2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« JRさわやかウォーキング 菊川田んぼアート | トップページ | 白鷺 »

2012年9月13日 (木)

動く宝石 翡翠(カワセミ)

9月12日(水)
「ソングバード」さんのブログを拝見し、セイタカシギの美しさに魅せられセイタカシギを求めて双眼鏡片手に天竜川河口や遠州灘海浜公園を回ってきたが残念ながら水辺の野鳥を見つけることは出来なかった。

それならばと市内の池へと出かけてみた。目指すセイタカシギは居なかったがアオサギに大小の白鷺、イソシギやケリ、それにタシギ、ヨシゴイ?シロチドリの様なコチドリの様な?野鳥を観察しカメラに収めることが出来た。ヨシゴイ?シロチドリ?は初めて、そのほかは全て鳥博士さんに教えて頂いた野鳥ばかり。

Img_1365
葦の切れ間からこれ等の野鳥を観察している時、近くであの美しい鳥、カワセミを発見。気付かれないように潜んでいると浅瀬にいる無数の小魚めがけて盛んにダイビングを繰り返すがなかなかゲット出来ない。見ている前でゲットの確立は1割ぐらいか。
嘴の色から雄と思われるが、魚獲りにこれだけ失敗するとは・・・今までにもカワセミ撮影は何度か体験しているが1割バッターである。未だ幼い鳥なのか水深が浅すぎて難しいのか、はたまたこのカワセミ君がドジなのか・・・
自分には分かリませんが、とにかく見ているだけで退屈しない

Img_1413
河口近くまで出掛けなくても近場にこんな良い所があるとは。野鳥の会発行のバードウォッチングガイドにもこの池は掲載されており、何時かはセイタカシギに出合える事を期待してこれからは此処へ時々出かけてみることにした。
セイタカシギ、
図鑑では夏鳥または留鳥となっていますが。。。(写真はクリックで拡大されます)

Img_13381 Img_1422

「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -169-
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
ポチっと応援、いつもありがとうございます。

« JRさわやかウォーキング 菊川田んぼアート | トップページ | 白鷺 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

ポチッ!
やはり野鳥の王様はカワセミでしょうか!
先日、近くの六義園に行きましたらカワセミのストラップが売っていました。
あんな都会でも飛来するのでしょうか。

カワセミの写真を見事にゲット~しかもエサを捕まえたところまで~スゴイです(^^)v
私も野鳥はたまに撮りますが、このカワセミは撮るどころか見た事もないんです…
聞くところに依るとカワセミ撮影は忍の一文字らしいですね。

応援ポチッ☆

あすか  様
webの情報では都内でもカワセミは沢山生息しているみたいです。
駒込の六義園、自分は行った事がありませんが大名庭園ならばかなりの広さがあると思います。
近くから飛来する可能性は充分あるでしょう、但し、餌となる小魚が生息していればの話ですが・・・
当地は田舎ですが市街地のこんな川に・・・と驚くような環境の下でも生息しています。
魚が棲んでいる所にはカワセミは居ると思っています。
小さな鳥なので注意していないと見過ごす可能性は否定できませんが、水面すれすれに飛ぶ小鳥はカワセミと思って注意して見てください。きっと見つかりますよ。
ポチッ、何時もありがとうございます。

カシオペア 様
カワセミ、小さいので気付かないで見過ごしている場合が多いと思いますが案外身近な野鳥です。
と、言ってもそれほど多く生息しているわけではないので存在感が薄いのかもしれません。
川の近くを歩いていて偶然見つけることは度々ありますが、仰るとおり写真に収めるとなれば「忍」の一字です。
よく魚釣りに例えられますが魚釣りには、魚をおびき寄せる餌を使用しますがこの場合は餌無しなのでひたすら待つのみです。
昔から魚釣りも大好き、貴方は気が長いね~と笑われますが。。。ポチッ、何時もありがとうございます。

素敵なお写真拝見しました^^v

本当に美しい…翡翠
何だか手際の悪いカワセミもいるんだな~と、
ちょぴり笑ってしまいました。
撮影大変でしたでしょう。
ご苦労の分、見応えのあるお写真ですね!

