2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 佐鳴湖探鳥 -ミサゴのハンティング- | トップページ | 森の小鳥たち -お食事中- »

2013年1月16日 (水)

佐鳴湖探鳥-愛すべき野鳥たち-

カワセミやミサゴのハンティングを撮った翌日(11日)、再び佐鳴湖へ出かけてみた。今日も湖近くの池ではカワセミ君の出迎えを受けましたがミサゴは現れず湖畔から見た野鳥達を写してきました。(下写真は佐鳴湖全景です)

Img_9013 湖畔の散策路で最初に見つけたのは可愛いジョウビタキにシジュウカラ、ジョウビタキは色が綺麗なので多分雄のジョビ君でしょうか。
Img_1453 Img_1770
カンムリカイツブリは「あんたそれはチョット大き過ぎるのでは?」と、思われる魚をゲットしたが、大き過ぎて飲み込むのに苦労していました、そして日向ぼっこを楽しむ?沢山のカワウたち。

Img_1978
Img_19733 最後は最初の場所とは違う場所に現れたカワセミちゃん、嘴の下が赤いので雌の様です。背景が暗く、カワセミちゃんが明るい枯れ枝に留まってくれないかな・・・と、思っていたポイントに来てくれました。 
Img_1726_2
この写真を撮った翌日も出かけたのでこの日を含めて3日連続の佐鳴湖通いになりました。
3日目はウォーキングを兼ね、重いカメラや三脚、諸道具を持って湖を一周てくてくと歩きましたが、カワセミやミサゴにも出合うことが出来ず、やっぱり柳の下には何時もドジョウは居ませんでした。


にほんブログ村
宜しければ「にほんブログ村」のバナーに 今日も見たよ・・・とポチリ、クリックをしていただければ幸いです。 -240-




.
 

« 佐鳴湖探鳥 -ミサゴのハンティング- | トップページ | 森の小鳥たち -お食事中- »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

ジョウビタキとシジュウカラの凛々しい姿に惹かれます(^^)
私も野鳥撮影に興味が出てきました。
最長500ミリまでのズームレンズを持っていますが、
これなら対応できるでしょうか…

ラストのカンムリツブリ…大きすぎて消化不良になりそう…(笑)

応援ポチッ☆

カシオペア 様
自分も野鳥撮影を始めたのが昨年5月からと、詳しい事は分かりませんが500ミリあれば充分ですよ。自分が今、使っているレンズは単焦点の400ミリですから。明るい場所では稀に1.4倍のテレコンを付ける事もありますが。。。
ズームレンズは広角側も使えるメリットもありますが、レンズによってはテレ端での撮影時には開放値より1~2段絞った方が良い結果が出ることも多い様です。
今は野鳥の一番見られやすい時期なので良い機会かもしれません。
今日アップしたカワセミやシジュウカラは年中見られますがジョウビタキなどは今頃が身近なところで見られる季節です。
野鳥撮影、面白いですよ、是非どうぞ!

正に鳥図鑑を眺めているような光景に驚いています。
色と云いピントと云い最高!
カンムリカイツブリ君傑作! 獲物をゲットまでは良かった (笑) 
その後・・・チョットてこずり。「オエッ」 (笑)
カワセミ君実際に見てみたいです。

応援ポチリ もう少しで1位 頑張りましょう。

今晩は。
楽しいフィールドのようですね。
白髪頭のジョビ男君、なかなかハンサムに撮れてますね。
カンムリカイツブリの魚ゲットシーンもいいですが、最後のカワセミが最高!!
カンムリカイツブリはそろそろ夏羽に切り替わっていく時期が近いかも知れませんね。

ご無沙汰してしまいました。ようやくブログを巡回する時間が出来ました。

冬でも色々な野鳥が見られるのですね。
多くの羽を休めているカワウ、実際に見たらきっと驚くことと思います。
昨年初めてカワウを見たのですが、泳いだり飛んだり…じっくり見てみたいほどです。
カンムリカイツブリ、ココで初めて見ました。

