2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« てんとう虫 | トップページ | 佐鳴湖探鳥  -再びカワセミ- »

2013年1月29日 (火)

つるし雛

家内が昨年から始めたつるし雛づくり、内・外孫のひな祭りまでに・・・ひと針ひと針と、せっせと作っていたが昨日漸く完成した。

Img_9491 Img_9528_2

つるし雛の事は全く分かりませんが、ご近所につるし雛の作り方を熟知した奥さんがおり、親しい間柄もあってこの方から詳しく教えて頂いたものです。
作り始めてから約6ヶ月、分からないところはその都度教えを乞い出来上がりました。ひとつは内孫娘のため、もうひとつは外孫娘に届けることになります。
内孫や今春小学校に入学する一番下の外孫ちゃんも、喜んでくれるかな・・・
Img_9519宜しければ下の「デジタル写真」のバナーに 見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ嬉しいです。  -247- 


にほんブログ村

.

« てんとう虫 | トップページ | 佐鳴湖探鳥  -再びカワセミ- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この様な吊るし雛~女の子は喜ぶでしょうね~(^^)

風邪による発熱でダウン…応援ポチッ☆のみで失礼します。

つるし雛といえば伊豆稲取のつるし雛が有名ですが、全国的にもあるようです。
(飛騨高山あたりでは「さるぼぼ」のつるし雛もありました。)

今は昔のように着物生地が少ないので材料集めで大変でしょうね。
おじいちゃんお婆ちゃんの心こもったお雛様でお孫さんたちも幸せですね。

こんにちは♪
なんて豪華なつるし雛。
立派ですね!
愛情こもったつるし雛に、お孫さんたちの笑顔が浮かびそうです^^

こんにちは!
豪華ですね。花びらの1枚1枚、めしべまで、細かい作業が大変だったことでしょう。
そのぶん、立派な作品ができて、ご苦労が報われますね!
お孫さん、愛情たっぷりのプレゼントをきっと喜ばれると思いますよ。
幸せですネ~♪

カシオペア 様
全国的に風邪が大流行と聞いております。
風邪をひいた時は、とにかく暖かくして静養、これ以外にないと思います。
お大事に。応援をありがとうございます。

あすか 様
つるし雛、九州地方にもあると聞いたことがあります。
昔からの伝統以外、今では全国何処にでもあるようですね。
当地では稲取の様な伝統は全くありませんが公民館活動などでも教えているところもあると聞きます。
ブームなのかもしれませんね。

舞 様
コメントをありがとうございます。
つるし雛の詳しい事は分かりませんが、ひな祭りに間に合うようにと毎日少しづつ作業をしていたようです。
孫娘たち、喜んでくれれば家内も満足だろうと思います。

ロココ 様
コメントをありがとうございます。
苦労のほどは分かりませんが、近所に詳しい方がおられたのが幸いした事と思います。
後はひとつを外孫宅まで運ぶだけです。
喜んでくれればつくり甲斐もあったと思いますが。そこが一番気になるところです。


先日DIYの店舗に行きましたら、既製品も売っていましたが、
やはりお孫さんの事を想いながら、ひと針ひと針縫いためたものは
心がこもっていて何よりのお節句祝いになりますね。
素敵な和の飾り物は、心も温かくなるような気がします。

こんばんは!
素晴らしいですねshine
私の見識不足は、横に置いてbleah
これほど立派なつるし雛、はじめてみました。
パッチワークや手作りの本でもこの時期になると
つるし雛が掲載されていますが
だいたいが奥様の作られた3分の1程度で
あとは数個程度の物がほとんどなので
拡大させてもらって何度も何度も見せて頂きましたeye
お孫さんにとって素敵な宝物になると思いますconfident
今日は奥様にポチッですねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

奥様の作品、素晴らしいですね。器用さと根気・・・お孫さんへの想いがこんなにもステキなつるし雛をたくさん作られたのですね。

ご主人さまの撮影の腕も作品をより一層 引き立たせていますよ〜。
下の光が煌めいてます。

可愛くて綺麗なつるし雛が出来上がりましたね。おばあちゃんのつるし雛として永代伝わることでしょう。
九州では筑後地方と熊本県でもつるし雛が盛んに作られています。でも伊豆の稲取に桜を見に行った時、同じようなつるし雛を見てびっくりもし、うれしくなったことを思い出します。