あめぶる 様
野球選手ならば3割打てば一流バッターですが1割ではね~
詳しい事は分かりませんがとにかく打率の低いかわせみクンでした。
この日は午後からの光線ですが、光の具合でカワセミの羽の色が緑色に見える時もあります。
魚をゲットして水しぶきを上げながら水面から出る瞬間のピントの合った写真を撮るのが自分の夢です。いつの日かは・・・と思ってはいるのですが。

うん うん 凄腕のcountry walker さんにラッキーなことが起こり始めましたね
実物 最近お目にかかってません
すてきな写真 ありがとうございます

身近でもカワセミを見られるんですね。
小魚を捕まえている場面や、水面から飛び上がったところなど、
いい瞬間のショットが撮れていてお見事です。

カワセミはとても素敵な色ですよね。
このカワセミがドジっ子なのか。1割とはなかなか生きるのも
大変ですね。
おかげでシャッターチャンスが増えたでしょうか?

こんばんは。
素敵なフィールドが見つかったようですね。
カワセミ君を撮るのは初めてですか。
良い所が撮れましたね。
特に2枚目の飛び出しの写真が素敵です。
魚をくわえてればよかったでしょうが、それは贅沢!!(笑)
魚を捕る以外にも水浴びで何回も飛びこむことがあるので、少し我慢すれがさらにいい写真が撮れると思います。
頑張ってください。

カワセミは本当に美しいですね。
被写体のモデルとしては、鳥の中でピカ一だと思います。
今回は、スゴイ決定的瞬間の連続ですね。
一割バッター君が小魚をくわえた瞬間は、よくぞカメラに収めましたね。スゴイ!
また、2枚目の写真はとっても好きです。カワセミの美しさが本当によく撮れていますね。
水面の動きも、しっかり撮れていて、カワセミが今にも飛び立つ瞬間が本当によく伝わってきます。

あまなつ 様
毎日歩く堤防上からも時々見つける事がありますが写真を撮れる状況ではないのです。
近くで良い所を見つけたのでこれから時々出かけてきます。
撮れたならアップしますのでまた見てくださいね。

たかchan 様
小さいこと、水辺以外には居ないのでなかなか眼につきませんが、案外身近に居る野鳥です。
何処の川も水質が改善され魚が棲む環境が増えてきたため、と言われています。
鳥を待つ時間は長いですが写真を撮っている時間は短い一瞬でした。

ジャランこ 様
このドジっ子ちゃん、繰り返し繰り返し水中へとダイビングを重ねて漸くゲットした一枚が上の写真です。
サギ類も沢山居て盛んに魚を狙っていますが獲物ゲット率はかなり低い様です。
魚も必死ですからなかなか捕まらないのかもしれません。

ソングバード 様
セイタカシギはいませんでしたが、家から車で10分ほどの良いフィールドが見つかりました。
此処は農業用の溜池なので冬季には水門を開け、水が殆どなくなり干潟が増えるのでこれからも渡り鳥など楽しめるかもしれません。ただ、岸から水辺までが遠くなるのでデジスコか超大砲レンズでなければちょっと厳しいと近くに居たカメラマンが話してくれました。

カワセミは冬季にコハクチョウが飛来する沼で何度か撮ったことがありますが、台風による倒木が沼に覆い被さり背景がゴチャゴチャしてしまうこと、魚が少なくゲットする獲物はザリガニばかりなので最近はその沼には行っておりません。
いつの日か魚を銜えて水中から飛び出す瞬間を撮ってみたいと思っております。
下左はそれに近いのですがピントが・・・それで小さい写真にしました(笑)
シャッタースピード1/1600で撮りましたが羽根の先まで止るように、次回からはもう少し上げて撮ってみるつもりです。

walkerZ 様
ありがとうございます。野鳥写真を始めて約半年、2枚目の写真は自分でも気に入った1枚となりました。外にも水飛沫を上げて水面から舞い上がるショットもありましたがカワセミの眼にキャッチライトが入っていないのでこちらをアップいたしました。
これからは魚を銜えて水面から飛び上がる瞬間を撮るのが自分の夢です。夢実現のためこれからもせっせと通ってみるつもりです。

