2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 動く宝石 翡翠(カワセミ) | トップページ | 最後の朝顔 »

2012年9月15日 (土)

白鷺

9月15日(土)
四日前、市内の池で久々カワセミに出会い数ショット撮り、前回のブログにもアップしましたが、自宅から池まで近いこともあり、それ以来カワセミ君に会いたくて池へは今日まで続けて行ってきました。
それでもカワセミには毎日出会えるわけではなく、そんな時には水辺に集まる様々な野鳥を観察したり写真に収めています。

Img_2184
その中でも大きくて目立つ鳥は白鷺です。鷺の前に大・中・小の名前が付く白鷺や、アマサギ・アオサギなど多く見ることができる。
上の写真は、足は黒色だが足指が黄色いのでコサギかな?小魚をゲットしたところをパチリ。下は失敗して残念そうなコサギ?一番下は獲物を狙うチュウサギ?

Img_1955
隠れて観察しているとこれがなかなか面白い、無数の小魚が群れを成して泳ぎ回っているが水深が浅い上、白い大きな体が魚から目立つのかなかなかゲットできない。先日のドジなカワセミ君よりは打率が高い様に思えるが失敗もかなりある。
石や葦の根元などに逃げ込んだ獲物を片足で小刻みに震わせながらその付近を弄り、魚や蟹などを追い出しパッと捕まえることもあり、3割バッター級のかなりの好打者とみた。

Img_2210
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -170-
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
ポチっと応援、いつもありがとうございます。

« 動く宝石 翡翠(カワセミ) | トップページ | 最後の朝顔 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

エサ獲りの3割バッターは大したものですね(^^)v
これを聞いたらアフリカのライオンはサギの事を尊敬しますね。

ラストの写真、淡いグリーンのバックが最高~ナイスです(^_-)-☆

応援ポチッ☆

カワセミの美しさは格別ですが、しらさぎの純白と姿の美しさも目を引きますね。

しらさぎは都内の我が家近くの川でも見かけます。

珍しい鳥を見かけられる場所ではないですが、しらさぎは私にとってはとても存在感があります。

下の写真は不思議な感じがします。芸術的ですね。

こんばんは
白鷺の表情が3枚とも違っているように見えます。
特に3枚目は、狙いすました獲物を見据える目、
生き生きしていますね。素晴らしいです!

我が家の買ってきたサギ草は花芯を切り冬眠に入りました。

自然の池があるところは羨ましい!

ポチリです。

今度は、コサギ(?)が小魚を捕まえた決定的瞬間をパチリですね。
よくぞ、こんな瞬間をとらえてたものだ~と感心してしまいます。
2枚目の写真は面白いですね。水面がまるで鏡のようになっていますもんね。
くちばしからこぼれる水がダイヤのようにきらきらしてなぜか動きを感じます。
静と動を同時に感じることができる写真ですね。素敵なお写真です。

カシオペア 様
ありがとうございます。
先日のカワセミより打率はチョット高いかな?と言ったところです。
体が大きので餌を沢山食べないと生きて行けないのかもしれませんね、獲物を追いかけたりじっと動かず待機したり、なかなかのハンターです。

くーちゃん 様
白鷺は身体も大きく純白なので遠くからでもよく目に付きます。
3枚目は風に揺れる木の葉越に獲物を狙う白鷺の表情を狙ってみました。
白鷺が確認できると言うことは都内でもカワセミが居るかもしれませんね。

あめぶる 様
ありがとうございます。
カワセミを待っている間に色々な水辺の野鳥を撮りましたが今回は白鷺をアップしました。
獲物をゲットしたところ、失敗したところ、狙っているところを意識してアップしましたが・・・
3枚目は視線の先である水面まで入れた方がよかったかな?と思っているところです。

あすか 様
「ポチリ」 を何時もあリがとうございます! これが本当に励みになります。
これからも宜しくお願い致します。
サギソウは冬眠に入りましたか、サギソウの大敵は乾燥です。水遣りだけは絶対に忘れないようにしてあげて下さい。

walkerZ 様
何時も過分なお褒めのコメントを頂き恐縮するばかりです。
鳥達に見つからないように木陰に隠れてじっと待つ、鳥たちは誰も居ないものと信じて?餌捕りに夢中でした。
2枚目は右の葦と杭がアクセントになるので其処へ白鷺が来るのを待って撮りました。主役がやや真ん中過ぎて日の丸写真になってしまいましたが・・・白鷺が右を向いてやや左側に来てくれるのを待っていたのですが、なかなか思うようにはなりませんね(笑)

こんにちは!
お久しぶりのコメントになってすみません。
でも!毎日欠かさず応援ポチッとはさせて頂いいます
たぶん、country walkerさんはわかって下さっていると思いますが

今日の3枚目の写真、雰囲気があってとっても好きす。
私、ご存じの通り、鳥についてもcountry walkerさんのブログで
お勉強をさせてもらっています。
何度も同じ事を繰り返すますが、日本の美「花鳥風月」
いつもcountry walkerさんに堪能させて頂いています


