2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 早春賦 -水仙咲く- | トップページ | 佐鳴湖探鳥 -ミサゴのハンティング- »

2013年1月13日 (日)

佐鳴湖探鳥 -翡翠-

好天に誘われて浜松市西部にある湖「佐鳴湖」に出かけてきました。
湖の周囲5.5kmが「佐鳴湖公園」として綺麗に整備されており多くの市民の憩いの場として、ジョギングやウォーキングを楽しむ人たちで終日賑わっております。
浜名湖と続いている為に水質は塩分を含む汽水湖でかつては水質汚濁ワースト1位を数年保ち続けた不名誉な記録がありますが最近では官民一体となった水質改善の努力が実りワースト5位圏外に脱出したとされている。

湖の周囲には小さな池があり、最初に出迎えてくれたのは「翡翠」または「青い宝石」とも呼ばれている雄のカワセミ君。
Img_1067
Img_1152 
此処のカワセミ君、直ぐ近くをジョガーやウォーカーが途切れなく通るので人慣れしてあまり怖がらない。物音や人の気配を察すると直ぐに逃げてしまうマイフィールドのカワセミとは大違いでした。

Img_1177 Img_1142_2

目前で数回水中に飛び込んでくれましたが、獲物をゲットした瞬間が少なく決定的なショットはありませんでした。「魚が獲れなくてごめんね、その代わりに・・・」とばかりに、ホバリングの大サービスがあり急いでパチリ。
Img_1178
この後、猛禽類のミサゴがよく現れるとされている湖北部へ。ミサゴが大きなボラをゲットした瞬間等も下手なりに何とか写真に収めることが出来ましたので次回に分けてアップしていきたいと思っています。 


にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -238- 




.

« 早春賦 -水仙咲く- | トップページ | 佐鳴湖探鳥 -ミサゴのハンティング- »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
すごいなぁ、あちこち、素早く動きまわるカワセミを、
ばっちり、羽根まで止まってますね。

正に翡翠色!
自然とは云え素晴らしい色ですね。
カワセミだけを追うカメラマンが居るとは聴いていますが
その気持解かりますね。

応援ポチリ。

カワセミを見事に捉えましたね~ナイスです~(^_-)-☆
そしてホバリングを見せてくれるとはサービス満点。
これを見ていると「飛ぶ宝石」と言うのがよく分かりますね(^^)

恥ずかしい話ですが、私はカワセミを見た事がまだ無いんです…

応援ポチッ☆

写真道楽人 様
此処のカワセミ君、人馴れしている為か比較的写真には撮りやすかったです。
魚をゲットしたところが無く小さなエビばかり、それでもホバリングがあり満足できました。

あすか 様
明るい場所に出てくれたので撮影条件も良好で、距離も近く自分では満足しています。
実は昨日も出かけたのでが、柳の下にはドジョウは居ませんでした(笑)
水飛沫を上げ、魚を銜えて水面から出る瞬間(こちら向きで眼にはキャッチライト入り)を撮るのが自分の夢なのですが・・・
いまだ実現していません。
応援何時もありがとうございます。

カシオペア 様
カワセミ、かつては清流にのみ生息と思っておりましたが、案外身近な野鳥です。
魚が棲む川ならば何処にでも居ますよ、案外生活の適応性に優れているのかもしれません。
お近くの川にも必ず居ると思いますが・・・
応援何時もありがとうございます。

こんにちは!
写真、いつも楽しみにさせていただいてます。
カワセミですか!きれいな、コバルトブルーなんですね。
飛ぶ様子もバッチリ!
絵の素材にできそうなショットです^^

すばらしい瞬間が良く撮れましたね。
カワセミの色もいい色です。
感動ものです。
佐鳴湖でカワセミが見られるとは思いませんでした。
西部地区でもいろいろな野鳥がいるものですね。

こんにちは。
もうこれ以上ないというほどの美しいショットだと思います。
人馴れしているのは心配ですが、
何だか自信に満ちた表情にさえ感じます。
やはりカワセミは本当に美しい鳥ですね。

ロココ  様
コメントをありがとうございます、そして拙ブログへもお立ち寄りいただいているとは、重ねてお礼を申し上げます。
写真を始めたのは定年後とキャリアも浅く、ウデも二流ですがこのカワセミを見てからすっかり野鳥にハマってしまいました。初めてこの鳥を目の当たりにした時の感動は忘れることが出来ません。
「ロココ」さんは絵画が得意なのですね、前回のブログ水彩画「水滴と葉」も拝見しました。
写真は好きですが、絵は全く分かりません。でも、水彩画独特の淡いタッチがステキだな・・・と思いました。
これからも宜しくお願い致します。

