2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

佐鳴湖探鳥  -再びカワセミ-

各地からは雪の便りですが静岡県西部の当地方では今冬の積雪どころか降雪も未だありません。風は強いものの天気は晴れ、風の影響を受けない佐鳴湖西岸へとまた出かけてきました。
今日も最初に出迎えてくれたのは翡翠とも呼ばれるカワセミくん。此処のカワセミ、人馴れしているのかかなり近くに寄っても一向に逃げない、写真を撮るには好都合ですが水面に飛込んだのは2回だけ、最初は不意に飛び込みカメラが追いつかず、二度目はピンボケの失敗。ダイビングは二度だけで直ぐ飛び去ってしまいました。それでも光に輝く美しい姿を近くで見ることが出来て好かった。
Img_2811_2
Img_2829_2

湖畔から山腹の森の中を散策するハイキングコースがあり初めて歩いてみた。森の入り口に居たのはマヒワ?それともアオジの雌? この辺が鳥撮り1年未満のシロートの泣き所です。鳥博士さん、何時ものことながら宜しくお願い致します。(鳥の名前、鳥博士で鳥撮り名人のソングバードさんからアオジですよと、コメントを頂きました、何時もありがとうございます)
森に入り少し歩いた時、梢の上でクックッと鳴き声と共に物音が・・・注意して見れば台湾リス?でしょうか。浜松城公園でも見かけたが飼っていたものが逃げ出したのかもしれない。地域によっては繁殖しすぎて被害が大きく害獣として駆除されている地域もあるらしい。
Img_2898 Img_2976森の中では、シジュウカラ、ジョウビタキ、シロハラ等々に出会いましたが写真はこれまでに数回アップしているため今回はカット。
再び湖畔に戻り、駐車場付近の東屋で餌を貰う為集まっていたユリカモメと近づいてきたカラスをパチリ。カラスは近すぎて画面からはみ出してしまいました、近くで見ればカラスもなかなか可愛いものです。
Img_3045 Img_3046パンダ鴨として人気のあるミコアイサや、写りはイマイチですが今回もミサゴの狩りのショットを何とか撮れたのでシリーズものとして次回に分けアップの予定をしております。

宜しければ下の「デジタル写真」のバナーに 見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ嬉しいです。  -248- 


にほんブログ村



.

2013年1月29日 (火)

つるし雛

家内が昨年から始めたつるし雛づくり、内・外孫のひな祭りまでに・・・ひと針ひと針と、せっせと作っていたが昨日漸く完成した。

Img_9491 Img_9528_2

つるし雛の事は全く分かりませんが、ご近所につるし雛の作り方を熟知した奥さんがおり、親しい間柄もあってこの方から詳しく教えて頂いたものです。
作り始めてから約6ヶ月、分からないところはその都度教えを乞い出来上がりました。ひとつは内孫娘のため、もうひとつは外孫娘に届けることになります。
内孫や今春小学校に入学する一番下の外孫ちゃんも、喜んでくれるかな・・・
Img_9519宜しければ下の「デジタル写真」のバナーに 見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ嬉しいです。  -247- 


にほんブログ村

.

2013年1月27日 (日)

てんとう虫

日課のお散歩ウォーキング、風の有無により風を避けてコースを変更する場合もありますが今日は堤防を歩いた。チラホラだったナノハナも場所によっては堤防いっぱいに咲いています。
車は通行不可となっている堤防の足元で偶然てんとう虫を見つけた、「おやっ・・・と」更に注意して見ればいるいる・・・てんとう虫は今の季節に現れるのか不明ですが、歩きながら路上でかなりの数が確認できた。10匹、11匹・・・と数えながら踏みつけないようにてくてく。。。

