2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 春の花 -雪柳- | トップページ | バードウォッチング -今日もウソ- »

2013年3月18日 (月)

奥山高原 -枝垂梅-

東京でソメイヨシノの開花宣言、静岡でも昨日開花が宣言された。寒い寒いが口癖だった冬の季節も、此処のところの三寒四温の繰り返しから漸く春めいてまいりました。
フツウの梅は終わってしまったが今年は枝垂れ性の梅は未だ見ていない。名所として知られる掛川市の龍尾神社の枝垂れ梅も既に見頃を過ぎているかもしれません、それでも今年の枝垂れ梅を見たくなり、妻とふたり浜松市北部の山あいにある奥山高原昇竜しだれ梅を見に行ってきました。

P1000296
Img_0327 Img_0368
園内で樹木の管理をしている男性に今年の状況を尋ねたところ、「花は満開ですが、此処も台風の影響を受け、花の数は例年より随分少ないです」とのことでした。

平野部では台風の塩害による影響で我家の紅梅の如く随分と影響を受けましたが、海岸からかなり離れているこの山間部でも影響が大きかったようです。
Img_0331P1000269

庭園の背景となる斜面の梅は想像以下の寂しさでしたが、人工滝周辺では鮮やかな紅白の枝垂れ梅が咲いており、充分に楽しませてくれました。

一番上と下の写真、購入したネオ一眼と呼ばれるコンデジで撮ったものです(2枚目から4枚目まではデジ一)。
明暗のハッキリした場所で試したのですが心配していた滝の白飛びもこの位ならばマアマアでしょうか? コントラストが強い様なので次はナチュラルに調整して撮ってみるつもりです。


宜しければ下の「にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックをしていただければ幸いです。 -272-


にほんブログ村


.

« 春の花 -雪柳- | トップページ | バードウォッチング -今日もウソ- »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

これは素晴らしい~バックの滝が良い効果になっていますね~(^^)v
中でも4枚目は特に私好み…暫く見入ってしまいました。
こちらは梅はもう終わりに近づきましたが、そちらは見頃が続いているんですね。

応援ポチッ☆

カシオペア 様
フツウの梅は終わりましたが枝垂れ性のものは未だ咲いていました。
浜松市内と言ってもかなり山間部にあり(新東名浜松・いなさIC付近)その分だけ遅くまで咲いていたのかもしれません。
4枚目、有難うございます。滝がバックなので白飛び押さえをONにして補正は1/3アンダーにして撮りました。曇り空も幸いしたかもしれません。
応援何時も有難うございます。

美しい~♪
梅と滝のコラボ・・・うっとりします。
滝の音や梅の香りを想像して、観光気分を味わわせて頂きました!
カメラの事はまったく分からないんですけど
いつもステキな写真、ありがとうございます。

おはようございます。

以前お庭の紅梅が台風の被害にあったいうことをおうかがいしたとき、

てっきり、枝が折れたとか、亀裂が入ったというような、

木そのものが損壊したということかと思っていましたが、

塩害とは。。まったく想像ができませんでした。

でも、そうしたなかでもけなげに咲いている枝垂れ梅。。

なお、一層美しく見えます。

応援ポチ。

こんにちは。
あまりの美しさに、しばらく見とれてしまいました。
2枚目の柔らかな色あいと枝ぶりが、絵画のようです。
このまま額に飾りたいです。

しだれ梅は純日本風な装いで素晴らしいです。
ネオ一眼での作品はコントラストがやや強そうですがメリハリがあって私は好きです。

ロココ  様
有難うございます、過分なコメントに痛み入ります。
平地での梅は終わってしまいましたが開花時期が遅い枝垂れ梅で、しかも山手の梅園ならば未だ間に合うかも・・・と、出かけてきました。
山の斜面を切り開いて出来た部分は台風の影響であまり咲いていなかったのですが、水の流れのある周辺は満開で良いタイミングでした。
此方こそ、つたない文章と写真のブログを覘いていただき有難うございます。これからも宜しくお願い致します。

