2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 源平ゆかりの史跡ウォーク | トップページ | バードウォッチング -ウソ- »

2013年2月28日 (木)

バードウォッチング  -オオアカハラ-

先日(22日)、少し離れた公園に満開のカンザクラを見に行った時、桜とは違う場所で野鳥を撮影している45人のカメラマンに出会った。その中の顔見知りのカメラマン氏に「何を撮っているのですか?」と尋ねたところ「オオアカハラです」と答えてくれた。

「オオアカハラ」、野鳥撮影歴1年弱の自分は勿論見たことが無い、カメラマン氏の指差す先にはアカハラに似た野鳥が居た。アカハラとの違いも分からず「何処が違うのですか?」と再度尋ねたところ、アカハラより
やや大きく、嘴が長い、そして最大の特徴は頭の部分が黒いのでアカハラではなく、アカコッコと言われる野鳥にも似ているが胸の付近の羽毛の色が違うと話してくれました。
その時持参していたのは花撮影用の100ミリマクロレンズのみ、何とかマクロで撮ってみたが画像の鳥は小さ過ぎて特徴を調べるには多く及ばなかった。

未だ居るかな?と二日後に訪れた時には未だ居り、数ショット撮ることが出来ました。自宅に帰り図鑑やネットで調べましたが頭の部分が黒く、皆さんが仰るようにオオアカハラらしい。。。角度によってはアイリングも・・・でも、綺麗な鳥ですね~
Img_3918Img_3819 Img_3831渡りのシーズンには多くの野鳥で賑わう公園ですが、今の季節は未だ時期が早いのか殆ど野鳥の姿は見られない。さればと自宅近くの神社の森へと移動。
出迎えてくれたのはモズ、小さくても流石は猛禽、眼が鋭いですね、そして餌探しに夢中のクロジ君、ドングリの様な木の実を銜えています。
Img_3813Img_4000そして、あまり人を恐れず間近まできてくれて愛嬌タップリ、自分の大好きな可愛いヤマガラちゃん、花びらの様な物を銜えて得意そうです。本当に可愛いですね~
Img_4314
下の「デジタル写真」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、応援のクリックをしていただければ幸いです。   -263- 


にほんブログ村


.

« 源平ゆかりの史跡ウォーク | トップページ | バードウォッチング -ウソ- »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こうした野鳥を見ていると可愛くて自分でも撮りたくなります。
近所に大きな公園があるので、春になったら行こうと思って…
この様に綺麗に撮れると良いんですが、私には難しそうです^_^;

応援ポチッ☆

カシオペア 様
早々のコメントを有難うございます。
お近くに公園があれば野鳥は必ず居りますよ。
三脚を立てたカメラマンが居ればその先には珍しい野鳥が居る可能性が強いです。
と、言っても自分も未だ野鳥撮影1年未満のドシロートですが・・・
何時も応援を有難うございます。

オオアカハラってほんとに美しい鳥ですね。色合いの美しさに惚れ惚れとします。
それに主役も美しいですが、背景のシーンがどれも美しくて、さすがにcountry walkerさんの作品だなぁと眺めています。
今日は会津も暖かい一日となりました。車の中は暑いぐらいになって、鳥も2羽見かけました。

バードウォッチングの楽しみ方が解かるような気がします。
花と同じく「何と言う名前なのだろう」とネットや専門誌で調べるのも楽しみの一つですね。
でも木の枝の間の露出が難しそうですね。

kumasan78 様
オオアカハラ、初めて見た野鳥ですが綺麗な鳥でした。
背景は殆ど偶然です、モズやヤマガラ等は此処に来てくれたならと思っている近くに来てくれたのでシャッターを押したのですが・・・
花と鳥、出来ればセットで撮りたいとそれだけは何時でも思っております。

あすか 様
鳥の名前、花も難しいですが、花と同等かそれ以上に自分には難しいです。
オス、メスの違いに幼鳥と成鳥、冬羽夏羽の如く季節によっても変る種もあり何時までも??です。
露出、本当に難しいです。シャッターは出来る限り早く、空に抜く場合はプラス補正等々・・・シロートなので大まかな設定です。
小鳥は暗いところを好む種類が多く、AFモードや、測距エリアの選択に、ISOを変えて如何にシャッタースピードを稼ぐかがポイントらしいのですがドシロート故、何時もマゴマゴしております(笑)

友人が最近バードウォッチングにはまったようです。
country walkerさんの影響で
私もちょっと鳥は気になっているのですが。
オオアカハラ、羽の色が美しいですね。
最後の写真の可愛らしいこと。

もしご迷惑でなければ、
つるし雛の記事をリンクさせていただきたいのですが。

オオアカハラとヤマガラ、遠くで見たら見分けがつかないかもしれません。
どのように飛んだり動いたりするのか?、写真を見る度に興味が出てくるような気がします。

北海道は昨日から気温が上がり、今日は湿った雪が降りました。
徐々に気温が上がっていくとの予報なので、早く温かい春が来てほしいと待ち望んでいます。

ジャランこ 様
自分もすっかり野鳥撮りの面白さにハマってしまいました。
とにかく、レンズを通して見る野鳥の姿が珍しくて面白いのです。
ウデは未熟ですがこれからもせっせと更新していくつもりです。
どうぞ宜しくお願い致します。
つるし雛の件、了解です。家内も喜ぶことでしょう。