家に帰り、庭の下草の上へ何気なく眼を向けたところ此処にも居ました、カメラを持ち出し 急いでパチリ。

Img_9456
庭に小ぶりな紅白の梅が1本ずつ植えてあり、白梅は蕾が随分と膨らんできたが紅梅は蕾も殆ど無い、こんなことは初めてですが昨年当地方を襲った二度の台風の影響かもしれない。
過去のアルバムを見たところ暖冬と言われた一昨年には114日に紅白の梅開花となっており、遅い年でも今頃には多少開花しています。
梅が咲かない為か何時もやって来るメジロもサッパリ来ない、ミカンの輪切りを枝に掛けて誘ってみても来るのはヒヨドリばかり。。。
メジロは散歩中の堤防では群れになっているところをよく見かけるのですが、メジロが来る前にあのヒヨちゃんが全て食べてしまうのかもしれません。

Img_9392
ピーピーと喧しく鳴き、時には輪切りのミカンを丸ごと持ち去ってしまうヒヨドリ、この顔つきはどう見ても悪役風であんまり可愛くないですね。
宜しければ下の「デジタル写真」のバナーに 見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ嬉しいです。  -246-


にほんブログ村


.

2013年1月25日 (金)

佐鳴湖のハンター ミサゴ

124日(木)
風もなく穏かな天候に誘われて二週間ぶりに浜松市西部の佐鳴湖を訪れました。西岸中央の駐車場はウィークデーにも拘らずほぼ満車の状態です。
綺麗に整備された湖岸をジョギングする人、三々五々ウォーキンクを楽しむ人、のんびりと釣り糸を垂れる人・・・そこには何時も変らぬ長閑な風景があります。
湖面を見れば多くの水鳥達が羽を休め、湖上空にはミサゴが数羽悠然と旋回している。
Img_2663_3

駐車場付近の森を歩いて小鳥を探してみたかったがミサゴにつられて湖北側へ行ってみた。此処には二つの小河川が流れ込み、湖唯一残された自然湖岸がある場所です。
此処が静大ボート部漕艇場建設予定地となっているらしい。住民には全く知らされることなく工事がはじめられると聞き、付近住民などから反対運動が起きています。失われた貴重な自然は元には戻りません、貴重な自然を破壊することなく事を進めて欲しいものですね。

湖上を旋回するミサゴの数が6、7羽と増えてきた、その内の1羽が獲物を見つけて急降下し、見事ボラをゲット。

Img_2726_2

先日の様にカラス軍団に邪魔されることもなく、暴れるボラをわし掴みにして地上を睥睨するかの如く、大勢のカメラマンが並ぶ自分たちの上を悠々とかなり低空で飛び去っていった。 
Img_2735
ミサゴのハンティングを見た後、岸辺近く集まっている可愛い鴨ちゃんをパチリ。
Img_2790 

宜しければ下の「デジタル写真」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。  -245- 

にほんブログ村



.

2013年1月23日 (水)

夕焼け空

122日(火)
午前中降り続いた雨も午後には上がり、午後からは青空が見えてきた。日課のお散歩ウォーキングに出かける夕方には西の方角に薄い雲があり空が少し赤く染まっている、今日は久々に綺麗な夕焼けが期待出来そうな予感がした。
今日の日の入りは17時過ぎ、それまでに散歩を終えて近くの堤防で待機した。日が沈む頃オレンジ色をしていた空も日没後あまり夕焼けしないこともあり綺麗な夕焼けの予想は素人には難しい。
Img_2485
西の空一面に・・・とは行かなかったがそれでも綺麗に焼けた夕焼け空は実に綺麗でした。場所を移動して刻々と移り変わる夕景をパチリ。
Img_2480

宜しければ下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。   -244-

にほんブログ村



.