あとり 様
こんにちは。
拙宅の庭に植えてある梅は白梅は無事でしたが紅梅が殆ど咲きませんでした。
私の文章力の拙さから誤解をされてしまった様で申し訳ありません。
我家は、海岸から4~5kmと海に近く、台風の被害は塩害でした。白梅は塩害に強く紅梅は弱いのかもしれません。梅のほか槙や樫も葉や枝が随分やられ、無傷だったのはマツぐらいでした。
訪れたここの梅園は新東名「浜松・いなさIC」の近く、かなり山手に入ったところです。此方の被害は塩害でなく強風によるものと聞きました。昨年は2度も台風が上陸し、最初の台風では瓦が飛ばされ二度目の台風では庭木が。。今年は台風の来襲のない事を祈るばかりです。
何時も応援を有難うございます。

舞 様
有難うございます。皆様から過分なコメントを頂戴し恐縮するばかりです。
2枚目はソフトフィルターを装着し、中心以外を少しボカして柔らかさが表現出来れば好いかな・・・とも思って写しました。
気に入って戴けて当方と致しましても嬉しい限りです、有難うございました。これからも拙ブログ、御笑覧下されば光栄です。
宜しくお願い致します。

あすか 様
有難うございます。ネオ一眼、テスト撮影にと持参しました。
フォトスタイルを「風景」に設定したのですが、少しコントラストが強いかな?とも思いましたが、「あすか」さんにそう言われて見ればそうかな・・・なんて思ったりしています。
晴天の明るい場所ではナチュラルかスタンダードで、曇りのハッキリしない日にはこの設定で行ってみようかなとも思います。
これからもいろいろとアドバイスをいただければ幸いです。

滝の流れと梅の花のコントラストがいいですね。
季節感を感じさせてくれます。

奥山高原は一度行ったことがありますが、
このような場所は、忘れてしまったのか、記憶にありません。
また、機会があれば比較的近くですので、
出掛けてみようと思います。

滝は人工なんですか。なかなか心憎い演出ですね。

どの写真も素晴らしいですが、
竹の爽やかが、ちょっと新鮮です。

たかchan 様
奥山の枝垂れ梅の歴史はそれほどでもありません。
開園して10年余りと言うところでしょうか。
それまでは細江町の農園でこの時期に枝垂れ梅を公開しており、その当時から時々出かけていました。
その後、奥山と舘山寺に梅を分散し梅園を開いたと聞いております。
舘山寺の梅園には一度ウォーキングで訪れましたが大草山への途中にあります。

とほ娘  様
滝は梅園内に造られた人工のものです。
竹の写真、梅の季節と言うより季節感としては5月頃の感じになってしまいました。
この辺が未だ未だドシロートと言われる所以です(笑)

滝の流れが躍動感があり、さすが!です。
滝と枝垂れ梅の組み合わせ、本当に素晴らしいです。

鳥好きの友達にこちらの写真を見せたところ
感動していましたよ。

こんばんは。
人工滝と云えども、やっぱり水とのコラボ、いいですね。
こちらではこんな風景、お目にかかることができません。
個人的には4枚目が好きですね。

梅園に滝があるんですね
豪華な梅園ですね

やはり3−4毎目が好みです

2枚目のふんわりはかなげな枝垂れ梅に☆ ポチリです。

滝と紅梅の鮮やかさも好きですが、2枚目のふんわり感がより好きな私です。

今日もcountry waklerさんのブログで爽やかな気分になる癒しを頂きましたよ。think

浜松の山間にある滝へ枝垂梅を見に行くなんて・・・風流ですね。
人工滝ということなので、公園の一部なのでしょうか。
滝に竹や梅と被写体そのものが絵になりますが、
country walkerさんの腕の見せ所ですね。
個人的には2枚目の写真が好きです。
それから、タイプは違いますが、
1枚目の写真も好きですね。
滝の動的な動きと竹の静的な静けさのコントラスト
を上手く捉えていて、素人の私の心をわしづかみにしました。

滝としだれ梅、見事な組み合わせですね。

滝の筋が梅をより強調していますね。

ポチ。

おはようございます。

昨日関西は大雨で、外出もままなりませんでした。

今日は晴天ですが、花粉&PM2.5&黄砂のトリプルショック!。

春爛漫ってかんじにようやくなってきたのに、悩ましいことですね。

枝垂れ梅に続いて、次回は???。

たのしみにしています♪。

応援ポチ!。

ジャランこ 様
おはようございます。
枝垂れとはいえ花期は過ぎてしまったかも・・・と、気になりながら出かけました。
花は満開でした、山中にあり平野部よりやや遅い開花が幸いしたと思っています。
今年も枝垂れ梅を見ることが出来てホッとしております。
これからはサクラですね。

