2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

再び カワセミ君です

10月30日(火)
先日に続き今日もまたカワセミに会いたくて少し離れた山間部の池まで行ってきました。
池までは森の中のハイキングコースをてくてくと歩く、しかし、途中にはこんな恐ろしい張り紙が。10月も終わりになりマムシは居ないかもしれませんが、この季節、あの恐ろしいスズメバチには注意が必要です。
スズメバチは黒い色や香水などに反応するとか・・・香水には縁がありませんがハチに襲われない様に今日も黒い服装は避けて出かけましたが、
野鳥撮影にはあの迷彩服がベターかもしれませんね。

Img_5910_2 Img_5912


何時もの池に到着、カメラをセットしふと、池を見れば???静かな水面に僅かに波立つは中心に妖しげな物体が・・・周囲は山に囲まれた人気の全く無い場所であり一瞬「ぎょっ!」とした。
ワニの様にも見えドキリとしたがワニが居るわけはなし、ハテ何だろうと視力の衰えた老眼を必死に見開いて見たが分からず、望遠レンズを付けたカメラのファインダーを覗けば枯れ木が浮いていた。なーんだ、枯れ木を動かしていた波紋は大きな鯉でした。人騒がせな枯れ木と鯉でした。でもこの枯れ木、ワニに見えませんか? (クリックで拡大されます) 

Img_5842 Img_5848

カワセミ君を待つ間、ふと上空を見れば航空自衛隊浜松基地の「AWACS」が低空飛行で飛行しているが何故か静かです、単焦点の超望遠レンズなので画面からはみ出さないようにパチリ。この写真はトリミングしておりません。

Img_58646
肝心のカワセミ君は現れてくれましたが今日も遠く、ダイビングの瞬間には何度も挑戦しましたがウデの悪さが禍して今日も良いショットはありませんでした。次回こそは! と何時も思っているのですが・・・
上は手長エビらしきもの、下は小魚をゲットしたところ。
 

Img_5879
当サイト、ココログの「ポチっと・いいね」とは全く別のものですが、下の「デジタル写真=にほんブログ村」のバナーに、「ポチリ」と応援のクリックをいただければ幸いです。これが大きな励みになります。 -198- 


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。


.

2012年10月29日 (月)

久々 カワセミ君

1027日(土)
野鳥に関心を持ち始めて約6ヶ月、今日も午後から近くの池へと出かけてきました。月初め頃には池の上空を旋回していた十数羽のクロハラアジサシも移動してしまったのか全く姿は見えず、水の少なくなった池の畔には沢山の鴨に混じり白鷺や川鵜が数羽だけ。

Img_57812
久々に少し離れた桶ヶ谷沼に行ってみることにした。この沼は数少ない貴重なトンボの楽園として市や市民団体が保護活動を行っているところです。

Img_57422
沼の周囲に沿って綺麗に整備されたハイキングコースを歩く、カメラに超望遠レンズをセットし、三脚、パイプ椅子等を担いでアップダウンの道を歩き、何時もの場所へ・・・

用意した防虫マット等をセットして待つこと暫し、チ・チ・チ!と特徴のある鳴き声と共にカワセミ君が現れた。嘴の下が赤いので雌かもしれません。

Img_57182
今年2度にわたり当地方を襲った台風の影響でしょうか水面には倒木があり、撮影には邪魔なのですが仕方ありません。少し遠い場所でダイビングを繰り返してくれましたが遠すぎたこともありハッキリとした写真は撮れませんでした。それでも夕陽に輝くカワセミ君はやはり綺麗です。写真は全てトリミング済みです、ピントがやや甘く掲載するには恥ずかしいショットですが勇気を出してアップ致しました。

Img_58252
当サイト、ココログ内部での「ポチっと・いいね」とは全く別のものですが、下の「デジタル写真=にほんブログ村」のバナーに、「ポチリ」と応援のクリックをいただければ幸いです。これが大きな励みになります。
 -197-


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。


.

