2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 紅葉狩り | トップページ | エア・フェスタ浜松2012 (1) »

2012年11月19日 (月)

だるま太陽-2

西の空が赤い、今日は綺麗な夕焼けが期待できるかもしれないと近くの海岸へ行ってみた。海は穏かで何時もは大勢いるサーファーの姿が見えない代わりに釣り人が三々五々ルアーを楽しんでいる。今の季節、狙いはヒラメだろう。

Img_6634
沖を航行する漁船を眺めながら間もなく始まるであろう日没時の壮大な天体ショーを期待して待つことにした。

Img_6931
やがて太陽が水平線へと落ちてきたが、幸い日没を邪魔する雲は見当たらない。今日もダルマ太陽が期待出来そうである。 

Img_6977 Img_7012

水平線に落ちる瞬間、下からも太陽が(右上写真)・・・波が穏かなのでこの様に見えるのかもしれない、このような状態は初めて見た。下からの太陽と上からの太陽がドッキングしたように見える瞬間、そしてダルマ太陽に。

Img_7015 Img_7021

半分以上沈んだ状態では夕陽がレモン状になってきた(右下)。着水?してから水平線の彼方に消えるまでこの間2分余り。

Img_7033 Img_7070

太陽が沈んだ後には真っ赤な夕焼け空が2030分続き、あまりの美しさに露出を変え、撮る位置を変えて夢中でシャッターを押し続けた。

Img_7154
赤く燃えた空が漸く薄くなり、引き上げる途中上空を見れば綺麗な月が・・・

Img_7206
当サイト、ココログの「ポチっと・いいね」とは全く別のものですが、下の「デジタル写真=にほんブログ村」のバナーに、「ポチリ」と応援のクリックをいただければ幸いです。これが大きな励みになります。(1116日) -209-


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。


. 

« 紅葉狩り | トップページ | エア・フェスタ浜松2012 (1) »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

大海原に沈む太陽のショーを独り占めした気分で撮りまくるcountry walkerさんの興奮が伝わってきます。だるま太陽の瞬間を見事に捉えられてシャッターを切られた満足感が伝わってきます。
お見事です。美しいです。

ダルマさん、もう最高です~釣り人のシルエットが効いていますね(^^)v
初めの2枚の海の煌めき~湘南の海を連想しました。
私は先日ダルマを撮りに伊豆まで行きましたが、天気が悪く撃沈でした^_^;

応援ポチッ☆

夕焼けshine本当に綺麗ですね。
「あまりの美しさに・・・」とありあましたが、こうして写真を見せて頂いている
私にも夕焼けの鮮やかな色が眩しく、美しく見えるのですから
country walkerさんが夢中でシャッターを押す気持ちわかりますhappy01
最後の月もとっても綺麗ですね。
クレーターまでしっかりと写っていて、素晴らしいですcamera

こちらは夕べから銀白の世界ですよsnow

夕日が海に沈み、その色が海に溶け出て全体がオレンジ色に染まる。
そんな錯覚を覚えるダルマ太陽ですね。

夏の夜空の花火の撮影みたいに僅かな時間のドラマのように
ドキドキワクワクな気持が手に取るように解かります。

またまたポチリ 頑張ってください。

画面を見た瞬間、うわぁ〜きれい・・・と。

沈む夕日も金色の海もシルエットの釣り人も、美し過ぎて。。。

自然の美しさを伝えてくださりありがとうございます。

kumasan78 様
過分なコメントをありがとうございます。
写真を始めてから夕景は時々撮っておりますが、これほどの綺麗なダルマ太陽と夕焼けは初めてでした。
次々と変っていく夕景ショーにその場を去り難く、ただただ夢中でシャッターを押し続けました。

夕日と釣り人とのツーショット、そして沈む夕日。
見事な構図です。
その後の三日月も素晴らしいです。

三日月をうまく撮影するコツはあるのでしょうか?
先日デジカメで三日月を撮影しようとしましたが、コンパクトカメラでは限界があるようで断念しました。
一眼レフで撮影しないとダメだと思っていますが…。

カシオペア 様
夕景を撮りの大ベテランである「カシオペア」さんの写真とは雲泥の差ですが夕景を撮ってきました。
釣り人さん、カップルの様でした、お二人とも釣竿を持っているのですが何故か離れず、シルエットの主役には? でした。
お二人揃って釣竿の持ってくれたならもう少し絵になっていたかもしれません(笑)

mahiru 様
北国では早、雪の便りですか。
こちらでは未だ晩秋の季節を楽しんでおりますが、なんだか申し訳ないような気分です。
当日の夕焼けはとにかく綺麗の一語でした。
海に落ちる太陽と、蜃気楼現象で日の出の如く見える像との間の隙間も初めて見ることが出来ました。
当日は、太陽のみ写すつもりで長いレンズを持参しました。そのためかお月様も大きく撮ることが出来ました。

あすか 様
何時もポチリと応援をいただきありがとうございます、これが本当に励みになります。
家から遠くない海岸ですが夕景撮りは年に2~3回程度、それでもこれほどキレイなダルマ太陽と夕焼けは初めてでした。
大自然の天体ショー今までにも随分とあったのでしょうが気付かずにいたのかもしれません。

くーちゃん 様
何時も過分なコメントで嬉しい限りです。
当日は多分綺麗な夕焼けが見られそうだ・・・との気持ちで出かけましたが想像していた以上の夕焼けになってくれました。
こういった想定外の状況は大歓迎でした。

夕暮れ時は新しい発見をする時間帯ですね。
日中見えなかったものが見えてくるようです。
違う世界という感じでしょうか。
釣り人のシルエットがいいです。
自然が作り出す不思議な瞬間をとらえますね。

