2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 満月 | トップページ | マリンスポーツ »

2012年9月 5日 (水)

SL列車で行く大井川塩郷吊橋ウォーク・・・

9月3日(月)
昨日は久々にJR東海と大井川鐵道共催のウォーキングイベント「SL列車で行く大井川塩郷吊橋ウォーク・・・」に夫婦で参加してきました。
6月に腰痛が原因の「腰部脊柱管狭窄症」を発病、ドクターから長い距離のウォーキングは控えるように伝えられた事もあってそれ以来、日課のゆっくり歩く34kmのお散歩ウォーキング以外は全く歩いていなかった。

嬉しいことに最近では通院も隔日になり、足の痛みもほぼ無くなってきたので、短い距離のイベントならば参加してみたいとも思っていたところです。JRや私鉄のイベントならば、事前の申し込み不要、スタート時間も自由なフリーウォークであり、自分本位のゆっくりした歩きをしても構わないのがその理由のひとつです。
JR東海のパンフを見たところ2日(日)に金谷駅から大井川鐵道のSLに乗車して大井川付近を歩くコースがあり距離も9kmと短い、それに久しぶりのSLにも乗ってみたくなり、参加してみたいと一応予定はしていた。

Img_1_2 Img_2_2
朝のうち天気がいまひとつハッキリせず雷注意報も発令されているので躊躇していたが晴れ間も見えてきたので参加を決定。
大井川鐵道、通称大鐵は
SLが平日でも常時走行していること、山間部のアブト式車両や元近鉄特急や南海特急の車両が現役で活躍していることで知られ、鉄道ファンならずとも人気のある地方鉄道です。
今日は臨時の
SL列車「さわやかウォーキング号」が運行されており、通常往復運賃3.530円が2.000円と割安でしかも座席の予約も不要と良いことずくめである。

Img_3 Img_4

7両編成の客車は発車時にはほぼ満席近くと、この企画の人気のほどが分かる、途中、大井川に架かる長さ220メートル、塩郷の吊橋などを眺めながら大井川に沿うように走りスタート地「下泉駅」到着。

Img_5 Img_6

大勢の参加者と共に大井川を渡り、列車が走る反対側を川下方面に向かってアップダウンの続く山道を歩く。心配していた雨や雷も無く、ゴール地近くの車窓から眺めた塩郷の吊橋へ、この吊橋は生活道として現役で使用されていると説明がありましたが220メートルの長さは長い、しかもつり橋の真ん中に2枚の板が並べてあるだけで対向者が来る度にかなり揺れる、下を見れば大井川が・・・高所恐怖症の自分にはいささか長く怖い思いをした。

怖かった吊橋を漸く渡り終えゴール地である塩郷駅到着。帰りはダイヤどおり運行されているSL列車に乗車し帰宅の途につきました。今までこの鉄道のSLには23度乗車したことがありますが往復SLは初めてである。

Img_7 Img_09508

久しぶり参加のウォーキングイベント、このコースは過去にも歩いたことがあり距離が9kmと短いので安易に思っていたが、自分の記憶違いで全く初めてのコース。平坦な道は殆ど無くアップダウンの繰り返しで病み上がり状態の自分としてはかなり疲れた。
それでも一夜寝た今日、ふくらはぎに軽い筋肉痛を感じる以外異常は無く先ずは一安心でした。これからも短い距離を選んで少しずつ参加回数を増やして行きたいと思った。
自宅からの万歩計歩数20.018歩 (写真はクリックで拡大されます)

「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票よろしくお願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 
-164-
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援ありがとうございます。

« 満月 | トップページ | マリンスポーツ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

この大井川鉄道のSLは人気がありますね~旅行のパンフでもよく見ます。

私がSLに乗ったのは大昔のこと、小学校の修学旅行の時だと覚えています。
トンネルに入ると急いで窓を降ろしたりして…

このイベント、楽しそうですね~でも途中の吊り橋が…私も高い所がダメなんです(@_@;)