2012年10月27日 (土)

散歩道

10月26日(金)
現役引退後、健康維持の為に自宅近くの堤防を歩くことが日課となっています。歩く距離は通常は4km、以前は朝夕二回歩き、万歩計の歩数が1万歩以上になれば「よし」としていたが、今春過ぎから持病の腰痛が悪化し、整形外科医から歩き過ぎと言われ今では夕方1回だけ歩いています。

今日も何時もの散歩道を歩いてきた、日暮れ近い堤防にはススキが光っている。西方を見ればオレンジ色に輝く太陽や、雲の形状から夕焼けが期待出来そうな感じがした。

Img_90661

帰宅後、外に出て陽が沈んだ西方を見れば美しい夕焼けが・・・此処のところ好天が続き、夕焼けを期待していても日没頃には水平線に黒い雲が現れ、なかなか綺麗な夕景を見ることが出来なかった。綺麗な夕焼けの瞬間は極めて短く5分と続かない、急いでカメラをセットし真っ赤に焼けた西の空をパチリ。 
久しぶりの美しい夕焼けを見て満足な1日の終わりになりました。

Img_9093

(写真はクリックで拡大されます) -196-
下のデジタル写真(にほんブログ村)のバナーに「ポチリ」と応援のクリックをお願い致します。これが大きな励みになります。 


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。



.

2012年10月25日 (木)

浜名湖ガーデンパーク・秋の花 (3)

浜名湖ガーデンパーク・秋の花、第3部です。今回は同パーク内の花壇に咲いていた小さな花々です。
園内の水路際の樹木も随分と色づいてきましたが、当地方の本格的な紅葉は1ヶ月位先になりそう。

Img_9057
花の名前は分かりませんが園内に咲いていた小さな花をパチリ、パチリと。(下の紫色の小さな花はクジャクソウと「あめぶる」さんから教えて頂きました)

Img_89482
Img_8954 
Img_9010
綺麗な花々を存分に眺め、広い園内の幾つかある散策道の帰りは松が沢山植えられている湖岸の散歩道を歩いた。そして駐車場方面へと向かう途中、あの秋の香りが・・・そうです、数本のキンモクセイが周囲に芳香を放っていました。

Img_90651
秋を代表するコスモスや美しいダリア、そしてキンモクセイの香りと、秋の花々を存分に楽しむことが出来ました。秋の花シリーズ三回に分けてアップいたしましたが、拙い写真を御覧いただき本当にありがとうございました。 
(写真はクリックで拡大されます) -195-
下のデジタル写真(にほんブログ村)のバナーに「ポチリ」と応援のクリックをお願い致します。これが大きな励みになります。 


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。



.

2012年10月24日 (水)

浜名湖ガーデンパーク・秋の花 (2)

昨日に続いて浜名湖ガーデンパーク園内、旧名モネの庭(現在は花の美術館に改名)「花の庭」です。花の美術館とは、同パークHPによれば
印象派の画家クロード・モネが、フランス・ジヴェルニーに造った庭を、モネ生前当時の姿を模したものとして、2004年に開催された浜名湖花博のときに造られました。美術館の庭は、「花の庭」と「水の庭」という2つのコンセプトで構成・・・

今回は、モネの館前「花の庭」のダリアをメインに、「水の庭」は過去にもアップしたので省略しました。

モネの館

Img_9055

モネの館、「花の庭」の今を盛りと咲き誇る美しい花々・・・

Img_9036
Img_9035
Img_9020
(写真はクリックで拡大されます) -194-
撮影日、レポート先が前回と同じであり、勝手ながらコメント欄は閉じさせていただきましたが、下のデジタル写真(にほんブログ村)のバナーに「ポチリ」と応援のクリックをお願い致します。これが大きな励みになります。


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。 



.