 

2013年1月22日 (火)

JRさわやかウォーキング 豊川稲荷

1月20日(日)
前日に続きJR東海主催のさわやかウォーキングに参加してきました。
本日のコースはは「新春の砥鹿神社と豊川稲荷を訪ねて」の11.7km。前日の掛川ではおひとり様でしたが今日は家内とふたりで参加です。

当初は、この日JR東海が開催する島田から金谷駅までの旧東海道石畳を歩くコースへ予定をしていましたが、このコースは自身、旧東海道53次を往復歩いた時を含め既に67回歩いており新鮮味に乏しいのです。
JR東海の開催予定が書かれた資料集を見たところ、同じ日に豊川稲荷を訪ねるコースもあり、開催地は愛知県豊川市と自宅からは遠くなるが日本三大稲荷のひとつとして知られる豊川稲荷を訪ねるコースを選択しました。豊川稲荷には久々のお参りになりますが、電車を利用するのもウォーキングで訪れるのも初めてのことです。

豊橋駅で飯田線に乗り換え豊川市へ。飯田線の運転本数が気になっていましたが豊川駅までは数多く運行されていると聞いたので気楽な気持ちで出かけたのが大失敗、豊橋駅到着1分前に9時8分発の飯田線は発車し待つこと約30分、時刻表をネットで調べておくべきでした。

JR豊川駅をスタートして最初の訪問地は三重塔で知られた三明寺、この寺は遠州見付宿から三州御油宿まで続く旧東海道のバイパス的街道「姫街道」沿いにあり、かつてこの姫街道を三日かけて歩いた時に立ち寄ったお寺です。
P1030082
コース案内に従い豊橋名物ヤマサの竹輪の販売店の試食コーナーに寄り各種の竹輪を一通り試食、自分たちも美味しかったので価格も手ごろと、ついつい2品、3品と購入。トイレを借り、試食だけにすれば好いのですが、試食した味に魅せられ、ついつられて買ってしまいました。

「みちびき不動尊」を経て、三河国一之宮である砥鹿神社に到着。昔から三河国の神社では筆頭格の扱いを受けているという格式ある広大な境内は多くの参詣客で賑わっておりました。
P1030088
砥鹿神社から5.5km、目的地である豊川稲荷に到着。豊川さんに来ればいなり寿司を・・・と、昼食はいなり寿司店に。。。
流石は本場、味も良い上に安い、12時を過ぎまで歩いた後という事を差し引いても門前町で食べる稲荷寿司は美味しかった。
P1030092
今日は風もあり冷たかったが、昨日ほどの寒さは感じなかった。多少気温が高かったのかもしれません。久々に訪れた豊川稲荷、お参りした後の「すがすがしさ」はやはり格別なものがありました。
宜しければ下の「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -243-


にほんブログ村




 

2013年1月20日 (日)

JRさわやかウォーキング 掛川新春七草粥

19日(土)、JR東海主催のさわやかウォーキング「歴史と文化の息づく町掛川 第13回新春七草粥ウォーキング」に家内は趣味の教室参加のためお一人様で参加してきました。遅くなりましたがウォーキングイベントの初歩きです。
天気は快晴ですが、列島を覆う寒気の影響か気温は低く、今年一番の冷え込みとか、風もかなりあり体感温度は殊のほか冷たい。このイベントには過去にも数回参加しており、コース内の見どころ等全て見学済なので申し訳ないと思いつつ龍尾神社以外は全て素通り、目的は縁起物?の、新春七草粥です。

P1030077
コースは掛川駅をスタートし「けっトラ市」を見物しながら、掛川城主であった山内一豊ゆかりの神社仏閣を拝観した後に三の丸広場へゴールする約10km。「けっトラ市」とは軽トラの荷台をお店にして野菜や手作り加工品を販売する市場のことです。
P1030034
立ち寄ったところが1ヶ所だけなので三の丸広場にゴールしたのが11時過ぎ、本日参加の最大目的である七草粥の販売されているテントへ。。。
行列に並び、口にした暖かいお粥は小腹も減っていたことを差し引いても美味しかった。茜襷に絣の着物のお茶娘さんからTVで有名になった掛川茶も戴いた。

P1030051

P1030052

他にも熱い甘酒の無料サービスもあり、歩いていても顔や耳が痛いほど冷たかったのが、ゴール後は体の芯から温かくなりました。
P1030072
この後、大手門を経て掛川駅へと向かうが、駅前通では12時の閉店間近の「けっトラ市」からは香ばしい匂いが・・・見ればつきたてのお餅を醤油に浸けて焼いていたのでひとつ購入。その場で立って食べたが子供の頃、火鉢の火でお餅を焼いて食べたあの食感です。海苔で巻いた焼餅は懐かしい昔の香りと味がした。


にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -242- 




.