のりちゃん 様
オオアカハラとヤマガラ、腹の部分が似た色で一見紛らわしいですね。
実際は固体の大きさがオオアカハラの方がかなり大きいので実物を見れば一目瞭然です。
そちらでも暖かくなってきた様子、当地方では昨日と今日は本当に温かく、気温も15~6度ぐらいに上がったようです。今日の日課のお散歩ウォーキングは上着なし、長袖シャツにベストのみでOKでした。
春は近いと感じました。

花弁を加えたヤマガラちゃん、かわいいですねー。

カメラを意識してポーズをとっているみたいです(笑)

ポチ。

おはようございます。
可愛い小鳥がいっぱいでうれしくなります。
カラ類は特に可愛いですね。
ベランダに来るシジュウカラは、あとりが、ピーナッツを糸でとおしたのをもってベランダに出ると、
手すりにセットしている最中だというのに食べ始めるんです(笑)
“私は油断も隙もない人間様だぞ”と嘯くと、ちょこんと頭にのってしまうんですよ。
もう###。。。(といいつつ、喜んでいます。)
雀のほうがよほど警戒心が強いですね。
応援ポチ。

tac-phen 様
ヤマガラが花を銜えて丁度ポーズをとってくれました(本当は偶然です)
後で訪れた公園は小鳥達でいっぱい、沢山写真を撮ってきました。

あとり 様
私も「あとり」さんのHNを見て、もしかしたら小鳥から・・・とは思っておりました。
アトリ科のヒワ類やシメ、ウソ(昨日初めて見ました)は見たことがあるのですがアトリは未だ見たことがありません。
そういえばアトリ科の小鳥達、可愛がっておられるオカメインコに嘴付近が若干似ているような気も致しますが。
シジュウカラはピーナッツが好きなのですね。頭の上にまで乗ってくるとは・・・そうなればもう可愛くて仕方がないでしょうね。シジュウカラやヤマガラ、可愛くて大好きです。
ウソも初めて撮りました、次の機会にUP致します。

つるし雛のリンクの件ありがとうございました。
奥様にもよろしくお伝えください。

おはようございます。

ウソ。。あのピンクのほっぺがなんともいえないですよね。

楽しみです。

きのうはメジロが匂い椿目当てにやってきました。

とんだいたずらをされましたが。。かわいいからゆるせます。

あとりは小鳥の名前でもあり、アルプスの少女ハイジに登場するやんちゃなコヤギの名前でもあります。

祖父がつけてくれた子どもの頃からのニックネームなんですよ^^;。

応援ポチ♪

おはようございます。
オオアカハラやクロジ、良い写真撮れてよかったですね。
特にオオアカハラはアカハラに比べてみる機会が少ないので
アカコッコに似てますよね。
クロジも、平地では冬しか見れないので、今がチャンスです。

ソングバード 様
オオアカハラ、比較的珍しい野鳥とか、近くで見ることが出来、写真にも収めることが出来てラッキーでした。クロジも明るいところで撮る事が出来ました。
アカコッコは未だ見たことがありません。
それでも今年に入りこのオオアカハラにウソ、アオゲラ等、初めての鳥を見たり写したりで楽しくてなりません。もう少し焦点距離の長いものが欲しいです(笑)

あとり 様
ウソ、今朝のブログへ掲載しましたので御笑覧下さい。
名前だけは知っておりましたが、見るのは初めて、仰るとおりほっぺのピンクが実に可愛かったです。
メジロのいたずら・・・あの忘れ物ですね。可愛いから許してあげる・・・流石は愛鳥家の「あとり」さんです。
ご祖父様がつけてくれたニックネームの由来、アルプスの少女に登場するコヤギちゃんからとは・・・
子供が幼い頃、TVアニメで見た記憶がある程度でコヤギちゃんは全く知りませんでした。
「あとり」さん、鳥に詳しいですね~ 自分は野鳥に関心を持ち始め1年弱、未だ未だ知らない鳥がいっぱいです。これからも宜しくお願い致します。
応援を何時も有難うございます。

可愛い小鳥さん達の写真を、楽しく拝見し
また癒しを受けておりますよ。

先日のウオークで、池のある公園を横断しましたら「カワセミ」の写真を
撮るカメラマンがいっぱいおりました。
レンズの大きさにビックリしましたが、機材を運ぶだけでも体力が必要だと思いましたが
country walkerさん御夫妻ももちろん三脚・機材持参でシャッターチャンスを狙って
いるのでしょうね。

セロリさん 様
野鳥撮りは私一人です。家内は長い間、鳥が来るのを待つのはゴメンと一緒に行った事はありません。また、野鳥撮影用の大きいレンズも持っていないので。。
仰るとおり、大きな重いビデオ雲台を付けた三脚に一眼レフカメラ、そしてレンズにパイプ椅子、時には弁当にお茶等々・・・結構重い荷物を持っての移動となります。目的地までは写真専用の大型リュックに諸道具を入れて行きます。ウォーキング時よりはるかに重くなりますが、それでも出かけます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 源平ゆかりの史跡ウォーク | トップページ | バードウォッチング -ウソ- »