あすか 様
ありがとうございます。
カンムリカイツブリ君、不相応な大きな魚を捕らえましたが飲み込むことが出来ず、首を振ったり潜ってみたりと大分苦労していました(笑)
それでも5分後には無事嚥下した模様で悠々と水面を泳いでいました。
カワセちゃん、都心でも存在が確認されていると聞いております。何処かで見ることが出来れば好いですね。
ポチリと応援何時もありがとうございます。
お一人様1日1回と決められておりますが、これからも宜しくお願い致します。

ソングバード 様
家からは30km以上離れておりますが、想像以上の野鳥に驚きました。
探鳥として訪れたのは初めてなのでこれからどんな野鳥が飛来してくるのか分かりませんが、現在は野鳥の会のハンドブック記載どおりの状況でした。
最後のカワセミ君、待っていた所に来てくれたので思わずラッキー! でした。
主役がカワセミ君なので、もう少し主役を大きくトリミングした方が良かったかな・・・と反省しているところですが。。。

のりちゃん  様
道内の野鳥の事は詳しく分かりませんが、雪無し県の当地方では冬季の方が野鳥を観察しやすいと聞いております(何しろ野鳥に関心を持ち始めて1年にならないので・・・)
そちらでは本州では絶対に見ることが出来ない野鳥が生息し、こちらからも愛鳥家の人たちが訪れているとも聞きます。
自分は野鳥に関心が出て1年弱のドシロートです。少しづつ野鳥の知識や撮影方法を学んでいけたなら・・・と思っております。

佐鳴湖は近くを通る事はありますが、湖畔にまで行ったことはありませんが、
結構、広いんですね。 汚れているとは聞いていますが写真からでは
あまりわかりません。 もしくは水質改善されているのかもしれませんが。

これだけ大きくUPできると、鳥の表情も良くわかり楽しいですね。
庭に来るメジロの撮影もコンデジではままならず、
やはり、デジイチがほしいなあ、と思うこのごろです。

たかchan 様
佐鳴湖、今まではウォーキングイベントで1年に1~2度訪れることはありましたが野鳥撮影の為の訪問は初めて。周囲5.5kmはほぼ周遊道が完備されており、特に西岸は綺麗に整備されています。
水質はワーストワンを脱出したとはいえベストテン入りしているようです。
湖岸から見た水面はお世辞にも透明とは言いかねる状況です。それでも多くの人達が訪れウォーカーやジョガーはひっきりなしに通行して市民のオアシスとなっていることには間違いいありません。
自宅からはかなり離れておりますが、野鳥撮影の為のお気に入りの公園のひとつになりそうです。

country walkerさんファンはウォーキングから富士山そしてバードウォッチング愛好家になってきました。いづれもその道の奥義を極められて、その美しい写真で大いに満足しています。
カワウというのは沢山いるものですね。その中から、鵜匠が捕まえて訓練すれば、あんなに上手く川魚を獲って楽しませてくれるとは面白いものですね。

日本ブログ村の 注目ブログ記事 ってタグがありますが
今年は、 country walker さんのブログがノミネートされるんではないかと思ってます。
ジョウビタキにシジュウカラ 綺麗ですね
素晴らしいですね 投資ですね

kumasan78  様
自身、写真のジャンルは決まったものでなく、下手でも感動したものを撮りたくなってしまうのが実態です。
移り気が多いのかもしれませんが・・・でも相変わらずウォーキングは続けておりますし、富士山も撮りに行く気持ちも萎えておりません。浮気っぽいのかもしれませんが(笑)
仰るとおり、今は野鳥に魅せられてしまっているのが現状です。
カワウ、天竜川の河口や浜名湖にはなどには数え切れないぐらいのカワウやウミウが棲息しています。
野鳥図鑑によれば鵜飼に使う鵜はカワウではなくウミウ(海鵜)と書かれておりました。。。
野鳥撮り1年生の自分にはカワウとウミウの区別が未だに良く分かりません。

あまなつ 様
最近、野鳥にすっかりハマってしまいました。
カワセミなどは勿論ですが身近なところで見られるシジュウカラやジョウビタキなど
よく見れば本当に綺麗ですね。
野鳥の写真を撮り始めるまでは気付かなかったことです。
注目ブログ記事、「あまなつ」さんにそう仰っていただけるだけでも充分です、今でもポチリのランクなど正直なところ出来すぎだと思っております。

野鳥をアップで見る機会がほとんどないですが、どれもとてもきれいですね。

ジョウビタキのオレンジもあざやかで美しいですね。

ポチ。

tac-phen 様
このジョウビタキは雄なので色が鮮やかです、雌も綺麗なのですがこれほど鮮やかな色ではありません。
応援を何時もありがとうございます。

おはようございます~!