2013年1月18日 (金)

森の小鳥たち -お食事中-

13日(日)、市の主催で野鳥観察会が実施されました。場所は11月、12月に開催された大田川河口と異なりトンボの楽園と言われている桶ヶ谷沼。
三方を森に囲まれた沼の周囲を一周し、野鳥を観察するという催しである。子供も含めた大勢の参加者に混じり双眼鏡持参で参加してきた、当日は指導員の解説によりオオタカやノスリ等の猛禽類からカワセミまで26種の野鳥が観察できました。その日は大きなカメラや道具は皆さんの邪魔になるのでは・・・と、持参していなかったので一昨日ひとりで再び訪れてみた。

猛禽類ではノスリらしき大型の鳥が上空を旋回していたが高すぎてハッキリとは分からなかった。藤棚のある休憩所で一息しているところへ1羽のシジュウカラが近くの梢にやってきた。木の実らしきものを銜えながら右を見たり・・・

Img_2170
木の実を落とさないようにシッカリと足で挟んだまま、左を向いては囀ってみたり・・・

Img_2162
下を向いた時には「ありがとうございました」とお辞儀をしている様にも見えるがチョコマカと実に忙しい。キョロキョロしながらでも食べ物を落とさない様にするその仕草が実に可愛らしい。

Img_2164
休憩していると、小鳥達が次々と結構やってきた。最初はお馴染みのメジロ君。近くに好物となるものが見当たらないのか直ぐに飛んで行ってしまった。

Img_2008
メジロが去った梢にはシロハラ?が。少し距離があるので安心したのか地上に舞い降りヤマハゼの実?らしきものを啄み始めた。

Img_2025
Img_1996

最後に現れたのはマヒワ? 先ほどのシロハラとこのマヒワ?は初めて見る野鳥なので確信が持てないのです。シロハラは図鑑で調べ、似ているので多分合っているのでは・・・と思いますが最後の野鳥はマヒワ?図鑑ではアオジにも似ている様ですし・・・或はまったく別の野鳥かもしれません、鳥博士さん宜しくお願い致します。(※最後に現れたマヒワでは?と思っていた野鳥の名前、鳥博士の「鳥見人さん」と「ソングバードさん」からクロジの雄ですよと教えて頂きました。こうして教えていただけることは本当に嬉しいことです。ご両人様、ありがとうございました)

Img_2409


にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -241-




.

2013年1月16日 (水)

佐鳴湖探鳥-愛すべき野鳥たち-

カワセミやミサゴのハンティングを撮った翌日(11日)、再び佐鳴湖へ出かけてみた。今日も湖近くの池ではカワセミ君の出迎えを受けましたがミサゴは現れず湖畔から見た野鳥達を写してきました。(下写真は佐鳴湖全景です)

Img_9013 湖畔の散策路で最初に見つけたのは可愛いジョウビタキにシジュウカラ、ジョウビタキは色が綺麗なので多分雄のジョビ君でしょうか。
Img_1453 Img_1770
カンムリカイツブリは「あんたそれはチョット大き過ぎるのでは?」と、思われる魚をゲットしたが、大き過ぎて飲み込むのに苦労していました、そして日向ぼっこを楽しむ?沢山のカワウたち。

Img_1978
Img_19733 最後は最初の場所とは違う場所に現れたカワセミちゃん、嘴の下が赤いので雌の様です。背景が暗く、カワセミちゃんが明るい枯れ枝に留まってくれないかな・・・と、思っていたポイントに来てくれました。 
Img_1726_2
この写真を撮った翌日も出かけたのでこの日を含めて3日連続の佐鳴湖通いになりました。
3日目はウォーキングを兼ね、重いカメラや三脚、諸道具を持って湖を一周てくてくと歩きましたが、カワセミやミサゴにも出合うことが出来ず、やっぱり柳の下には何時もドジョウは居ませんでした。


にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -240-




.
 