2012年10月23日 (火)

浜名湖ガーデンパーク・秋の花 (1)

21日~22日、高校のクラス会が浜名湖半で開催され出席してきました。卒業以来〇十年、最近では毎年この催しが行われており、自分も都合が悪くない限り毎年出席をしてはクラスメートとの旧交を温めております。
会場である浜名湖半のホテルから時々出かける「浜名湖ガーデンパーク」までは目と鼻の先の距離にあり、クラス会が終わった翌日、同パークへ寄ってきました。

季節の花、コスモスは最盛期を少し過ぎた感じでしたが、旧名モネの庭のダリアは今が見頃で他にも様々な秋の花が咲き乱れていた。今日から3回に分けてアップを予定しております、拙い写真ですが宜しければ覘いてみて下さい。

ガーデンパーク展望塔近くの広場のコスモス。

Img_8928

そしてモネの庭付近に咲いていたコスモス。

Img_9034

Img_9047

Img_9050
明日はモネの庭付近に咲いていたダリアをアップの予定です。明日も拙ブログを御笑覧いただければ幸いです。
下のデジタル写真(にほんブログ村)のバナーに「ポチリ」と応援のクリックをお願い致します。これが大きな励みになります。(写真はクリックで拡大されます) -193-
 


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。




. 

2012年10月21日 (日)

JRさわやかウォーキング・浜松

1020日(土) 
JRさわやかウォーキング「秋薫る佐鳴湖ウォークと浜松市美術館」に妻は所用の為、
お一人様で参加してきました。 
今日のコースはJR浜松駅をスタートし、市西部に位置する佐鳴湖畔を経て浜松市博物館、三方原合戦所縁の公園や資料館、浜松城を巡る約13km。天気は快晴、絶好のウォーキング日和です。

P1020798 P1020807

JR浜松駅を出発し703年開創の古刹「鴨江寺」、「根上がり松」に寄った後、「佐鳴湖」へと向かう。
駅から約5km歩ほど歩き佐鳴湖に到着。湖畔で小休止、穏かな湖面では学生たちが練習中であろうか数人で漕ぐボートが無数に浮かんでいた。

佐鳴湖東側の綺麗に整備された遊歩道を歩く、散歩を楽しむ人、ジョギングに汗を流す人、サイクリングを楽しむ人達と、今日も多くの人達が楽しんでいる。
浜松市で開催されたこともあり、以前所属していた歩こう会の懐かしいメンバーにも数多く出会った。中には2年ぶり位?に出合った懐かしい人も・・・地元開催と好天のため多くの皆さんが参加されたのでしょう。

そして家康の正室「築山御前」が湖畔で家康の家来に殺害され、その太刀を洗ったとされる「太刀洗の池跡」へ。池は現在埋め立てられて存在しないが池の跡に説明板が立てられている。その後、未だ11時と早いが蜆塚遺跡で昼食。

P10208151 P1020820

蜆塚遺跡に隣接する浜松市博物館で特別開催中の豊臣系浜松城主「堀尾吉晴展」を見るため入場。
「堀尾吉晴展」、新聞広告で開催を知ったが、この日のコースに入っていることを知り、是非入場したいと楽しみにしていた企画である。 

三方原合戦所縁の公園や資料館を見学し、久々に浜松城に入城した。天守閣最上階からの眺望も素晴しく、ボランティアの男性の説明も分かり易い、歴史好きの自分には初めて知ったこともあり、興味を持って聞くことが出来た。城からゴールの浜松駅までは極めて近い、13時過ぎに浜松駅にゴール。

P1020823 P1020829

暑くなく寒くなし、これ以上の好天は望めない程の好条件の下、良いコ-スを歩くことが出来ました。このコースは既に数回歩いていますが、良いコースは何回歩いても良いものですね。
本日の万歩計歩数は、自宅から24.115歩でした。

下のデジタル写真(にほんブログ村)のバナーに「ポチリ」と応援のクリックをお願い致します。これが大きな励みになります。(写真は全自動のコンデジですがクリックで拡大されます) -192-


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。



.

2012年10月20日 (土)

コスモス畑-2

昨日のコスモスシリーズの続きです。
ピンク系が多いコスモス畑で目立つ純白の花にフィルターを付けて・・・やや日の丸気味ですが、

Img_5285
純白の次は真紅のコスモスを・・・

Img_5292
モロに逆光ですがストロボも発光してパチリと、

Img_53121
モデル?も入れて、

Img_5345 
前回と同シリーズであり、コメント欄は閉じさせていただきましたが、下のデジタル写真(にほんブログ村)のバナーに「ポチリ」とクリックをお願い致します。これが大きな励みになります。(写真はクリックで拡大されます) -191- 


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。



.

