2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 散歩道 | トップページ | 再び カワセミ君です »

2012年10月29日 (月)

久々 カワセミ君

1027日(土)
野鳥に関心を持ち始めて約6ヶ月、今日も午後から近くの池へと出かけてきました。月初め頃には池の上空を旋回していた十数羽のクロハラアジサシも移動してしまったのか全く姿は見えず、水の少なくなった池の畔には沢山の鴨に混じり白鷺や川鵜が数羽だけ。

Img_57812
久々に少し離れた桶ヶ谷沼に行ってみることにした。この沼は数少ない貴重なトンボの楽園として市や市民団体が保護活動を行っているところです。

Img_57422
沼の周囲に沿って綺麗に整備されたハイキングコースを歩く、カメラに超望遠レンズをセットし、三脚、パイプ椅子等を担いでアップダウンの道を歩き、何時もの場所へ・・・

用意した防虫マット等をセットして待つこと暫し、チ・チ・チ!と特徴のある鳴き声と共にカワセミ君が現れた。嘴の下が赤いので雌かもしれません。

Img_57182
今年2度にわたり当地方を襲った台風の影響でしょうか水面には倒木があり、撮影には邪魔なのですが仕方ありません。少し遠い場所でダイビングを繰り返してくれましたが遠すぎたこともありハッキリとした写真は撮れませんでした。それでも夕陽に輝くカワセミ君はやはり綺麗です。写真は全てトリミング済みです、ピントがやや甘く掲載するには恥ずかしいショットですが勇気を出してアップ致しました。

Img_58252
当サイト、ココログ内部での「ポチっと・いいね」とは全く別のものですが、下の「デジタル写真=にほんブログ村」のバナーに、「ポチリ」と応援のクリックをいただければ幸いです。これが大きな励みになります。
 -197-


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。


.

« 散歩道 | トップページ | 再び カワセミ君です »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

カワセミの姿をゲットしましたね~しかも獲物を獲ったところまで~ナイスです(^^)v
私はカワセミは撮る以前に見た事すら無いんです。
レンズはズームですが500ミリを持っているんですが、なかなか出番が無くて…

そのうち何とかして撮るぞ~(^_-)-☆

応援ポチッ☆

カシオペア 様
下の2枚はピンとも甘くハッキリとしませんがアップいたしました。
今日もまた同じところへと出かけてきましたが、あまり代わり映えしないものばかり・・・
500ミリズームがあれば充分ですよ、自分は400ミリの単焦点です。
魚が棲んでいる川や池ならばカワセミに出会える筈です。カメラマンが多く集まっている場所では必ず出会えると思いますよ。
何時もポチリと応援ありがとう!

カワセミ またゲット出来ましたね。
私の近くには庭園の池しかありませんし 毎日多くの来園者がいるためカワセミは来ません。
園内の係員は「たまに来ますよ」なんていっていますが・・・

綺麗な胸毛と背中の水色が何ともいえません。

「にほんブログ村」 ポチリ

カワセミは小柄な体で、親しみがわきますね。
小魚を捕ってくわえているところなど、いい表情のようです。
生育できる環境があるという事は、すばらしいですね。

あすか 様
久々でカワセミ君に出会うことが出来ました。
自分が野鳥に関心が増してきた原因はこのカワセミとの出会いです。
スズメやハト・カラスしか知らなかった野鳥の世界。
身近なところにこんな綺麗な鳥が居たのか・・・それが全てです。
今日もまた出かけて来ましたのでまた次回アップいたします。
何時も応援ありがとうございます。嬉しいですね~

たかchan 様
環境への適応性に優れているのでしょうか、かつては山奥の清流のみ生息していたと言われるカワセミ、自宅の近くの川でも時々見かけるようになりました。
それでも写真に撮るとなればやはり静かな環境の場所が欲しいです。
此処は市街地近くにありながら環境が素晴しいので自分の好きなフィールドになっています。

カワセミ君との巡り合わせラッキーでしたね
この一年全く出会うことは有りませんでした。
最近は丘へ登りますが クマ鈴同伴なもんで小鳥さんはすぐ逃げちゃいます
カワセミ君は実に美しいと思います

あまなつ 様
クマ鈴同伴ではカワセミ君も逃げてしまいますよね~
最近クマの被害が各地で報道されています。
山地へ行くのも楽しいものですがクマとの遭遇だけは遠慮したいものですね。
幸い当地では今のところクマの情報はありません。