応援ポチッ☆

大井川鉄道に乗って見たいと、相当前から願っているのですが、まだ実現していません。
写真のもと近鉄特急の写真、ひと目見て、とても懐かしく想い出されます。近鉄はストもしない
善良な路線のころ、よくお世話になりました。

アップダウンのある9kmのウォーク大会、無事に歩けて良かったですね。

なんてステキな大会でしょう。SL・・・外も車内も懐かしい香りがいっぱい。
多くの参加者ですね。人気があるのが良く解ります。

私もこの吊りはしは渡れそうにもないです(;ω;)

大井川鉄道といえば寸又峡温泉へ行ってみたい所です。
往復SLのウォーク。我が家の近くにあればと・・・
countryさんの腰痛改善状態と気持ちはまったく今の私と同じで、そろそろ私も駅ハイにでもと考えています。
ポチッ!しました。(笑)

久しぶりのウォーキングイベントへの参加、お疲れ様でした。
足への負担は大丈夫でしたか?

往復SLに乗ってのウォーキング、実に羨ましいです。
北海道でも遠方でJR企画のウフォーキングが行われる時に臨時列車が出ることがありますが、SLの運行はまずないと思います。
スタート地点、途中の画像を見て多くの参加者で賑わったのではないでしょうか?
元近鉄特急の車両も元気に活躍していることでしょう。

久々のウォーキングを楽しまれたようですね。
養生もほどほどにのフライング気味の再開ではありませんでしたか。
でも、終わってみればこれで良かったのでしょうね。 

最近では手術後でも、のんびり寝させてくれず、すぐにリハビリを兼ねて
身体を動かす事をされるそうです。 昔のように安静に養生するだけでは
ないようですね。 早めに体を動かした方が回復が早いようです。

カシオペア 様
現代の車は性能は素晴しくても通常では10年が限度、それに比べ昭和10年代の車両が現役で活躍していることに驚きを隠せません。凄いですね~
クーラーなど勿論無く天井の扇風機だけ、窓は開放されていますがなんと言っても自然のさわやかな空気が何よりの感触でした。
トンネルも幾つかありましたが、車内放送で現在は煙の少ない石炭を使用しているので窓は閉めなくてもOKですと放送されました。確かにトンネル内でも煙は殆ど入ってきませんでした。
煙や蒸気を出すところはカメラマンが最も多く待機する場所だけサービス満点の鉄道です。
ポチリ 何時もありがとうございます。

kumasan78  様
旅行家でもある「kumasan78 」さん、大井川鉄道は既知の鉄道と思い込んでおりました。
最近SLがブームで会津方面でのSLの運行状況をTVで見た記憶があります。好いですね~SL。
元近鉄の現役当時の車両は知りませんでしたが、元南海の薄緑色の車両、本当に懐かしかったですよ。
歩いたことよりSLの思い出の方が強く残りそうなウォーキングイベントでした。

くーちゃん 様
9km位ならば・・・と安易に思っていましたがコースが殆どアップダウンの連続。
でも何とか完歩出来、翌日への影響が残らなかったが一番の収穫でした。
一番の見どころは吊橋、家内は平気でどんどん歩いて行ってしまいましたが自分は恐々の超ゆっくりでした。
揺れる吊橋の上で両手を離し、ケータイ写真を撮っている娘さんが居りましたが自分には到底理解し難いことでした。自分はカメラに触ることも出来ませんでした。

あすか 様
寸又峡温泉、金嬉老事件で一躍有名になりましたが静かで実に良い所です。
歓楽地やネオンも全くなし、何より温泉が素晴しいです。
自分たちもSLに乗り、一度宿泊しましたが所謂、肌がツルツルになるお湯です。
マイカーでも勿論OKですが大井川鉄道の新金谷駅の無料駐車場に車を置き、SLで訪ねる人が多いようです。秋の紅葉頃がおススメです、新東名を利用して如何ですか?
ポチリ ありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。