2012年10月19日 (金)

コスモス畑-1

妻の知人から「コスモスが見頃になったので、一度見にいらっしゃい」と、連絡があった。
その知人がお住まいの地区では例年休耕田にコスモスを栽培し、自分たちも毎年欠かさず見物に出かけています。ところが9月末の台風により随分被害を受けた事を聞き、今年は半ば諦めていた。それだけに嬉しく、それでも半信半疑でとりあえず行ってみようと早速出かけてきました。
今回も写真を多く撮ってきましたので前回の薔薇シリーズ同様、2回に分けてアップを予定しています。

今年は昨年より僅かに場所も変っているが広大な休耕田一面にコスモスが満開! 今年のコスモスは見られないかも・・・と、諦めていただけに嬉しかった。
秋をイメージする風景としては紅葉、当地方の紅葉は未だ未だ1ヶ月以上先ですが、花といえば文字どおりこの秋桜ですね。

Img_5440
コスモスに太陽が重なった瞬間を狙ってパチリ。

Img_5316
満開直後で枯れたり萎れた花が無いのが何より嬉しいですね。

Img_5231
マクロレンズは持参していなかったので代役のクローズアップレンズを装着してズームアップ!

Img_5300
出来れば下のデジタル写真(にほんブログ村)のバナーに「ポチリ」とクリックをお願い致します。これが大きな励みです。(写真はクリックで拡大されます) -190- 


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。





. 

2012年10月18日 (木)

秋のバラ-2

秋のバラシリーズNo2です。
農業高校のバラ園入り口にある案内板によれば
「バラ園は、平成8年創立100周年記念事業のひとつとして造成されたもので、生徒の手によって植栽され、丹精込めて育てられている。品種は原種からオールド種、中輪、大輪にいたる150種、1500株で、春夏秋それぞれに季節の彩を見せ、生徒の情操教育に役立つと共に市民にも親しまれている・・・」

今回はオレンジ色、薄紫色、そして真紅のバラです。

Img_8890

Img_8885
Img_8880
(写真はクリックで拡大されます)
花の種類は異なっても前回と同じ場所でありコメント欄は閉じさせていただきましたが、下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに「ポチリ」とクリックをお願い致します。これが大きな励みになります。-189-


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。




.

2012年10月17日 (水)

秋のバラ-1

皆様のブログを拝見していると秋のバラが多く掲載されている。我家の鉢植えのバラも咲いているが僅か1鉢だけなのでいかにも寂しい。

Img_8870
秋のバラを見に磐田市内の農業高校へ行ってみました、春には沢山の花を咲かせ新聞にも載るほどで毎年多くの人達が訪れています。自分も毎年春には出かけているが秋には訪れたことがありません。 

Img_8871
生徒たちが管理するバラ園、春ほどではありませんが綺麗な花を咲かせていました。写真も数枚撮ってきたので、2回に分けてアップの予定です。
(写真はクリックで拡大されます) -188-

Img_8862
下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに「ポチリ」とクリックをお願い致します。これが大きな励みになります。


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。

Img_8876




.

2012年10月15日 (月)

クロハラアジサシ-2

先日近くの池で見たクロハラアジサシ、一定期間この池に立ち寄るだけでしばらくすれば居なくなってしまい、来年まで見られない可能性が高いとのアドバイスもいただいた。
居なくなってからでは遅い、早速近くの池へと出かけてきました。池の堤防へ上がって見れば水が減った池の対岸にはカモやシギ、サギ類が・・・

Img_5065
そして池の上空には「居た、居た!」お目当てのクロハラアジサシが10羽ぐらい旋回している。

Img_5190
水面を見ては盛んにダイビングを試みるがゲット率は低い、小魚をゲットした瞬間はピントが合わず、藻の中からエビをゲットして舞い上がったところは何とかパチリ。

Img_5129
Img_5133
カメラの前を悠々と飛ぶコサギ、この位ゆっくりと飛んでくれる大きな鳥なら有難いのですが。

Img_5116
そして着水するカモ君。

Img_5079
(写真はクリックで拡大されます) -187-

宜しければ下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに「ポチリ」とクリックをお願い致します。これが大きな励みになります。


にほんブログ村





.