のりちゃん 様
お月様の撮影、コンデジでも写ると思います、カメラの倍率その他にも左右されますが。
昼間の月や夕暮れ時、夜の月と条件が変りますが、一般的な夜の月の場合、月の周囲が真っ暗なのでカメラの露出計は「この画面は暗い」と判断し明るく写そうとします。
その結果、お月様は白く飛んで濁った感じのボケた状態になるのだと思います。
これを防ぐ為にはカメラの露出補正をマイナス0.7ぐらいから0.3刻みで数枚撮れば良い写真が撮れるのではないかな・・・と思います。
「のりちゃん」のコンデジにオート以外の操作機能があれば、測光方式をスポットに、絞りを開放にしてシャッタースピードを早くすれば露出補正は小幅でも良いかと思います。プロではないのでこの程度の知識しか持ち合わせておりませんが、もし間違っておれば申し訳ありません。

たかchan 様
沈む太陽と大海原だけでは寂しいと思っていたところ釣り人が居り、その人達には内緒で登場してもらいました。
レンズを通してみた世界、光の具合により海の色など肉眼で見る世界と違った夕焼けの色に感動します。この辺が写真の面白いところかもしれません。

本当にだるまの太陽ですね。
実際には見たことがないのですが、見事ですね。
一度は実物を見てみたいです。

しかしながら、澄んだ綺麗な夕焼けです。

とほ娘  様
自分でも予想以上の夕景に驚くと共に感激しました。
気象条件、誰にも分からない神秘的な部分もあるのかもしれませんね。
こんな綺麗な夕景が見られるならば、柳の下のドジョウを期待してまた出かけてみたくなります。

だるま太陽の意味が、写真を拝見して分かりました。
日没はあっという間のイメージがありますが、ぐっとタイミングでいい写真がとれましたね。
1枚目と2枚目の写真は夕焼けで海も含めて赤くなっているのでしょうか。
それともフィルターか何かかけたのでしょうか。
海面まで赤くなって素敵な写真ですね。

見事な夕焼けですね。

これほど素晴らしい夕焼けは最近みたことがないです。

釣りをしている人のシルエットも絵になりますね。

ポチ。

真っ赤な仕上がりでとても良いですね
素晴らしい夕焼けにポチっ しときました

walkerZ 様
1~2枚目の海の色はフィルターなど一切使用していません。
またレタッチ等々の加工も一切無しの生の画像です。(レンズは太陽を大きく撮る為に望遠レンズを使用しましたが)
海が赤く見えるのは夕焼けの色が反映していることは確かですが、肉眼ではこんなに赤くは見えません。
1~2枚目の写真を撮った場所では太陽に向かって逆光で撮っておりますが、90度向きを変えて太陽を背に順光で撮れば海の色は見た目に近い銀色に輝きます。
レンズを通した光の具合によって変ってきます。
夕方波打ち際を逆光で撮れば金波、太陽が少し高い時に順光で撮れば銀波になりますよ。機会があったならばお試し下さい、光の取りかたで随分と変ることに驚かれるかもしれません。
前回アップした「紅葉狩り」のダム湖の水の色、撮る位置が変っただけで随分水の色が変りました、あれも全て光の方向による変化です。

tac-phen 様
少し薄い雲があり気になっておりましたが、薄い雲が良い効果を出してくれました。
雲はありすぎても駄目、全く無くても変化に乏しくなるの難しいところですが・・・
ラッキーでした。応援をありがとうございます。

あまなつ 様
雲が良い具合にかかり想像以上に綺麗な夕焼けになりました。
太陽もダルマになり夕焼けと共に出かけた甲斐がありました。何時もこんなに順調に行けば良いのですが・・・
応援ありがとうございます。

なんと 綺麗な夕日でしょう。。
時間を追うごとに 沈む夕日 実際に見たら どんなに心を打つことでしょうね~ 
海が あかね色に染まる時間 ゆっくり見てみたいものです。
 
月も 美しい。。
はぁ~~~・・心が洗われます。。 ありがとうございます

こんばんは。


なんて美しい瞬間でしょう。
天体ショーというと、月や星の描写が多いように思っていましたが、
日没という太陽と地球のコラボは、全く違った感動を呼びますね。
ますます腕をあげられているご様子、
これからも楽しみにしています。

みるくぱん 様
自分が住む地区から海までは車で15分程度です。
これからの季節は夕焼けが綺麗に見える度合いが増えてくるので冬季には時々海岸へ行きます。でも、これからは季節風が吹きまくる日が多いので風の無い穏かな日に限定されますが。。。
大海原や日輪が沈む瞬間を眺めたりしているだけでも心が和みます。大自然って凄いな~って思います。
「みるくぱん」さんにとっては眼前の富士山でしょうか・・・

あめぶる 様
コメントをありがとうございます。
>ますます腕をあげられているご様子・・・
とんでもありません。ブログへの良いショットがなかなか撮れず焦ってばかりです。

自分でも「天体ショー」の文言にこれで良いのかな?とも思いましたが、皆既日食の時にもマスコミがそんな形容をしていたのでこれもアリかな?と思い書いてしまいました。

こんばんは。
こんなに赤くなるんですね。
夕日の沈む海岸なんて、あまり行ったことないので、ちょっとびっくりです。

ソングバード 様
幸いに海まであまり遠くないので、夕方散歩をしていて夕焼けが期待出来そうなときには急いで出かけることにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/47893401

この記事へのトラックバック一覧です: だるま太陽-2:

« 紅葉狩り | トップページ | エア・フェスタ浜松2012 (1) »