のりちゃん 様
ふくらはぎの軽い筋肉痛以外今のところ何もありません。
距離は短くても上り下りで力が入り過ぎたのかもしれません(笑)。
なんとも無かったのが最大の収穫で本当に嬉しかったです。
これからは少しずつ少しずつ距離も増やして、ウォーキングブログが時々書ければ良いな・・・と、思っています。

たかchan 様
仰るとおりです。フライングかもしれません。隔日でも通院して治療を受けている以上、医師に知られたなら・・・
此処のところ痛みが全く無くなり自分では通院も必要ないのでは? とも思っていたところです。2~3日経過を見てから医師とも相談してみるつもりです。

久々のウォーキングイベントの参加、お疲れ様でした。
SLに乗れるウォーキングなんて、JR東海のウォーキングは企画力抜群ですね~。
塩郷吊橋を渡られたんですね。スゴイ。私は多分、・・・渡れません。コワイです。
ウォーキングが終わった後も特に支障がなかったようで、良かったです。

walkerZ  様
自分たちも往復SLのウォーキング参加は初めての体験です。しかも行きはSL臨時列車「さわやかウォーキング号」で殆どの駅はノンストップ・・・
コースは今の自分にとっては少しキツかった感じですがそれでも完歩出来たことはこれからの大きな自信になりました。
昨日はふくらはぎだけでしたが今日は彼方此方と筋肉痛です(笑)
でも自信回復に繋がるウォーキングとなりました。

おはようございます。
腰の調子もだいぶ具合よくなってきたようですね。
大路川鉄道、一度も乗ったことありませんが、楽しそうですね。
車窓のつり橋もすごい!!このつり橋を渡らないとゴールしないんですか??
私にはとても渡れそうにありませんが…・
永久にゴールにたどり着けないかも!!(笑)

ソングバード 様
お陰さまで体調も良くなってきました。
少し早いかなとも思いましたが距離が短いので参加することに決めました。
距離は短かったのですが、コースが平坦な道ではなく上り下りの連続で今日まで筋肉痛です(笑)
あの吊橋がどうしても嫌な人には2~300m上流にダムがありダム堰堤が迂回路になっていました。
自分もあの吊橋は今回限りで結構です。

久しぶりのウォーキングイベント、体調が悪くならずよかったですね。
安心して秋のウォーキングシーズンを迎えられそうでなによりです。

それにしても、鉄道ファンとしては涙モノの素敵なコース。
お写真を拝見すると、たくさんの方が参加されているようですね。
私も行きたかったです。

おおっ、いいですね。

この大井川鉄道のSL乗ってみたいんですよね。

以前SL乗ってカヤックで大井川を下るなんて企画を立てたこともありましたが雨で流れました。

写真を拝見してその気持ちが再び蘇りました。

ポチリ。

ジャランこ 様
筋肉痛だけは残りましたがお陰様で腰・足共に異常は無く、正直ホッとしているところです。
これから少しずつ距離を延ばしていくつもりです。
往復SLは自分も初めて、名古屋・横浜からも参加していらっしゃる方もおりました、お目当てはコースよりSLの乗車、鉄夫さん・鉄子さん垂涎のコースかもしれませんね。
JRが大鐵と共催でSLに乗ってウォーキングを楽しむ・・・年二回位企画されているようです。いつの日か是非参加してみて下さい。

tac-phen 様
サイクリングだけではなくカヤックもされるのですね。
アウトドア派の「tac-phen」さん、流石です!
御前崎方面から金谷を経て大井川付近を走る・・・自分には到底出来ないことですが
計画を立てて一度如何でしょうか。
寸又峡温泉もお湯が好いですよ~
何時もポチリをありがとうございます、自分も毎日「tac-phen」さんへのポツリだけは欠かしておりません。

おお SLじゃないですか
体調も快調みたいですね
これから歩きやすくなりますね

久々のウォーキングイベント参加と往復SLの旅。
好い1日となりました、後遺症も無く万々歳です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/46934098

この記事へのトラックバック一覧です: SL列車で行く大井川塩郷吊橋ウォーク・・・:

« 満月 | トップページ | マリンスポーツ »