2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« シラタマホシクサ(白玉星草) | トップページ | JRさわやかウォーキング 府八幡宮祭りと旧東海道見付宿 »

2012年10月 7日 (日)

クロハラアジサシ

10月6日(土)
野鳥に興味を持ち始めて約半年、このブログでも鳥博士の「ソングバード」さん始め、皆様方に教えていただきながら鳥名も少しずつ覚えてきた。しかし、花と同じで体型が似ているもの、雄・雌の別、季節による体色・羽色の違い、はては幼鳥と成鳥の羽の色の違い等々あり、未だ未だほんの一部覚えただけ、それも確信がもてるものはほんの僅かです。
留鳥と異なり、季節によって現れる渡り鳥に至っては秋以降初めて見る鳥も数多く、これから先が思いやられるところです。
好天に誘われ今日も近くの池へ行ってきた、岸辺近くにはアオアシシギらしきシギがのんびりと片足で立ち休んでいる。

Img_3879
上空を見ればアジサシに似た鳥が230羽、池の上を旋回している。7月初めに見たコアジサシに似ているが羽の色も少し違う様だ。図鑑で調べたところクロハラアジサシに似ているが確信が持てないところです、もし違っていたならば是非教えていただきたいのですが。。。

Img_4363 
コアジサシ同様上空を旋回しながら池の中に獲物を見つけると水面にジャンプして小魚をゲットしている、でもゲット率はあまり高くない様です。

Img_4065
運よく?小魚をゲットしたところ・・・

Img_3975
動き回るスピードも速く、
なかなかピントが合わずボツの山でしたが丁度コチラを向いたところを。

Img_4353
シロートの自分には、森や公園の樹木から樹木へと素早く動く小鳥の撮影もなかなか難しいものですが、鳥が大きくても留まってくれず常時上空を飛翔し続ける野鳥撮影もまた難しいな・・・が実感でした。一脚に毛の生えたような簡易三脚を使用しましたが重いレンズを振り回し、腕が痛くなりました、翌日からの筋肉痛が心配です(写真はクリックで拡大されます) 
 
-182- 
「デジタル写真・日本ブログ村」に参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンを「ポチリ」と、お願い致します、これは大きな励みになります。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
何時もポチリと、応援ありがとうございます。

« シラタマホシクサ(白玉星草) | トップページ | JRさわやかウォーキング 府八幡宮祭りと旧東海道見付宿 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
綺麗に撮れてますね。
まず1枚目は小さく写ってるのではっきりしませんが、多分アオアシシギだと思います。
嘴が上に反ってましたか?反っていればアオアシシギ、もしもストレートで少し小型であればコアオアシシギの可能性がありますが・・・・・
その他は間違いなくクロハラアジサシですね。
夏羽であれば見分けやすいのですが、換羽中の個体は見分けにくいですね。
よく似た鳥で、ハジロクロハラアジサシがいますが、ダイビングして小魚を撮るのはクロハラアジサシの方です。
近いうちに同じ456で撮ったダイビング写真も載せますので、また見てください。

いやぁー飛ぶ鳥の写真がこれだけシャープに撮れれば万々歳ですよ。しかも鳥の眼まではっきりと目指す方向が写っているのですから満点です。
そちらは渥美半島あり、浜名湖あり、天竜川ありで、渡り鳥のルートになっているのでしょうね。
腕が痛くなるまで重たい望遠レンズをぐるぐる廻して、飛ぶ鳥を追っかけられるcountry walkerさんの姿が目に浮かび元気をいただきました。

飛ぶ鳥を此処までアップで撮れるとはスゴイです(^^)v
私も以前500ミリを手持ちで撮りましたがボケるは、フレームアウトするは、散々でした(-"-)

2枚目、獲物の魚を狙う目つきは鋭いですね。

応援ポチッ☆

countryさんのブログを読んで居て、昔、私の長男がまだ幼稚園ぐらいでしたか、友達のその子が鳥の絵本が大好きで、幼鳥や成鳥をズバズバ当ててしまう子供が居た事を思い出しました。
お母さん曰く 「この子の頭は鳥の図鑑なのです。」と言っていました。

腕が痛くなるほど追いかけ、見事にキャッチ。。。甲斐がありましたね。

ソングバード 様
あぁ・・・良かった!
クロハラアジサシが正解で・・・
図鑑で調べましたが確信が持てなかったのですが、お墨付きを頂き一安心です。
シギ、嘴の反りは全く覚えておりません、格好からアオアシシギと思い込んでおりましたので。でも、間違っていない様なのでヤレヤレです(笑)
今日のタイトルも随分迷いました、もし間違えていたならばどうしようと。
これで安心しました、頼りない者ですがこれからもどうぞ宜しくお願い致します。
本当にありがとうございました。

kumasan78 様
ありがとうございます、ウデは悪くても今ではカメラやレンズの性能が良いので何とか撮ることだけは出来ました。
本当は、ダイビングして獲物をゲットした瞬間を撮ってみたいのですが、未だにその夢が果せません。カワセミでも随分挑戦したのですが・・・
野鳥撮り半年では未だ未だ無理なのかもしれませんがいつの日かは・・・と思って重いレンズを振り回しています。
渥美半島の伊良湖岬は猛禽類を含め渡り鳥のメッカとして知られておりますが、自分のウデでは未だ其処までは到底無理です。当分は近場でウデを上げることに専念したいと思っております。