.

2012年10月14日 (日)

ジュウガツザクラ

毎日歩く堤防上の十月桜がポツリポツリと咲き始めましたが、今のところ花の数も枝先に僅かに咲いているだけ。10月桜は、10月頃と春の二度開花することで知られている桜で冬桜と呼ばれることもある様です。

Img_8809
先週のウォーキングイベントで10月桜が満開近く咲いているところを歩いたことを思い出し、カメラを持ってその場所まで行ってきました。

Img_8779
公共のビルの入り口で人通りや車の往来が激しい場所なので三脚は立てられず、背景の比較的暗いところの枝を狙ってパチリ。

Img_8831
宜しければ下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに「ポチリ」とクリックをお願い致します。これが大きな励みとなります。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。

(写真はクリックで拡大されます) -186-




.

  

2012年10月12日 (金)

公園の野鳥 -10月

近くの池で変った鳥は居ないかな?と探していたところ顔見知りのベテラン氏が、「公園にオオルリやキビタキが居るよ」と、教えてくれた。
公園とは、野鳥撮りに出かける少し離れた何時もの公園。台風前には自分もせっせ出かけてオオルリ、その他の野鳥を撮りましたが、台風後はあまり見かけないので此処のところ行っていない、池の撮影は中止して何時もの公園へ行くことに。
 

水場で待つこと少々、早速やってきたのは人をあまり怖がらないヤマガラ君。眼の周囲が黒く、なかなかあの可愛い眼が写らないのですが丁度良い方向に来たところをパチリ。

Ren0002
そしてお馴染みのシジュウカラ、陽の当たる方角に動いてくれずコチラは眼があまりハッキリ写りませんでした。

Ren0005
そして長い尻尾を上下に振りながら愛嬌タップリのスマートなキセキレイ。カメラの4~5m前まで来てくれた、この鳥もあまり人を怖がらないようです。

Ren0003
梅の枝に留まったのはエゾビタキでしょうか?

Ren0004
夕方まで粘ったものの、お目当てのオオルリやキビタキにはお目にかかれず諦め、道具を片付けて公園の入り口近くまで来たところ、丁度出会った夫婦連れのカメラマン氏から「今、此処でキビタキを見て撮りましたよ」と教えて貰った。未だ近くにいるかもしれないと3人で周囲を探したところ「此処に居ますよ」と、教えてもらった先の梢にあの美しいキビタキが・・・

Ren0001
諦めて帰る途中でしたがこの親切なご夫妻に出会ったお陰でキビタキ君にも
会えることが出来た。他にはエゾムシクイ?らしき野鳥も撮ったがピントが甘く、アップは諦めました。枝から飛び出すところなど羽を広げたショットは全てボツ、留まったショットのみとなりました。
青い鳥、オオルリは居なかったがそれでもキビタキを写すことが出来て満足です(写真はクリックで拡大されます) -185-
宜しければ下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに「ポチリ」とクリックをお願い致します。これが大きな励みとなります。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
ポチリと、何時も応援ありがとうございます。



. 