たぶん北海道では見るコトがない(聞かない?)ので、写真で見ることが出来ることがとても新鮮です。
3枚の写真、どれも見事です。

お近くの池は大きいのでしょうか?
四季を通じて色々な生き物が見られるのは、本当にいいことだと思ってます。
我が家の近くには水辺がありませんが、歩こう会事務所へ行く途中に池を眺めながら歩いているので、季節の変化がわかるかもしれません。(今はカモしか見られませんが)

mahiru 様
コメントをありがとうございます。
毎日ポチッとありがとうございます。「mahiru」さんの気持ちは幾重にも存じておりコメントの件は、気にしないで下さい。前にも書きましたように気が向いたときのみ・・・これで充分ですよ。
自分も負けない位ご無沙汰しており「おあいこ」ですね、それでも毎日の「パッチワークキルト」、「パッチワーク&M×小型犬」のポチ・ポチ・ポチの三つは日課となっており必ず実行しております。
「花鳥風月」等と言えるほど高尚なものではありませんが、これからもコメントの件は気にせず「お互い様」で宜しくお願い致します。

のりちゃん 様
自分の住んでいる地域は田畑と住宅が混在する農村地帯です。
田んぼへの水は農業用水が完備してきた現在、溜池として使われてきた農業用の池は埋め立てられて随分と減ってきましたが、この大池は周囲10ha程の広さの四角い形をしたかんがい池として残っています。
これからは水が減って干潟状の面積が増えてくればカモの他シギや千鳥などの渡り鳥が沢山やって来るそうです。
今年から始めた野鳥撮影、これからの季節、どの様な野鳥が飛来してくるのか詳しい事は分かりませんが、今から楽しみにしているところです。

シラサギの白さが際立って美しく出ていますね。
すばらしいアングルだと思います。
こういう瞬間に出会えたこともまた、貴重な体験でしょうね。
身近なところに、このような場所がある事はいいと思います。
いつまでも残ってほしいですね。

たかchan 様
ありがとうございます。
池の周囲は遊歩道として一応整備はされていますが佐鳴湖とは月とスッポン以上の差があります。池の堤防の小高いところに丁度良いアングルを見つけ其処から撮っていますが、今日(16日)もカワセミには会えず、鷺やその他の野鳥も何故か遠いところに居て写真にはならず不漁でした(笑)

白鷺も、ずっと見ていると色々な様子を見ることができるんですね。
家の近くでも、時折見かけますが、じっくりと見たことがないので
機会があれば、じっくり観察してみようと思います。

面白い!面白い!country walkerさんの楽しそうな撮影の姿が浮かんで、ニコニコしながら、写真を拝見しています。
愉快な楽しい写真を見せていただき有難うございます。

3枚目の写真は、フィルターでしょうか?
淡くぼかされた中にいる白鷺、目は真剣な様子ですね。

白鷺はカワセミ君と違って獲物がとれる確率が高いのですね。

とほ娘 様
都内でも白鷺はかなり生息している様ですね。
こちらでは川や池田んぼが多いので何処でも見ることが出来ます。
近くで観察しているとその行動や餌獲りのテクニックなど面白いものがありますよ。

kumasan78 様
じっと隠れて見ていましたが、片足で石の下などを小刻みにまさぐり獲物を追い出すシーンは初めて見ましたが実に上手いものです。シャッターを押すのも忘れ、退屈しませんでした。

ジャランコ 様
3枚目はフィルターではありません。
木の陰からレンズを構えていたので、レンズの前の葉っぱが風で左右に揺れフィルター効果の様になりました。
動物園の檻の前から中の動物を撮った時、離れていれば檻や金網が写りますが、檻や金網にカメラを張り付けば檻は写らず動物のみ写り、ほんの少し離れれば檻の鉄棒や金網がぼんやり写りますが中の動物も写りますよね、その状態になったわけです。
説明が下手で分かり難いかもしれませんが・・・・・

はじめまして!!
カワセミとはよく出会っています。場所は、磐田市の今之浦川、竜王橋近辺です。
「キキキ~」という甲高い鳴き声が聞こえたかと思うと、川面をあの美しい姿で飛び去っていきます。時には、目の前でホバリングをしてくれることもあります。常の散歩で、こんな美しい鳥を見られるということは、幸せこの上ありません。あなたのブログを拝見して、つい話してみたくなりました。

春ウララ  様
コメントをありがとうございます。
竜王橋付近を散歩されているのですね、カワセミの貴重な情報をありがとうございます。
自分も以前今の浦川と加茂川の合流地点で一度見たことがありますが、その時はカメラも持っておらずこの辺りにも居るんだな・・・で終わってしまいました。
合流地付近には冬季、渡り鳥なども飛来してくることもあり2~3度カメラ持参で行ったことがありますがその時、カワセミを見ることは出来ませんでした。
陽に当たって輝くあの美しいカワセミ、本当に綺麗ですね。
今度、カメラ持参で出かけて見ます。これからも時々拙ブログ覗いていただければ嬉しい限りです、宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鷺:

« 動く宝石 翡翠(カワセミ) | トップページ | 最後の朝顔 »