちゃのボディーに愛嬌がありますね。
一番下のヤマガラは慣れると人の手から直接ヒマワリの種等を食べると聞いたことがあります。
野鳥でもやはり小鳥が可愛いですね。

wakaba 様
有難うございます。
「wakaba」さんのブログで拝見し、静岡新聞でも読みました、佐鳴湖の一件。
地元での説明会には100名もの人たちが集まり、建設の決定はひとまず先送りとなった由。
「wakaba」さん他、皆さんの熱意が通じたのでしょう、他への移転が決まることを期待して止みません。
何も出来ない自分ですが、毎日のポチリでささやかに応援させていただいております。近々佐鳴湖へも出かけてみたいと思っております。

tac-phen 様
腹の羽毛が頭まで来ているので見方によれば首が無くて直接胴体みたいに見えますよね。
でも綺麗で可愛い野鳥でした。暖かくなれば居なくなるらしいので、寒い間にもう一度出会いたい野鳥です。
応援何時も有難うございます。

あとり 様
おはようございます。
ウソに出会うことができました。
シメは先日見ることが出来何とか写真にも収めることが出来ましたがイカルは未だ見たことがありません。自分は野鳥撮りの1年生、未だ未だ知らない鳥がいっぱいです。
寒い間しか見られない野鳥も多く、これからもせっせと彼方此方へと出かけてみたいと思っています。応援を何時も有難うございます。

ウソ・・なんて ちょっぴりかわいそうな 名前ですね
とっても可愛らしい 鳥さんなのに・・・
春のあたたかな気候に のって あちこちで 飛び 美しい声を聴かせてくれますね
一度は 野鳥を きっちり とらえたいものですが ほとんどが ピンボケです

みるくぱん 様
人間によって名付けられた「ウソ」という名前、仰る様に一寸可哀想な名前です。
自分も初めて見た野鳥ですが、可愛いな・・・でした。
猛禽類は別として、野鳥の世界を少しずつ知るにつけあの小さな身体ではるばる遠くからやって来る野鳥に益々愛着が増してきました。
野鳥撮影、相手が小さくて動きが早いので本当に難しいですね。

おはようございます。

ふっくらしたうその半分以下の体重のメジロちゃん。。

きのう、とうとういちどきに4羽も鉢植えの椿にとまりました。

また、蕾がぽろり。。。でした^^;。

そうそう。うそって嘘にはかかわりがないんですよ。

うそがアトリ科だから肩をもつわけじゃないんですけど。

かぼそい“ひーほーっ”ていう鳴き声が口笛(=古語で嘯(うそ)といいます )に

にているからなんです^^(といいつつ、アトリ科びいきのあとりでした)。

村P。

あとり 様
おはようございます。
メジロが4羽ですか、「あとりさん」宅のベランダは、野鳥たちにとってよほど来易い環境なのでしょうね。一般のご家庭にシジュウカラやメジロはそう頻繁には来ないと思うのですが。鳥好きの人が居られることやオカメインコちゃんが友達を呼んでいるのかな。。
メジロの来訪は嬉しいけれど蕾が・・・悩ましいところですね。
口笛を古語で嘯(うそ)というのですね、初めて知りました、ウソと嘘は無関係だと言うことも。
「あとりさん」、やはりアトリ科の鳥類が好きなんですね~
今日は色々と教えて頂きました。またひとつ勉強になりました、有難うございます。
村への応援、何時もありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バードウォッチング  -オオアカハラ- | トップページ | 金魚椿 »