2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 季節の鉢花・シクラメン | トップページ | 野鳥観察会 »

2012年12月16日 (日)

嫌われ者ですが・・・ひっつき草

1215日(土)
今日は朝から雨、本年最後の参加を予定していたJRのさわやかウォーキングは雨のため参加は断念した。
終日雨かな・・・と諦めていたが、それでも15時過ぎには雨も止み、雲間から薄日が射してきた。ウォークイベントへの参加は出来なかったが、日課としている何時もの堤防を歩いてきました。

この時期、土手には早くもナノハナがチラホラと咲き始めたが、ホトケノザや名も知らぬ白く小さい花が咲いている程度、土手の主役は嫌われ者の「ひっつき草」の種ばかりです。

Img_9251

この「ひっつき草」、正式名は定かではありませんがセンダングサの仲間とか。衣類が僅かに触れただけでもその種子がびっしりと付着し、この時期の嫌われ者のNo1と言っても過言ではありません。
夕陽に浮かんだ「嫌われ者」と、雨上がりの水滴が残る季節の悪役をパチリ。

Img_9228

「デジタル写真・日本ブログ村」に参加しています。下の「にほんブログ村」のバナーに、「ポチリ」とクリックをいただければ幸いです。 -224- 


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。




.

« 季節の鉢花・シクラメン | トップページ | 野鳥観察会 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

何のへんてつもない嫌われ者のひっつき草もcountryさんにあうとまた違った花に見えます。
雨上がりの情景が素晴らしいです。

このひっつき草は子供のころ茨城の疎開先で袖がカビカビのセーターに良く刺さっていたことを今は懐かしい思い出でとして残っています。当地ではたしか「ドロボー」草と言ってた記憶があります。
応援ポチリ!

あすか 様
少し前まではセイタカアワダチソウの天下でしたが今ではアワダチソウに変ってこの「ひっつき草」の天下です。雑草にも栄枯盛衰があるのでしょうか(笑)
都内では流石にあまり見られないようですね、当地の堤防ではこれが一面に蔓延しています。
茨城では「ドロボー」草・・・何処へ行っても嫌われ者みたいですね。
何時も応援ありがとうございます。

この時期にもう菜の花ですか~気候が温暖なんですね(^^)
そういう湘南も今日はポカポカ陽気で穏やかに晴れて居ます。
と言う事は私はこれから海へGO~良い写真が撮れるといいんですが…

応援ポチッ☆

これは見事な写真です。会津でも土手には蔓延している時期があります。
それを写真の素材になさるcountry walkerさんはもう名人芸ですよ。
画家でも文化勲章を貰った後、画材は何でもござれの方もいました。

私達も昨日は、今年最後のウォーキングの予定でしたが…。何せ、JR、天浜線、遠鉄と一回で、三路線のポイントをゲット出来るボーナスウォーキングだったのに、残念でした。
くっ付き草ですか…。これってウォーキング中に、こ豆が、よくくっ付けていますよ。取るのに時間がかかるし、くっ付き方によっては、痛いみたいみたいです(泥棒と呼ばれても仕方ない厄介な草と言う意味ですかね?)そのくせ、草むらを歩くのが大好きなのですね┐(´д`)┌ヤレヤレ

カシオペア 様
ナノハナと言えば春のイメージでしたが、最近では季節感が希薄になった感じです。
温室栽培による食べ物や花の季節感の違いは理解できますが、年末にナノハナとは・・・です。
湘南の海は穏か、今日も素晴しい写真が撮れると好いですね。。。
期待しておりますよ!

kumasan78 様
名人芸など・・・とんでもない!
此処のところブログネタに困窮して窮余の1枚です。
自分としては隔日のブロブ配信が自身へのノルマとしていますが
時にはネタ切れになる事もしばしばあります。
窮余の1枚に超過分なコメントをありがとうございます。

こ豆のとうさん 様
一度で三度美味しい・・・絶好のチャンスでしたが、残念でした(笑)
ひっつき草、ワンちゃんにも付着するのですね。
この草は昔からあった事は知っていますが最近特に増えているように思えてなりません。
「こ豆ちゃん」、草叢に入り込むのが好きなのですね。

嫌われ者のひっつき草さんも夕日に映えて、芸術的ですね。

こちらの河川敷にも生息していて、こ豆ちゃん同様、我が家の犬の首にもしっかり付いてきます。良くブラッシングしないと残ってしまい、最悪皮膚に刺さって荒れてしまいます。

こういう姿になるにはそれなりの意味があるのでしょうね。

くーちゃん 様
この種子、本当にしつこい感じで衣類に付いて離れません。
やはり何処でも嫌われているみたいですね。
それに繁殖力が強く、草刈を頻繁にしていない所では他の草が無いぐらいに生えています。
ワンちゃんはそんなところでも入っていくので飼い主さんが大変ですね。

ホント、ひっつき草とは思えないですね。
シルエットがよい雰囲気ですね。

子供の頃はよく草むらで、くっついてしまいましたが、
さすがにこの歳になると、草むらに入る機会もなくなりました(笑)

嫌われ者のひっつき草、思い出しました。
最近では見ることもなくなりましたが、子供のころ、本当に嫌われ者でした(笑)。
そんなひっつき草もcountry walkerさんの手にかかると芸術的な写真に早変わり。
被写体なんて問題じゃない~、腕ですね~。
1枚目なんて、太陽光とひっつき草がとってもいい具合に写ってますね。

このひっつきむし、自転車で舗装どうを走っていてもいつの間にかついているんですよね。

草むらとかいっていないのになぜ?というほど毎回どこかについています。

すごいひっつき力ですよねー。

ポチ。

とほ娘 様
上の写真はもう少し綺麗な固体がないかと、探したのですが陽が写る背の高い種子が近くに無くて苦労しました。
何といっても草叢には入っていけないし、接近することが出来ないので(笑)
それでも帰宅後、ズボンを見ればかなりくっついていましたよ。

気がつくと洋服についていて、電車で恥ずかしい思いをしたことも。
確かに、ちょっと迷惑ですが、子供の頃友達とくっつけ合った
懐かしい思い出も。

それにしても、嫌われ者もこんなに美しくとってもらえたら
ひっつき草も幸せですね。

walkerZ 様
やはり都会にはこの嫌われ者はいない様ですね。
コチラでは一面にこの草がはびこっています、ワンちゃんにも付くみたいですね。本当に困りものです。
毎年この困り者を1枚は撮るのですが、アップ撮るには近づく必要があり、近づき過ぎると服にも沢山付くので写し難い被写体No1かもしれません(笑)

tac-phen 様
何処でも嫌われているみたいですね。
自転車に乗っていても付いてしまうのですね、本当に困りものです。
釣り針の様に曲がった2本の爪? あれに威力があるのでしょう。
何時も応援をありがとうございます。

ジャランこ 様
皆さん其々困ったことや、幼い頃の思い出があるみたいですね。
困り者ですが花から実になった直後などはキレイに見える時期があります。
毎年1枚は撮っておりますが、風のある日では撮り難いので、風のない夕方を待っていたのですが今年は少し時期が遅すぎてカッコウの良い固体が少なかったです。
探せばあるのですが何しろあまり近付けないので(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/48343570

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ者ですが・・・ひっつき草:

« 季節の鉢花・シクラメン | トップページ | 野鳥観察会 »