2013年1月14日 (月)

佐鳴湖探鳥 -ミサゴのハンティング-

翡翠とも呼ばれる美しいカワセミ君を充分撮れたので気分ルンルン、ミサゴが現れると言う湖北部へ移動。此処には既に500600ミリ級の大砲レンズを構えた人たちがズラリ。
挨拶してその人たちの端に入れて貰った。待つこと暫し、湖の上空に現れたのはあの猛禽「ミサゴ」です。生きた魚のみを狩るこのタカは大きさがカラスより大きく、鳶よりも更に少し大きい位の猛禽で先日、県西部を流れる大田川河口で初めて撮って以来の対面です。
Img_1507眼光鋭く、湖面を睥睨しながら悠然と上空を旋回するその姿は迫力充分、その内に獲物を見つけたのか急降下して見事ボラ?をゲット。
Img_1686
Img_1597ボラをゲットしたミサゴを見つけカラスが獲物を横取りしようと2羽~3羽と集団で襲い掛かるが追跡をかわして彼方に立ち去ると、その後もタイミング良く次々と2羽のミサゴが現れ、獲物である魚を捕るシーンを見ることが出来た。
Img_1693 ミサゴのハンティングは豪快だ、足から突っ込み足で獲物を掴み舞い上がるがゲット率は高く、同じ魚を狙うカワセミやサギ類が3割打者ならミサゴは今日自分が見た限りでは3羽ともに全て空振り無しの十割バッターでした。
2羽目のミサゴはあれほど大きな獲物を掴んでよくぞ飛翔できるものだと感心するばかり。魚は推定35~40cm位ではと思うほどの大きさでした。掴んだ獲物のボラは未だ頭を左右に振って暴れており、カラス集団の襲撃を受けながらも追跡を振り切って山の彼方に消えて行った。
Img_1899

Img_1887_2写真は超望遠レンズによる遠方からの撮影であり、しかも全てトリミング済みです。その為に鮮明度に欠ける画像になったことをお詫びいたします。


にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -239- 




.

2013年1月13日 (日)

佐鳴湖探鳥 -翡翠-

好天に誘われて浜松市西部にある湖「佐鳴湖」に出かけてきました。
湖の周囲5.5kmが「佐鳴湖公園」として綺麗に整備されており多くの市民の憩いの場として、ジョギングやウォーキングを楽しむ人たちで終日賑わっております。
浜名湖と続いている為に水質は塩分を含む汽水湖でかつては水質汚濁ワースト1位を数年保ち続けた不名誉な記録がありますが最近では官民一体となった水質改善の努力が実りワースト5位圏外に脱出したとされている。

湖の周囲には小さな池があり、最初に出迎えてくれたのは「翡翠」または「青い宝石」とも呼ばれている雄のカワセミ君。
Img_1067
Img_1152 
此処のカワセミ君、直ぐ近くをジョガーやウォーカーが途切れなく通るので人慣れしてあまり怖がらない。物音や人の気配を察すると直ぐに逃げてしまうマイフィールドのカワセミとは大違いでした。

Img_1177 Img_1142_2

目前で数回水中に飛び込んでくれましたが、獲物をゲットした瞬間が少なく決定的なショットはありませんでした。「魚が獲れなくてごめんね、その代わりに・・・」とばかりに、ホバリングの大サービスがあり急いでパチリ。
Img_1178
この後、猛禽類のミサゴがよく現れるとされている湖北部へ。ミサゴが大きなボラをゲットした瞬間等も下手なりに何とか写真に収めることが出来ましたので次回に分けてアップしていきたいと思っています。 


にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -238- 




.