今まで「デジタル写真」にポチッをしてきましたが、効果はなかったのでしょうか?恥ずかしい話ですが今日からは「にほんブログ村」にポチッです。

kumasan78  様
何時も応援「ポチっと」ありがとうございます。
「デジタル写真」と「にほんブログ村」は同じです。したがって今までポチっと応援していただいたことは全て有効です、ありがとうございました。
私のブログを発信しているサイトが「ココログ」さんで、このサイトの仲間同士でも挨拶代わりの「ポチっと」するシステムがあります。
この仲間の方から「にほんブログ村」が別物とは知らなかったとの連絡を受け、今日から一言書き加えました。
私の説明不十分で申し訳ありませんでした。今までどおりの応援でこれからも宜しくお願い致します。

今回もカワセミの姿をしっかりととらえていますね。

目がとてもかわいいですね。

ポチ。

tac-phen 様
小鳥の可愛いところはあの目です。
猛禽類や大型の鳥には見られないあの目や、動きの可愛らしさに惹かれてついつい出かけてしまいます。
応援ありがとう! お陰で随分とポイントが上がってきました。

今日は。
いよいよ装備も本格的になってきましたね。
せっかくのカワセミ、流木のために背景が悪くて残念でしたね。
後ろがごちゃごちゃしてる割に、ピントが合っていてさすがですね。
背景が良ければ、カワセミが小さくてもいい写真になりますよ。

カワセミのオレンジと青い羽根、実際に見ると綺麗なのでは?と感じてしまうほどです。
カワセミは小さい鳥なのでしょうか?
また1つ、勉強させていただきました!

ソングバード 様
下の2枚はピントが合っていないのではと心配しておりましたが、鳥名人のお墨付きを頂き安心致しました。
野鳥に惹かれ、春から秋まで体験してきましたが、これからも未知の季節です。見たことも無い野鳥に巡り合えるかもしれません。そう思うとワクワクしてきます、ますます鳥撮りが面白くなってきそうです。野鳥の世界は知らないことばかり・・・今後とも宜しくご指導の程お願い致します。

のりちゃん 様
カワセミ、至近距離で見たことはありませんがスズメ位かそれよりやや大きめ・・・そんな感じです。
写真のカワセミは雌だと思いますが、雄はもう少し胸のオレンジ色が濃く背中の蒼い色も鮮やかです。
写真の技術が悪いので自然のままとはいかないのですが、太陽の光に輝いてブルーの羽が緑色に輝いて見える時もあります。
この鳥を初めて見たときから野鳥に関心が増してきました。

カワセミは規定な鳥ですね~。
そしてクッキリ撮れてますね~。
超望遠レンズをセットして撮影されていて、トリミングしているとの記載がありますが、
カワセミはかなり遠くにいるのでしょうか。写真を見る限りではかなり近くにいるような感じですね。
羽を広げたところや餌を加えたところ、やっぱり根気強くまった結果撮影できたものなのでしょうかね。

カワセミくんに、「ポチリ☆」を、あの瑠璃色がたまらなく良いです!

私達のウオーキングする場所にも、カワセミくんのエリアがある時は、
カメラマンさんの邪魔にならない様に、迂回したりそ~と注意をしながら
通りますよ。(ウオーキング担当役員さんがおしゃべり注意のプラカードを
持って道の入口に立ちます。)

walkerZ 様
この池は山中の大きな沼の傍にある直径30mぐらいの小さな池です。
カワセミは自分が居る反対側の対岸なので30mぐらい離れています。
自分は木陰に居りますがやはり警戒して近くには寄ってきません。
本当はもう少し長めのレンズが欲しいのですが高価すぎて手が出ないところです。
昨日また出かけてきましたが同じ様な写真ばかりでした。それでもまたアップいたしました。

セロリさん 様
ありがとうございます。
自分が野鳥に関心が湧いてきたのは初めてこの美しい鳥を見てからです。
自分の生活圏から近いところにこんなに綺麗な鳥が棲んでいるのか・・・が、その時の感想です。
「セロリさん」が所属する歩こう会、幹事さんが随分と気を遣っているのですね~
カメラマンの皆さんも皆感謝していると思いますよ。
ポチリと応援ありがとう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々 カワセミ君:

« 散歩道 | トップページ | 再び カワセミ君です »