ソングバード 様
おはようございます。
昨夜の風雨は激しかったものの今朝は一転して青空が広がっています。
昨日は午前中、何時もの公園へと言ってきましたが「ウソ」の雌が2羽出てくれただけ・・・
公園はすっかり寂しくなってしまいました。夏鳥たちの訪れが待ち遠しいです。

あまなつ 様
おはようございます。
人工の滝ですが、大滝に小さい滝が幾つも作られており
小滝の周囲には枝垂れ梅が配植された梅園です。
此処へは一昨年以来の訪問ですが、2~3年に一度訪れることにしています。

セロリさん 様
おはようございます。応援を何時も有難うございます。
昨夜はそちらでは如何でしたか?
当地では台風並みの風雨でしたが今朝は快晴です。
2枚目、気に入っていただき有難うございます。
1枚目はコントラストが強いので、ソフトな感じの写真を2枚目に置き対照的にしてみましたが。。

walkerZ 様
おはようございます。
人工滝は梅園の中に造られています。
山間部の一部を切り開いて梅園をつくり、中には観覧車や子供向けの施設もありミニ遊園地風になっています。
その遊園地内の一画にあるのが梅園で、この時期には梅園がメイン会場になるようです。
1枚目と2枚目、ハッキリとしたものとソフト仕上げを対照に並べましたが気に入っていただき有難うございます。

tacーphen 様
おはようございます。
遅いと思いつつ出かけた枝垂れ梅園、間に合ってよかったです。
これからは各地でサクラの便りですね。
応援何時も有難うございます。

あとり 様
おはようございます。
関西地区も大雨だった様ですね。
当地方も夕方から雨が降り出し、夜は台風並みの雨風で築後30余年の我家は雨戸がガタガタと鳴りながし・・・
でも、今朝は風がやや強いものの快晴のお天気です。

待望の春がやってきたというのにトリプルショックとは!
昨夜の風で舞い落ちた葉が散乱する庭を掃除して今日の生ゴミに出してきましたが、眼が痒く鼻もムズムズ・・・それでも自分は症状が軽度なのでガマン・我慢です。
花粉症、「あとり」さんは?? 
梅が終われば次はサクラですね、毎年富士山の近くまで出掛け富士山とサクラを撮っていますが昨年はサクラの時期に富士山が見えずついに写真に残すことが出来ませんでした。今年は是非と期待しているのですが。。。 
何時も応援を有難うございます。

どれも美しい写真ですね。滝と梅のショットは日本画のようですね。

私のようにただ撮影するのではなく、いろいろな事をお考えになり、いかに被写体を活かして撮影するのか・・・さすがですね。

くーちゃん 様
花と滝、此処は人工の庭園なので主役となる枝垂れ梅と脇役の水流が写真になり易いように配置されております。
それだけに自然のものと異なり写し易くなっていると思います。
自分としては綺麗な梅を少しでも引き立てるように光の当たり方を考えながら撮りました。
上手い人ならばもっと梅が引き立つように撮るのでしょうが自分ではこの辺が精一杯です(笑)
写真、奥が深いので本当に難しく、それだけに面白くてなりません。

一瞬絵画かと思いました。
滝の動、梅の静。
古典の世界に連れていかれたような感じがしました。
写真好きの娘にもcountry walkerさんのブログを
紹介しました。

daruma 様
コメントを有難うございます。
脚の調子が悪いと以前伺ったように記憶しておりますが(間違えていたならばお許し下さい)その後如何でしょうか。
ピーカンの青空ではなかったのですが、滝を入れて写すには丁度良い天候でした。
遅すぎたのでは・・・と心配しておりました花も満開とタイミングもピッタリでした。
娘さんにもつたないブログを紹介して頂き有難うございます。
閑な時にでも御笑覧いただければ光栄です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の花 -雪柳- | トップページ | バードウォッチング -今日もウソ- »