動きの細かなカワセミをとらえるだけでも難しいのに魚を捕らえた瞬間を抑えるとはすごいですね。

宝石のように美しいカワセミはどれだけ見ていても飽きないですね。

ポチリ。

tac-phen 様
お天気が良かったこと、光線の状態も好かったので美しい羽根の色を撮ることが出来ました。
本当は朝の柔らかな光がベターだと聞いてはおりますが。。。
野鳥撮影を初めて約6ヶ月のシロートにしては上出来と自分でも喜んでいるところです。

楽しいお写真ですね。撮るご苦労を思うと楽しいと言っていいのかどうか・・・
枝に小魚をくわえた嘴の影が面白いです。
まだ幼いのか、不器用なのか、枝からずり落ちないでね、と
声をかけたくなります。

遊覧船などに乗るとかもめが追いかけてきますが
観察しているとそれぞれ性格があって飽きません。

この動きのあるお写真から色々楽しく想像させていただきました。
ポチッ。

daruma 様
コメントをありがとうございました。以前、体調を崩されたとお聞きしましたがその後如何でしょうか?すっかり回復され、お元気になられたものと思っておりますが。
野鳥撮り、鳥が来てくれるまで退屈することはありますが、楽しくて苦労なんて全くありません。山の中で鳥を待つ場合と異なり、大小の白鷺や水辺の小鳥たちが沢山居るのでその鳥たちも写したりしています。
遊覧船を追って飛翔するカモメ、積極的な鳥、控えめな鳥と様々ですね。カワセミは繁殖期以外は全て一羽の単独行動で群れは作らないのです。これからも時々このドジなカワセミ君に会いに行くつもりです。
ポチっとありがとうございます。ブログ、復活されたならまたご連絡下さい、お邪魔に伺います。

お見事!お見事!素晴らしいショットの数々に見入っています。
もうカワセミの写真集を買う必要はありません。個人的に保存させてください。

kumasan78  様
何時も過分なコメントで恐れ入ります。
自分の目標と言うか夢は、魚をくわえて水面から水しぶきと共に飛び出す瞬間のショットです。
不可能かもしれませんがそんな瞬間を夢見ています、今日も半日粘りましたがカワセミ君にはお目にかかることが出来ませんでした。明日もまた出かけてきます。

宝石のように美しい小鳥のカワセミ。
まだ実物を目にしたことはありませんが、いたら周囲から浮き立つようにキラキラとするのかもと、想像してしまいます。

それにしても見事な写真ばかりで、素晴らしいですよ〜。

一割バッターのかわせみさん! 三割バッターのcountryさんに撮ってもらい、
美しい姿を見せてくれてありがとうね。。。

くーちゃん 様
動く宝石と例えられるように初めて見た時、これで日本在来種?と思ったほど美しい野鳥でした。
ただスズメ位の小さな鳥なので美しくても見逃してしまう場合が多いのかもしれません。都内でも魚が棲みコンクリートの護岸さえなければ生息している可能性は大だと思います。
望遠レンズのファインダー越しに見えるカワセミは陽光に輝き、コバルトブルーやグリーンにも見え日本の美しい鳥NO1かな・・・とも思います。
このカワセミ君も1割バッターですがカメラを構える自分も、鳥撮新人の正真正銘の1割バッターです。皆さんに教えていただいて早く3割バッターになりたいと念願しているところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動く宝石 翡翠(カワセミ):

« JRさわやかウォーキング 菊川田んぼアート | トップページ | 白鷺 »