2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 野鳥観察会 | トップページ | ー冬の風物詩ー ゆりかもめの駅 »

2012年12月20日 (木)

嬉しいプレゼント

12月18日(火)
日課としているウォーキング、日暮れも近づいてきた頃、何時ものコースを歩いてきた。自宅近くで戻ってきた時、造園業を営む庭師の親方が従業員の人達と共にその日の片付け作業を行っていたところに出会った。
親方の「一寸寄って」との言葉に誘われて寄ったところ「良かったらどうぞ・・・」と親方手作りの蹲用、竹の柄杓セットを戴いた。
 
Img_8299

この親方には、此の地に家を建てた30数年前に作庭を依頼し、以後毎年春と年末の二回、剪定や樹木の手入れをお願いしています。

さして広くない場所へ自身の希望で灯篭の有る枯山水の庭とつくばいを依頼したが、希望通りの庭を造ってくれました。石組みの技術に優れ、特に枯滝や蹲辺り等は30余年経過した現在でも朝夕眺めても飽きることがありません。

Img_8298

先日も正月前の手入れをお願いし、高木の松や槙の剪定・手入れ作業を弟子の人達と共に済ませてもらいました。その時につくばいの柄杓が古びて汚れていたのに気付いて作ってくれたのかもしれない。

Img_8341

自然の竹を切断し、柄杓の柄の部分も自然の枝に手を加えずそのまま利用したもので実に風情があります。しかも柄杓の形もハート型で面白い、すっかり気に入って早速カメラにパチリ。
竹は乾燥した状態では数百年も保存できると言いますが水には弱く、竹の垣根も78年ぐらいとか、このお気に入りの柄杓セット、雨の日には軒下に保護し、大切にしたいと思った。
Xマスには少し早いものの嬉しいプレゼントでした。
「にほんブログ村」のバナーに、「ポチリ」と応援のクリックをいただければ幸いです。 -226-


にほんブログ村



.

« 野鳥観察会 | トップページ | ー冬の風物詩ー ゆりかもめの駅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
枯山水のお庭 羨ましい!昨年の新築の際 我が家もと提案したところ、オッカナイに猛反対 (笑)
「つくばい」 自然を利用した竹の杓子良いですね。
茶室に入る前しゃがんで手を洗う(つくばる)から来ているのだそうですね。知りませんでした。

そういえば茨城県でもしゃがむ事を「つくばる」と言ってました。
関東平野ただひとつの山「筑波山」が約900メートルですがそれを「つくばっても3千尺」と言われていました。
応援ポチリ。

-- 様
早速のコメントありがとうございます。
お名前が分からないので--様と致しました。
我家に茶室はありませんが庭を依頼する時にはコレを・・・と前から決めておりましたので。
筧からは水道代が勿体無いのでポトリポトリの水滴のみです(笑)
数年前、水鉢の全面にコケが付いて好い風情でしたが猛暑の為、内部から腐食してすっかり無くなってしまいました。
この竹製の柄杓、素朴でとても気に入っています。
つくばる=はいつくばる、この語源も筑波山から来たのでしょうかね??
ポチリと応援ありがとうございました。

嬉しいプレゼントですね~(^^♪
これも親方がcountry walkerさんのお宅の庭をよく知っているからですね。
それにしてもこの庭、趣があって素晴らしい~
雪が降って積もったところも絵になりそう~その時は是非紹介して下さいね(^^)

応援ポチッ☆

ごめんなさい。
第一コメントは「あすか」です。

カシオペア 様
家は築後30余年で随分古びてきましたが、手前味噌ですが庭は古くなってきた方が趣が出てくるように思います。狭い庭ですが消毒、施肥、剪定と草取り等々結構手間がかかります。それでもあまり気にならないのは庭や樹木が好きなのでしょうね。
何時も応援をありがとうございます。

あすか 様
私など名前を忘れたり、誤字、入力違いなど日常茶飯事です。
今回もポチリの「チ」が抜けており今訂正しました。
お互い様ですね、これからも宜しくお願い致します。

風情のある、とても素敵なお庭ですね。

贈り物の竹の柄杓が、お庭でひときわ輝いています。
変わった形(ハート型)の竹でわざわざ作ってくださったということは、
作られた親方も「これはいい!」と選り抜きの一品なのでしょう。
しかも、頼んだわけではないというのがまた心をくすぐりますね。
庭師というお仕事をされる方らしい、心のこもった贈り物に
気持ちもあたたまりますよね。

風流な竹の柄杓、なかなか良いですね。
そのうち可愛い鳥が飛んで来て、新しい柄杓に戯れることでしょう。
そこをまたパチリとお願いします。

可愛いハートで風情のある竹の柄杓に☆ポチリです。

優雅で風情のあるお庭が、良いですね~!
お庭を眺めながらお抹茶を頂戴したら、本当に至福の時になります。confident

柄杓で思い出したのですが、先日 鎌倉の鶴岡八幡宮にお参りしましたが、水屋で手を清め
口をすすいでいた時後ろの外国人団体の視線を感じました。
私の柄杓の扱い方を見ていたようで「サンキュー」と言われてビックリhappy02

こんばんは!
風情があるのに、とっても粋な竹の柄杓
こうして写真を見せて頂いているだけでも笑顔になれますから
こんな素敵なサプライズなプレゼントを頂いた
country walkerさんが嬉しいそうに
竹の柄杓の写真撮りなさっている姿(情景)が浮かんできますnote