カワセミの写真に、もちろん☆ポチリです。
country walkeさんのブログの影響で(笑)市の都市緑化公園展示ホールで
おこなわれている「カワセミ写真展」を見に行って来ましたよ。
この公園に飛来するカワセミの写真を展示しているんですよ。

所属協会の例会でこの公園を利用することがありますが、大勢なのでカワセミくんの
写真を撮る方には「迷惑な時もあるかも~」と、思いながら見て来ましたよ。

セロリさん 様
自分もこのカワセミの写真、気に入っております。
背景が暗く枯れ枝に光が当たっていたので、其処に来てくれないかな・・・と思っていたところに来てくれました。まさにラッキーでした、少しトリミングした方が良かったかな?とも思っています。
応援を何時もありがとうございます。

「カワセミ写真展」、近ければ是非行って見たいものです。素晴しい作品が展示されていることでしょうね。

country walker さま、はじめまして。
佐鳴湖の野鳥の写真をUPしておられる方はいらっしゃらないかな‥と検索して、
はじめてお邪魔いたしました。
美しいですね‥
特に、カンムリカイツブリの写真とコメント、楽しいです(笑)

ところで、すでにご存じかもしれませんが、
佐鳴湖北岸の段子川と新川の河口付近は、佐鳴湖に唯一残された自然湖岸ですが、
この場所が、住民にはまったく公表されずに、静岡県によって
静大ボート部漕艇場の建設予定地に選定されています。
現地の状況は、すでに着工寸前です。

公聴会は、先週1/17の一回のみ。
来週1/29(火)の浜松市の建築審査会で合意されれば、着工がはじまってしまいます。

いてもたってもいられず、一昨日、ブログを立ち上げました。
http://sanaruko87bi.hamazo.tv/e4183592.html

私のブログで、country walker さまのお写真とブログを紹介させて頂いてよろしいでしょうか?
また、佐鳴湖北岸で撮られたお写真がありましたら、お寄せいただけましたら本当に嬉しいです。
(ご負担にならない範囲でかまいません。ブログの中のこの写真だよ、という感じで充分です☆)

佐鳴湖は、country walker さまもはじめ、数多くの有言無言のボランティアによって支えられているのに、
一般にはまったく知らされずにことが進んでいること、
少しでも多くの方に知っていただけたらと思っています。
もしよろしければ、ご無理のない範囲で、周りのかたなどにご紹介いただければ幸いです。

突然の長文とお願い、おゆるしください。

wakaba  様
コメントをありがとうございます。
静大ボート部漕艇場の建設予定地の件、初めて知りました。この翌日佐鳴湖を一周した時、北部地域に造成工事らしきものを見て何をするものかな?と思いました。
拙ブログや写真、私が書いたもの、撮ったことが分かれば「wakaba」さんへのブログに限り写真転載等は一向に構いません、それ以外の転用はご容赦下さい。
佐鳴湖へは久々の訪問でした。これからは時々出かけてみたいと思っておりますが、この日を含めて13日、14日にブログに掲載した写真以外手元には殆どありません。

ご快諾、ありがとうございます!
承知いたしました。

早速、記事に使わせていただきましたので、御礼とともに、ご報告いたします。
写真の素晴らしさに、泣きそうになりました。
country walker さまにご負担のない範囲で、
周りのかたがたにご紹介いただけましたら幸いです。
http://sanaruko87bi.hamazo.tv/

wakaba 様
今、ブログを拝見いたしました。
拙、写真を利用していただきありがとうございました。
「自然湖岸を守ろう」に賛成です、この記事を広く知っていただくために
自然保護、バードウォッチング、浜松情報にクリックしました。
運動の輪が広がり県の方針が撤回されると好いですね。

ありがとうございます!今後ともご支援を頂きたく、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐鳴湖探鳥-愛すべき野鳥たち-:

« 佐鳴湖探鳥 -ミサゴのハンティング- | トップページ | 森の小鳥たち -お食事中- »