カシオペア 様
2枚目は、運よく陽の当たる方向に向かって飛んでくれたので眼が入りました。
この日の撮影枚数は500枚近く、その殆どがピン抜けでした、歩留まりは2~3%です。これもデジタルなればこそですね、デジカメさまさまです(笑)

あすか 様
そのお子さんにあやかりたいです(笑)
いますね、幼い子どもでも車の種類や名前を全て覚えてスラスラ言える子供が。。。
その子供たちは、鳥や車の何処か特徴等を素早く記憶しているのでしょうかね~
鳥の名前を覚えるには相当の月日が必要かもしれません。

こんばんわ。
すごいです。この鳥の捉え方。ピントばっちり。
なかなか、ここまで撮るのは難しいと思います。

確かにとりも種類が多いし、成長に応じて羽の色が変わったりするので判別が難しいです。

しかし見事に動きをバッチリとらえてますね。

獲物をとらえた写真は迫力すら感じられます。

ポチ。

おはようございます。

気持ち良く空を飛べる鳥の姿をこんなにきれいに撮れるとは見事ですね。

下の写真はかっこいい〜です。

鳥は一本足で立つ習性があるのですかね。
ピンクレディの歌に♪フラミンゴみたい 一本足で〜♪と歌われていましたね。

写真道楽人 様
ありがとうございます。
重いレンズを振り回し、沢山シャッターを押しましたが歩留まりは低いです。
それでも下手ながらだんだんと野鳥撮りが面白くなってきました。
早くウデを上げて色々な野鳥に挑戦してみたいと思っております、これからも宜しくお願い致します。

tac-phen 様
鳥の名前、種類が多くて本当に難しいです。
それと同じぐらい撮影するのも難しいですが、皆様方に教えて頂きながら少しずつウデを上げていきたいと思っています。
応援何時もありがとう!

くーちゃん 様
ありがとうございます。
この鳥は比較的大きいこと、撮影場所が池の堤防上で撮りやすい場所だったので何とか撮ることが出来ました。
水辺の鳥で足が細く長い鳥には片足で立つ種類が多いのかもしれません。動物園のフラミンゴは片足で立っているものが多いですね。体温低下を防ぐために片足で立っているようです。

いろいろな種類の鳥が登場するようになり楽しいです。
だんだんと深みにはまっていく(言葉が悪く失礼) country walker さんの
奮闘する姿が想像されます。
それにしても、素早く動き回る鳥をきれいにとらえた、これらの写真には
感心するばかりですが、写真からは想像できない苦労もされているんでしょうね。
これからも楽しみにしています。

アジサシ と言う鳥ですか カッコいいですね
いいなー

たかchan 様
ピンポーン! まさにそのとおりですよ、野鳥の魅力と撮影の面白さにどんどん深みにはまっている。
でも人様に迷惑をかけるわけではなし、まあいいか・・・と思っております。
飛翔中の野鳥をカメラで撮る・・・昔のフィルムカメラ時代にはプロならばともかく、自分の様なシロートには考えられないことです。デジタルの有難さ、カメラの高性能化等本当に有難いことです。
ただウデの悪さは棚に上げ、色々と機材が欲しくなってきて、女房は渋い顔です。

あまなつ 様
正式名は「クロハラアジサシ」です。
カモメ科でアジサシの仲間ということです。
花と一緒で鳥の名も難しいですね~

先ほど シラタマホシクサもそばの花も拝見してきましたが
ため息が出るほど 美しいですね~
シラタマは プラネタリウムで 見上げてるようだし
そばの花は 本当に可憐で あの美味しい蕎麦になるのが不思議なくらい。。
野鳥のお写真は 真似しようとて 当然無理なので 食い入るように
拝見しています・・羽ばたきの音が聴こえそうです
筋肉痛 ひどくなりませんように・・・

みるくぱん 様
シラタマホシクサも蕎麦の花も見て下さったのですね、ありがとうございます。
そちらでも台風の影響は少なかったとのこと、本当に良かったですね。今年は2回も来て、台風はもう勘弁して欲しいです。
自分の腰痛から来る足の痛みもほぼ無くなり昨日と今日、近くのJRウォーキングに参加してきました。健康で歩ける・・・本当に嬉しいことですね。
風をこじらせてしまったそうですが、どうか大事になさって1日も早い回復を心より願っております。

こんなスピード感のある鳥の写真を撮ることができて
感動してしまいました。
筋肉痛になるほどのご苦労があっての
成果ですね。

アジサシの飛ぶ姿、水面にジャンプする姿の撮影、見事です。
重いレンズを振り回しての撮影、大変でしたね。
ダンナは重いレンズと軽いレンズの両方を使い分けて使用しているようで、最近は三脚を使用しての撮影は行っていないとのこと。(我が家にはカメラ撮影の三脚が2つほどありますが)

腕の痛みが軽傷で済むといいですね。

ジャランこ 様
撮っている時は夢中で重いレンズも忘れてしまいます。
翌日やはり筋肉痛でしたが、最近では2日後ぐらいまで痛いので困っています(笑)
齢ですね~

のりちゃん 様
二つの三脚を使い分けるご主人、かなりのカメラマンと想像いたしました。
自分も三脚は使い分けるのですが、この日は空中を飛ぶ鳥なので
一脚タイプの 簡易三脚を持参しました。
筋肉痛、やはり出ました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロハラアジサシ:

« シラタマホシクサ(白玉星草) | トップページ | JRさわやかウォーキング 府八幡宮祭りと旧東海道見付宿 »