あめぶる 様
「あめぶる」さんが作られる超精密な素晴しいミニュチュアには到底及びませんが孫のために・・・の一心で作った様です。
仰るとおり、お店で完成したものの方が見栄えもよく立派なことには違いないのですが・・・
孫達が少し大きくなって感謝してくれたならそれで充分だと家内も語っております。

mahiru 様
パッチワークつくりのベテランの「Mahiru」さんに褒められて家内も喜んでおります。
親切に指導していただいたご近所の奥さんのお陰でもあります。
何度も拡大して見られるとボロが出る可能性がありますのでほどほどが丁度良いのかもしれません(笑)
家内へのポチリありがとうございました。家内へもこのポチリのことは伝えておきます。

くーちゃん 様
ありがとうございます。
自分が作ったものでないだけに見様方から過分なコメントに困惑しているところです。
でも、根気の要る作業だと思われるので褒めていただければ自分としても嬉しいです。
下の光は雪洞の変わりに仏壇のローソクを借用しました。
ローソク立てが丸見えになってしまいました、もう少し左側に置くべきでしたが大失敗です(笑)

kumasan78  様
つるし雛、九州地方でも盛んに行われてきたと「よっくんさん」のブログで読んだ記憶があります。
静岡県では伊豆の稲取が有名ですが県西部の遠州地方での伝統はありません。
最近のつるし雛ブームの影響でしょうか。
段飾りのお雛さまと違い素朴な中にも華やかさがあるこの飾り、何故か最近では各地で人気があるようですね。

こんばんは。
我が家にも、義母がつくったつるし雛がありますが、可愛いですね。
幸せの願いがこもったつるし雛、きっと孫ちゃんたちが喜びますよ!!

ステキなつるし雛ですね。
しかも奥さまのお手製なんて、驚きsign01です。
きっと、お孫さんは大喜びですね。(お嫁さんのほうが大喜びだったりして・・)。
つるし雛の習慣は静岡地方ではあると聞いていましたが、
実際に観光用ではなく、一般でもかざるのですね。
雅な習慣ですね。

ソングバード 様
つるし雛、今流行の様ですね。彼方此方に教室があり習っておられる方も多いとか。
家内もその一人で、前から作ってみたい気持ちはあったようなのですが偶々近所に無料で教えて下さる方が居り、直々の指導でラッキーだったようです。

walkerZ 様
つるし雛、県内では伊豆稲取が本場で最も知られておりますが、全国各地にこの風習はあるみたいですね。
フツウのお雛様と一緒につるし雛や人形類を飾る風習は最近特に目立ちます。
可愛い孫のために祖父母を狙った、雛人形店の宣伝による影響も大きいのかもしれません。
あまり派手になるのも考え物ですが、手作りでひと針ひと針縫って作った真心が伝わればそれで良いかもしれません。

素晴らしい作品ですね。
てっきり、ウォーキングで行かれたどこかのお屋敷の写真かと
思いました。
ひと針ひと針心を込めて作ったつるし雛はお孫さんの宝物に
なりますね。
そして、手元から離れて行っても country walkerさんのお写真があれば
いつでもその作品を見ることができて、奥様への country walkerさんの優しいお気持ちが素敵です。

吊るし雛、かわいいしあざやかですね。

よく見るといろいろなものがあって楽しくなります。

写真の構図も見事ですねー。

ポチ。

ジャランこ 様
近所の方に教えて頂いたつるし雛つくり、作るならば今年のひな祭りまでにと一生懸命作ったようです。
お陰でお雛様の飾りつけ前に完成することが出来ました。
市販の高価なものには遠く及ばなくても、気持ちが通じてくれたならそれで良いと話していました。孫達が喜んでくれればそれで充分です。

tac-phen 様
つるし雛、動物あり、魚ありそして花・・・と多様です。
写真はフィルターを付けてみたり、灯りを点けて少し工夫をして見ましたが。
応援何時もありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« てんとう虫 | トップページ | 佐鳴湖探鳥  -再びカワセミ- »