2012年10月10日 (水)

JRさわやかウォーキング 秋の奥浜名湖

  108日(祝)
昨日に続いてJRさわやかウォーキングに参加してきました。今日はJR東海と天竜浜名湖鉄道との共同開催で、奥浜名湖岸の浜名湖周遊自転車道をメインに歩く7.4kmとやや短いコース、そのためか幼稚園から小学校低学年位の幼い子ども連れの参加者が多く目立った。

昨日同様暑くなし、寒くなしの上々の天気である。スタート地は天浜線西気賀駅、この辺り、天浜線は奥浜名湖沿いに走っており駅を出れば直ぐ湖岸に出る。遠くには東名高速の赤い橋が望め、穏かな湖ではハゼつりらしき太公望が静かに釣り糸を垂れていた。

P1020741 P1020742

最初のポイントは、プリンス岬。昭和の時代に皇太子(現天皇陛下)ご一家がご静養にたびたび訪れたことからプリンス岬と呼ばれるようになり、ご宿泊された建物も現存している。(右下写真の手前右側部分がプリンス岬)

P1020751P1020750

浜名湖周遊自転車道を秋の日差しを浴びながらのんびりと歩く、やがて人・自転車専用の綺麗な赤い橋「澪つくし橋」(右下写真)へ、此処からは奥浜名湖に注ぐ都田川に沿って進む、川岸には家族連れを含めた多くのハゼ釣りの人達で賑わっていた。

P1020760P1020765

そして都田川堤防(左下写真)をてくてく、この堤防上は、姫街道検定に応募した結果、今春と一昨年春の姫様道中で供侍役出場の栄誉を得て、平笠に羽織袴、大小と扇を差し、白足袋に草履履きでサクラ満開の堤防を歩いた自分にとって特別な道でもある。今年も検定に挑戦しましたが来春の姫様道中への参加は果たして?
そしてゴ-ル駅天浜線気賀駅(右下写真)に到着。

P1020767 P1020773

アップダウンも全くなし、距離も短かい為10時過ぎにゴールしてしまったが、好天の下、磯の香りを味わいつつのんびりと歩くことが楽しめたウォークイベントでした。(写真は全て全自動のポケットタイプで撮ったものですがクリックで拡大されます)   -184-

下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに「ポチリ」とクリックをお願い致します、 これが大きな励みになります
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
何時もポチリと、応援ありがとうございます。




.

2012年10月 9日 (火)

JRさわやかウォーキング 府八幡宮祭りと旧東海道見付宿

107日(日)
JRさわやかウォーキングに夫婦で参加してきました。
今日のコースは磐田駅をスタートして旧東海道見付宿周辺を巡る約9.8km、JRのウォーキングへは先月9日菊川で開催された田んぼアートを鑑賞する15kmを歩いて以来1ヶ月ぶりの参加です。

前日から始まった府八幡宮の祭典二日目であるが、駅前をスタートした830分頃は時間も早く露店も未だ開店前、屋台小屋から出た屋台が町内の会所へ向かうところでした。
駅前商店街では地元プロサッカーチーム、ジュビロ磐田のマスコット「ジュビロ」クンがお出迎え。

P1020719 P1020720

駅前から約1kmの府八幡宮到着。大鳥居を潜れば県文化財指定、寛永12年建立の堂々たる楼門が。
本殿に参拝後、枚数限定の無料配布の特製の御札を頂いた。荘厳な雰囲気の中、神職から手渡されたお札は特別ご利益がありそうな感じで恭しく頂きました。

P1020723 P1020734

この後、市内の安倍清明ゆかりの名刹「福王寺」を経て、旧東海道見付宿に入り、東海一の学問の大社「見付天神社」、日本最古の木造洋風学校「見付学校」に立ち寄った後、旧幕臣で勝海舟らと共に咸臨丸でアメリカに渡った日本の造船技術の先駆者「赤松則良」屋敷跡等を見学し、「ジュビロ」クンが待つ磐田駅前にゴール。

P1020733 P1020738

コース途中に在る市図書館では丁度、開催されていた写真展にも立寄り、出品作品を鑑賞することも出来た。主に市内を歩くコースでしたが、風も適当にあり、暑からず寒からずの絶好のコンディション。猛暑の中を歩いた先月のウォーキングと異なり、文字どおりさわやかなウォーキングを楽しむことが出来ました。 -183-
下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに「ポチリ」とクリックをお願い致します、 これが大きな励みになります。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
何時もポチリと、応援ありがとうございます。

.

