2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 富士山紀行 (2) | トップページ | 紅葉狩り »

2012年11月15日 (木)

潮騒橋

夕陽が綺麗な季節になってきました。先日、我家からはやや離れておりますが、久々に掛川市の潮騒橋を訪れてみた。
この変ったスタイルの橋、掛川市のHPによれば正式名は
浜松御前崎自転車歩行者専用道路橋」で、菊川河口に架かる橋の長さ232メートル、幅3メートル。構造は4径間連続上路式PC吊床版橋という世界的にも珍しい形式の橋で、太平洋岸自転車道の路線のひとつでもある。 
今の季節、橋の下付近に落ちる夕景を期待しておりましたが4時前頃から無粋な黒い雲が。

Img_6470

それでも雲の切れ間から僅かに夕陽が見えた瞬間にフィルターを付けパチリ。
日中はあれほど晴れ渡っていたのに、黄昏近くなってから太陽が僅かでも顔を見せてくれたのはこの一瞬だけ・・・

Img_6524

河口付近で投網を打つ人を望遠レンズに変えて撮りましたが陽が出ていないためか、モノクロ風になってしまいました。通常なら背景の空も夕陽に照らされて赤くなる筈ですが・・・
キラキラと逆光に輝く海上の波や網の煌きも殆ど無くガッカリ。 

Img_6394

当サイト、ココログの「ポチっと・いいね」とは全く別のものですが、下の「デジタル写真=にほんブログ村」のバナーに、「ポチリ」と応援のクリックをいただければ幸いです。これが大きな励みになります。 -207- 


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。 


.

« 富士山紀行 (2) | トップページ | 紅葉狩り »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

潮騒橋を取り入れた夕暮れの風景、素晴らしいですね(^^)v
私も行って撮りたくなります。
2枚目はどの様にしたらこう撮れるんでしょうか…興味がありますね…

夕景撮影は天気次第…私も無粋な雲にはよく泣かされますm(__)m

応援ポチッ☆

珍しい橋ですね!
橋をさかさまにしたようにも見え また湖面に映る橋のようにも見えます。
時間を待つのも忍耐が要りますね。
投網を打つ瞬間が最高! さすがcountryさん

応援ポチリしました。

モノクロームも、想像力をかき立てる良い技法ですとか
いい雰囲気と思います ポチリ

カシオペア 様
ありがとうございます。ただただ残念なのは雲に遮られてしまったことです。
「カシオペア」さんには遠く及びませんが、もう少し綺麗な夕景写真をと思っておりました。
2枚目の写真は、周囲がスリガラス状になったフィルターを久々装着してみました。

あすか 様
コンクリート製のこんな形では重くて落ち易いのでは・・・と思ってしまいますよね。
形が斬新なこと、この季節には、橋の下に夕陽が落ちてくるので地元カメラマンには知られたところです。
過去2回ほど訪れておりますがその時には全てOKだったのです。でも、何時も上手くは行きませんね~

あまなつ 様
モノクロは想像力をかきたてる・・・
ご尤もです、私の知人は未だにフィルム専門、そして全てモノクロです。

自転車、歩行者専用の橋ならば、もっと簡単な構造の橋ができそうですが、
設計者としては、何か意図があったんでしょうね。 
投網を打つ人は、きれいに網が広がるものですね。
慣れないと、なかなかこのようには広がらないようです。
いい瞬間が撮れましたね。

たかchan 様
幅3mの狭い橋に仰る様に随分と頑丈に出来ていますね。
設計者と依頼者(国・県?)の意図もあるのかもしれませんが詳細は不明です。
ただ、目立つので観光用には役立つかもしれませんね。
細江の澪橋も歩行者・自転車専用橋ですが朱塗りで随分と目立ちます。やはり観光用にデザインを斬新にしたのかな?とも思いますが、これは私の想像です。

潮騒というネーミングが上手いですね。
面白い形の橋、設計した人も楽しかったことでしょう。
投げ網を初めて私が打ったとき、川底の岩に網を引っ掛けて、見事失敗しました。
なかなか上手く拡げられませんでした。

