2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« つるし雛 | トップページ | 佐鳴湖探鳥 -パンダ鴨- »

2013年1月31日 (木)

佐鳴湖探鳥  -再びカワセミ-

各地からは雪の便りですが静岡県西部の当地方では今冬の積雪どころか降雪も未だありません。風は強いものの天気は晴れ、風の影響を受けない佐鳴湖西岸へとまた出かけてきました。
今日も最初に出迎えてくれたのは翡翠とも呼ばれるカワセミくん。此処のカワセミ、人馴れしているのかかなり近くに寄っても一向に逃げない、写真を撮るには好都合ですが水面に飛込んだのは2回だけ、最初は不意に飛び込みカメラが追いつかず、二度目はピンボケの失敗。ダイビングは二度だけで直ぐ飛び去ってしまいました。それでも光に輝く美しい姿を近くで見ることが出来て好かった。
Img_2811_2
Img_2829_2

湖畔から山腹の森の中を散策するハイキングコースがあり初めて歩いてみた。森の入り口に居たのはマヒワ?それともアオジの雌? この辺が鳥撮り1年未満のシロートの泣き所です。鳥博士さん、何時ものことながら宜しくお願い致します。(鳥の名前、鳥博士で鳥撮り名人のソングバードさんからアオジですよと、コメントを頂きました、何時もありがとうございます)
森に入り少し歩いた時、梢の上でクックッと鳴き声と共に物音が・・・注意して見れば台湾リス?でしょうか。浜松城公園でも見かけたが飼っていたものが逃げ出したのかもしれない。地域によっては繁殖しすぎて被害が大きく害獣として駆除されている地域もあるらしい。
Img_2898 Img_2976森の中では、シジュウカラ、ジョウビタキ、シロハラ等々に出会いましたが写真はこれまでに数回アップしているため今回はカット。
再び湖畔に戻り、駐車場付近の東屋で餌を貰う為集まっていたユリカモメと近づいてきたカラスをパチリ。カラスは近すぎて画面からはみ出してしまいました、近くで見ればカラスもなかなか可愛いものです。
Img_3045 Img_3046パンダ鴨として人気のあるミコアイサや、写りはイマイチですが今回もミサゴの狩りのショットを何とか撮れたのでシリーズものとして次回に分けアップの予定をしております。

宜しければ下の「デジタル写真」のバナーに 見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ嬉しいです。  -248- 


にほんブログ村



.

« つるし雛 | トップページ | 佐鳴湖探鳥 -パンダ鴨- »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

またまた素晴らしい瑠璃色のカワセミを拝見しました。確かに小さな鳥でも目は鋭いですね。
それに引き換えカラスの目は愛らしく見えますね。(笑)

お住まいの周りが自然いっぱいで羨ましい限りです。
応援ポチリ!

あすか 様
カラス、近くでも陽が当たっていないとよく分からないのですが、良い具合に日当りの良い場所に来ました。カラスをアップで撮ったのは初めてですが想像以上に可愛いな・・・と思いました。
自然が残っているのは地方暮らしの特権でしょうか、これからも自然は大切に守って行きたいものですね。
応援何時もありがとうございます。

再びカワセミをゲット~素晴らしい~(^^)v
タイワンリスは鎌倉でも繁殖して困っているそうです…
でも観光客には人気があるんですよね^_^;

応援ポチッ☆

カワセミはどうしてこんなに美しいのでしょうか?
鳥の解説の写真以上に美しい写真をもう沢山撮られましたね。
上の2枚、保存させてください。

青い羽根とオレンジの腹部のカワセミ、綺麗ですね。
この時期にカワセミをはじめ色々な鳥を見ることが出来るのは、羨ましいです。

台湾リスは普通のリスより大きいのでしょうか?
先日厳寒の旭山動物園で雪の上を歩くリスを見て驚いてしまいました。エゾリスは何度も見ていますが、台湾リスを見たのは初めてかもしれません。

カシオペア 様
風邪の具合は如何でしょうか。
体調が充分でない中、コメントをありがとうございました。
観光地で繁殖しすぎて困っていると聞いたことがありますが鎌倉だったのですね。
観光客には人気でも地元の皆さんには迷惑な外来リス、対応が難しいですね。
無理をしないようにひたすら休養が一番ですよ、お大事に。

kumasan78 様
一番上の写真、この日は太陽を背に受けてベストな光線で撮影できました。何時見ても美しい鳥ですが、この日は特別綺麗だな・・・と思いシャッターを押し続けました。これで2枚目の写真の様にキャッチライトが入っていれば尚良かったのですがまた、次へのお楽しみになりました。
保存して頂けるとの事、ありがとうございます。次は綺麗な背中の羽とキャッチライト入りのショットを目指します。

