2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 富士山紀行 (1) | トップページ | 潮騒橋 »

2012年11月13日 (火)

富士山紀行 (2)

さった峠で富士山と絶景を眺めながら食べようと用意してきた弁当を開く。眼前にはデンと富士の霊峰が、眼下には駿河湾の紺碧の海、高速道路や1号線、東海道本線が海岸線に交わる風景を眺めながらの弁当は小春日和の天候と相まって実に美味い。これ以上は無いと言える最高の野外弁当になりました。

Img_6295

美味しかった弁当を食べ休憩したあと、峠の西寄りにある紅白の枝垂れ桃の状態を来春に備え見に行ってきた。昨年、心ない人の手によって枝が折られ見るも無残な姿だった枝も回復し、来春の花の季節には富士山を背景に紅白の枝垂れ桃が撮れそうである。
下の写真は、今回
同行したS氏と共に昨年12月に同峠を訪れた時の夕景~夜景です。

Img_3678 Img_3740

この後は富士川河川敷から富士と新幹線を・・・と、毎年訪れる河川敷へと向かった。
ところが・・・河川の改修工事が行われており周囲は立ち入り禁止! 鉄橋近くには近寄ることが出来ずやむなく離れたところからパチリ。工事の範囲が広く、これ以上近づくことも離れることも出来ず仕方ありませんでした。本当はもう少し近づき鉄橋の下に富士山を入れ、山頂を走る新幹線を撮りたかったのですが。(小さい写真は以前同場所で撮ったものです)

Img_6310_2
Img_9648_2

富士川河川敷が駄目だったので近くの東名高速富士川SAへ。ここは一般道からもSAへの入場が可能で、自分たちは道の駅「富士川楽座」の駐車場に車を入れ、下り方面のSAへテクテク。

上り方面からの景色も良いが、下り本面も素晴しい。富士山と富士川、そして東名高速道路をセットにして何でもありの説明的写真かもしれませんがシャッターを押した。

Img_6353

好天の下、日本平、三保の松原、さった峠、富士川と彼方此方移動しながら富士山三昧の1日でした。 
当サイト、ココログの「ポチっと・いいね」とは全く別のものですが、下の「デジタル写真=にほんブログ村」のバナーに、「ポチリ」と応援のクリックをいただければ幸いです。これが大きな励みになります。 -206- 


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。


.

« 富士山紀行 (1) | トップページ | 潮騒橋 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

綺麗な富士山を見ながらのお弁当~美味しいでしょうね(^^)v
これだとおかずはいりませんね(^^)

2枚目の夕暮れの富士山は完全に私好み~此処に行きたくなります。

応援ポチッ☆

昔、広重もこのさった峠から富士山を眺め描き、変わらぬ現在の富士山。
しかし周りの変貌には想像も付かなかったのではないでしょうか。

こんにちは。
いいろんな場所から見た富士山、堪能させていただきました。
まるで自分で撮ってきたような気分です。
特に新幹線と一緒の写真が素敵です。
黄色い新幹線は検査用の車両ですか。いいですね。

名勝さった峠で開く弁当とは最高のぜいたくですね。さぞ美味しかったことでしょう。
以前、しだれ桃の紅白の美しく可愛い花を前景にした、さった峠からの富士の写真を見せていただいて、こんなに素晴らしい風景ってあるものかと思ったことを今でもはっきりと憶えています。
来年が楽しみです。

カシオペア 様
夕景となれば「カシオペア」さんの世界ですね。
今日も近くの海岸へ行きダルマ太陽を期待していたのでが
日没瞬間に黒い雲が、なかなか上手くいかないものですね~

あすか 様
山と駿河湾は広重が見た世界。
芭蕉も家康もこの風景を眺めたと思えば感無量です。
でも海に張り出した道路を見たときは驚くでしょうね。

ソングバード 様
黄色い新幹線は通称「ドクターイエロー」、約10日に一度検測のために走行します。
鉄道ファンには人気の車両です。
当日は随分早めの到着でしたが三脚を立てる場所が無く、やむを得ず鉄橋の下近くで撮りました。
ベストポジションはもう少し前に出たところなのですが。これでは富士山が窮屈ですね。

kumasan78  様
「kumasan78 」さんも覚えて下さったのですね。
紅白の枝垂れ性の桃と富士山。
あのポジションはかなり知られておりNHKの全国版「富士山・私の1枚」でも放映されたことがある場所です。来年も紅白の桃と霊峰を出来ればチャレンジしてみたいと今から思っているところです(笑)

1、2と富士山を堪能させていただきました。
見どころをしっかりと紹介していただき、ありがとうございました。
やはり間近で見る富士山は良いですね。

今年に入って3度ほど、東名高速で富士山の近くを
通っていますが、いずれも見ることはできず・・・でした。

さった峠、いつかきっと行こうと思っています。

とほ娘  様
1~2とご覧いただきありがとうございました。
今回は静岡県の太平洋岸のみですが伊豆西海岸方面から、富士五湖周辺の山梨県側、湘南方面からと富士山は何処から見ても甲乙付け難い美しさです。
ただ、快晴でも山が見られないこともしばしばありこの辺が富士山観光の難しさでもあります。
それだけに今回の様に終日眺められたことは幸運でした。

こんにちは。
素晴らしい富士山を堪能させていただきました。
昨年撮られたという夜景も素晴らしいですね。

ドクターイエローをみると幸運になるという話を
聞いたことがあります。

絶景の中のお弁当。美味しさも倍増ですね。

さった峠の夕暮れの富士山と光の帯。昨年の蒲郡のブログだったと思いますが、
本当に美しいですね。

ドクターイエローが富士山の頭に迫っているのも面白い構図ですね。

ジャランこ 様
コメントをありがとうございます。
拙い写真ですが昨年の写真もアップしてしまいました。
ドクターイエロー、幸せを運ぶ新幹線として鉄道ファン以外でも随分と人気があるようです。
県内でも、この列車が通過する日の撮影ポイントには何時も大勢のカメラマンで賑わいます。

くーちゃん 様
さった峠の夕景~夜景は昨年蒲郡にアップした物と同じものです。
素晴しい昼の風景と違った魅力をお届けしたくて再度のアップです。
ドクターイエローの写真も過去にアップした物ですが、こんな構図で撮りたかった・・・との説明用に掲載しました。本当はもう少し前に出て山頂と橋との間をもう少し空けたいところですがカメラマンが多くて動く余地がありませんでした。

撮影した日がお天気に恵まれてよかったですね。

富士山と新幹線の写真を構図通りに撮影できなかったのが残念だと思いますが、個人的にはこのブログにUpされた写真で十分だと思います。
高速道路と富士山の写真も、素晴らしい1枚だと思います。

次回は冬の光景でしょうか?
季節ごとに様々な富士山の光景が見られると思っています。次回の掲載が楽しみです。

富士山を眺めながらのお弁当は最高でしょうね。

これは何処の峠でしょう?

富士山をバックにするとどれもが素晴らしい絵になりますね。

ポチ。

のりちゃん 様
コメントをありがとうございます。
冬季になれば山頂の冠雪量がかなり増え富士山がもう少し綺麗になります。
あとは峠と言っても雪景色は無いので冠雪量の違いだけでしょうか。
雪景色に変る北国の様な大きな変化な期待はできそうにはありません。

tac-phen 様
天気良し、気温が高く小春日和の中、絶景での弁当の味は格別でした。
弁当を食べた峠は旧東海道の「さった峠」です。
ポチリと何時もありがとう!

こんにちは。

見事なな富士山の勇姿ですね!
一度にこれだけ見せていただくのが勿体無いくらい…
どれも美しくてうっとりさせていただきました。

あめぶる 様
終日富士山三昧の日を過ごすことが出来ました。
地元の方なればともかく、偶に出かけて富士山が半日でも見られれば良い方なのですが1日中とは・・・
やはり「ついて」いたとしか思えません。
何時でもこの位なら良いのですが。

どれも美しい富士山の写真ありがとうございます。
最近富士山がどーんと見える場所へ出かけたのですが、生憎の天気で見えませんでした。
ということで、こうして美しい富士の山を拝見することができてとっても嬉しいです。
新幹線と富士山は本当に素晴らしい写真ですね。
よくぞ良いタイミングで撮れたものだと感心しました。

walkerZ 様
富士山近くまで行きながら山が見えない・・・よくありますね。
自分も家で確認してから出かけたのに、現地到着時には見えなくなっていたなんてことは幾たびか経験しました。気象条件ですから仕方がないと諦めますが本当に残念ですね。
新幹線と富士山、もう少し前に出るか下がることが出来れば良かったのですがこれもチョッピリ残念でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/47824515

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山紀行 (2):

« 富士山紀行 (1) | トップページ | 潮騒橋 »