雪のない地方が羨ましいと思いながら、今日もポチッと応援ですscissors

あめぶる 様
コメントをありがとうございます。
狭い庭ですが自分には癒しを提供してくれる大好きな庭です。
この竹柄杓を頂いた時、その形をを見て「おっ!」と思いました、シンプルなのに実に風情があるのです。
この素材を見つけ、柄杓の作成を考えた親方のセンスでしょうね。
古びた柄杓を見てわざわざ作ってくれた庭師さんに感謝感謝です。
こういったプレゼント、真心が伝わって本当に嬉しく思いました。

kumasan78 様
このつくばいの上に梅が2本、紅白で植えてあります。
毎年花が咲く時期には、花の蜜を求めてメジロがやってきます。なかなか着てくれないときにはミカンを輪切りにして枝に差しておけば必ず来てくれて、ついでに水鉢に入って水浴びをして帰ります。
来年早々の梅の開花が待たれるところです。
今年襲った、2度の台風で開花に影響がなければよいのですが。。。

セロリさん 様
何時もポチリと応援をありがとうございます。
柄杓の使い方、「セロリさん」が良いお手本を示したので外国の人達も納得が出来たのでしょうね。
外人さん、柄杓を見て柄の付いたコップと間違えていたのかもしれませんよ。
ハート型の野趣溢れる柄杓、大切に使っていきたいと思っております。

mahiru 様
今晩は! コメントをありがとうございます。
はい、突然のプレゼントに嬉しくてなりません。
そちらでは80cmもの積雪とか、雪なし県で何か申し訳ないような気持ちです。
何時もポチリと応援ありがとうございます。
私も毎朝、「ココログ」で皆様への「ポチリ」と「いいね」のご挨拶と共に「mahiru」さんのページでは「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」へポチ・ポチ・ポチが日課となっています。

自然そのものでできた柄杓はいいですね。
しかも柄の部分まで、枝を利用しているのは風情があります。
いいプレゼントでしたね。

我が家は私が自己流で据えた蹲と燈籠ですので、
見栄えはあまりよくありません。 その上、柄杓までは
揃えてありませんので、時々、ホームセンターを覘いては、 探しているところです。

30年の付き合いで、 country walkerさんのお人柄と
お庭を大切にされている様子は庭師の親方に
通じるものがあったからこそのプレゼントですね。

よく手入れの行き届いた綺麗なお庭に、しゃれた竹制の小道具がそろいましたね
美しい写真 ありがとうございます

ひしゃくの柄の部分、変な形しているなぁと思っていたら自然の枝を使っているのですね。

自然な感じがより風情を醸し出していますね。

ポチ。

竹の柄杓、珍しい形ですね。
お庭の池に似合いそうな、そんな印象です。

1日でも長く保つことが出来るように、大切に使ってほしいです。
竹の垣根も青々としているのでしょうか?気になります。

たかchan 様
それまで使っていた柄杓はホームセンターで買ってきた物ですが、永年使用してあまりにも「くたびれて」いたので見るに見かねて作ってくれたのかもしれません。
狭い庭ですが、庭から得られる安らぎと癒しは自分にとりましても貴重な空間でもあります。

ジャランこ 様
長いお付き合いなので気心は分かってくれたのかもしれません。
こういった、さりげないプレゼントは心に沁みて嬉しいものです。
大切に使っていきたいと思っています。

あまなつ 様
若い頃から和風の庭が好きで、家を立てたなら小さくても枯山水の庭を・・・が夢でした。
高木は職人さんの手に委ねておりますが、低木の剪定・施肥・消毒掃除と一応自分で管理はしております。

tac-phen 様
自然の形をそのまま利用した竹柄杓。
これからは自分のお気に入りとして大切に使っていきたいと思っております。
応援を何時もありがとうございます。

のりちゃん 様
奥にチラリと見える袖垣根の事でしょうか?
庭の垣根、当初は全て竹で作って貰いましたが耐久性に劣るので逐次人工の垣根に変えてきましたが
1ヶ所位は本物の竹で・・・今年庭師にお願いしました。
本物の味わいは人工物の比ではないようです。

柄杓、はーと型でとってもカワイイですね。
しかも手作りときては、大事にしたい気持ちも分かりますね。
お写真を拝見する限りではとっても素敵な日本庭園ですね。

本当にハートですね。

お庭のお手入れだけでなく、そういうところにも心配りされる親方さん、
そんな親方さんにお庭を任せれば、安心といったところでしょうか。

それでも、日々のお手入れも、しっかりされているから、
お庭もすてきに保たれていることでしょう。
country walkerさんと奥様に、頭が下がります。

大将からの心暖まるプレゼントですね。
それとも、元々は、丸だったかたちの柄杓が、いつも仲良くウォーキングされている御夫妻の庭で、ハートのかたちになってしまったのでは…ヽ(´▽`)/
応募 ポチリ!!dog

walkerZ 様
柄杓の形が気に入っております。
昨夜から雨、水に濡らしてはと軒下に保護しておきました(笑)
狭い庭ですが、四季折々の風情があり、朝夕眺めております。

とほ娘 様
戴いた瞬間コレはカッコ好いな! と思いました。
この形の竹を見て直ぐに竹柄杓を連想した親方のセンスの良さでしょうね。
鉢やプランターの花類は家内の専門ですが、庭の掃除や高木以外の手入れは専ら自分の仕事にしています。
庭木、手間暇がかかりますが冬の季節風を防ぎ、夏の高温からかなり室内を守ってくれる効果が大です。

こ豆のとうさん 様
コメントをありがとうございます。
とにかく形がユニークなところが気に入りました。
不思議なことにハートの形が和風の筧ともマッチして周囲にとけこんでくれています。
違和感がないのは、竹の持つ素材の影響かもしれませんが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/48393525

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しいプレゼント:

« 野鳥観察会 | トップページ | ー冬の風物詩ー ゆりかもめの駅 »