珍しい形の橋ですね。
「自転車専用道路」とのことですが、歩いて渡れることは出来ないのでしょうか?
幅3メートルでは自転車と歩行者が一緒に渡るのは難しいのかな?とも思います。

でも、写真で見る橋は、実に美しいです。
橋の下を流れる川は海につながっているのでしょうか?
だから「潮騒橋」と名前が付いたのかなぁ・・と、勝手に思ってます。

面白い形の橋ですね。
雲で、なかなかチャンスもなかったようですが
2枚目の写真、とても素敵に撮れています。
さすがですね。

投網の写真、モノクロなのでより一層海の男の雰囲気が出ましたね。

浜松から走るとこんな橋を通るんですね。

自転車道なのにこんな立派な橋なんてぜいたくですね。

ここを訪れるときは夕景を見たいです。

ポチ。

おはようございます。
自連写歩行者専用の橋なんて珍しいですね。
形もユニークだし、絵になりそうです。
せっかくの夕日狙いだったのに、残念でしたね。
最後の写真、モノクロ風でも素敵ですよ。(かえってモノクロの方が良いかも???)

(追)
自連写ではなく自転車でした。(*_ _)人ゴメンナサイ

kumasan78 様
橋のスタイルがユニークなのでカメラマンには知られた場所のひとつです。
投網、これより小型のアユ用のものを自分も教えて貰いましたが、
丸くならず半円形ばかり、そして左上半身がズブ濡れになった記憶があります。
川で使うものは丸く広がり、海で使用するものは四角で大きい様です。

のりちゃん 様
自転車歩行者専用なので人はもちろんOkです。
3m、狭いようですが歩行者や自転車の対向は可能です。
この橋は河口に架かっており、写真の橋の向こう側が太平洋になります。
橋の名前は仰るとおりだと思いますが、なかなか好いネーミングですね。

ジャランこ 様
一寸変ったスタイルなので印象強く残ります。
2枚目はなかなか太陽が見えず焦っていたのですが、雲の隙間からほんの一瞬だけ顔を出してくれました。雲が無ければ太陽が橋の下にもっとハッキリ夕焼けと共に出るのですが・・・
投網、モノクロ風でよかったのかな? とも思い始めております。

tac-phen 様
この橋は海岸線を走り御前崎に至る太平洋岸自転車道にあり、菊川と言う川の河口に架かっております。
太平洋岸自転車道、自分は走ったことはありませんがウォーキングでその一部を虫食い状に何箇所か歩いたことはあります。殆ど松林の中に施設されているように思いましたが、場所によっては砂が堆積して歩き難いところもありました。
応援何時もありがとう!

ソングバード 様
おはようございます。
形がユニークなこと、この時期には夕陽が橋の下に落ちてくるので過去二回訪れたことがあります。
今までは綺麗な夕焼けと落日の様子が撮れましたが今回は残念でした。
太陽は殆ど見られなかったのですが釣り人が良いアクセントになってくれました。
投網風景、モノクロ風でかえって好かったのかな・・・と思い始めているところです。

とても面白い橋ですし、いつか歩いて見たいと思いますが
それにしてもcountry walkerさんのお写真は本当に
物語が出来そうですね。

戦いすんで日が暮れて、ふぅ~っと呆けたようになって
風景にみとれて・・・・などと色々空想しています。
私の中では物語は続いているのですが、恥ずかしいので
さわりだけ。
引き込まれるお写真です。モノクロのお写真も。

daruma 様
おはようございます。
コメントをありがとうございました。拙い写真に過分なコメントで恐れ入ります。
ストーリー性を感じていただけるなんて・・・撮った者にして見れば予想していなかった嬉しさです。
投網をしている男性、逆光なので夕陽に輝く網と白い波、そして赤く染まった空をイメージしておりましたが、陽が雲に遮られてモノクロになってしまいました。
モノクロ風も悪くないと仰って下さる方も居て、今ではこれで良かったかなとも思っております。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/47848091

この記事へのトラックバック一覧です: 潮騒橋:

« 富士山紀行 (2) | トップページ | 紅葉狩り »