2013年1月11日 (金)

早春賦 -水仙咲く-

日課としているお散歩ウォーキング、風の無い日は堤防上を、風が強い日は別の道を歩くことにしています。ここのところやや風があり、堤防は避けていたが堤防を歩いてきた妻から「堤防の水仙が咲いた・・・」と、聞いて昨日は風がやや強かったがカメラ持参で堤防を歩いてきました。

Img_9358_2

未だチラホラ・・・といった状態ですが早春の花、水仙を早速パチリ。
水仙の周囲にはあの「ひっつき草」がいっぱいです。衣服に付着しないように気をつけながら、強い風に花が揺れるので野鳥撮影並みの高速シャッタースピードで撮った、写真を撮り終え堤防上に戻って見ればズボンや上着にはあの「ひっつき草」の種がびっしり
。。。

Img_9352_2
昨年から咲いているナノハナも随分と花が増えてきました。秋には一時見られない頃もありますがほぼ年中咲いている感じです。
Img_9348
何時も咲いているので、季節感のやや乏しい花となってしまいましたが、早春の堤防を彩る黄色の花には見慣れた中にも爽やかな美しさがあります。
Img_93422

雪国では大雪で困っている時、水仙やナノハナの話題は如何なものかと躊躇しましたが、沖縄ではカンヒザクラ開花のニュースも伝えられておりアップしました。


にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -237- 




.

2013年1月 9日 (水)

野鳥観察 -河口の鳥たち-

先日購入したビデオ用雲台装着のニュー三脚を持って県西部を流れる大田川河口へ野鳥観察に行ってきました。
鳥専カメラマンの皆様方が使用されているような価格が6桁の超高級三脚には遠く及びませんが、今まで使用していた一般的な3Wayの雲台と比べて鳥撮りには随分使いやすいと思った。
使いやすのであれば、撮った写真が進歩しているかと言われると苦しいところですが、野鳥撮り1年生の自分としては大いに気に入っています。
河口近く、松林の上空を飛ぶ海鳥の群れとカモメ?をパチリ。

Img_0748

Img_0770

その後、上空を旋回するミサゴ?らしき猛禽と水面で魚獲りに夢中のカイツブリを。。。

Img_0803

Img_0927

そして松林の中をせっせと掘り起こしては昆虫を捕らえているツグミを見つけパチリ。このツグミ君、餌獲りに夢中で殆ど無警戒、カメラを構えた3.54mぐらいの至近距離でした。
カイツブリが捕らえた魚はともかく、ツグミの食べているのはムカデ? (写真はクリックで拡大されます)

Img_0847

Img_0853



にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -236- 




.

2013年1月 7日 (月)

ロウバイ咲く

皆さんのブログを拝見し、九州各地では早春の花、蝋梅が開花とのことである。自分の周囲では・・・と、思っていた矢先、地元新聞紙に浜松緑化推進センターの蝋梅が咲いたと報道されていました。 記事を読み早速出かけてきた。
様々な蝋梅が十数本植えられたコーナーには、花独特の馥郁たる芳香が漂っていたが未だ34分咲き程度でしょうか。それでも新聞の威力は凄い、コーナー周辺には既にかなりの人たちが集まっていました。

Img_9255

Img_9258

この公園では、昨年の春・秋の季節の変わり目に野鳥撮り1年生の自分としては過ぎたほど色々な野鳥撮影が出来た場所ですが、流石にこの季節ではヒヨドリにムクドリ以外野鳥の姿は見られません。
森町に「ロウバイの里」があり、此処から森町へと向かってみた。

Img_9267

此処でも今年は開花が遅れているのかチラホラ程度。「ロウバイの里」のあるアクティ森では餅つきなどのイベントが行われており、搗き立てホヤホヤのお餅を入れた「おしるこ」をご馳走になった。若い頃には見向きもしなかった「おしるこ」、いただくのは何年振りであろうか・・・でも、搗き立てのお餅入りの「おしるこ」は美味しかった、加齢と共に二刀流の遣い手になったみたいです。

Img_9336


にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -235-




.
 