のりちゃん 様
風は強くても雪のない当地方、野鳥撮影が出来るだけでもありがたいと思っています。
台湾リス? らしき動物は在来種である日本リスより大きくネコぐらいある様に思えました。
在来種を駆逐し、農作物への影響もかなり大きいと聞きます。
固体が大きいのであまり可愛いとは思えませんでしたが。。。

こんばんは。
カワセミ、かなり近い所で撮れたようですね。
ユリカモメもジャスピン!!素晴らしいです。
3枚目はアオジです。
カラスもよく見ると真っ黒ではなく、光の具合で緑やブルーに見えるんですよね。

カワセミ、なかなか見るチャンスもないので
こうして country walkerさんのおかげでアップを見ることができて
嬉しいです。
リスは繁殖しすぎて被害が出ているとのこと、、人間の都合で
増やされたり駆除されたりかわいそうですね。

わぁ、また佐鳴湖にお越しくださったんですね!ありがとうございます^^
少しの間、当方のブログの更新は不定期になるかと思いますが、
こちらに伺っては、country walker さまのお写真に元気をいただこうと思ってます^^
よろしくお願いします!
私も応援ポチリ☆

カワセミ、羽の色がちょっと淡くなってますね。

羽がはえかわっているのでしょうか。

ポチ。

ソングバード 様
カワセミは10m以内ぐらいのところに留まってくれました。上の写真は綺麗な羽が撮れたので満足しておりますがキャッチライトが欲しかったです。綺麗な羽とキャッチライト、これが次の目標です。
カモメの写真、以前教えて頂いた親指AF、この頃この動作に少し馴れてきたお陰かな・・・と思っております。
アオジの名前、何時ものことながらありがとうございます。二つの図鑑で調べたのですが確信が持てなかったのです。ブログの本文にも前回同様アオジである旨追記いたしました。
カラスも光によって色が変って見えることは初めて知りました。カワセミをはじめ鳥の羽って光線によって随分と変化するものなのですね。これからはからすにも注目してみます、何時も本当にありがとうございます。
これからも宜しくご指導の程お願い致します。

ジャランこ 様
此処のカワセミは人馴れしているのかかなり近づいても逃げません。
お陰で今回は大きく撮ることが出来ました。
次の目標は2番目の写真の様に、眼に光が入ったところと獲物を捕らえて水面からジャンプする場面です。
台湾リス、鎌倉では増えすぎて駆除の対象になっていると聞きました。
人間の都合で可哀想です。

wakaba 様
1年に1~2度しか訪れていなかった佐鳴湖、野鳥が豊富なこと、今回の北岸の事柄等々で急に身近な存在になってきました。今度の事で改めて佐鳴湖の良さが再認識されました、自然保護、後世まで引き継ぐ絶対に必要なことですね。
今、「wakaba」さんのブログを拝見致しました。拙ブログの紹介と写真を掲載頂き、ありがとうございます。「wakaba」さんのブログ、更新されなくても「日本ブログ村」へのポチリは毎日続けます。北岸を護るためのささやかな応援です。
あ、私へのポチリもありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。

tac-phen 様
野鳥は季節による羽の抜け変わりやオスメスの違い、その日の光線の状態で随分と変ります。
カワセミなど背中が緑色に見えることもあり一定ではありません。
でも、何時見ても綺麗ですね~
応援をありがとうございます。

カワセミ 何度見てもキレイな色ででイイですね!

台湾リス・・・先日鎌倉の杉本寺でも見かけました。鎌倉では被害が多く出て
困っているようです。見た目は可愛いのですがね~!

こんばんは。

カワセミの美しさはいつ見てもキラキラ美しいですね。

ゆりかもめの画像は素晴らしいショットですね。
プロカメラマンさんのように感じました。

セロリさん 様
コメントを下さる「カシオペア」さんも鎌倉に居ると教えてくれました。
逃げ出したのか飼えなくなって逃がしたのか原因は不明ですが、何処でも繁殖しすぎて困っているみたいですね。外来種は在来種を駆逐してしまうとか・・・困った現象ですね。

くーちゃん 様
何時もながら超過分なコメントをありがとうございます。
ユリカモメ、先月の浜名湖佐久米駅や隅田川クルーズに乗船した時を思い出しました。人馴れしやすい野鳥ですね。
カワセミ君、光線の良い状況で撮れました。
鳥の羽って光線により随分と変るものです、カワセミの背中が一瞬緑色に変るところを見たことがあります。写真には撮ることが出来ませんでしたが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つるし雛 | トップページ | 佐鳴湖探鳥 -パンダ鴨- »