2012年10月 7日 (日)

クロハラアジサシ

10月6日(土)
野鳥に興味を持ち始めて約半年、このブログでも鳥博士の「ソングバード」さん始め、皆様方に教えていただきながら鳥名も少しずつ覚えてきた。しかし、花と同じで体型が似ているもの、雄・雌の別、季節による体色・羽色の違い、はては幼鳥と成鳥の羽の色の違い等々あり、未だ未だほんの一部覚えただけ、それも確信がもてるものはほんの僅かです。
留鳥と異なり、季節によって現れる渡り鳥に至っては秋以降初めて見る鳥も数多く、これから先が思いやられるところです。
好天に誘われ今日も近くの池へ行ってきた、岸辺近くにはアオアシシギらしきシギがのんびりと片足で立ち休んでいる。

Img_3879
上空を見ればアジサシに似た鳥が230羽、池の上を旋回している。7月初めに見たコアジサシに似ているが羽の色も少し違う様だ。図鑑で調べたところクロハラアジサシに似ているが確信が持てないところです、もし違っていたならば是非教えていただきたいのですが。。。

Img_4363 
コアジサシ同様上空を旋回しながら池の中に獲物を見つけると水面にジャンプして小魚をゲットしている、でもゲット率はあまり高くない様です。

Img_4065
運よく?小魚をゲットしたところ・・・

Img_3975
動き回るスピードも速く、
なかなかピントが合わずボツの山でしたが丁度コチラを向いたところを。

Img_4353
シロートの自分には、森や公園の樹木から樹木へと素早く動く小鳥の撮影もなかなか難しいものですが、鳥が大きくても留まってくれず常時上空を飛翔し続ける野鳥撮影もまた難しいな・・・が実感でした。一脚に毛の生えたような簡易三脚を使用しましたが重いレンズを振り回し、腕が痛くなりました、翌日からの筋肉痛が心配です(写真はクリックで拡大されます) 
 
-182- 
「デジタル写真・日本ブログ村」に参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンを「ポチリ」と、お願い致します、これは大きな励みになります。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
何時もポチリと、応援ありがとうございます。

2012年10月 6日 (土)

シラタマホシクサ(白玉星草)

静岡新聞遠州版に「シラタマホシクサ北区細江町で見頃・白一面、まるで星空」の記事を読み、夫婦で早速出かけてきました。

Img_8670
このシラタマホシクサ、9月初めに県立森林公園で見て、その節はブログアップもしました。あれから既に1ヶ月経過しているのに未だ咲いているとは随分花期の長い花である。新聞に記載された「銅鐸公園」へは過去にも銅鐸見学に訪れたことがあるが現状を見て、シラタマホシクサは此方が咲いている区域もやや広いように思った。

記事には「・・・密集して咲く白い花々が、まるで満天の星空のような光景をつくりだしている・・・」と、記されておりましたが、その一画はまさに満天の星空でした。現場はもう少し明るいのですが上下写真共、星草のイメージにあわせ少しアンダー気味に撮りました。

Img_8659

今日106日でこちらの「ココログ」に移って丸1年が経過しました。前のサイトが閉鎖になり、彼方此方移転先を探した結果こちらにお世話になる事になりました
アップした回数は今日で181回目、約二日に一度のペースです。一年間こうして継続出来たのも励ましとなる暖かなコメントを下さった皆様、そして御覧いただいた皆々様方のお陰です、本当に有難うございました。勧められて、途中から参加した「日本ブログ村・デジタル写真」、この
「ポチリ」と応援も随分と励みになった事も間違いありません。
拙いブログではありますが今日を通過点とし、これからも出来る限り継続していけたなら好いな・・・と思っております。これからも今まで同様、是非宜しくお願い申し上げます。   -181-

「デジタル写真・日本ブログ村」に参加しています。励みになりますので、下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンを「ポチリ」と、お願い致します。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
何時もポチリと、応援ありがとうございます。

2012年10月 4日 (木)

ソバの花

毎日歩いているお散歩ウォーキングのコース近くに蕎麦畑がある。
信州や、ソバの産地ではさして珍しくない風景かもしれませんが、広い畑一面に咲く蕎麦の畑は実に美しいものです。