2013年1月 5日 (土)

優雅 -コハクチョウ-

野鳥に関心が増して2年目、今まで使用していた一般的な3Way雲台が付いた三脚より野鳥撮影がし易いと言われるビデオ用雲台と三脚を購入し、久しぶりに少し離れた池へニュー三脚と重いレンズを装着したカメラを持って出かけてきました。
お目当てはこの池に毎年飛来するコハクチョウ。比較的温暖と言われる当地ですが、数は少ないものの毎年この池に冬の使者として飛来し、その優雅な姿を披露してくれます。

Img_0708

Img_0713

今日も自分たちのいる観察舎から比較的近い距離まで葦の茂みから2羽が出てきてくれました。池の底に首を突っ込んで水草の地下茎を食べる為か、綺麗な筈の顔の周りが泥で汚れています

二羽のコハクチョウが向かい合った時、嘴から下にハート形の空間が出来ることがあり、その瞬間を寒い中、辛抱強く待ちましたがなかなか希望通りのカタチにはなってはくれませんでした。

人をあまり警戒することも無く、かなり近くまで寄ってきてくれます。人を信じて疑わない綺麗な目に周囲の女性から思わず「可愛~い」の声が。

池には沢山の鴨ちゃんも・・・首から上が青いのはマガモ?に頭の模様が綺麗なコガモ?でしょうか。。。

Img_0603

Img_0624

年が変ってもウデの悪さに変りはありませんがニュー三脚、使い易いのでウデの悪さを多少はカバーしてくれると良いのですが。
 


にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -234- 



.

2013年1月 3日 (木)

初詣  -奥山半僧坊-

元日は同居しているが別所帯の息子家族と新年会、3日は嫁いだ娘一家が来て三世帯一緒の新年会・・・これが毎年三が日のパターンとなっています。
ふたつの新年会の谷間となる2日は、夫婦で地区の鎮守神と、〇十年前結婚式を挙げた市内の神社に参拝した後、何れかへ出かけることにしている。今日も暖かく天気は上々、少し離れた寺院にお参りすることに決めた。

Img_0534

向かった先は浜松市北部の古刹、臨済宗方広寺派の大本山である「奥山半僧坊」。朱塗りの立派な山門を潜り本堂へと向かう、老松古杉の樹下の参道には五百羅漢像がいたるところに・・・

Img_0539

Img_0543

歴史を偲ばせる本堂内では丁度つるし雛や早川洋介氏の油彩画展が開催されていました。拝観の案内にしたがって進めば本堂裏の高いところからは三重塔が望むことが出来、遠州の地とは思えない素晴しい風景でした。

Img_0555

Img_0584

勅使門付近と池に咲いていた冬の花、山茶花をパチリ。

Img_0590

Img_0601

帰りは新東名を利用することにした。新東名開通以前、ウォーキングイベントで彼方此方のトンネル内やSAを歩くことは何度も経験しましたが、実際に走行することは初めて。関西地区への単身赴任時代を含め東名・名神高速と随分走りましたが新東名、噂に違わず実に走りやすい・・・これが実感でした。

古刹に詣で、短い区間でしたが快適な新東名初走行も出来たお正月の二日目でした。    


にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -233- 



.

2013年1月 1日 (火)

おめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
我家では通常は二世帯住宅風にして息子夫婦とは別々に生活しておりますが、元日は恒例の新年会を息子夫婦と共に新春を祝いました。

狭い家ですが普段使用していない床の間には正月用の掛け軸と花を活け、年々成長する孫達とおせち料理を頂き、今年一年の家内安全と無病息災を神棚、仏壇に祈願。

Img_4432

お屠蘇が冷めた夕方には日課のお散歩ウォーキングとして「歩き初め」をしてきました。上の写真、お正月には富士山が相応しいのでは・・・と、過去に撮ったものですが掲載しました。

Img_8810

 

にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、応援のクリックをいただければ幸いです。 -232-




.
 

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »