2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« ツワブキ 開花 | トップページ | 富士山紀行 (2) »

2012年11月11日 (日)

富士山紀行 (1)

118日、写真仲間のS氏を誘い富士山巡りに行ってきました。富士山近くを訪れるのは今春312日富士市の岩本山を訪れて以来8ヶ月ぶりです。今回も2回に分けてレポートしてみたいと思っております。

前夜の天気予報で、「明日は小春日和の絶好のお出かけ日和です・・・」と、気象予報士の女性が語っていたこと、朝刊には美しく雪化粧した富士山の写真が掲載されていたことが出かけてみたくなった大きな理由です。 

予報は晴天でも富士山周囲のみ雲が覆い、霊峰が拝めなかったことも過去には数えきれないほどあり、念のために朝7時にネットで調べてみた。24時間中継されているライブカメラでは県内全ての地域で雲ひとつ無い富士山がハッキリと見られた。 
S氏に行くことの決定を連絡し、東名高速を一路富士山方面に向かって走る。途中、車窓から何度か富士山が見られるが、多少霞んだ感じはあるものの相変わらず雲は全くない。

最初の訪問地は静岡市の「日本平。「日本平観光組合のHPによれば
日本平はその昔、日本武尊が東征の際、草薙の原で野火の難にあい賊を平定した後、この山の頂上に登り四方を眺めたところからこの名で呼ばれるようになったといわれています。現在の日本平は日本観光地100選、国の名勝地、県立自然公園に指定された標高307メートルの丘陵地で、富士山の眺望は言うにおよばず・・・日本平ロープウェイで久能山に渡れば、国の重要文化財に指定された久能山東照宮があり歴史ロマンに浸ることができます」
また山頂からの夜景も素晴らしいと聞いているが残念ながら未だ夜景は見たことがありません。

Img_6171

山頂では先生に引率された小学校4~5年位の生徒達が画板を持って絵を描きに集まっている、先生の言葉「絵は写真と違い、あるもの見えるもの全てを描かなくとも良い、一番印象に強く残るものを中心に描けば好い」と話していた。主役を決めて脇役を配置し、あとはアクセントになるものを書けば良い・・・何の事はない写真の指南書に描いてある事柄と全く同じだと思った。
展望台からは正面に霊峰富士山が、そして眼下に清水港の一部が俯瞰できる風景は日本観光地百選指定も頷けます。 

次の目的地は三保の松原で知られた「三保海岸」。伝説の松、樹齢650年の「羽衣の松」は、枯れて世代交代を行い現在は3代目とか。
江戸時代から白砂清松の地として知られているが最近では海岸線に置かれた多数のテトラポットが気になるところです。でも海岸線を守るための処置と思えば致し方ありませんね。

Img_6226

三保海岸を後にして次に向かったのが旧東海道53次の道筋である「さった峠」。
古来「此道は山水の風景真妙にして東海道第一の勝地なり・・・海道の景色これにすぎたるはあらじ」と言われており、現在では高速道路や国道1号が下に見え、車の騒音が山肌を伝わって聞えては来るが、今でも街道一の名勝地と云っても過言ではない。(拙HP、「東海道五十三次東下り旅日記・12日目、JR安倍川~由比(Ⅱ)」より抜粋)

三保の松原で僅かに見られるようになった雲が山に懸かり、上空全体にも薄い雲がたなびいて今までの雲の無い風情とは違った感じである。


Img_6301


当サイト、ココログの「ポチっと・いいね」とは全く別のものですが、下の「デジタル写真=にほんブログ村」のバナーに、「ポチリ」と応援のクリックをいただければ幸いです。これが大きな励みになります。 -205-


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。 


.


« ツワブキ 開花 | トップページ | 富士山紀行 (2) »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

country walkerさんが撮られた写真はいつ見ても、何度見ても見飽きることがありません。
日本平の富士も三保の富士もさった峠の富士も、最新の映像を見せていただくので、やはり日本一の写真です。
今朝6時のライブカメラには、ふもとの町の灯りと朝日を浴びた富士の霊峰が神々しく写っていました。

kumasan78  様
ありがとうございます。
好天の割には海の色が紺碧にならずそれだけが一寸残念でした。
それでも終日山頂まで望むことが出来て良かったです。
今朝は麓付近では晴れていたのですね、当地では昼前から雨が降り出しました。

さった峠からの富士山、綺麗に撮れてますね。聞いた話ですが、富士山は、恥ずかしがり屋さんだから、色男が来ると、雲でかおを隠しちゃうそうですよ。だから、私は、雲のかかった富士山しか見たことがありません・・・(^O^)。
ブログ村もうすぐ1位ですね。 ポチリ

こ豆のとうさん  様
私が行く時は晴れていたので・・・と言うことは(笑)
「こ豆のとうさん」の方が遥かに男前・・・と言うわけですな。
皆様方の応援を得て随分とポイントが増えてきましたが本当に嬉しいことです。
これからも応援宜しくお願い致します。

駿河湾の海越しに見る富士山~綺麗で見入ってしまいました(^^)
この時期になるとだいぶ冠雪が進んで、富士山も見映えがしますね。

最近は湘南からも朝は綺麗な富士山がよく見られます(^^)v
でも夕方になるといつも雲が邪魔をするんです…

応援ポチッ☆

町の銭湯が我が家の近くに3軒ありますが一軒だけ富士山の絵です。たまに銭湯に行くときは必ずその富士山を描かれた銭湯に行きます。
しかし実際こうして数々の富士山の雄姿を拝見していると日本人で良かったな~ (笑)
「さった峠」 最高です!

ポチリしました。

追伸 東海道五十三次 ユックリ拝見いたします。

カシオペア 様
西の空に聳え立つ湘南地方からの富士山。
自分達、静岡方面から東に仰ぎみる富士山、
何処から見てもその美しさ気高さは変らないものですね。
当地からは豆粒ほどの富士山ですがそれでも眺めることが出来た日は
何か得をした気分になれるから不思議です。
日本人の心かもしれませんね。
応援何時もありがとう!

あすか  様
銭湯、好いですね~
家庭の風呂と違い身体の芯まで暖かくなります。在京当時、家族揃って近くの風呂屋に出かけたことが思い浮かびます。
銭湯の絵、昔は全て富士山でしたが最近では様々な絵になっているようですね。ワンパターンでなく色々な絵が楽しめそうです。
拙HP、紀行文と言うより下手な案内書で面白くはありませんが覗いていただけるだけでも嬉しい限りです。乏しいアクセスカウンターが喜んでくれそうです。
応援何時もありがとうございます、最近ますます張り切っております(笑)

こんばんは。
晴天に恵まれて富士山が綺麗ですね。
やっぱり海と富士山の取り合わせが一番でしょうか。
今年も富士山を見に山中湖あたりまで行ってみたいと思ってるのですが、どうなることやら??

日本一の富士山、写真に撮るのは難しいですね。みんなおんなじような写真になってしまします。weep

ソングバード 様
海と富士山がやはり自分ではベストかな?とも思いますが人其々なのでなんとも言えません。
富士山の麓の方ならばともかく、離れた自分たちには山が見えることが大前提なので
見ることが出来れば大成功と思っています(笑)
海の色ももう少し濃い色を期待していましたが深いブルーには程遠いものでした。
さった峠では、埼玉方面から来たという中判に35ミリフィルムとデジ一と3台のカメラを構えていたカメラマンに出会いましたがその方曰く「難しいねぇ・・・」でした。
自分たちは富士山に出会えただけで満足しております。

いいですね 富士山
最近、思いは1度でいい 富士山に登りたい です

富士山・・・やっぱ風格が違いますねfuji
たまたまゴルフ中継で富士山を数日前から
何度も見ていたものと重なって
富士山のいろんなお顔を見れたて
「幸運」が舞い込んできそうな気分になりましたnote

海を挟んで遠方に富士山、絵になりますよね。

私も自転車でこの地を訪れたことを思い出しました。

いろいろな場所からカメラを向けても富士山がバックにあるのっていいですよね。

ポチ。

あまなつ 様
「あまなつ」さんは未だお若いのでこれからも登るチャンスはいくらでもありますよ。
TVなどでかなり高年齢の方が登っておられますね、自分は上り下りに弱いのでもう無理です。

mahiru 様
富士山が近くで見られる人は幸せだとつくづく思います。
晴れていれば何時でもあの雄大で美しい姿を見られるなんて・・・
自分が住む地域からは冬季には見ることが出来ますがほんの豆粒ほどです。
豆粒でも見られるだけでも良しとしております。

tac-phen 様
山の中から、湖の近くで、そして海を隔てて何処から見ても富士山は絵になります。
自分はやはり海の向こうに聳え立つ霊峰の姿が一番好きです。
ポチリと何時もありがとうございます。

3枚の写真共に素晴らしいです。
「空の青さ」「海の青さ」に富士山が・・本当に見事です。
三保海岸で撮影した富士山、波の高さがちょうどいい高さになっていると思います。
シャッターチャンスを狙ったのでしょうか?

その2 期待しています。

霊峰富士山、最高に美しいです。

富士山の雄大さがとっても良くわかりますね。

二枚目のお写真はお風呂やさんの絵のようです。

今日の夕暮れ、犬と一緒に富士山、見ました。富士山が見られると嬉しくなります。
寒くなると見られる日が多くなるので、散歩の楽しみが増えます。

のりちゃん 様
ありがとうございます。
本来なればもう少し海の色が濃い筈なんですが、写真では想像していたより薄い色に仕上がっています。ノーレタッチでその時のままでアップしてありますが・・・
三保海岸では波が穏かだったので波打ち際まで行き、波の引いた時の水の流れをスローシャッターで撮りました。

やはり富士山は、日本一を思わせてくれるブログです。

我が家からのベランダ富士山では太刀打ちが出来ませんよ。weep

さった峠から見る富士山は、私も大好きな場所の一つで思いで一杯の峠。

また行きたいとの意欲が出てきてしまいました。happy01

写真びよりの好天にめぐまれましたね。
山頂から裾野まできれいに見えます。
なかなかこれだけスッキリ、全て見える時も、
少ないのではと思われます。
「さった峠」からの光景は良く写真で見ますが、
その通りですね。 すばらしいパノラマが広がります。
さすが、富士山は日本一の山です。

くーちゃん 様
何でもありの説明的写真ですが、富士山を撮る時には何時もこんな構図になってしまいます。
富士山を撮る人、それぞれですが富士山は別格で絵葉書的・カレンダー的な写真もアリかなと思っております。
それ故、何時までもドシロートの域を抜けない自分です(笑)

セロリさん 様
さった峠、今回で何度目の訪れか忘れるほどですが、
何時来ても期待を裏切られたことがありません、常に新鮮なおかつ感動があります。
写真を撮る時には車ですが、やはりテクテクと昔の人を想像しながら峠に立つ・・・
この感動が一番でしょうね。

たかchan 様
富士山紀行、今まで数え切れないほど出かけておりますが
好天で笑った日、現地到着頃に見えなくなった日と様々ですが
当日は霞が架かった状態でしたが先ず先ずのお天気でした。
これから冠雪量が増え、霞の無い好天の日には更に素晴しいことかと思います。

富士山はどれも綺麗に撮れていますね。
いつかさった峠からの夜景の写真を載せてくださいましたよね。
その時は、車のライトのコントラストがステキ!と思ったのですが、昼間の写真は富士さんがどーんと写っていて、こちらもとってもステキ!です。
さわやかハイキングで毎年さった峠のコースが設定されるとおっしゃっていましたが、
こういう写真を拝見すると、是非行ってみたくなります。遠いですが・・・・。

walkerZ 様
さった峠の夜景覚えて下さりありがとうございます。
その(2)でも掲載してみようかな・・・と思っていたところです。
JR東海では12月8日にさった峠へのウォーキングが予定されています。
でも、遠いところを出かけても富士山が見られないのでは何にもなりません。
もしお出かけになるようでしたら「ライブカメラ富士山ビュー」等で確認されてからの方が良いかと思います。朝晴れていて現地到着時には雲に隠れてしまったことも過去には何度もあったので万全とはいえないのですが。。。ライブカメラは各地に設定されておりますが東海道沿いでは参考までに
 http://www.pref.shizuoka.jp/~live/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/47800460

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山紀行 (1):

« ツワブキ 開花 | トップページ | 富士山紀行 (2) »