たかchan 様
カワセミ、小さいので分かり難いのが難点ですが、今では何処にでも居る野鳥です。
自分の近くを流れる清流とは到底言いかねる川でも時々見かけます。
ただ、何分小さいこと、動くが早いのでなかなか撮るには大変ですが、佐鳴湖は人も多くかなり人馴れしていると思いました。
でも本当に綺麗な鳥です。

あめぶる  様
此の湖は市の西部とはいえ市街地の中にあるので毎日沢山の人たちの憩いの場となっています。
その為か、人への警戒心が薄れているのか人馴れしているのか他の場所で見るカワセミより近づくことが可能です。人馴れしていると言っても鴨やハトの様に餌を貰うほどではありませんが(餌は生きた小魚やエビ類だけのようです)
でも本当に綺麗な野鳥です。

カワセミ、本当に良く撮れていますね。

人慣れしているカワセミと、country walkerさんの腕と熱意の
賜物ですね。
ニュー三脚も威力を発揮していることでしょう。

日中、鳥見の方が多く訪れる公園を散策しました。
大きな三脚、長いレンズのついたカメラ、双眼鏡を
持っていらっしゃる方を見かける度に、
country walkerさんも、こんな様子なのかしら・・・と眺めていましたよ。

見事!見事な撮影ですね。もうこれ以上の写真は無いと満足しました。

動く宝石 射止めましたね
春先から縁起がいいです
今年 大物を物にすることができるかも知れませんね

ブログ村での成績もベスト3常連さんとなられましたね おめでとうございます

とほ娘  様
ありがとうございます。
仰るとおり人馴れしているために鳥に近付けれたことと、やはりニュー三脚の威力が大です。
ウデは二流でも機材の威力はやはり大きいものです。
「とほ娘 」さんが見られた公園の風景と、自分はあまり変らないものと思います(笑)

kumasan78 様
ありがとうございます。
「あすか」さんへのコメントにも書きましたが「水飛沫を上げ、魚を銜えて水面から出る瞬間(こちら向きで眼にはキャッチライト入り)を撮るのが自分の夢」
この瞬間を永遠のテーマとして、希望は大きく持ち続けて行きたいと思っております。

あまなつ 様
はい、今までに無い至近距離で撮影することが出来ました。
やはり人馴れしているためではないかと思います。
ブログ村、教えて頂いたのは「あまなつ」さんです、そのお陰でブログの更新の励みになっていることは間違いありません。
ありがとうございました。

素晴らしいお写真ですね~(^_^)
小さなカワセミが 羽ばたく瞬間を見ると とても大きく見えるのですね
一瞬一瞬が コマ送りのようで 羽の一枚一枚が輝いて見えますね~
撮ってみたいです・・(無理は承知なのですが・・)

カワセミって飛んでる姿もブーメランみたいで素敵ですね。

浜名湖ってそんなに悪名が高かったんですね。

官民一体の努力が実ってよかったですね。

ポチ。

みるくぱん 様
ありがとうございます。
比較的近くまで寄れたこと(10m以内位)好天で条件が良かった事も幸いしました。
「みるくぱん」さんはミラーレスの最新型をお持ちでしたね、自分はミラーレス一眼を持ったことが無いのでなんとも言えませんが、対象物が小さいので長いレンズを使い、高速シャッターの高速連写でOKです。飛翔中の鳥にはAFの追従機能を使えば撮影は可能です。鴨や白鷺などの大きい野鳥ならば簡単ですよ。

tac-phan 様
汚染度ワーストワンを記録したのは「佐鳴湖」で、浜名湖ではありません。
「佐鳴湖」は浜名湖に繋がっているので汽水湖となっております。
浜名湖は海と接続されておりキレイな湖です。
応援何時もありがとうございます。

美しい〜、きれい〜、可愛い〜! !

ポチッ  は一日一人何回まで押して良いのでしょうか?
十回くらい押したいほど良く撮れていますね。

くーちゃん 様
何時も超過分に誉めて戴き、ありがとうございます。
ポチリは、お一人様1日1回と決められており、2度押していただいても反応しない仕組みになっているようです。
それでも、そう仰っていただけただけでも嬉しいです。
ブログが書かれていない日でも1日1回は有効なので、思い出していただいた時にはコメントは無しでもポチリと押して下さればそれだけでなお嬉しいです。
宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐鳴湖探鳥 -翡翠-:

« 早春賦 -水仙咲く- | トップページ | 佐鳴湖探鳥 -ミサゴのハンティング- »