Img_8639
先月末、当地方を襲った台風17号により、あれほど綺麗だった花はすっかり色が褪せてしまった。蕎麦の収穫への影響はわかりませんが、あの綺麗な風景を再び見ることが出来ないとなれば残念で仕方がありません。
写真は何れも台風前日(29日)に撮ったものです。  -180-

Img_8653
「デジタル写真・日本ブログ村」に参加しています。励みになりますので、出来れば下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンを「ポチリ」と、お願い致します。 
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
何時もポチリと、応援ありがとうございます。 

2012年10月 2日 (火)

棚田の秋

9月29日(土)

野鳥撮りに出かけ、公園で知り合ったカメラマン氏から「仲間5人と野鳥の写真展を開いているので宜しかった見に来て下さい」と誘われ、妻と二人、旧浜北市の県立森林公園バードピアで開催中の野鳥の写真展を見てきた。
永年野鳥専門に撮っている人達だけに出品作品も、よくぞ、よくぞ・・・と絶句する素晴しいショットばかり。野鳥撮影半年の吾身とは月とスッポンの差である、撮影時の苦労話から撮影のポイントまで出品者の皆さんから貴重なお話も聞くことが出来ました。

写真展を見た後、少し遅いかもしれないが足を延ばして静岡県西北部の「大栗安棚田」と、
愛知県新城市の「四谷千枚田」を訪れることに。
最初に訪れた「大栗安棚田」は日本の棚田百選、静岡県棚田十選にも選ばれており手元の資料では現在481枚が耕作されていると言う。既に稲刈りは終了しており、ハザにかけられた稲束をパチリ。

Img_3565
今年は開花がやや遅い感じの畦道に咲くヒガンバナ。

Img_3586
此処から愛知県新城市の「四谷千枚棚田」へと向かうのが例年のコースであるが、カーナビを頼りにガードレールの無い狭く薄暗い山道をライトをつけ「谷底へ落ちれば今日中に見つけてはもらえないかもね・・・」と、話しながら対向車が無いことを祈りつつゆっくり走る。昨年は対向車が2台、今年は4台もあったが幸いにもすれ違いが何とか出来る場所ばかりでホッとした。年齢を考えればこの山道を走るのは今年が最後になるかもしれない。

Img_3643
「四谷千枚棚田」、こちらも棚田百選にも選ばれ1.296枚中850枚が耕作されている大棚田である。こちらでも殆ど稲刈りは終わっていたが運よく稲狩り作業中の田んぼを見つけ一声かけてからパチリ。

Img_3625
高齢と思われる男性に「今年の出来栄えは如何ですか?」話しかけたところ「あぁ 豊作だよ」と、ニッコリ。

Img_3599
双方の棚田共に従事する人の高齢化と放棄田の増加、猪など有害獣から守る為のボランティアの保護活動が続けられ今日に至っていると言う。 自分たちがこうして日本の原風景とも言える美しい棚田を見ることが出来るのもこの人達のお陰の何物でもありません。 -179-

「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。宜しければ下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
何時もポチッと応援ありがとうございます。


2012年10月 1日 (月)

曼珠沙華

愛知県東部に上陸した台風17号、本州を縦断し、交通機関への影響や浸水などの被害もかなり出た様ですが今日は快晴、まさに台風一過の好天となりました。

台風による被害もかなりありましたが曼珠沙華が満開である。通常なれば彼岸の入り付近から咲き始め、お彼岸といえば曼珠沙華と言われるほど季節を表す花ですが何故か今年は開花が遅く、彼岸が終わった今頃になって満開となった。原因は分かりませんが今年の猛暑も原因のひとつかもしれません。

Img_8588
それでも曼珠沙華は咲いた、この花が終わればいよいよ秋本番、キンモクセイの甘い香りが何処からともなく漂ってきます、待望の季節が近づいてきましたね。

Img_8604


にほんブログ村
↑ ↑ ↑
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。宜しければ上のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、応援の一票をお願い致します。
-178-

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »